子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第502号 否定と我慢

こんばんは。パピーいしがみです。

今日はとっても暖かかったけど、もう11月!なんですね。

あと、1ヶ月で12月。あと2ヶ月でお正月です。

今年もあと60日で終わりなんですね~(^^)

1年も早いものです。

さてさて、今日はとってもおもしろい発見をされた、

ちゃちゃさんからのメールをご紹介したいと思います。

これを見て、あなたはどう思われるでしょうか?

ひとつは、

「おこらない」「たたかない」「ギャーギャーいわない」

もうひとつは、

「いつもニコニコ」「かぞくは、なかよし」「おちついてはなす」

前者は“否定の言葉”。後者は“肯定の言葉”です。

実は、意味・目的はどちらも同じことなんですね。

でも、私達の受ける印象って全然違いますよね。

ちゃちゃさんは、そこに気づかれてご報告を下さいました。

それでは、早速ご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちわ。

5歳(男)と4歳(女)のママ、ちゃちゃです。

いつも色々と多方面に渡り、ご相談させて頂き、ありがとうございます。

今日は、ここ最近の我が家の取り組み(?笑)について、

「結構いいんじゃない?!」と自分で思えるのでご報告させてください。

まず、メルマガの中で、継続することが大事で、

目標を決めたら、いつも意識づけができるように

「目に付くところに書いておくとよい」

というようなことが書いてあったので、半年ほど前かな・・・3つ。

子供にも私としても改善したいことを

かんたんな言葉で書いて、部屋に貼りました。

「おこらない」

「たたかない」

「ギャーギャーいわない」

少しは効果はあったと思います。

私が怒ってるときに、娘が「おこらないって書いてあるよ」って、

つっこんでくれたりするので、

「そうだった・・・」と怒りのモードを切り替えて、

やさしい言い方に変えれたり。

やぶりそうになると、

お互いにつっこんで、気づけるようにはなりました。

でも・・・、やっぱり「おこったり(特に私・・・)」

思い通りにならないと兄妹で「たたいたり」が結構ありました。

張り紙をしてから2ヶ月ぐらいたったある日、

ひらがなが読めるようになった下の子がその張り紙を見て

「“~ない”“~ない”みんな“ない”がついてるね~♪」

と、なにげなく言ったのです。

娘は、字を見て気づいたことを言っただけでしたが、

その時、私はハッとしました。

『あーーー、みんな否定だ。』

『これを見るたびに否定や我慢を感じるなー。』と。

怒ってるとき娘に

「“おこらない”って書いてあるよ、」って言われたとすると、

怒っちゃダメだ!と思い、ぐっと我慢して気持ち鎮める・・・

という感じだと思います。

そこで、肯定の表現に変えてみようと思いつきました。

「おこらない」は『いつもニコニコ』に・・・。

「たたかない」は『かぞくは、なかよし』に・・・。

「ギャーギャーいわない」は『おちついてはなす』に・・・。

まず、こういうふうに変えようと思うけど、どうかな?と

上の子に相談してみたら・・・、

『いつもニコニコ』『かぞくは、なかよし』というのを聞いて

顔がまずニコニコになって、「なかよし」ってところで、

もっとうれしそうな顔になって、チューしてくれました。

「あ、この表現うれしいんだー。幸せな気持ちになるんだー」

と思い、私もうれかったです。

で、そのように書き換えました。

メルマガにこうもありました。

私達は、それが間違っていようが正しかろうが、

自分の考えで行動すればいいんです。

もし、それが間違っていたら、子供が教えてくれます。

ほんとにそうだなーと思いました。

親だからって、子供に対して完璧である必要はなく、

子供にもアドバイスをもらいつつ、一緒に修正していけばいいんだな。

それが、子供を認めることにもなる。

修正したとしても、最初の一歩は決して失敗ではなく、

確実に階段の1段目になってると思うし、

そうやって少しづつ上っていけば、いいんだなと。

書き換えてから、2~3ヶ月経ちますが、

ちらほらと成果?が出ています(^^)

