子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第250号 ハンドルネームの意味

こんばんは。パピーいしがみです。

いつもメルマガを楽しみにしてくださってありがとうございます。

今日は、メルマガ・・・というより、講座よりのお話をさせて下さい。

メルマガをお読みの方もお感じになられていると思いますが、

私のメールのやり取りは全て、ハンドルネームを使っています。

会員さんにも、そのハンドルネームやニックネームはなぜ?

という事を言っていなかったのですが、

ハンドルネームって、どうして付けるのだと思いますか?

個人情報の漏洩を防ぐ為?

ネットでの名前はハンドルネームでしょ?って?

呼びやすい名前の方が親近感があるから?

そうですね。それらも理由のひとつです。

でも、私がハンドルネームをつかう理由は別にもうひとつあるのです。

実は、お子さんの問題や、子育ての不安などを払拭する為には、

お母さん自身の過去の問題や悩み、

不安や心配などを解決する必要がある場合が多いんですね。

(完全な解決というわけではなく、「納得する」という事です)

でも、それって1人ではなかなか難しい部分で、

必ず、誰かにそんな自分を分かってもらったり、理解してもらったり、

又、努力して変化してきたところを、

見つけてもらったり、認めてもらったり、が必要なのです。

だから、ご自分の中にもうひとりの新しい自分を創ってもらって、

新しい自分から今の自分を見たり、変化に気がついてもらうのです。

(それは、新しい名前をつけて、誰かと(ほとんどは私ですが)

やり取りをしていると、無意識下で行われます)

私達は、自分にとっても厳しいのです。

なぜかというと、自分の過去を全て知っているからなんです。

例えば、自分の性格で嫌な部分があったとしますね。

それってとっても嫌なんだけど、直したいんだけど、

今までも努力したんだけど・・・なかなか直らなかった。

という事も知っています。

努力して、我慢して、できる事もあるけど、

出来ない事もある。意識していないとだんだん元通り。

そして、その結果を見て、

「やっぱり、私ってダメなんだ」って思っちゃうんです。

この時の自分の判断って、100%を求めちゃっているんですね。

変わりたい、でも完全に変わっていない・・・。

だから、“×”って評価しちゃうんです。

「やっぱり私は・・・」って思っちゃうんです。

そして、今まで積み重ねてきた努力をあきらめちゃうんですね。

ね~。厳しいでしょ?(^^)。

でもね。

これが他人だったら違うでしょ。

どんなに仲のいい友だちだって、100%いい人ではないはずですよね。

例えば、「本当に気難しくてすぐ怒るけど、気配りができるし、

優しい言葉を掛けてくれるんだよね。」

「すぐ怒るところは頂けないけど、気を配ってくれる所が好きなんだ」

みたいに。(^^)

それが、自分だったら・・・

「私は、自分のココが嫌い。ココも。ココも。ココも・・・」

「あ~あ、全く・・・」って。

お~。厳しい!厳しすぎるっっ(^^)!。

これが、自分にもう1人の人がいて、客観的に見る事ができると、

ちょっとの変化に「あれ、私って良いんじゃない?」

って思えるようになるんです。

意識すれば、できる時もある。

そんな時に、「おー、すごい、頑張ってるね」とか

「今まで2日しか続かなかったけど、今日で3日目だよ、新記録!」

なんて言ってくれて、

「徐々に良くなっているじゃん!」って

自分がその変化に気がついてくると、・・・違うのですね。

その為に、ハンドルネームを付けていただいて、

私とのやり取りは全てそれで行っているのです。

新しい名前を使えば使うほど、新しい自分の存在が明確になります。

又、その新しい自分の存在は、講座を始めてからの名前ですので、

行動し始めてからの変化に『より気がつきやすい』という訳です。

特に、第5章では、目標と決意を決めて、私にご連絡して頂いています。

半強制的に私とやり取りをしていただく事で、

次からの相談や、連絡や報告が気分的に楽になるし、

記憶にも鮮明に残ります。

あ、半強制と書きましたが、講座を学ばれていて、まだの方、

プレッシャーに感じないで下さいね。

頭の中に、引っかかっているだけで意味がありますし、

考えるだけでも、いいんです。

時間がかかってもいいし、ひらめいた時に送ってくださっても結構。

宿題提出していなくても、

メールを下さってかまいませんからね(^^)。

子供達の能力を伸ばす為に、みなさんに、

「認める」「褒める」「包む」をお願いしていますよね。

同じように、お母さんだって、

「認める」「褒める」「包む」が必要なんです。

それは、私1人の力では役不足。

だから、あなたの心に、もう1人のあなたを育ててもらって、

その方に「認め」「褒めて」もらうんです。

そこに必要なのが「ハンドルネーム」なのです。

どうですか?けっこうびっくりでしょ。(^^)v

講座についてご興味のある方はコチラをどうぞ

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る