子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第651号 春は必ずやってくる♪

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は暖かい日でしたね~(^^)

まさに「春がやってきた♪」という一日でした。

確実に季節は移り変わりつつありますね。

先日3月11日に、あの震災からちょうど1年経ちました・・・。

というメルマガを送りまして、

それを読んでくださったみーやんさんからメールを頂きました。

みーやんさんは、命からがら津波から逃れれて、

奇跡的に家族全員無事だったという方です。

その後、神奈川県にいらっしゃるお姉さんの家に避難されたのですが、

次男さんが、とても不安定になってしまった・・・と、

ご相談を頂いたのでした。

みーやんさんの次男さんは、その後元気になられたのですが、

お世話になったお姉さんのお宅にも変化があったそうです。

お姉さんのお宅は小学4年生のお子さんK君がおられて、

そのK君とお姉さんは、どうもうまく行っていなかったようです。

お姉さんが仰るには「反抗期でどうしようもない状態」だったのですが、

どうやらそのK君に大きな変化があったようです。

今日はそのご報告を頂いたので、

ご紹介させて頂こうと思います♪

ココから・・・

パピーさん、おはようございます。みーやんです。

先日のメルマガでは、あの震災から1年・・・

という事が書かれていましたね。

当日はどこのテレビ局でも震災の番組ばかりでした。

3.11以来、テレビで津波のシーンが流れると、

当日の事が鮮明に思いだされて、恐怖で体が震え、

映像でも、記事でも、ニュースでも

見たり聞いたりすることができなかったのですが、

1年経った今、やっと過去の事としてみる事ができるようになりました。

津波で家が流された後、神奈川の姉にお世話になっていたのですが、

流されてしまった講座のテキストもCDも、

パピーさんのご厚意で、すぐに無料で送って頂き、

本当に有り難たかったです(^^)。

パピーさんから頂いたテキストとCD、

そしてフォローメールとメルマガで

それまでと変わらず勉強を続けられたおかげで、

長男も次男も、今はとても元気で明るさが戻りました。

夜中に泣きながら「お母さん・・・」とうなされたり、

「寝るのが怖い・・・」と言ったり、

寝たかと思っても突然起きて泣きだしたり、

まるで2歳や3歳に戻ってしまったような次男(年長)も、

パピーさんのアドバイスのおかげで落ち着いて、

新しい幼稚園にも慣れて、もうすぐ卒園式を迎えます。

その節は、本当にありがとうございました。

私の家族は、本当に有り難い事に、子供達も、

主人も、私も、みんな命が助かりました。

これは本当に奇蹟的な事だと感じています。

震災前は、それほど感じなかった

テキストにあった「今ある状態は当たり前じゃない」が、

この震災を経験してから、痛いぐらいに感じています。

いえ、それだけではなく、それ以前とは比べ物にならないほど、

テキストに書かれている様々な言葉達が心にビシビシ響いてきて

「こんなに大切な事が、こんなに沢山書いてあったんだ」

と今では、テキストが私のバイブルとなっています。

今日はパピーさんに、その時のお礼と、

姉の所にご厄介になっている時に、とても嬉しい事があったので、

それをご報告したいと思いました。

神奈川の姉の家は、義兄と姉。

そして4年生の一人息子の3人家族です。

息子のK君は、小さい頃はとても素直だったのですが、

小学校2年生ぐらいから姉と上手く行かなくなり、

姉が言うには「反抗期でどうしようもない状態」でした。

なので、私たちがお邪魔することで、

さらに溝が深まっては申し訳ないな・・・

と思いながらも、他に行くところもなくご厄介になったのですが、

メルマガや本などでもパピーさんが仰っておられましたよね。

「反抗期なんかではない、みんな自分の意思を持っている。

自分の考えや意思があるのに、それを無視して、

親が都合を押しつけようとするから反発する」

(この理解でよろしいでしょうか?)

