子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第431号 “マイナス”も認めちゃう

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は、私が時々お話しする、

「出来なくても良い、できればもっと良い」について、

ご説明したいと思います。

「出来なくても良い、できればもっと良い」というのは、

子供や周りが自分の思うようにならなくて、

イライラしたり、カッカしたり・・・、

そんな時に、とお願いしている、1つの“考え方”なんです。

例えば、いろんな問題があるなかで、

「認める」「褒める」「包む」をちょっと意識しただけで、

驚くような改善があって感動していたのに、

次第に、その改善のスピードがダウンして、

良くなったり悪くなったり・・・と感じる。

そんな時、イライラしてくるんですね。

実は、ある程度の上昇があった後は、

上がったり下がったりしながら徐々に上昇していくのですが、

「もっともっと」という気持ちや、

「こうしたい」「ああしたい」という気持ちが強いと、

どうしても緩やかな上昇では我慢できなくなってしまいます。

急速な上昇を期待してしまって、

イライラしたり、カリカリしたり・・・

そして、「どうしてうまく行かないの?」

(本当はうまくいっているのですが)って思ったり、

「やり方が悪いのかな?」って思ったり・・・。

自分の期待通り(急激な改善)にならない事にイライラしてきて、

以前のように感情をぶつけてしまったり、

そして又「ああ・・・これじゃいけない」って反省して、

そんな気持ちを押さえ込もうと我慢したり・・・、

ムリにムリを重ねるようになるんです。

先ほども言いましたが、

上がったり下がったりしながら、緩やかに上昇しているんです。

ところが、それに加えて「もっともっと」ってムリしちゃうんです。

ムリをする、っていうのは不自然な事なんですね。

だから、ムリをすると続かないんです。

続かない事は、いつかは破綻します。爆発します。

そう、だから、勉強をして頂くときも、

「ムリをしないでくださいね」

「一歩、一歩、ゆっくりゆっくりでいいんですよ♪」

「出来る事から始めましょう♪」

(多分、「まどろっこしい」とお感じだとは思いますが・笑)

とお願いしているんです。

ですが、この「出来なくても良い、できればもっと良い」は、

なかなかご理解いただくのが難しくて、

私も、どうやったら、解りやすく説明できるかな~?

って考えていたのですが、ある時、同じようにお話したら、

「ちょっと解ってきました!」というお返事を頂いたんです。

そのお返事がとっても的を得ていたので、

今日、それをご紹介させて頂こうと思うのです。

私のメールから掲載しますね。

ココから・・・

マロさん、おはようございます。パピーいしがみです。

お返事、拝見しました。

やはり、「こうしたい、ああしたい」が強いのですね。

ちょっとお話させてくださいね。

それは、一直線に良くなることは希(まれ)ってことです。

これは、息子さんの事もそうですが、ご自分の事もそうです。

「こうしたい、ああしたい」

がかなり強くあると教えて頂きました。

ですが、多分、それができる時もあると思うのです。

そうすると、

その「できる時」を「普通」としてしまう場合があるんです。

「一直線に良くなることは希」という意味は、

向上する時には、アップダウンしながら、

徐々に改善していく、っていう事です。

という事は、良くなったり、悪くなったり、

それを繰り返して、ほんのちょっと、少しずつ少しずつ

改善していく、っていう事なんですね。

ところが、ちょっと良くなったその時が「普通」になってしまうと、

ダウンした時には、憤りを感じるんですね。

なんかそんな感じを受けました。

そんな時は、「出来なくても良い、できればもっと良い」です。

「出来なくても良い、できればもっと良い」

って思ってくださると、「出来ない」のが普通になります。

だとしたら、憤りは起きず、出来ればすべてが喜びになります。

「こうしたい、ああしたい」「こうしなきゃ、ああしなきゃ」

をひとまずやめてみませんか?

そして、「出来なくても良い、できればもっと良い」

と考えてみましょう。

自分をムリしてコントロールしようとする事もやめましょう(^^)

そうすると、きっと楽になると思いますよ。

> 大げさな気もするのですが、病院(あてはありませんが・・・)で

> カウンセリングを受けてみたほうがいいのかな?

> とも思ったのですが、パピーさんはどう思いますか?

とありましたが、それで安心できるのなら、

受けられたらいいと思います。

私は、「こうしたい、ああしたい」を捨てれば、

解決すると思っていますが・・・(^^)

ココまで・・・

マロさんは、ちょっとした事や、

怒らなくてもいいようなことでも、怒ってしまう。

些細な事で、泣いたり、怒ったり、落ち込んだり・・・

とても情緒不安定で、気分の良い時と悪い時がとても大きくて、

病院でカウンセリングを受けた方がいいのでしょうか・・・?