最近子供達をとても頼りにしていて、

ママが怒りすぎてるときは、やさしく教えてね。と話しています。

そして、今少し変えてみようと思っていることがもう1つあって、

今までは1度ダメと言ったら、絶対ダメ。

家でも外でも一貫性を持って・・・と思って

自分の中でボーダーラインを決めて、子供に接してきました。

例えば、大きなおもちゃはクリスマスと誕生日だけ。

月に一度の決まった日(お給料日)以外は、

(おもちゃ付きお菓子や本など)も買わない。

食事中テレビはつけない。

ジュースは、おやつの時間。などなど・・・。

厳しすぎることはないと思うですが、

でも、これをやっていると、

一日中ダメダメって言ってるような気がします。

だんだん、子供も隠れてジュースを冷蔵庫から出したり、

私が名前を呼ぶとなにか注意されるような気がするのか、

すぐ返事をしなかったりするようになりました。

今はまだ小さいので、最終的にはママに甘えてきてくれますが、

もう少し大きくなると、子供と分かりあえるかな~・・・

とちょっと危機感を感じていました。

そこで少しゆるめてみよう。

ボーダーラインをさげてみよう。と思いました。

まずは、子供の要求を出来る限り聞いてあげよう。

すべてをガチガチにやっていると、

本当にダメなことが伝えられない(危ないこととか)。

ご飯中にジュースが飲みたいと言っても、

ご飯を残さず食べるならいいとか。

ご飯の時間にテレビを見たい場合は、

ちゃんと食べるならテレビを見ながら食べてもいいとか。

(本当はよくないと思っているのですが、

まずは子供のしたいように・・・と思って)

甘くしても「もっともっと」と泣くときはあるし、

本当に甘くしてよかったのかな??と

内心は迷うこともあったのですが、

ある日下の娘が

「朝、ご飯のときママがテレビ見ていいよって、

お兄ちゃんにやさしかった。おこらなかったね。」

と言ってくれました。

何も変わってないように見えても

「あー、ちゃんと変化を感じてくれてるんだ」と実感できて、

うれしいかったです。

少しづつですが、いい方向へ向かっていけてると思います。

本当は、メルマガにあるように「起承転結」というか、

「こんなだったのが、こんなふうに改善して、もう大丈夫です!」と、

言い切れる、ある程度完璧な成果が出ないと

なかなか報告できないなーと思っていたのですが、

よく見てみると、いつもパピーさんは最後に

「いよいよ、これからです。」とか

「もっと楽しくなりますよ。」とか、

その先を意識した言葉を投げかけてくれてますね。

それは「起承転結」で終わりじゃない、

これからも今の気持ちを大切に気を抜かないで・・・

という激励なんですよね。

これからも試行錯誤しながら、子供達や主人とともに

毎日を楽しんでいきたいと思います。

うちもパピーさんのおかげで、うまく行ってますよ!と

ご報告したかっただけなので、ご返事は結構です。

お忙しいとは思いますが、ご自愛くださいませ。

ココまで・・・

ちゃちゃさん、ご報告、ありがとうございました。

メルマガへの紹介のご許可も、ありがとうございます。

ちゃちゃさん、すごくいいところに気がついたんですね。

> 「おこらない」

> 「たたかない」

> 「ギャーギャーいわない」

> ひらがなが読めるようになった下の子がその張り紙を見て

> 「“~ない”“~ない”みんな“ない”がついてるね~♪」

> と、なにげなく言ったのです。

> 娘は、字を見て気づいたことを言っただけでしたが、

> その時、私はハッとしました。

> 『あーーー、みんな否定だ。』

> 『これを見るたびに否定や我慢を感じるなー。』と。

そうなんですね。目標やスローガンで、

「○○しない」というのは、プラスの考え方ではなく、

マイナスの考え方なんです。

「○○しない」だと

「悪い事は分かるけど、じゃあ、何もしないのがいいの?」

ってなっちゃうんですね。

そこで、ちゃちゃさん、こうされました。

『いつもニコニコ』

『かぞくは、なかよし』

『おちついてはなす』

これって、すごくいいですよね。

「おこらない」「たたかない」「ギャーギャーいわない」

だと、殺伐としたイメージをかんじますが、

『いつもニコニコ』『かぞくは、なかよし』『おちついてはなす』

だと、とっても和やかな、そして穏やかな感じがします。

もちろん、子供達にもその影響は出ているそうですよ。

例えば、お母さんが妹さんを怒っていると、お兄ちゃんが、

「ママ、前には「怒らない」って書いてあったけど、

今は『いつもニコニコ』に直して“ニコニコ”だよね」

と言ってくれたり、

お兄ちゃんが怒られている時には、妹さんが

ちゃちゃさんの顔をじっとみて「ニコッ」と笑って気づかせてくれたり。

子供達のそんな姿から、ちゃちゃさんもふっと我に返って、

「そうだね、いつもニコニコだったね、

ママ、また怒っちゃった、ごめんね」

のように素直に言えるのだそうです。

ちゃちゃさんご自身が自然体で子供と接する事ができて、

いろんなトラブルも激減しているようです。

もしかして、あなたも、

「○○しない」「○○はダメ」という否定の言葉、

沢山発していませんか?

そして、自分の発する言葉で、

自分を追い込んだり、イライラさせていないでしょうか?

もしかしたら、その否定の言葉。

肯定にしてみるだけで、違ってくるかもしれませんよ(^^)

「お母さんと子供の良好な関係を作る」

これが、お母さん、子供さん、双方に与える影響は絶大です。

まずは、良好な関係をつくること。

是非一度、振り返ってみてくださいね♪

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る