子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第546号 初心者?

こんばんは。パピーいしがみです。

今日のタイトルは「初心者?」としました。

この「初心者」というのは

「お母さんとしての初心者」なのですが、

実は、今日のご紹介させていただくミルキーさんは、

「保育士」さんとしての実績がありました。

お悩みを抱えているお母さんの相談に乗ってあげたり、

又、問題のあるお子さんを指導したり、

「子育て」に関しては自信があったんです。

でもご自分にお子さんができて、その自信が崩れます。

保育士としての経験が、

自分の子供さんには当てはまらなかったようです。

しだいにずれていく歯車。

「保育士だったのに」という周りの目や声。

一度ずれてしまった歯車はなかなか戻らないのでした。

そこで、私がお返事した内容が

「お母さんとしては「初心者」だと考えてみたら?」

でした。

さて、ミルキーさんには、どのような変化があったでしょう?

それでは、ご紹介しますね。

まずは、一番最初に頂いたメールの内容を。

ここから・・・

パピーさん、はじめまして。

ご相談はこちらのメールアドレスでよろしいでしょうか?

どこからお話ししていいか分からないのですが、

子供の友達の親(保護者)達との事なんです。

私は、結婚するまで保育士をしておりまして、

大学を卒業してから約5年。

大好きな子供たちに囲まれての仕事はとても楽しくて、

又、有意義でもありました。

子供たちのお母さん方からのご相談に乗って差し上げて、

喜ばれたりして、とてもやりがいを感じていました。

結婚をし、妊娠をしたので退職をして、

「これから私は自分の子供の専属の保育士になるんだ!」

と、とても楽しみにしていました。

生まれてきた子供もとてもいい子で、

私は今まで培ってきた経験を駆使(したつもりでした)し、

いい子に育ってくれて、周りの方に「さすがね」と言われました。

その時に、さまざまな方から

「昔、保育士さんだったそうですね?是非、教えてください」

と言われて、ご相談に乗ってあげたり、アドバイスをしたり、

「こうしたらどうでしょう?」という御提案をしていました。

いえ、本当は、もっときつい言い方もしていました。

「○○だからダメなのよ、こうするのよ」のような・・・。

その時、私には「子育てってこうやればいいんだ」

という気持ち(裏付けのない自信です)があって、

他のお母さん方にかなり高飛車な言い方もしたと思います。

ですがまだ、その時には気づいていませんでした。

2人目の子供(娘)が生まれてから、長男に変化がありました。

娘はとてもこだわりが強く、非常に繊細でした。

抱っこしていないと泣き、泣いたと思って布団に下ろすと

又、すぐに目を開けて大声で泣き出す。

娘にかかりっきりの私は、本当に疲れてしまって、

長男の甘えに付き合ってあげることができません。

赤ちゃん返りも始まり、ぐずりや癇癪もひどくなり、

言っても言っても聞かない息子がしだいに可愛くなくなりました。

一度狂った歯車は元に戻ることはなく、私は常にイライラ。

そしてそのイライラを長男に当たる・・・。

その様になっていました。

幼稚園に通っていた優等生だった長男は、

しだいに問題児になっていき、私は、幼稚園で、

若い保育士さんに「何か家庭内で問題がありませんか?」

と言われ、逆上してしまいました。

私が今まで培ってきたものが、大きく崩れ自信を失いました。

「今まで自分のやってきたことは何だったの?」

そんな不安や喪失感や失望から、

又、長男を叱りつけて強制的に動かそうとする。

長男は泣き、叫び、又わたしは怒る・・・悪循環でした。

長男は、今までに輪をかけて幼稚園で問題を起こすようになりました。

自分の思い通りにならないと、お友達を殴る、蹴る。引っかく。

先生に止められたり、指導されると大声で泣きわめき聞こうとしない。

暴れて机を倒したり、椅子を散らかしたり、それはひどい癇癪です。

昔はこんな事なかったのに・・・。

子供のそんな様子を見て、

以前、私がアドバイスをしたお母さんたちが、

陰で私の悪口を言っていると聞きました。

「偉そうなことを言っていたけど、

結局ちゃんと子育てできてないじゃない」

その内容は私の仲の良いママ友さんから聞いたのですが、

それからは、周りのお母さんたちの視線に耐えられなくて、

本当に苦しい毎日なのです。

今も、このメールを書いていても、涙が出てしまいます。

ぱぴーさん、私はどうしたらいいのでしょうか?

