子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第1096号 子供のおかげで

こんばんは。パピーいしがみです。

以前8月末のメルマガで、池江璃花子さんがインカレに出るために、退院後初の競技会に出場します!というお話をしましたね。

見事に参加標準記録を突破して、今週、10月1日に念願かなってインカレで泳ぐことができました。

予選を通ればそれで充分・・・と思っていましたが、なんと記録は4位。

昨年の今頃は、無菌室で入院していた人がです。

目標を持つ、ってすごいです。
でも池江さんの当面の目標はパリオリンピックでの入賞。

泳いだ後「やっぱり4位は悔しい」って言っていました(^^)いいね~♪きっとまた頂点に立ってくれると思います。

さて、今日のメルマガは「子供のおかげで」としました。

何があったのでしょうか?たーにゃんさんからのご報告を紹介させて頂きますね♪

ココから・・・

パピーさん、お久しぶりです。

ずっとご連絡もせず、申し訳ありません。

パピーさんと出会ったのは、息子がまだ幼稚園の年長の時。一番最初のご相談は「何もかもがうまく行かなくて・・・」でした。

すでにシングルマザーになっていたのですが、どんどんうまく行かなくなって、絵にかいたような悪循環で、

子育ても仕事も家事も、もうぼろぼろで「何とかならないだろうか?」とご相談させて頂いたのでした。

今、考えると講座の本質からも外れているし、むちゃくちゃな相談で、相当ご迷惑だったと思います。

でも頂いたお返事はとても温かくて、私を冷静にしてくれました。

パピーさんに「一人で頑張らないで、助けてくれる人には甘え、完璧を求めない」と言われて、

「意地を張らないでいいんだ」って、すごく気持ちが軽くなった事を覚えています。

離婚を決意した時には「片親だからって言われないようにしっかり育てよう!」と思っていました。

実家に戻った時に父から「だから俺は結婚を反対したんだ!」なんて言われてムッカーと来て、

「一人で立派に育ててやる!」と啖呵を切って家を出て、アパートで二人暮らしをしていました。

早起きをして朝食の準備。洗濯物を干して、子供を幼稚園に送り届け、仕事に行き、子供を迎えに。

土・日には習い事に行かせ、家に帰ってご飯を作って、夕食が終わったら片付け、空いている時間に掃除・洗濯・・・

睡眠時間を削っているので頭が回らず、仕事でもミスをしてお客さんから怒られたり、上司からも指摘され、

家に帰れば、私がこんなに忙しいのに、横で寝っ転がりながらテレビを見ている息子が腹立たしくて、朝から晩まで怒りっぱなし。

幼稚園ではトラブル続きで、友達をひっかいた、女の子を押し倒した、木の棒で友達の顔を傷つけた・・・。園長先生からも「お母さん、怒り過ぎでは?」と言われる始末でした。