それを心に刻み、

私は「姉の息子(甥)」として上から目線ではなく、

子供たちの面倒を見てもらう一人の人として接しよう、

と思ったのです。

義兄に「申し訳ありません。しばらくお世話になりますが、

よろしくお願いします」と頭を下げるのと同じように、

甥にも「子供たちが迷惑をかけるかもしれませんが、

よろしくお願いします」とお願しました。

姉は「他人行儀な、やめてよ!」と言いましたが、

別の家庭にご厄介になるのですから、

子供たちにもきちんとその姿勢を見せるべき!と、

子供たちの目の前で頭を下げ、子供たちにも同じ様にやらせました。

その時、K君は「はい、大丈夫です」と答えてくれました。

これは後から姉に聞いたのですが、K君の「はい」という返事や、

「○○です、ます」のような敬語など、聞いた事が無かった、

と言っていました。

「あの子、あんな返答ができるなんて知らなかった・・・」と。

以前、パピーさんにご相談したように、

次男はとても不安定になってしまい、いつも私のそばに置き、

不安になった時にはすぐに包んであげるようにしていましたが、

次男も、長男(2年生)も・・・と言うわけにいかなかったのですが、

この長男を2歳年上のK君がとても面倒を見てくれたのです。

K君は「手がつけられないくらい乱暴」と姉は言うのですが、

確かにやんちゃで行動的ではありますが、とても快活で元気。

そして友達が沢山います。

2年生の長男を遊びに行く時にはいつも連れて行ってくれて、

サッカーや野球にも混ぜてくれたり、

キャッチボールの相手をしてくれたり、

公園の木のぼりをしたり、秘密基地に案内してくれたり・・・。

長男も、可愛がってくれるK君をしたい、

K君も長男を弟のように大事にしてくれて、

一緒にお風呂に入ったり、一緒の布団で眠ったり・・・。

長男は私といるよりもずっと長い時間K君といてくれたので、

私も次男をしっかり包んであげる事ができたと思います。

なのでK君には、感謝感謝で・・・

「K君、いつも本当にありがとう。

おばちゃん、ほんと、うれしいわ・・・」

のように言っていたのです。

するとK君がだんだん変わってきて、

顔つきがすこし柔和になって、

姉には相変わらず「うるせーな」などと

「頑なに拒否をする」感じの子なのですが、

私の言葉は「うん・・・」と受け入れてくれるのです。

姉は「どうしてあなたが言うと、Kが従うの?」

というので、パピーさんの事を紹介しました。

「認める」「褒める」「包む」や、先ほどの「反抗期」の事。

厳しくすれば子供が真直ぐ育つのではない事。

失敗を経験することで学ぶ事などを話すとともに、

携帯に残っているパピーさんからのメルマガや、

フォローメールを見せて、

パピーさんのホームページも読んでもらいました。

(それまでは、講座の勉強を再開したい、と思っても、

居候の立場ではなかなかできなかったのですが、

姉が「興味がある」と言ってくれたので

パピーさんに連絡をさせいて頂いて、

テキスト・CDを姉の家に届けて頂いたのでした)

実は姉は、小さい頃から成績優秀で、大学では教育学部に進み、

K君が生まれるまでの数年間、小学校の先生をしていました。

なので、教育や子育てには自信があったのですが、

K君が荒れていく様子を見て、とても悩んでいたそうです。

今までは、姉が私に(子育てについて)意見する事はあっても、

私に意見を聞く事は一度もありませんでしたが、

パピーさんのテキストを読み、

メルマガのバックナンバー等を読んで私に

「私とKを見てどう思う?」「私って厳しいのかな?」

「Kがダメな子じゃなくて、私がそうさせているのかな?」

と聞いてきました。

もともとプライドの高い姉でしたので、

否定すると、怒らせてしまうかもしれないと思ったので、

こんな風に言ってみました。

私はまだ勉強中だし、経験がないから分からないんだけど、

パピーさんは、子供が10歳ぐらいになったら、

「一人の人として接するように・・・」って言ってるよ。

「子供の接し方は10歳近辺で変えなければならない」って。

K君はもう10歳だから、こうしなさい、ああしなさい、

っていうと頭にくるのかもしれないね。

前にメルマガでパピーさんの返事に

「子供の要求を全部叶えなくていいけど、

子供の意思や話をちゃんと聞いていますか?」

って言われていた事があったんで、

私も子供が言う事を聞かない時には、

「あなたはどう思うの?」って聞くようにしているんだ・・・

のように言ってみましたら、

「そうか~、“聞く”か~、今までやってなかったな~」

「いつも○○しなさい!なぜできないの!ばっかりだった」

「これって、強制しているってことなんだよね・・・」と。

それから姉は、こちらから見ても

「努力しているな~」って分かるほど頑張っていました。

今まで、キーキーしながら「あれしなさい」「これしなさい」

「文句言わずにやれ!」なんて言っていたのに・・・。

K君に対して「お願いできるかな?」

のようにとっても言葉が柔らかくなったのです。

K君もお願いされるとイヤとは言えず、

「うん、いいよ」とやってくれて、

姉はそれにとっても感激して

「こんなに素直にやってくれるなんて何年ぶり?」

と驚いていました。

そこからさらにパピーさんにはまって、

夜遅くまで(私の)テキストを読んだり、

パソコンからバックナンバーをプリントアウトしたりして、

とても一生懸命勉強していました。

すると、K君がどんどん変わっていったのです。

姉が強制しても宿題などはほとんどせず、塾もサボってばかり、

テストの結果だって見せた事は無いし、

成績表もひどいものだったそうです。

それが、塾のおサボりが無くなって、

「宿題やらなきゃ」と姉の見ている前でノートを広げたり、

「これ・・・この前のテスト・・」と姉に渡すようになりました。

最初はかなりひどい点数だったので、

姉も怒りの言葉が口から出そうなのを我慢しているようでしたが、

「見せるようになっただけでもいい」

「この前よりも10点もいい♪」

(パピーさんの

「できなくてもいい、できればもっといい」の応用だそうです)

と考えるようにしたそうです。

姉の所にお世話になって約半年後には、

姉の家の近くにアパートを借りて、

私たち家族は別に暮らすようになりましたが、

姉は、新たに講座を申し込みまして、

今でも、子育てや子供の変化について一緒に語り合ったり、

子供達も含めて、しょっちゅう行き来しています。

(とても楽しい時間を頂いています)

