子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第471号 学びのゴール

こんばんは。パピーいしがみです。

もうすぐ夏休みですね♪

夏休みになって、子供と一緒に勉強をしよう!とご決意なさった・・・

というメールを何通か頂きました。

とっても良いことだと思います。

子供達に勉強をさせても、自分ひとりではどうしてもはかどりません。

お母さんが一緒に、新たな勉強をすると、子供はそれを見て、

「お母さんが頑張っているんだから、僕だって」と思ったり、

子供の「私だけが、やるのはイヤだな~」という気持ちを拭い去り、

勉強や机に向かいやすくなるんですね。

誰だって、自分ひとりでやるのはイヤですものね(^^)

そうお考えになる方がたくさんいらっしゃるのか、

この7月は、いつもよりお申し込みが多いのです。

(まだ、お手元に届いていない方、もうちょっとお待ちくださいね)

そして、今日は昨年のちょうど今頃勉強を始められた、

“おさるのおかあさん(ハンドルネーム)”からのお便りです。

おさるのおかあさんは、息子さんの悪態がひどいのに、怒り心頭。

はらわたが煮えくり返っていて、罵声・暴言の嵐。

もう、毎日、がんがんに怒っていたようです。

それが今は・・・どうでしょう???

どうぞ、ご報告をお読みください。

ここから・・・

パピーさん、お世話になっております。 おさるのおかあさんです。

今日はちょっと良いことがあってご報告のメールです(#^.^#)

実は先週水曜日にギックリ腰をやっちゃったんです。

その日は朝から動けなくなり、朝食も仕度も全て

夫と子どもたち二人とで頑張ってもらうしかありませんでした。

私が全く動けずとも、何とか家庭が回ることに、

子どもたちの成長を感じました。

この一週間、痛かったですが、無理せず、横になり、

休むことができました。

かつて、インフルエンザで高熱が出て

体中が痛い中夜通し夜泣きする娘に付き合った日を思いますと、

不思議な気分でした。

ギックリ腰で動けない私に、長男が、

「お父さん帰り早いかな?」と聞くので、

なにかと思ったら、手をあげて

「僕、納豆ご飯なら作れるよ」と言ってくれました。

とてもうれしく思いました(#^.^#)

小学校から帰宅すると、

「お母さん、外は無茶苦茶風が強いよ」

「僕が○○(妹)のバスのお迎えいくよ」

「その腰じゃ無理だよ」とも言ってくれました。

約一年前に学習を始めた最初の頃に、

息子に1番欠けている『自信、自尊心』は

「僕はお母さんに好かれている」だと気がつきましたが、

愛情はあるのに、どうしてもそれが伝わらないと悩みました。

そしてパピーさんからいただいた、とてもシンプルなアドバイス、

「褒めると叱るの割合は三対二ですよ」ということが、基本なんだ。

けれど、とっても大事なんだと気付きました。

パピーさんのご指摘どうり、

その頃の割合は逆転どころの話ではなかったです。f^_^;

そうは気付けたものの、次は褒めるのが、正直難しかったですf^_^;

でも、それもメルマガやテキストを読み進むうちに少しづつ、

少しづつ、気付きがありました。

今、パピーさんから最初に頂いたメールが、結局のところ、

この約一年の学びのゴールであったことに驚いています。

「当たり前を捨てる」

このメッセージの意味が、約一年かけて、

ようやく私の中に積み上げられて

理解出来るようになってきたんだと思うんですp(^^)q

「当たり前を捨てる」は、私には凄くすごく難しかったです!

「当たり前」が、何かさえ、

全く解らないところからのスタートでしたf^_^;

だから「褒める」のが、凄く難しかったんですね。

最近、息子が、

「僕はお母さんがだ~いすき!」とよく言ってきます。

こちらが何だか恥ずかしい(//△//)のですが、

「お母さんも。アイラブユーよ」と答えると、

意味を聞いてこそっと喜んでる息子です。

かってに「お兄ちゃん」扱いにしてきてしまったけど、

その幼さにどれだけ気付いてやれずに

これまできたことでしょうか。。。

昨晩も、わざわざ台所まできて

「僕はお母さんが大好きなんだよ」と言いにきたので、

「ミー、トゥ 」と答えました。

意味を聞いて納得するように笑っていました。

まだまだの未熟お母さんの私ですが、

ギックリ腰のおかげ(?)で、とってもいい思いが出来たので、

パピーさんに報告と、また、長々メールをさせて頂きました(#^.^#)

