第219号 自尊心を高める 2

PC用に切り替えて読む


   

 こんばんは。パピーいしがみです。

 さて、今日は前回の続きです。(忘れませんでした(笑))




 前回のメルマガをお読み頂かなかった方の為に、ちょっと説明しますね。




 前回は、「認める」「褒める」「包む」をやっているのに、

 あんまり響かない。

 前向きになるどころか・・・?

 食事中、うろうろする。目をあわさない。「ヤダー」と反抗する。

 認め、褒める言葉を掛けても、喜ぶどころか逆切れ・・・。




 もう・・・、どうしていいかわからない。




 というお話でしたね。

 そして、お兄ちゃんの気持ちの説明や

 自尊心について、それから、

 その自尊心を高めることについてお話し、

 具体的に3つのことをやってくださいね。




 とお願いしました。


 その3つとは、



 1、お兄ちゃんを良く見て、

   出来るようになったこと、頑張っている事を探す。



 2、どうやったら、その素晴らしさを伝える事ができるのか考える。



 3、本気で熱意を持って、真剣に伝える。



 でしたね。


 そして、2ヶ月。

 ピノキオさん、頑張ってくれました。

 その後の経過を今日、ご報告させて頂くのでした。



ココから・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 パピー様

 ご無沙汰しております。ピノキオです。

 返信メールを頂いてから、2ヶ月がたってしまいました。

 年末は、子供達が次々と胃腸炎や風邪をひき、

 なかなか時間がとれなかったのも、あったのですが・・。




 パピーさんに教えていただいたように、育児、頑張ってみました。




 その結果、以前のやさしくって、

 明るいおもしろ(天然?)キャラの息子に戻りました!!




 褒めれば、嬉しそうに抱きしめてもらいにやってくるし、

 目を合わす回数もずっと増えたように感じます。

 食事だって、『座って食べらていれたら褒める』を続けています。

 そうやって褒めちぎっていたら、ずいぶん座っていられるようになって、

 全部食べ終わったお皿を私に見せて『ピッカピカ~』と自慢してます。




 しかも食事を作ってあげると




 『これ誰が作ってくれたの?』

 『ママありがとう!』なんて嬉しいことも・・(涙)





 幼稚園のお絵かきでも、以前は先生の説明も聞かずに、

 ぐしゃぐしゃ描きをしているような子でしたが、

 先日は、クラスで『上手に描けた子』として選ばれて、

 貼り出されたりして・・・(驚)




 私は、決して絵心があるとは言えないので、

 これには本当に驚きました。

 はっきり言って、『考えた事もない』世界でした。




 も~~褒めましたよ~!

 もういいよ!、ってくらい(笑)




 それから、いつも遊んでいる子に、

 急に意地悪をされたらしいのですが、

 以前だったら、やられっぱなしで、完全に固まっていましたが、

 負けずにやり返して、先生に叱られて・・・(苦笑)




 『でもちゃんとゴメンね出来たよ』

 という息子からの報告もあって・・・

 「成長したな・・・」と嬉しくなりました。

 主人も『よくやった!』と言ってました(笑)




 存在価値を高めてあげて、

 本気で真剣に褒めるって、

 大切な事だと改めて実感しました。

 ありがとうございました。感謝してます。




 幼稚園の終業式の日に、

 全員に先生からのコメントを持ち帰ってきました。

 そこには、たくさんいろんな事を覚えたこと、

 入園当初は、ひとりで遊んでいたけれど、

 今は必ずお友達がまわりにいて、いつも誰かと遊んでます。

 という言葉もありました!!




 これってとってもいいことですよね~。

 すいません親バカ入ってます・・・。




 でも、行動がゆっくりしている為、

 集団行動なので、まわりの状況に合わせられるといいですね。

 ともありました。

 『早く早く』とせかしたところで、

 行動が早くなるものでは、ありませんよね?

 逆に言ってはいけない言葉ですよね?




 なので、ゆっくりしてるなと思ったら、

 『○○選手、早いぞ早い!すごい早さです』(笑)

 とか言って、その気にさせてみたりしてますが、

 まだ4歳になったばかりなので、無理しなくても、

 いずれ早く出来るかな?と思ってます。




 長くなりましたが、以上現状報告でした。

 たくさんの相談メール等で忙しい事と思います。

 目を通してもらうだけでも新たに、やる気がわいてきます。

 寒さに負けずにご自愛下さい。




 私も勉強しながら試行錯誤して、失敗もしながら(?)