今はK君と姉はとても仲良しになって、

勉強の理解もかなり高まったし、

家の中がとても明るくなったそうです。

ゲーム大嫌いだった姉ですが、

今では、K君と一緒にWiiで遊ぶそうです。

(これもあの姉からは想像ができません)

姉は(もちろん私も)

パピーさんにと~っても感謝していますよ(^^)

それと、もう一つ。すごく嬉しかった事があります。

パピーさんのお住まいの静岡県では、

岩手のがれきの受け入れを決めてくださったそうですね。

実は、このがれき処理が最大の難問で復興の妨げになっていました。

でも放射能の事もあり、東京都、東北地方以外の、

どこの県からも受け入れを拒否されていたのです。

それを全国で初めて静岡県の島田市が受け入れてくださって、

それが静岡県全体に広がり、そして他の県でも、

検討をし始めてくれていると聞きました。

今、私たちは神奈川で暮らしていますが、

主人は、自分の故郷である岩手を何とか復興させたい、

と地元に残って頑張ってくれています。

将来は私も、岩手に帰りたいですし、

離れ離れになった友達やご近所の方たちとお会いしたい、

と考えています。

なので今回のがれき受け入れの事。

本当に心から感謝しているんです。

1年前、パピーさんが唱えて下さいましたね。

「福島原発が沈静化して、被災地が力強く

復興に向けて動き出しました。感謝します。」

パピーさんのいらっしゃる静岡が最初に動き出してくれたなんて、

もしかしたら『パピーさんの魔法の言葉』が届いたのでしょうか?

この不思議なめぐりあわせが偶然とは思えない私です。

おかげさまで、私も、子供達も、元気です。

そして私は「幸せなお母さん」「幸せんな姉妹」です。

これからも頑張って生きていきます。

いつか又岩手で生活できるように・・・頑張り続けます。

ながながとお付き合い頂きましてありがとうございました。

そして変わらない温かいご支援、心から感謝しています。

みーやんより。

ココまで・・・

みーやんさん、すてきなご報告、ありがとうございます。

静岡県のがれき受け入れについては、私も本当に嬉しく思っています。

静岡県には浜岡原発がありますし、東海沖地震がいつ起きるか、

又、起きたらどれだけの被害になるのかも分かりません。

(起きれば必ず各県にご協力を頂かねばならなくなるでしょう)

ですから、どこよりも早く手を挙げてくれて、私も嬉しいです。

又、みーやんさん親子がお姉さん宅にご厄介になることで、

お姉さんのお悩みが解決できて、

息子さんとお姉さんの雰囲気がとても良くなったみたいですね。

本当に良かったですね♪

> K君には、感謝感謝で・・・

> 「K君、いつも本当にありがとう。

>  おばちゃん、ほんと、うれしいわ・・・」

> のように言っていたのです。

> 姉には相変わらず「うるせーな」などと

> 「頑なに拒否をする」感じの子なのですが、

> 私の言葉は「うん・・・」と受け入れてくれるのです。

とありました。これは面白いですよね~♪

「人は、こちらが思ったように振舞う」という現象

(ピグマリオン効果)があるのですが、

「反抗期でどうしようもない」とお考えのお姉さんと、

「本当に有り難い、感謝している」とお考えのみーやんさんでは、

K君の態度が違っても、なんら不思議はないのですね♪

お姉さんは、

> 「どうしてあなたが言うと、Kが従うの?」

と驚かれたようですが、その理由を知った後の、

お姉さんの頑張りぶりは素晴らしかったですね♪

塾のおサボりが無くなったり、お母さんの目の前で宿題を始めたり、

4年生のK君もやっぱりお母さんに「褒めてもらいたい」んですね。

「かわいいいい子じゃん~♪」と思いました(^^)。

そして・・・

> 姉の所にお世話になって約半年後には、

> 姉の家の近くにアパートを借りて、

> 私たち家族は別に暮らすようになりましたが、

> 姉は、新たに講座を申し込みまして、

> 今でも、子育てや子供の変化について一緒に語り合ったり、

> 子供達も含めて、しょっちゅう行き来しています。

> (とても楽しい時間を頂いています)

とあって、こちらもとても嬉しく思いました(^^)

ご姉妹やお友達で、同じ方向を向いて勉強をされると、

同じ話題で盛り上がったり、気付きや感動なども共感でき、

とても良いんですね♪

それと・・・

> おかげさまで、私も、子供達も、元気です。

> そして私は「幸せなお母さん」「幸せんな姉妹」です。

> これからも頑張って生きていきます。

> いつか又岩手で生活できるように・・・頑張り続けます。

とありました。

みーやんさんの強い決意。ゆるぎない行動力を感じます。

私もメールを拝見して、とても勇気づけられました。

必ず春はやって来ますよ(^^)。

これからも応援しています。頑張ってくださいね♪

メルマガへの掲載のご許可、ありがとうございました。

 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る