ありがとうございました。

ここまで・・・

おさるのおかあさん、メルマガ紹介のご許可、ありがとうございます。

今、過去に頂いたメールの内容を確認していたら、

最初は2008年の7月6日でした。ちょうど1年たったんですね♪

そして、その時のメールにこうありました。

> これまで、通信教育は二度とも、

> 申し込みをして満足してしまい、続いた経験がないため、

> 自分の不甲斐なさから購入をためらいもしましたが、

> 愛する二人の子どもと夫のために、

> できうる努力ならしてみたいと思い申し込みました。

ですって。なつかしいですね~(^^)

でも、すごいじゃないですか~♪

ちゃーんと1年、経ったんです。やりきりましたね。!!♪

それも携帯電話だけでのやりとりですから、

メールを打つのも大変だったと思います。

本当によくがんばりましたね~(^^)

こうやって見てみると、おさるのおかあさんの進み具合がわかります。

勉強を始めてみて、おさるのおかあさんはすぐに、

息子さんの悪態の原因は

「自信、自尊心」の欠如なんだと分かります。

その欠けていた「自信、自尊心」は、

実は「僕はお母さんに好かれている」という

“認識ができていなかったから”だったんだ!とお気づきになった。

「僕はお母さんに好かれている」というと認識ができていないのならば、

それを感じることができるように、愛情があることを伝えればいい。

ところが、愛情はあるのに、どうしてもそれが伝わらない。

「褒めるを3、叱るを2」その割合が大切。

基本だし重要・・・というのは分かるけど、なかなかできない。

でも、少しずつ気づきがあって、少しずつ理解されて・・・

そして、今回のメールを頂くちょっと前に、

こんなご報告も頂いていたんです。

> 叱るだけでは駄目なんだなということが頭だけでなく

> 肌で(?)わかって来ましたが、

> 今までは、具体的に違う方法が全く見えませんので、

> 苛立ちが募るばかりでした。

> けれども、最近、ぼんやり見えてきたものがあります。

> テキストに書いてあることが、

> ようやく消化吸収されてきたかのような感覚です(#^.^#)

> 以前なら100%でない自分にも苛立ちや腹立たしさがありましたが、

> 最近は自分の成長も少しおおらかに待てる自分があります。

おさるのおかあさん、しっかりと着実に歩いている感じが分かりますね。

そして今は、息子さんもすごくお母さんの愛情を感じているようです。

そんな経過をたどった今、こんな風にありました。

> 今、パピーさんから最初に頂いたメールが、結局のところ、

> この約一年の学びのゴールであったことに驚いています。

> 「当たり前を捨てる」

> このメッセージの意味が、約一年かけて、

> ようやく私の中に積み上げられて

> 理解出来るようになってきたんだと思うんですp(^^)q

> 「当たり前を捨てる」は、私には凄くすごく難しかったです!

> 「当たり前」が、何かさえ、

> 全く解らないところからのスタートでしたf^_^;

> だから「褒める」のが、凄く難しかったんですね。

そうそう。「当たり前を捨てる」は難しいですよね。

でもね~。それが1年で分かった、というのはすごいことなんですよ~♪

だって、こうやって偉そうに言っている私も、

理解できたのは5年や6年ではなかったですもの(^^)

でも気が付くと、今までとその後、大きく違うんですよね。

まるで回りが変わったようにさえ感じます。

息子さんの様子も、うれしいですね。

> ギックリ腰で動けない私に、長男が、

> 「お父さん帰り早いかな?」と聞くので、

> なにかと思ったら、手をあげて

> 「僕、納豆ご飯なら作れるよ」と言ってくれました。

> 小学校から帰宅すると、

> 「お母さん、外は無茶苦茶風が強いよ」

> 「僕が○○(妹)のバスのお迎えいくよ」

> 「その腰じゃ無理だよ」とも言ってくれました。

1年前だったら無かった言葉ですよね(^^)本当に嬉しく思います。

でもこれも、おさるのおかあさんがやりきったからですよ♪

これからもゆっくりで結構です。ご継続なさってくださいね。

善循環。どんどん回り始めますよ♪

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る