子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第372号  息子が「鴨ネギ」になる 1

こんばんは。パピーいしがみです。

今日のタイトルを見て「どういう意味?」と思われたかも知れません。

「鴨ネギ」というのは、

「鴨がねぎをしょってくる」ということわざのことで、

これは「願ってもないこと、大変好都合であること」という意味です。

ネギを背負って鴨が飛んでくれば、すぐに鴨鍋ができちゃって、

とってもラッキー!という意味なのですが、

私はこの「鴨がネギ背負って・・・」を、テキストの36章で

ご紹介しているのですね。

私は、子供達に自信を付けて欲しい。そして、

もともと持っている子供の能力をもっと伸ばして上げて欲しい!

と思っています。

又、沢山の経験をして乗り越える力を付けて欲しい!って思います。

それが、とても効率的に出来る時っていうのが、

まさにこの「鴨ネギ」状態の時。

具体的に言うと、自分から興味を持ったり、

やる気を持って、自分からチャレンジしたり・・・

「興味」や「やる気」などのモチベーションが“ネギ”であり、

子供達の行動が“鴨”という事なんです。

自分からやる気を持って、行動したときに、

とんでもない素晴らしい結果を残したり、

爆発的に能力が伸びたり。

又、できないことが簡単にできるようになったり、

そして、そんな時は、諦めたり投げ出したりしないんです。

そんな鴨ネギの状態について、

体験されたドロシーさんのメールをご紹介させていただきますね。

ココから・・・

こんにちは ドロシーです。

今日は以前から、「パピーさんにお話して~」と、

息子からリクエストされていたことをご報告しますね。

「パピーさんのお家はどこ?」「電話番号は?」と、

ご近所なら訪問して、自分で報告する勢い(笑)で、

質問攻めにあったぐらいなんですよ。

まず、息子の紹介をしますね。

息子は年長さん、9ヶ月の早産で生まれ、

生後10ヶ月頃から体重がなかなか増えず、

また、言葉の発達が遅く、ずいぶん心配しました。

現在、身長106cm、体重15kg弱 (年少さんに見えます)

外見は、色白で、超~細くてかよわいイメージです。

性格は、穏やかで優しいのですが、凹みやすいタイプです。

保育園では、優しい女の子と遊んでいることが多いですし

本を読んだり、レールやトランプゲームが好きです。

まあ~この頃は、お笑い芸人の真似をしたり、エッチなことを言って

癒し系キャラが変わりつつありますが・・(笑)

運動面は・・う~ん・・

手先が不器用で握力もなく、

運動面はかなり遅れていると思います。

一時期、小粒で優しい息子に「やさしいのと弱いのとは違うよね」と、

一人で悶々として、焦ったりしたこともありました。

でもね・・・

パピーさんは“あいさつ”の重要性を教えてくれましたよね。

息子は家族の中で一番

「おはよう(あいさつ)・ありがとう・大丈夫?」

が言える子だったんです。

これは親の私達が見習わなければならないほどです。

そっちのいい一面に重点を置いた時、

「運動ができなくたっていいかぁ~」って

片目(運動面や精神的な弱さ)を瞑って、見ないようにしたんです。

見ないことで、自分の平常心を取り戻そうとしていました。

時折、自転車や縄跳びなど誘ってみましたが

「やらない」「できんもん」とまったくやる気がありませんでした。

少しやっても「や~めた」で、次が続かなくて

私も「まだ早いのかなぁ~?」と諦めてみたり・・・

実は、年長になったこの春、私はこの一年に期待しました。

なぜなら、娘が年長の時、パピーさんと出合ったことで、

娘は精神的に成長したからです。

息子には、まず、取り掛かりに

“リボン結び”に挑戦してみようと思って、教えていましたが、

「先生の方がわかりやすい。先生から習いたい。」

と息子から言われて・・ ガクッ↓↓ (苦笑)

(ちょうど、保育園でもリボン結びを教えて下さっていました。)

“指導者は二人いらないなぁ~”

じゃあ~私にできることは?

