子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第326号 お母さんVS子供達 2

こんばんは。パピーいしがみです。

以前、メルマガ323号で、

『お母さんVS子供達』という題名でお届けしましたね。

その時のメルマガはこうでした。

お姉ちゃん一人の時は子育てが楽しかった。

でも、下のお子さんが生まれたら忙しさは2倍に・・・。

お母さんご自身も余裕が無くなって、

イライラすることが多くなり、

その感情を長女さんにぶつけてしまう・・・。

「これでもか?!」というほど怒鳴ったり、

長女さんを無視してしまうようになってしまった。

長女さんはグズリがひどくなり、

今度は妹にも暴力を振るうようになってしまった。

コッティーさんは、そんな自分に嫌悪感を覚え、

自分自身を卑下してしまう。

悪循環はどんどん進んでしまう・・・。

そういう状態にあって、コッティーさんは、

とても悩まれていたのです。

そのお悩みに、私は、こんなお返事をしたのですね。

『お母さんVS長女さん』『お母さんVS次女さん』

一人づつお世話をしようとするのは大変です。

だから、長女さんを味方に付けて、

『お母さん+長女さんVS次女さん』

になるようにしてみたらいかがですか?

それは、長女さんの良いところを見つけて、それを伝え、

お母さんが長女さんに「こうやってくれると嬉しい」

という事を伝えれば良いんです。

例えば、

「お母さんのお手伝いをしてくれてうれしい」とか、

「妹をあやしてくれて、ありがとう」とか

そういう場面を作って、

お姉ちゃんの「お姉ちゃんとしての自尊心」

を高めていくんです。

というお話をしたのでした。

そして、早速コッティーさんはそれを試されます。

重複になりますが、ちょっとその部分だけ掲載しますね。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

スーパーへ買い物に行った時の事です。

次女をカート(ベビー用)に乗せ、

買い物をしようとした時、

車に財布を忘れた事に気がつきました。

風も強く、夕方ともあって、

駐車場も車の出入りも激しかったので、

スーパーの入り口の前で待っててもらうことにしたんです。

「母ちゃん、車に財布を忘れたから、□□ちゃん(長女)、

ここで○○ちゃん(次女)を見てて欲しいんだけど、大丈夫かな??」

そう聞くと長女は「うん、大丈夫」との返事。

早速、私が持っていたカートの持ち手のところに来て、

背伸びをして動かないように持っていました。

すぐ、目の前に待たせていたので

何度も振り返りながら様子を見ていると、

持ち手の所だと次女の様子が分からない様で、

すぐ前に行き、少しあやしたりしていました。

次女はカートの中で、靴下を引っ張って脱いでいましたが、

長女はそれもちゃんと見ていて、

落ちる寸前に上手に受け止めていました。

私が来ると、

「○○ちゃん(次女)靴下脱いじゃったよ!」

と靴下を手渡してくれました。

私が「ちゃんと見ててくれてありがとうね。」と言うと、

近くを通りかかったおばちゃんも長女の行動を見ていたようで

「この子(長女)はえらいねぇ~。

しっかりちゃんと下の子の事を見て!」

「いいお姉ちゃんやね~。アンタ(私)良かったね~」

と、褒めてくれたのでした。

長女にも

「今のおばちゃんもね、

□□ちゃん(長女)の事、えらい!って褒めてたんだよ~。

「いいお姉ちゃんだねって。

母ちゃんも嬉しくなっちゃったよ♪」

と言うとニコニコし、

「□□、おねーちゃん♪」と喜んでいました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

この時から、長女さんが、今までと違ってくるんですね。

長女さんは次女さんの離乳食のお手伝いをしてくれたり、

次女さんが一人で遊んでいると、

あやしたり、一緒に遊んだりしてくれる。

するとどうでしょう?

今まで、一人ずつ手が掛かっていたのが、

お母さんの手間がグーンと減って、

お母さんにも余裕がでてきたんですね。

その後のコッティーさんからメールを頂きました。

今日はその紹介をしたいと思うのです。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

 

お久しぶりです。

コッティーです。

近況報告ですので、お時間のある時に読んでくださって結構です。

(長くなってしまったので(笑))

 

この間、メルマガに私のが載った時は、

ビックリしたのとドキドキでした。

 

改めて、読んでみると・・・

本当にヒドイ事をしてしまっていたな~と、

反省と共に、恥ずかしさがこみ上げてきました。

 

最近は、長女をたてながら次女と遊んだり、

長女と遊んでると、

「次女もおいで~」と自分から声を掛けてくれて、

3人で遊ぶ日が多くなってきました。

 

また、私に気を使ってくれたりするようになりました。

最初、長女を(座りながら)抱っこしていたら、

次女が無理やり抱っこされようと来ました。

すると、長女が

「母ちゃん、重い??」と聞いてきたので、大袈裟に

「重いよ~、やっぱり2人抱っこはえらいな~」

と笑いながら言うと、「じゃーいいよ~」と自分は降りて、

次女に譲ってくれました。

自分の気持ちだけを満たそうとするのではなく、

私の気持ちや次女の事を考えるようにも

なってくれたみたいです。

 

あと、大きく変わったことは、

指しゃぶりの頻度が減った事です。

前は、眠たいときにかかわらず、

テレビをみながらでも、遊んでる途中で暇が出来ると、

すぐに指しゃぶりを始めていましたが、今は激減しました。

最近は・・・眠るときだけ・・・でしょうか?

