子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第549号 心の傷

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は、Wさんのご紹介をさせて頂こうと思っています。

Wさんとは、昨年の6月位からのお付き合いですから、

そろそろ1年になろうか、というところです。

今日、このメルマガを書くにあたって、

その当時のメールのやり取りを読んでいたのですが、

その一つ一つをご紹介したいぐらい、

お母さんの意識でこんなに変わるんだな~、と、

感慨を新たにしています。

まずは、最初に頂いた内容について、ご紹介しますね。

ここから・・・

私は4年生と1年生の2人の男の子の母親です。

上の子なんですが・・・3年生の2学期から荒れてしまいました。

原因は小さい事の積み重ねだと思ってます。

とどめが、当時の担任で

兄が笛を3日間学校に持って行くのを忘れてしまい、

3日目に先生が、

「このクラスの仲間になりたくないの?帰りなさい」

と言ったのです。

それから兄は、学校へ行きたがらず、

先生に対して暴言を吐くようになりました。

朝、逃走したり、学校から脱走したり・・・。

保健室へ行く事が多くなり授業は殆ど受けてない状態でした。

挙げ句の果てに、学校から発達障害では?検査を受けてみて下さい。

とも言われ、3年の春休み前に受ける事を決意。

結果、年齢相応の子供でした。

その時、私は“この子は心の傷を負っている”と確信しました。

本人も「4年生になったらちゃんとする」と言ってました。

4年生になり、担任も変わりました。

「ちゃんとする」とは言ってましたが、

3年生で逃げると言う事を知ってしまったので

スイッチが簡単に切り替えるとも思えず様子を見てました。

保健室に居る事が今は無いそうです。

居ても10分~15分で自分の意思で教室に戻るそうです。

私の中で第一歩だと思いました。

教室に居る事が多くなりましたが更なる試練が・・・、

授業を受けてくれず、教室の中を歩くようになったのです。

歩くだけなら未だしも、他の子にちょっかいをだしたり、

授業妨害をしているらしいです。

椅子に座って授業を受ける事が出来ないらしいです。

3年の2学期から受けてなければ、学習について行けないし、

逃げる事を覚えてしまっているし・・・。

検査を受けた「特別支援センター」と言う所へ電話をして、

「授業風景を見て下さい」と頼みました。

そちらへ行き話しを聞きに行ったら、

「まず、心療科か精神科へ」

「それと通えれば、週に1度こちらへ」と言われました。

ショックでした。闇の中をさまよってる感じです。

家に居る時は、多分、普通の男の子だと思います。

弟とケンカして泣かせたり、

やんちゃだけど不器用ながら優しい言葉を掛けてくれたり。

勿論、言う事は中々、聞いて貰えない事が多々ありますけど^_^;

家での事であれば、なんとかなりそうですが、

学校での事なので、どうしたらいいのか分からず・・・

日々、頭を抱えてます。

『どうしたら授業を受けてくれるのか』

その答えを出せずにいます。兄も苦しいと思います。

助けられる術があるなら兄を助けたいと思ってます。

手遅れでしょうか?

ここまで・・・

このようなメールでした。

かなり、デリケートなご相談でもありましたし、

私自身も、しっかり現状把握をしたいので、

何度かメールでやり取りをして、

そこに関連するだろうと思われる内容を聞きながら、

(いつものやり方ですが)私なりに状況を把握していましたら、

ふと思ったことがありました。

それは、学校内だけの問題ではないかもしれないな?

という事でした。

もちろん、最後の砦を崩してしまったのは、先生の

>「このクラスの仲間になりたくないの?帰りなさい」

だと思うのですが、そこまでにも少しずつ、

自分自身の存在価値を低下させてしまう事があったようです。

なので、このようにお返事をしたのです。

ここから・・・

Wさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、拝見しました。ありがとうございます。

だいたい、分かりました。

やっぱり息子さん、自分の存在に自信がないんですよ。

学校が嫌いとか、云々ではなく、自尊心が育ってくれば、

いろんな問題が解決してくると思いますよ。

それには、この子の「存在」を認めてあげる、

良いところを“積極的に探して褒めて”あげて欲しいんです。

例えば、

> 学校から帰ってくると、すぐ遊びに出掛けて行きます。

> 「5:30に帰ってきてね」

> と言ってるので、多少遅れる事もありますが、

> 5:30めがけて帰って来ます。

これなんか、もう賞賛に値することですが、

褒めてくださっていますか?