でも怒らないと動かない息子ですから、怒らなければ何も進まない。

こんなに頑張っているのに私ばっかり悪者で「もう親なんてやめたい!」「全部放り投げたい!」と逃げる事ばかり考えていました。

その時に言われた「一人で頑張らない」「助けてくれる人には甘える」「完璧を求めない」で、

「あ、私は無理をしていたんだ」「何も立派じゃなくてもいい」「みんなと同じじゃなくてもいい」と開き直れて、

習い事もスイミングだけを続けて、他は全部やめました。

「手伝うよ」と言ってくれていた母にも「じゃあ、お願いする」と言うようにもしました。

自分の変な完璧主義がなくなって、人に頼んだり、甘えたりすることで、ものすごく楽になりました。

でもパピーさんに言われていた「助けてもらったら、必ず感謝をする」事だけは、絶対に忘れまい!と頑張りました。

私ができることは子供の前で「ありがとうございます」と言う事。その姿を見せる事。それだけしかできないけど、それだけは絶対に続けよう!と意識しました。

だからだと思います。今、息子は素直に「ありがとう」が言えますし、そんな息子をとても誇りに思います。

小学校に上がって学童の指導員の方から「この頃“ありがとう”を言える子は少ないのよ。でもこの子は素直に“ありがとう”を言ってくれるのでついひいき目に見ちゃう」と。

そして「それはお母さんの躾がいいせいね♪」とも言われて、(決して良い躾なんてできていませんが)私もすごくうれしかったです。

おかげで学童でも楽しく過ごせ、支援員の皆さんに宿題を見てもらったり、

(学童の)アルバイトのお兄さんに、けん玉やトランプや将棋などを教えてもらったり、いろんな面で助けてもらいました。

そんな息子が今年、中学3年です。来年は高校受験をします。

勉強はそんなにできる方ではないですが(宿題もやったりやらなかったりで)友達は多くて、先輩や後輩からも好かれています。

ほとんど親らしいことはできなかったですが、それでも2つ、これだけは絶対に守ろうと思ったことがあります。

それは先ほどの「感謝の言葉を言う」事と、もう一つ。

「元旦那の悪口は絶対に言わない」事でした。

これは、パピーさんのテキストに書かれていましたね。

勉強をする中で「離婚」とは明記されてないものの、明らかにシングルマザーに向けたメッセージだと思いました。

子供にはお父さんの血も流れている。元旦那の悪口を言い続ける事は、自分の半分を否定されているのと同じ・・・

それを読んで、とても強く共感し、この2つを子育ての指針としてきました。

息子には幼少期から「お父さんはどこにいるの?会いたい、話がしたい」と言われていて、小学校2年生の時に離婚後初めて顔を合わせ、それからも時々会わせていました。

中学になってからは携帯を持つようになったので、自分で連絡をしたり、相手から電話をもらったりしていたようです。

卒業式・入学式では(少額の)お祝いをくれたり「悩みや相談があったら聞くよ」と陰ながら力にもなってくれていたそうです。

1・2年前に息子との雑談の中で「お母さんは、俺の事を今でも怒っているだろうな~」と言ったのだそうです。

ですが息子は「母さんからは、お父さんの悪口を聞いたことはないよ。でも離婚をしたのならそれなりの理由があったんでしょ。原因は何だったの?」と聞いて、元旦那は今までの事を正直に話したのだそうです。

(たーにゃんさんの元ご主人は、ギャンブルが好きで、借金をしてまでギャンブルにつぎ込み、給料も家には入れず、たーにゃんさんの働きで生活をしている状態でした)

息子は一部始終を聞いて「それは父さんが悪い。母さんは許してくれるかどうかはわからないけど、後悔しているんだったら謝った方がいいんじゃない?」と言ったらしく、

コロナ感染がちょっと落ち着いた頃に、何年かぶりで親子3人で会いました。

バツが悪そうな元旦那でしたが、息子に促されて「俺が全部悪い。迷惑をかけて本当に申し訳なかった」の言葉と

「息子をこんなに立派に育ててくれてありがとう。俺ではこんな風には育てられなかったと思う。感謝してる」と言ってもらいました。

その時、パピーさんの「感謝することを忘れないように」と「元旦那の悪口を言わない」が“今、繋がった”と、ものすごく感動したんです。

ただ私も、同じことを繰り返したくはないし、離婚前のつらい時期は忘れられませんから、復縁などは望んではいませんが、

それでも今までの苦労や背負っていた重たい荷物がとても軽くなったように感じました。

「金輪際、顔も見たくない」状態で離婚をしたのですが、数年ぶりで笑って話ができました。

その後、お互いの近況を聞いたりしたのですが、元旦那は再婚はせずにおり、

かなりの額だったはずの借金も、少しずつ返して、もうすぐ返し終わるとの事で「高校受験や大学受験に力になれたら・・・」とも言ってくれました。

そもそも自分が変われたのは、息子と会うようになってからで、息子のハツラツとした姿を見て、「こんな自分じゃだめだ!」と心を入れ替えた、と言っていました。

息子の言葉や存在が、元旦那の気持ちまで変えさせたのだそうです。これってすごくないですか?