 認めて・褒めて・包むを、

 楽しみながら、やっていけたらと思ってます。

 また悩む事が起きたら、相談させてください。




                          ピノキオ


ココまで・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




 ピノキオさん、メルマガへの掲載のご許可、ありがとうございます。




 以前のご相談が嘘のようにお兄ちゃんの変身ぶりですね。

 ものすごく頼もしくなって、とっても落ち着いて、

 又、いろいろな発見や成長もあったようですね。




 ちょっと箇条書きにしてみましょうか?




 1、反抗する子だった。

  今は・・・褒めれば、嬉しそうに抱きしめてもらいにやってくる。




 2、目をあわさない子だった。

  今は・・・目を合わす回数もずっと増えた。




 3、食事中、うろうろしていた。

  今は・・・ずいぶん落ち着いて食べれるようになった。

       全部食べ終わったお皿を私に『ピッカピカ~』と見せる。




 4、人の話を聞かなかった。

  今は・・・幼稚園のお絵かきでも、以前は先生の説明も聞かずに、

       ぐしゃぐしゃ描きをしているような子だったが、

       先日は、クラスで『上手に描けた子』として選ばれて、

       貼り出されたり・・・




 5、イヤイヤ・ぐずりが激しかった。

  今は・・・食事を作ってあげると

       『これ誰が作ってくれたの?』

       『ママありがとう!』なんて嬉しいことも・・(涙)




 6、いじめられたら、やられっぱなしで固くなっていた。

  今は・・・負けずにやり返して、先生に叱られて・・・(苦笑)

      『でもちゃんとゴメンね出来たよ』という息子からの報告に

      「成長したな・・・」と嬉しくなった。

       主人も『よくやった!』と言っていた(笑)




 そして・・・

  以前のやさしくって、

  明るいおもしろ(天然?)キャラの息子に戻った!!





 すごいよね。ピノキオさん。ほんとによく頑張りましたね。

 挫折しそうになった事もあったと思います。

 しかりつけたくなったり、「何度同じ事を・・・!」って

 言いたくなった事もあったでしょうね。




 でも、最後までよくやり抜きました。

 えらかったですよ。




 さて、今回、ピノキオさんには、

 3つのことをお願いしたのですが、

 その中で一番大事な事は何だと思いますか?




 3つのこととは、




 1、お兄ちゃんを良く見て、

   出来るようになったこと、頑張っている事を探す。



 2、どうやったら、その素晴らしさを伝える事ができるのか考える。



 3、本気で熱意を持って、真剣に伝える。



 です。


 

 ピノキオさんはそこをちゃーんと理解されていましたね。

 そう。それは、



 『3、本気で熱意を持って、真剣に伝える』



 これなんです。




 私達は、誰かに褒められた時、

 自分が気がついていない事だったり、落ち込んでいたり、

 正反対(気にしていたり、卑下していたり)

 に感じている事だったりすると、





 「ナニ言ってんの?(しらけ)」

 「そんな事ないよな~」とか、

 「え~?それって『イヤミ』?」

 「あー、おべんちゃら?」

 とか思いますよね。




 素直に喜べないんですね。



 

 でも、褒めてくれたその人が、

 真剣になって、話してくれて、

 『本気で、そう思っている』と感じた時、又は伝わった時、





 自分が気がつかなかったからこそ、落ち込んでいるからこそ、

 卑下していたり、気にしていたりしたからこそ、

 その相手(この場合は私達、親)の真剣さが

 やる気に火をつけてくれる。

 そうガソリンの役割になるんです。





 ピノキオさんのメールに

 > 親ばか入っています

 という一文がありました。




 “親ばか”結構です!!

 人の目なんか関係ありません。

 『ウチの子はすごい!』

 是非、そう思って下さい。真剣に思ってください。

 本気で思ってください。





 そして、子供が「僕なんて・・・」などと言おうモンなら

 真剣に「そんな事は無い!!」って言ってあげてください。

 理解できるように、徹底的に教えてあげてください。




 親がわが子に対して

 「誇りを持っている」「素晴らしい子だ」って真剣に思っている。

 それを巷では『親ばか』と言うようです。




 でも、それって、恥ずかしい事ですか?




 いいえ。

 私は、それこそが私達のあるべき姿だと思います。

 だって、私だったら誰に何と言われようが

 親にだけは


     「あなたは“こんなに”素晴らしい子なんだよ!」


                 って言って欲しいですもの(笑)。





 ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

 

メルマガ会員登録はこちら 無料
page top
サイト内の記事・写真・アーカイブ・ドキュメントなど、すべてのコンテンツの無断複写・転載等を禁じます。
Copyright (C) 2013 papyihigami All rights reserved. No reproduction without written permission.