とお悩みだったんですね。

ですから、最後の私のお返事に、

> 私は、「こうしたい、ああしたい」を捨てれば、

> 解決すると思っていますが・・・(^^)

とお返事したんです。

ですが、このお返事をしたら、こんなメールを返してくれました。

カウンセリングのお悩みは・・・

消えてしまったみたいです(^^)

ココから・・・

パピーさん、こんばんは。マロです。

お返事ありがとうございます。

 

> これは、息子さんの事もそうですが、ご自分の事もそうです。

> 「こうしたい、ああしたい」

> がかなり強くあると教えて頂きました。

> ですが、多分、それができる時もあると思うのですね。

> そうすると、

> その「できる時」を「普通」としてしまう場合があるんです。

> ところが、ちょっと良くなったその時が「普通」になってしまうと、

> ダウンした時には、憤りを感じるんですね。

> なんかそんな感じを受けました。

 

そうです!そうなんです!

本当に、驚くほどおっしゃる通りです!!

でも、「できる時」を「普通」としてしまっていることには

気がつきませんでした。

息子に対しても、私自身に対してもです。

そして“私自身に対しても”ということも気がつきませんでした。

> 「出来なくても良い、できればもっと良い」

 

パピーさんがよく仰るこの言葉。

運動会の時に、予行演習で、

楽しく頑張っている息子を見ることが出来て嬉しくて、

『本番で、できなくてもいい、できればもっといい』

と思ったことを思い出しました。

「出来なくても良い、できればもっと良い」って、

こういうことかぁ!と思っていたのですが、まだまだ浅かったですね。

 

> 自分をムリしてコントロールしようとする事もやめましょう(^^)

 

正に、私が苦しんでいたのはこのことだったのだと思います。

こう言って頂いて、ふぅっと肩の力が抜けて、

深い・・・、なんだか心地いいようなため息が出ました。

本当にありがとうございます。

胸のつかえがとれたような感じがします。

> 「こうしたい、ああしたい」「こうしなきゃ、ああしなきゃ」

 

そう思って、その為に、

自分を無理してコントロールしようとしていたことに気がつきました。

 

実は、今年の目標として日記に書いた事があります。

・・・

相手をコントロールしようとしないこと!

自分の思う通りにしようとして、

相手がその通りに動かない時、怒ってしまうのは、自分のワガママ。

嘘を指摘するのをやめよう!

嘘をつかせるような質問をしないようにしよう。

疑いそうなら(手洗いとか)、

1人でやらせて放っておかないで、ちゃんと見ていればいい。

子供はいけないことを分かってる。追及したらよけい嘘をついてしまう。

ダメなこと、嫌なことは、その気持ちだけを伝えればいい。

指示・命令・強制をしないようにしよう!

これは、やればやるほどエスカレートしてしまう恐れがある。

気付かせて、教えて、あとは任せよう。

・・・

 

“○○しない!!”

その目標の為、自分の感情を抑え込もうとしていたんですね。

 

言いたい言葉をぐっと飲み込んで、

イライラを鎮めようと「ふーーーっっっ」

(↑深呼吸とは程遠い呼吸です・・・)と息を吐いてみたり、

キッチンに行ってチョコレートを口に放り込んだり・・・

色々しました。

きっとそれを繰り返すうちに、

イライラがひどくなっていったんでしょうね。

そして、抑えきれず爆発してしまったら、

さらに自己嫌悪で落ち込んでしまう。

 

> ですが、多分、それができる時もあると思うのですね。

 

その通りで、上手くいっている時は、

もうこれ以上ないってくらい楽しくて、幸せを感じます。

> 「出来なくても良い、できればもっと良い」

 

今日の午前中にお返事を読ませていただいてから、

このことを考えていると、出るわ出るわ(笑)、

この考え方は、あらゆることに当てはめることができるんですね。

 

(子供が)

・言う事を聞かなくても良い、聞いたらもっと良い。

・かんゃく起こして泣いてもいい、

かんしゃく起こさなかったらもっといい。

・ワガママを言ってもいい、言わなかったらもっといい。

・後片付けをしなくてもいい、したらもっといい。

・(長男が)弟にイジワルしてもいい、しなければもっといい。

・お風呂上りに裸でいてもいい、すぐに服を着ればもっといい。

・早く寝なくてもいい、早く寝ればもっといい。

・朝寝坊したり、眠くて機嫌が悪くてもいい、

早く起きれて、機嫌がよければもっといい。

・自分で着替えなくてもいい、できればもっといい。

 

(私が)

・子供にやることを指示してもいい、しなければもっといい。

・怒ってもいい、怒らなければもっといい。

・イライラしてもいい、しなければもっといい。

 