以前、本で読んだのですが、

指しゃぶりのひどい子はストレスや不安から~

と書かれてあって、とても心配していたのです。

長女は吸いだこが出来るほど指しゃぶりがひどく、

親指の皮膚がボロボロ(あかぎれ)状態だったのです。

又、今日は、トイレトレーニングが3回も成功しました。

いつも嫌がっていたパンツ。

今日は、珍しく「パンツはく」と自分から言ったので、

はかせてみました。

始めは失敗してしまいましたが、

その後はパーフェクトでした。

 

今までも、トイレトレーニングの絵本を読んだり、

ビデオをみたりして、

「おしっこ、トイレで出来るといいね~」

「母ちゃん、長女がトイレでしてるところ見たいな~」

と言ってましたが、なかなか出来なくていたのです。

 

ただ、今日できるようになったのは、

これが理由かな?と思っているのですが・・・、

実は、昨日の夜、

トイレトレーニングの絵本を読んでいたときの事です。

最後のシーンで、女の子が上手にトイレが出来た時、

お母さんが喜んで、手をパチパチ叩いてるところがあり、

私が「母ちゃんも、このお母さんのように

パチパチ手を叩いて喜びたいな~」と言ったのです。

きっと長女は私を喜ばせたいと思ったのでしょうね。

今日、トイレが上手にできた時、長女から

「かーちゃん、パチパチして♪」と言ってきました。

私はそれを聞いて

「ちゃんと覚えてくれてたんだな~」と嬉しくなり、

ギューをいっぱいして、沢山褒めてあげました♪

 

本当に、言葉ひとつでこんなにも変わることに驚いています。

自分の気持ちを伝えることって、大事なんですね。

 

長女に何かをして欲しい時

「~してくれると母ちゃん嬉しいな~」

と言うと、嬉しいことはすぐ行動に移してくれますし、

やって欲しくない時は、

「~すると、悲しくなっちゃうな~」

というと、悪いと思うのか、一旦とまって

(たぶん自分の中で考えてるのかな?と思いますが)

止めてくれるようになりました。

 

多少、時期的なものはあるかと思いますが、

でも、それだけじゃない!!と思っています!

怒る回数より、笑ってる回数のほうが増えたこと、

間違いありません!

まだ、まだ途中ですが、

1年後「幸せなお母さん」になれたら、

どんなに楽しい事なんだろう~♪と想像してしまいます。

 

パピーさんのメルマガの前説にこうありましたね。

 

> どんなに高価な美術品よりも、

> どんなにたくさんの花よりも、

> どんなに美しい旋律よりも

> 子供にとってあなたの笑顔は最も美しいのです。

> あなたの笑顔によって子供のこころは安らぎます。

> あなたの笑顔で子供のこころは癒されます。

> あなたの笑顔で子供のこころは暖かく包まれます。

> なぜならそれは、

> あなたの笑顔が子供にとって、

> 世界で一番美しいからにほかなりません。

>  だってあなたは世界中で、

>       たった一人の『おかあさん』なのですから。

 

今の私にピッタリの言葉です!!

ありがとうございます、パピーさん!

この言葉、大好きです。

私の永遠の目標です。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

コッティーさん、メルマガへの掲載のご許可、

ありがとうございます。

お母さん+長女さんVS次女さん、

うまくいってますね。

お姉ちゃんが、お姉ちゃんとして褒められ、認められ、

自分自身も「私はお姉ちゃんなんだ♪」

って自覚してくれたのですね。

そして、自分がお姉ちゃんとして、

妹をあやしたり、仲良くしたり、

いろいろと手伝ってくれる事。

「それがお母さんを喜ばせる事なんだ」

って分かってくれたようです。

以前にも、お母さんと子供さんの関係が良くなって、

「私はお母さんに好かれている」

という意識が高まると、

よりお母さんに好かれたい、

好かれ続けていたい、という気持ちから

『お母さんの喜ぶ事を自らが探し出すようになる』

という事をお話した事がありましたね。

まさに、長女さんはそういう状態だと思います。

お母さんに抱っこされている時、

後から来た次女さんにそれを譲ったこと。

トイレが上手に出来る事で、

お母さんに喜んで貰いたいと思ったこと。

又、指がぼろぼろになるほど指しゃぶりをする子だったのに、

今は、ほとんどその癖が影を潜めていること・・・。

長女さんの気持ちはかなり充実しているのではないかな?

もちろん。お母さんであるコッティーさんのお気持ちも(^^)。

> 怒る回数より、笑ってる回数のほうが増えたこと、

> 間違いありません!

この力強いお言葉。

とっても嬉しく思います。

これからも、じっくり続けてくださいね。

一歩、一歩、ゆっくりね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る