子育ての悩みでなくてすみません。

ほんのちょっとでもアドバイスを頂けたら嬉しく思います。

・・・ミルキー・・・

ここまで・・・

こんな内容でした。

そして私はこのようにお返事しました。

ここから・・・

ミルキーさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、拝見しました。

お辛そうですね。お気持ち察しします。

ですが、これって本当によくあることなんです。

特に多いのが「人を指導する立場」にある方です。

学校の先生などはその最たるもので、

私の父も小学校の先生ですが、

正しいと思っていた、自分の教育方針で子供を育てても、

子供が反発して道を外れていく、

(歯車がかみ合わなくなってしまう)という事はとても多いです。

私も例外なく、道を外れましたしね・・・(^^)

他にも、医師・政治家・僧侶・会社社長・・・など、

「教える」「人の上に立つ」という立場にある方の場合、

無意識に「きちんとしていなければならない」と言うか

「人から“さすが先生ですね”と言われるように」

行動してしまうようになりがちなのですね。

それが、どうしても「叱る」を増やしてしまい、

うまくいかなかったり反発すると、

「言い聞かせる」「強制する」「責める」「押さえつける」

になってしまいがちで、それらはすべて「否定」ですから、

子供は「安心」することができず「不安定」になっていく。

その「不安定」が問題を引き起こしていく、という事になるんです。

でも、もともととても素直な子だったのですから、

ミルキーさんが、ご自分を取り戻してくださると、

すぐに落ち着いていくと思います。

それで・・・ミルキーさんは今、すぐにでも子供さんを治し、

噂(陰口)を流しているお母さんたちのその噂を止めて、

又、昔のように楽しい毎日が送れるようにしたい、

とお考えだとは思うのですが、

今、こうなるまでに時間がかかったように、

一瞬でガラッと変化する、と言う事は難しいです。

ですから、一つ一つ、段階的に進め、

問題を解決していきましょう。

そこで、まず第一にお願いしたいことがあります。

それは「私は初心者なんだ」って思う事なんです。

時々メルマガでも話していますね。

「選手の時とコーチの時」という話です。

例えば、ミルキーさんが、保育士さんの時、

ミルキーさんはたくさんの書物を読んで知識を深めましたね。

又、実際に「保育士」としてたくさんの子供たちと触れて、

キャリアも積んで、きちんとした実績を残されました。

それは、保育士という職業の中で、

ご自分のスキルを高められた、

まさに「選手」としてご自分の能力を高めていったのです。

ですが、お子さんが生まれて、ミルキーさんは、

今度は選手から「コーチ」になったのですね。

コーチは自分の能力を高めるのではなく、

選手の能力を高めるのですから、

今まで培ったことが通用しなくなったり、

新たな勉強(コーチとしての知識や経験の習得)が必要になります。

それが証拠に24時間子供と一緒にいると、

勉強した事以外の悩みや問題が生じたと思います。

そう。お母さんは「コーチ」なんです。

そして、保育士さんとしては優秀な選手だったミルキーさんも、

お母さんと(コーチ)としては初心者なんですね。

だから、たくさん失敗することだってあるはずなんです。

でも、失敗はいけないことですか?

そんなことありませんよね。

きっとミルキーさんも今までには沢山の失敗をしてきたでしょう。

そして、その失敗によって新しい気付きがあったり、

新たに勉強をしたり、努力を重ねて乗り越えて、

それが自分の力に、自信になっていったと思うのです。

たぶん、今まで、ミルキーさんは、

「こうならないように」という考え方をされていたと思います。

又は「そうなってもできるだけ早い段階で修正しよう」

という感じです。

でも、どうでしょう?

「失敗が自分を高める」って分かったら、

失敗は怖くないですよね。

成長をするためには失敗をすることが必要ですね。

なので「私はコーチの初心者なんだ」という気持ち。

そして「たくさんの失敗をして、上手なコーチになるんだ」

というお気持ちを持ってくださると、

今の「焦り」や「不安」はかなり解消すると思うのです。

どうでしょう?まずは、こう考えて頂いて、

今勉強されているテキストを少しずつ読み進めて頂けますか?

きっと、ご自分の中で思い出すことや、

「そうだ、これを忘れていた!」という気付きがあると思います。

それでも、苦しくなったら又メールくださいね。

今は大変でも、この経験がミルキーさんを「保育士」として、

一回りも二回りも大きくしてくれると思います。

ここまで・・・

このようなやり取りをしたのが、約1年前でした。

ミルキーさんからはすぐに「とても楽になりました」

「がんばってみよう、やってみよう!という気持ちが出てきました。」

というメールを頂いていました。

そして、つい先日、頂いたメールです。

ここから・・・

パピーさん、ミルキーです。お久しぶりです。

いつも、テキストやメルマガから力をもらっています。

ありがとうございます。

約半年ほど、メールもせず申し訳ありません。

あれだけ親身に相談に乗ってもらったのに、

うまくいき出したらご報告もせず、申し訳ありませんでした。

講座の申し込みをしてすぐにパピーさんに送ったメールから、

ちょうど1年経ちましたので、ご報告をさせて頂こうと思います。

もちろん♪いい報告です。

ご報告をする前に、

パピーさんから頂いたメールを読みなおしました。

そしたら、あの頃、ものすごく落ち込んでいた自分。

息子に当たり散らしていた自分。

夜、子供の顔を見て涙が止まらなかった自分を思い出しました。

でも、お返事を頂いてすごくうれしかったこと。

思わず涙を流し、何度も読むたびにやる気がわいてきたこと。

今までは、重く冷たい涙だったのが、

同じ涙のはずなのに、温かく感じられたこと。

私にとっては、本当に救われたお返事でした。

ありがとうございました。

「初心者なんですよ」という言葉を読んで、私は

「そうだよ、今まで実際に子供を育てたことがなかったんだから、

失敗して当たり前なんだよ」という気持ちに変わりました。

この時は『目からうろこ』でした。

そうしたら、肩肘はってがんばってきた、パピーさんの言われる

「きちんとしていなければならない」

「人から“さすが先生ですね”と言われるように」

と行動してしまいがちだった自分に気がつきました。

「先生」なんておこがましいですよね(笑)

