子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第394号 不安・心配から・・安心へ

こんばんは。パピーいしがみです。

 

不安、心配・・・。子供さんがおられる方はどなたでも、

今の状態や将来について、不安や心配をお持ちだと思います。

例えば、お子さんがとっても人見知りだったり、場所になれない、

引っ込み思案、楽しそうじゃない・・・、

そんな風に感じたら、不安だし、心配ですよね。

実は、今日、メールをご紹介するさちさちさんも、

そんな不安をお持ちだったのでした。

さちさちさんは、ご自身も幼稚園の頃から、

ご自分に自信がなかった・・・と言われていました。

だから、余計にそんな娘さんを見ると不安だったのでした。

でも、そんなさちさちさんと娘さん。

頂くメールの内容もずいぶんと変わってきました。

今日は、そんなさちさちさんのご報告を紹介させて頂きますね。

ココから・・・

パピーさん、こんばんは。

今日は、うまく行きだした最近のご報告を致します。

思いがけず、長文になってしまいました。

時間があるときに読んでいただけるとうれしいです。

私は、勉強していても『過程を褒める』ということが、

あまりぴんときていませんでした。

なので、ちょっとでもいいと思ったら、大げさに褒めてきましたが、

それだと、あんまりうまく行かなかったんです。

なので、褒めることよりも、

まずは認めることを意識することにしました。

具体的には、子どもをしっかり見て、話をしっかり聞きました。

話していることに対して、私の考えはまったく入れず、

嬉しい顔をしているときは「よかったね」

嫌な顔をしているときは「嫌だったね」とだけ伝えました。

そうしたら、娘がどんなときに嬉しくて、

どんなときに悲しいのか、わかるようになってきました。

それに、どんなことが好きで自信があるのか?

又、反対に、どんなことが苦手で、

できるようになりたいと思ってのは何なのか?も、

わかるようになってきたんです。

娘は引っ込み思案だとばかり思っていたのに、

実は、果敢にいろいろなことに挑戦したいと思っていることや、

とても、人をよく観察していて、

善悪の判断もしっかりできいました。

そんなふうに娘を見ていると、

チャレンジしている姿や頑張っている姿など、結果だけでなく、

『経過を褒める』ことが自然にできていたようです。

以前から私は、常に娘の未来に漠然とした不安を持っていました。

でも、何も行動に移せなかったんです。

例えば、娘が幼稚園に行くのを嫌がっていたとき、

娘は人見知りや場所みしりが強いので仕方ないと思いながらも、

「乗り越えられないかも知れない・・・」と

幼稚園をやめることばかり考えたりしていました。

常にマイナスを見て、後ろ向きだったのです。

でも、今は、違います。

今は、娘が「行きたくない」と言えば、

まずは、不安な気持ちを和げられるように、

いつも以上に認める褒める包むを意識します。

そして、娘から自発的に出てきた言葉や行動があると、

すかさずそれを褒めたり、時間や状況が許す限り、

希望通り叶えられるようにしています。

そうすると、娘は割りと落ち着いて、

自分の意思で前向きに物事に取り組むようになってきたのです。

「自分ってすごい!」って、

少しでも思えたときの笑顔って輝いてますね。

「やったー、これも見て」って感じで、

自発的なことが増えて行くんです。

そんな娘を見るのはとても楽しいです。

この“自発的なこと”を今、とても大切にしています。

自分に置き換えても“自発的なこと”って、楽しいし、

それを認められると、嬉しさも格別だなあって、

パピーさんの講座を受けるなかで実感することができました。

親が望むことではなくても、

『目的は自信をもつこと』と考えて、

一見、無駄に思えることでも、自発的な行為は大切にしています。

娘は運動ができない、と思っていた私の先入観も、

どうやら間違っていたようです。

娘に何ができるようになりたい?って聞いてみたら、

「足が早くなりたい!」と。

それを聞いて、かけっこの練習を始めました。

走る姿はとても楽しそうです。

続けていけば本当に早くなると感じています。

もちろん、結果に関わらず、がんばってることは褒めて行きたいです。

私は最近、文句が減りました。

自分を認めることができるようになり、

「あー、私もいい感じだなあ」と思うと、

自分自身が落ち着いていられるのを感じます。

また、同居の家族に対しても、

以前は、不満ばかりだったのですが、

なぜかこの頃は感謝の気持ちが持てるようになりました。

マイナスのことばかり言う家族ですが、

たまに娘を褒めてくれて、それが娘にとって、コントラスの原理となり、

私が褒めた時の喜び方とは違うことに気付いたんです。

これはこれでいい環境だなあと思います。

普段、私が前向きなことをしっかり伝えられれば、今のところ、

娘の様子をみると心配ないないんじゃないかな?