今日こう考えながら過ごしていると、なんだかラクでした。

生活習慣とか、約束や嘘についてはちょっとどうかな?、

と思うトコロもありますが、

そう思うことで子供を追及しないで済むんですね。

怒ることでさらにイライラするので、イライラ増幅がなかったです。

そして、「早く服着なさい」とか

「何してからお風呂入るの」などと言うのも、

「できなくてもいい」と思うと、キツイ口調になりませんでした。

我慢して穏やかな口調を装っているわけではないので、

イライラもしません。

何度かイラっとしましたが、

「あ、できなくてもいいんだ」と思うと、落ち着きました。

ちょっとキツク言ってしまった後も、

「できなくてもいい、できればもっといい」で立ち直れました。

 

いつもは夕方になると、そろそろお風呂、

そして何時にはご飯食べて、出来る限り早く寝かさなきゃ!と思って、

時計とにらめっこしながら1人で勝手にせかせかしてました。

今日は、時間通りにいかなくていい、と思っていたら、

穏やかな気分でいられました。

 

そして、吃音のことですが、今までは、

『「長男の吃音は、私にとって必要なことなんだ」と思わなきゃ!』

『「ここから何かが得られる」と思わなきゃ』

『私の考え方が変われば吃音は治る(=だから考え方を変えなきゃ)』

と思ってきました。

 

今は、

「どもっててもいい、治ればもっといい」・・・

そう思いたいところですが、苦しそうな長男を見ると

「どもっててもいい」なんて思えません。

でも、

「そう思えなくてもいい、思えるようになればもっといい」

ですよね?

 

今メールを書いていて、これまでの私の胸のつかえが、

長男の言葉のつかえになって出てきたのかな?なんて思いました。

これで治る?!なんて期待もしてしまいますが、

「すぐに治らなくてもいい、治ればもっといい」ですね。

 

いつもに増して、長文になってしまいました。

読んでくださってありがとうございます。

今日穏やかに過ごせたことも、「普通」ラインに持っていかず、

『出来なくても良い、できればもっと良い』精神でいたいと思います。

また、近いうちに近況報告させてください。

ありがとうございました。

ココまで・・・

マロさん、メルマガ掲載のご許可、ありがとうございました。

私が、マロさんのお返事を読んで、

「あ~、素晴らしいな~」って思ったのは、

マロさんは、対子供だけでなく、

「自分だっていいんだ」と発見した事なんですね。

そうなんです。

マロさんのメールにもありましたが、

これって、いろんなケースに応用ができるんです。

もちろん、ご自分にも当てはめる事ができます。

私は、「褒める」「認める」「包む」をしましょうね。

と言っていますが、

「怒ったり、イライラしたり、してはいけませんよ」

とは言っていないと思うのです。

「変わろう」とか「やめよう」とか「怒らない」って思うと、

それってすごくムリがあるんです。

「マイナス」を否定するのではなく、「プラス」を増やす。

ムリをするよりも、今できる事をする。

沢山怒るのなら、それ以上に「褒める」をすればいいんです。

指示や命令をしてしまっても、怒っても、イライラしてもいいんです。

でも“それがちょっと減ったら、もっと良いよね♪”って事なんです。

「マイナス」さえもその存在を・・・認めちゃうんです。

・子供にやることを指示してもいい、しなければもっといい。

・怒ってもいい、怒らなければもっといい。

・イライラしてもいい、しなければもっといい。

・そう思えなくてもいい、思えるようになればもっといい。

そうそう。そうやって考えると、

「こんなにイライラしたらダメ!」とか

「私はいつまでたっても変われない!ダメな私・・・」とか

自分で自分を否定しなくても良いんですね。

自分で自分を否定しないようになると、

不思議とイライラしないんです。(^^)

マロさんのお返事にこうありましたね。

> 我慢して穏やかな口調を装っているわけではないので、

> イライラもしません。

> 何度かイラっとしましたが、

> 「あ、できなくてもいいんだ」と思うと、落ち着きました。

> ちょっとキツク言ってしまった後も、

> 「できなくてもいい、できればもっといい」で立ち直れました。

> 今日は、時間通りにいかなくていい、と思っていたら、

> 穏やかな気分でいられました。

自分の気持ちを押さえつけているのではなく、

自然に穏やかな気持ちになれると、徐々にそれが身についてきます。

そうなると、

「出来なくても良い、できればもっと良い」を意識しなくても、

少々の不具合にもイラついたりキレる事が減ってきます。

そうなってきたら、子供さんへの影響はどうでしょうね?(^^)

もう・・・、言わなくても解りますよね(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る