初心者なんですもの。

「そうだそうだ。初心者なんだ。だから失敗していいんだ。

失敗して上手になるんだ。」と思うと、

今まであった「焦り」「プライド」など、

おなかの中で渦巻いていた黒いものがさーっと落ちていく。

そんな感覚でした。

又、段階的に、一歩ずつ・・・と言ってくださった事で、

階段を上がるように、それからのメールにお返事して下さったことが

私を安心させてくれて、そして素直にさせて頂きました。

これは、ご報告はしていなかったのですが、

以前、若い保育士さんに「何か家庭内で問題がありませんか?」

と言われて、私が逆上した話をしましたが、

その保育士さんにも「相談に乗って頂けますか?」

なんて素直に言えたり(私にとっては、すごい成長です)、

今では、とても仲良く「先生」と「お母さん」の関係が作れています。

まだ、保護者の方々からは

「保育士だったくせに」という声はあるようですが、

それほど気にならなくなってきてもいます。

以前は「心療内科に行くしかない」と思っていたのですが、

自分の考え方で「これほど違うか」と驚くほどです。

その後、パピーさんとメールのやり取りをさせて頂いた中で、

「お兄ちゃんをお兄ちゃんとして褒める」や、

「お母さんの失敗を話す」(これはテキストでしたね)や、

「できなくてもいい、できればもっといい」などは、

長男の心も、私の心も落ち着かせてくれて、

当初、あれだけ荒れていた長男は、笑顔も増えて、

人を叩くことも、暴れることもなくなりました。

いつも「認める」「褒める」「包む」がベースになっていて、

そこから外れることが無いので、すごいな~と思います。

先生からは、

「今はまっすぐ私の事を見てくれるんですよ」

「目が合うとにこっと笑ってとてもかわいいです」

と言ってもらっています。

私に「他のママさん達がこんなことを言っているよ」

と教えてくださったママ友さんは、私の変化に驚いて、

「なんでそんなに変わったの?」と聞いてくれたり、

主人からも

「お前、変わったよ~♪怒らなくなったし、

結婚前より穏やかな顔をしてる」って言ってもらいました。

嬉しかったです~(涙)。。。

( 後 略 )

ここまで・・・

実は、この後もまだまだ、ご報告は続くのですが、

紙面の都合上、ここまでのご紹介にさせて頂きました。

ミルキーさん、貴重なご報告、ありがとうございました。

ミルキーさんに「初心者なんですよ」ってメールを送る時は、

実は私も、かなり躊躇していて、

「そんな事を言ったらご立腹させてしまわないかな?」

と、私としては「恐る恐る」だったのですが、

とても真摯に受けて止めてくださって、

私もホッとした事を思い出しました。

「安心」ってすごく大事ですよね。

これは、子供だけでなく、大人でもそうだと思うのです。

大人だって「不安」の中では正しい判断ができないですし、

正しい判断ができなければ、当然正しい行動はできません。

以前は「心療内科に行くしかない」と思っていたミルキーさん。

「保育士だったくせに」には、大きな不安を感じたと思います。

そして“ちゃんとしなくちゃいけないに、私は何やっているんだ”

という大きな焦りがあったと思います。でも今は、

> それほど気にならなくなってきてもいます。

とありました。

きっと「安心」を取り戻してくれたんだな~、

私もお力になれたんだな~と、とてもうれしく思います。

そして、何よりここが感動的でした。

> これは、ご報告はしていなかったのですが、

> 以前、若い保育士さんに「何か家庭内で問題がありませんか?」

> と言われて、私が逆上した話をしましたが、

> その保育士さんにも「相談に乗って頂けますか?」

> なんて素直に言えたり(私にとっては、すごい成長です)、

> 今ではとても仲良く「先生」と「お母さん」の関係が作れています。

> 先生からは、

> 「今はまっすぐ私の事を見てくれるんですよ」

> 「目が合うとにこっと笑ってとてもかわいいです」

> と言ってもらっています。

ご自分よりも年下で経験も少なく、

そんな若い先生でもお認めになって、

素直に相談したり、教えてもらったり・・・。

これって素晴らしいな~って思います。

お子さんもミルキーさんも落ち着いているようですし、

とても良い方向に向かっています!!今後が楽しみですね。

これからも、是非、この調子でお続けくださいね♪

メルマガへのご紹介のご許可、ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る