子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第125号 子供も親を包んでくれている

こんばんは。パピーいしがみです。

今日も「報告します」で頂いた会員さんの途中報告をご紹介します。

今日、頂いたメールを読んでいるときに、ふっと新しい発見をしました。

それは親だけが子供を包むのではなく、

親も子供に包まれている。という発見でした。

では始めましょう。もたははさんのご報告です。

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーいしがみ 様

こんにちは。

以前、何度かメールを差し上げましたもたはは です。

私の第5章での目標は

「幸せなお母さんを100%マスターする」

「自分に自信が持てるようになる」でした。

なので、まだテキストも約半分ということと

私は、すぐ人に依存しすぎてしまう所があるので

パピーさんへのメールは、相談も含めて

もう少し自分の行き着くところまで行って

それでも本当にどうしようもなくなった時か、

テキストを全部終えて本当にマスターしたと感じた時まで

メールをしないで自分自身の力で頑張ってみようと思っていました。

ですが、今回「途中報告」ということで

報告させていただくことにしました。

うちには、娘(4歳)と息子(3歳)の2人の子供達がいます。

2人とも全然違う性格ですが、その分、それぞれの良さを活かしながら

とても良く育ってくれていると思っています。

でも、やはり何事もないワケではなく

どちらか1人が落ち着いてきたらもう1人がゴタゴタしたり、

私自身がイライラしてつい、子供たちに当たったりと

紆余曲折、試行錯誤してなんとか今に至っています。

そこで報告というのは、

うちは、就寝する時、子供達は必ず私を挟んで川の字になり、

その日によって抱っこをしたり手を握ったりして寝付くのです。

以前、メルマガでパピーさんが、

『そういうのが「包む」になる』とどなたかに仰っていたと思いながら

子供達を抱っこしたり手を握ったりしていましたが、

先日、私がついイライラしてしまったことがあったのです。

そして、就寝する時、

子供達がいつものように「抱っこ~」と来たのです。

そして子供を抱っこした時、それまでイライラしていた私の気持ちが

スゥーッと楽になりフワッと(それこそ柔らかい羽毛のようなものに)

包まれた、おだやかな気持ちになったのです。

メルマガ(第120号)のブルースターさんも

「今までも頭で分かってはいたけれど、

今回は自分の肌身で感じたんです。」

と仰っていましたが、私も、今回は

「肌身で感じ」とても嬉しい気持ちになりました。

そして、きっとこういうことの積み重ねが「幸せなお母さん」へと

続くのだと思ったんです。

今後も子供達に対し、たぶん私は

本気で腹を立てることはあると思います。

でも、それ以上に私は子供達が大好きで、

その大好きな子供達と一緒に暮らし、

成長していくのだな~と感じています。

パピーさん、どうぞこれからも

見守っていてくださいね。

よろしくお願いします。

ココまで・・・・・・・・・・・・

もたははさん。報告ありがとうございます。

このメールを頂いて、私は、ふと思ったのです。

『子供も親を包んでくれているんだなぁ』って。

実は、私もこんな事がありました。

これは、真ん中の子が小学校に入学したばかりの頃、

お兄ちゃんは3年生になったばかり。

その時の様子をある先生が教えてくれたのです。

学校集会かなにかで、新入生を迎えるために

在校生が体育館に集まっていた時のことです。

1年生になったばかりのかわいい男の子、女の子が

つぎつぎと体育館に入ってくるのに、

なかなか自分の妹は入ってこない。

その時のお兄ちゃんの様子を先生が見ていて、

「とても不安そうで、まだ来ない。まだ来ない。って

心配して探していたんですよ。」

「そして、最後の方に現れた姿を見て、私(先生)に

『やっと来たよ。僕の妹』とにっこりして教えてくれたんです。」

先生は、その時の不安そうな顔、

そして、見つけた時の、安心して喜びに満ち溢れた顔が

とても印象的だったと教えてくれたのでした。

それを聞いて、

「いつもはそんなそぶりを見せないけれど、

妹のことを大切に思ってくれているんだなぁ。」

ととても嬉しく思ったのです。

その時に、(たぶんもたははさんが感じられたように)

> スゥーッと楽になりフワッと

(それこそ柔らかい羽毛のようなものに)

> 包まれた、おだやかな気持ちになった。

のですね。

今日のメールを頂いて、

あ。「あの時の感覚と同じだ!」って思ったんですね。

そしてふと、

「あ。親も子供に包まれてるんだ」って気がついたのでした。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る