と思えるようになりました。

仕事をしているので、

「子供と触れあう時間がもっとほしいなあ」と思うこともありますが、

離れている時間がある分、一緒にいる時間を大切にしようと思ってます。

今の一緒にいられる大切な時間を楽しみたいです。

私は、最近、テキストを毎日読むのにプラスして、

時間がある時には、メルマガのバックナンバーを読んでいます。

過去のメルマガ、とてもおもしろいです。

パピーさんの考えがいつも一貫性を持っていて、

また、とても言葉がやさしいので、なんだか癒しも感じます。

それに、たくさんのヒントがあって、

頭が活性化してくれるような感じです。

まだまだ、実践してみたいことがたくさんあります。

今後がとても楽しみです。

パピーさん効果って、本当にすごいです。

これからもどうぞよろしくお願いします。

ココまで・・・

さちさちさん、楽しいご報告、ありがとうございました。

私は、さちさちさんからのこのメールを拝見して、

「良い面を探す力が付いてきたな~」って感じました。

それこそ、過去のメルマガでもお話していますが、

私たちって、私たちが持つ固定観念から、

一方向からだけ光を当てて、「良い」「悪い」と判断するんですね。

例えば、様々な失敗や挫折を目の当たりにすると、

それだけを見て、落胆したり、落ち込んだりしてしまいます。

でも、その失敗や挫折があることで、

悔しい思いをしたり、そこから這い上がろうとする思い、

また、乗り越える力を養うことができます。

同じように、全ての事は、光が反射して見える面と、

陰になって見えない面、二つの面が必ずあるんですね。

そこの陰になっている見えない面に、

実は、とても大きな価値が隠れていることがあるんです。

さちさちさんは、娘さんの引っ込み思案なところ。

なかなか場所に慣れないところ。運動が苦手そうなところ。

気になる事がいっぱいありました。

でも、娘さんには、苦手だけど・・・

“上手になりたい”という気持ちもあったんですね。

そしてそれを発見して、そういう「自発的」な部分に光を当てて、

「それってすごいよ!」って褒めてあげたんです。

そしてそういう「自発的」な部分を見つけるたびに、

それを大事にしてあげた・・・。

まさに、見えない面に隠れていた大きな価値を見つけたんです。

同じように、さちさちさんは、

ご自分と娘さんの環境の中からも大きな価値を見つけています。

以前のさちさちさんは、同居されているご家族の、

「マイナス」ばかりきかされる状況に、うんざりされていました。

でも、マイナスばっかり言う家族でも、

その中の“ほんのちょっとの賞賛”が、

違った形でプラスになっている、という発見をされています。

以前、さちさちさんが悩んでおられた、家族の「マイナスの言葉」も、

「これはこれでいい環境だなあと思います。」

とあった、その違いに、思わず(^^)となった私でした。

でも、本当にそうなんですね。

環境が何も変わらなくても、私たちにそこからプラスを見つける力、

「良い面を探す力」が付いてくると、全く違ってくるんです。

真っ暗闇に感じていても、そこに光が見えるんですね。

これって素晴らしいと思いませんか?

そしてそうなった時、自分にも、そして、お子さんにも、

とても良い影響があるであろう事は想像できると思います。

その力は誰にでもあるんです。私にも、そしてあなたにも。

ただ、誰にでもあるその「良い面を探す力」も、

練習なしには、上手に使えるようにはなりません。

さちさちさんの言葉にこうありましたね。

> 私は最近、文句が減りました。

> 自分を認めることができるようになり、

> 「あー、私もいい感じだなあ」と思うと、

> 自分自身が落ち着いていられるのを感じます。

本当に“いい感じ”です。

コツコツと練習をつんでこられたんだな、って感じますよ~♪。

娘さんの事も含めて、これからが楽しみです。

又、楽しい報告、待ってますね。

今回は、メルマガ掲載のご許可、ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る