大学は本人が行きたいかどうかはわかりませんが、高校はなんとか私が働いて卒業させるつもりでおりますし、あてにはしませんが「その時はお願いします(笑)」とだけ言っておきました。

帰り際に息子が「なんか俺、いい仕事した?」とにやにやしながら聞いてきて「立派な息子だってさ」と旦那の言葉を嬉しそうに繰り返していました。

そして・・・なんと、それを機に息子が勉強を始めました。

それまでは自分から勉強をする姿はあまり見なかったのですが「受験生だからね。一応高校は出ておかないと」と、自分の目標も決めたようです。(まだ内緒だそうですが)

「私立は出せるお金がないから、公立にしてよ」とはお願いしていますが、彼がどこまで頑張りを見せてくれるか楽しみです。

まだ結果は出ていないのですが「こんな風に、いい方向に向かっています」とご報告をしたかったので、読んでいただけたら嬉しいです。

ココまで・・・

たーにゃんさんのご報告に、「たーにゃんさんの経験は、きっと多くのシングルマザーさんの力になると思います」とメルマガでの紹介をお願いしたら、快諾してくださいました。

そしてこのようにお返事を頂きました。

ココから・・・

お返事ありがとうございます。

(テキスト中の)パピーさんの言葉に「子供は必ず成長し、あなたを守るスーパーマンになります」とあって、

うちの子はいつスーパーマンになってくれるのかな?と思っていましたが、すでに父親の姿勢を変え、こうやって長い冷戦期間を終わらせてくれました。

そして今、目標をもって動き始めています。

幼稚園時代のあの問題児が、こんなに成長してくれた事は、本当に驚くしかありません。

パピーさんからメルマガへの掲載を勧められて、私なんかが参考になるかしら?と思いましたが、私の経験でよろしければお使いください。

私が勉強をしていたり、メルマガを読んでいる事を息子も知っていますので、

息子に「あなたの事を報告したらパピーさんが紹介してくれるそうだよ♪」と言いましたら、

「え~俺、有名人になる?」ですって。

まあまあ、それは違うと思うけど・・・でも、こんな風にいつも笑いがある明るい我が家になりました。

たった二人の家庭。いつもギスギスしていたけど、こんな未来が来るとは思わなかったです。

子育てもあと数年で終わります。息子からは「もう自分の幸せを考えていいんだよ」と言われました。

わかっているんだかいないんだか・・・。でもそんな言葉が出るようになったんだな~、となんだか感動しています。

コロナもまだまだ収まらないですが、パピーさんも、お体に気を付けてお仕事お続けくださいね♪

今回はありがとうございました。

ココまで・・・

息子さん、すごく明るくて楽しいお子さんですよね。

有名人にはならないかもしれませんが、ご協力ありがとうございます。

「もう自分の幸せを考えてもいいんだよ」

なんてお子さんに言われたら、なんだかグッときますよね♪

今まで必死で子育てをしてきた、それが報われた気がします(^^)

ご報告、そしてメルマガ掲載のご許可をありがとうございました。

※このメルマガ「幸せなお母さんになる為の子育て」では、会員さんの喜びの声、子供たちの成長、家庭内のうれしい変化などを募集しています。よろしかったらご報告くださいね♪

★★★ 通信講座「幸せなお母さんになる為の子育て」★★★

パピーいしがみ 人材育成の現場から、育児・子育てこそが、本人の一生のベースになると痛感し、吸収したノウハウやアイデアを自分の3人の子育てに応用。子供達が喜びと自信を持って成長していく中で、親としての充実感と予想をはるかに上回る結果に驚愕する。2003年あまりの少年犯罪の多さ、幼児虐待の事件に心を痛め、その子育て育児方法をインターネットで公開。熱烈なサイトのファンからの要望で、テキストを作成し通信講座として紹介。著書も好評で現在は会員さんから毎日届く悩みや相談に応えている。

関連記事

ページ上部へ戻る