「5:30分帰宅、という親との決まりを守ろう!」と

必死で全力で帰って来るのだと思うのです。

そうしたら、満面の笑みで、

「あなたは、時間を守る子だね。すごいね、立派だよ!!」

って言ってあげたりすることができますよね。

2人で仲良く遊んでくれているのなら、

「お兄ちゃん、いつも○○君を見てくれてありがとうね」

「お母さん、助かるな」

って言うことができますよね。

又、

> 最初はいいのですが、最後はケンカになります。

> でも、昔だったら、俺は悪くない。

> と折れない兄ですが最近なぜか、折れてます。

> なのでケンカにならない程度のケンカで終わる事が多いかな。

> 弟の要求を受け入れる姿もあります。

だとしたら、

「昔は自分の意見ばっかり言っていたけど、

今はちゃんと弟を受け入れてくれて、さすが♪お兄ちゃんだよね」

なんていう事もできます。

「叱らない」のが良いのではないんです。

叱っても“その倍・褒めてあげる”をしてほしいんです。

そうすると「自分の存在価値」はちゃんと感じることができます。

息子さんの言葉にこうありましたね。

> 「ママは俺の事嫌いだから、そう言うこと言うんだ。」

これは、お母さんが自分を好きか嫌いか?を確認しているのではなく、

「そう投げかけたらなんと返ってくるかな?」

って(息子さんが)チェックしているんです。

言い方を変えると「本当は俺の事、嫌いなのかも?」

という不安を感じている、って事でもあるんですね。

そこで、どうでしょう?Wさん、せっかく勉強を始めたのですから、

その子の自尊心を高める言葉を探し、

使えるように練習してみませんか?

多分、子供の不安を取り除き、

(僕はココにいて良いんだ!という気持ち)

を認識させてあげることが出来れば、

改善していくと思いますよ。(^^)

ここまで・・・

ここからWさんのがんばりが始まりました。

こんな風にです(^^)

ここから・・・

こんばんは。

以前、長男が授業を受けない。で、相談させてもらいました。

で、途中報告になります・・・。

パピーさんに『自尊心の低下』を指摘され、

以前より褒め所を探す毎日です。

探して分かった事があって・・・、

“私が子供の行動をよく見る”ようになりました。

前は見てるつもり。だったと反省。

褒めるハードルを低く、低く設定したら、褒め所満載!(^^)

些細な事も褒め、褒めタイミングを逃したら寝る前に、

「あの時~ありがとう」とか「偉かった!」とか、

「助かった」と1言加えてます。

長男の変わり様が目に見えて変わってきました。

先日、次男の宿題(引き算)を見てたら、

教えても解らなくて、私と次男がイライラし始めたので、

「8コみかんがあります。3コ○○(兄)が食べちゃった!

じゃ、□□(弟)は何個食べれる?」

と言う様な教え方にしたら、ゲームしてた兄がいきなり、

「その教え方いいね。楽しそうだもん。」と言ってくれました。

私はびっくりです。

同時に“私も褒めてもらった!?”って、凄い嬉しかったです。

これが最近の嬉しい事です(^^)

まだ授業は受けたり受けなかったりですが・・・。

今、私が子供達に出来る事、パピーさんに言われた、

自信をつける言葉を褒めながら探してます。

ここまで・・・

この時は、まだまだスタートしたばかり。

でも、Wさんの「自信をつける言葉を褒めながら探してます」は、

今後もずっとご継続くださいます。

その内容や息子さんの変化など、とても興味深いのですが、

ちょっと今回だけでは紹介できそうもありません。

なので、次回にもう一度、ご紹介させてくださいね。

でも、今回のメールでも、

参考になりそうなところがありました。

> パピーさんに『自尊心の低下』を指摘され、

> 以前より褒め所を探す毎日です。

> 探して分かった事があって・・・、

> “私が子供の行動をよく見る”ようになりました。

> 前は見てるつもり。だったと反省。

「私が・・・子供の行動を“よく見る”ようになった。」

は~い、これは、とっても重要ですよね♪

「探そう!」という意識があれば、より「見る」事が増えるはずです。

そしてね。子供の方からすると

「あ、お母さん、今、僕の事を見てくれているな」

って分かるんです。感じるんです。

もし、私たちだったらどうでしょう?

「あ、ちゃんと見てくれてる」と感じたら嬉しくなりますよね。

そして、もうひとつ。

> 些細な事も褒め、褒めタイミングを逃したら寝る前に、

> 「あの時~ありがとう」とか「偉かった!」とか、

> 「助かった」と1言加えてます。

とありましたね。

私たちも「あの時、褒めてあげればよかったな」

って思う事ってありますよね?

リアルタイムに、ピンポイントで「バシッ」て褒めてあげる。

もちろん、それが一番なのですが、

もし、できなかったりした時に、

「そうそう、そういえば、あの時こんな風にしてくれて、ありがとう」

「おかげで助かったよ♪」なんて言ってもらったら、

「お母さん、ホントよく見てくれてるな~」って思いますよね♪

“寝る前に”というのもポイント高い♪デス。

“一言加える”とっても上手だと思いますよ~(^^)

その甲斐があったのでしょう。

早くも変化の兆しが表れてきたようです(^^)

> 長男の変わり様が目に見えて変わってきました。

とありました。嬉しいな~♪

それでは、その後の事については、又次回、ご紹介させて頂きますね。

お楽しみに~(^^)v

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る