わかりやすく左右の紐の色を替えてあげることと、

紐結びの仕方を息子から教えてもらうことに徹しました。

(どこまでできているか一目でわかりますし、練習にもなりますし)

日を追うごとに上手になっていくのが見えましたし

一人でできた時は、私の方が大喜びをして・・・。

翌日、先生にも報告をして、先生からも褒めてもらったり・・。、

“リボン結び”が出来るようになったことが、

ちょっと自信になったのでしょうか。

次は、「ゆうびんやさん(縄跳び)が出来るようになりたい」

と言い始めて、帰宅後、自ら「練習しよう~」と、言ってきました。

娘と3人で、簡単な大波小波から始めて

失敗しても、「もう一回する~」と何度も挑戦していました。

ゆうびんやさんが配達する手紙の枚数が少しずつ増え、

見事クリアしました。

以前は、定位置で連続のジャンプさえ出来ませんでしたから

息子にとっては、とてもすごい事なんですよ!!

その頃、保育園では竹馬の練習が始まっていました。

すでに女の子数人が乗れるようになっていましたので

息子の様子が気になり、先生にお聞きすると

「あともう少しで乗れるようになるんだけどなぁ~」

と教えてくれました。

そこで、「今がチャンス!!」と思った私は、

「あとは勇気だけだよ」

「指の皮がむけたら上手になるからね」とか・・

園芸用の棒を足先に挟んで

(竹馬のイメージ)歩くゲームをして遊びました。

そんなある日、幼稚園からの帰り道で

(息子)「今日は竹馬で3周回ったで~」

(私) 「へぇ~。すっごいね~。がんばったね~」

(息子)「竹馬が出来るようになったら、

次はうんていを練習するんだぁ」

・・・え!そら耳?○○から前向きな言葉、初めて聞いたよ・・・

(私) 「ほっほ~。もう次の目標を決めているんだ。

なんだか嬉しいなぁ」

(息子)「パピーさんにお話せんといかん?

○○ちゃんよく頑張りましてねぇ~って、

言うてくれるろうか・・」

(私) 「そうだね。お話せんといかんね(笑)」

・・・きっと、竹馬ができた事より、

やる気になった事を喜んでくれると思うよ・・・

翌日からも、

(息子)「今日は自分から赤色にチャレンジしたよ~」

(竹馬の高さによって色が違います。 低←ピンク・赤・青→高 )

・・・この子の口から “チャレンジ” が出たよ・・・

(息子)「明日は青色にしようかな~」

・・・うゎ~!!いよいよこの子がネギを背負ってきた~!・・・

(息子)「僕ってエライ~?天才? ねぇ~パピーさんに話してよ~」

時々、娘を褒める時に、

「パピーさんがね・・よく頑張ったね~って、言ってたよ」

と伝えているので、たぶん息子も、お母さんの先生である、

パピーさんに褒めてもらいたいのでしょうね(笑)

幼稚園の参観日の日に掲示されていた

“竹馬できた表”にはシールが4つ貼られていました。

4つシールをもらっている子供は3人。

そしてその中で、男の子は、息子一人だけだったんです。

正直こんなに早く、しかも男の子では一番上手だったなんて?

・・・信じられません。

息子の口からは毎日、前向きな発言ばかりで、

それもすごく楽しそうなんです。

そんな息子を見ていると、私まで嬉しいというか・・

笑が止まらないというか・・・

ココまで・・・

実は、このメール、まだまだ続きがあるんです。

でも、私のお返事も含めてご紹介したいので、

もう半分を次回、ご紹介させて頂きますね。

でも、どうですか?

鴨ネギの状態の時の、子供の変化?すごいでしょ。

年長さんなのに、年少さんぐらいしかない体格で、

運動は・・・決して得意ではないし・・・

なわとびも、その場跳びもできなかった。

自転車などを誘っても、「やらない」「できんもん」って

まったくやる気がなかった。

その子がですよ。

本当に短期間で、あれも、これも・・・

それから、次は・・・って、

ありえないと思いませんか?

でも、これが、「鴨ネギ」効果なんですね。

もちろん、「やる気」「興味」を持つようになる為には、

「認める」「褒める」「包む」を忘れずに継続して欲しいです。

最後にこうありました。

> 息子の口からは毎日、前向きな発言ばかりで、

> それもすごく楽しそうなんです。

> そんな息子を見ていると、私まで嬉しいというか・・

> 笑が止まらないというか・・・

息子さんのキラキラした笑顔、はしゃいでいる様子。

それを満面の笑顔で見ている、お母さん・・・。

いいな~、その感じ。その様子が目に浮かびます。

> (息子)「パピーさんにお話せんといかん?

>        ○○ちゃんよく頑張りましてねぇ~って、

>                   言うてくれるろうか・・」

うれしいね~♪

もちろん、お返事をしましたよ!

その内容は次回です。お楽しみに(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る