子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第261号 「黙って見守る」をやってみると…

こんばんは。パピーいしがみです。

以前からこのメルマガでも、「何でも手を出す事が良いのではありません」とか「黙って見守る事も大切な事ですよ」とお話していますね。

今日は、その「黙って見守る」をやってみたよ~!というご報告を頂いたのでその紹介をさせて頂きます。

お話くださるのは、にこにこマミーさん。さあ、どのような事があったのでしょうか?

早速、ご紹介して頂きますね。

ココから・・・

パピーいしがみ様

こんばんは!にこにこマミーです。今、第9章を勉強しています。

当初、毎日10分テキストを読むことすら『出来るかなあ?』と不安でしたが、今は毎日読むことによって私の心が和み、明日が楽しみになるようになりました!

まだ、ついつい怒ってしまう事もありますが、確実に心が軽く、明るくなってきているのを実感しています。ありがとうございます。

さて、今日はとても嬉しい事がありましたので、お忙しいとは思いながらも、パピーさんにも知っていただきたくメールしました。

私には2歳半と10ヶ月の女の子がいるのですが、上の子の話です。最近、よく児童館へ行ってお友達とめいっぱい遊んでいます。

その児童館には人気の車のおもちゃがあって、いつも空いていません。

一回目は、「乗りたい乗りたい」とず~っと言っている娘を先生が気づいて下さって、友達に貸してあげるよう促して下さり乗ることができました。

二回目は、またもや空いておらず・・・他のおもちゃにも目が行かず、車に乗っているお友達を目で追っていました。

随分時間が経って、1人車を降りました。娘は「乗っていいかな~」と恐る恐る乗り始めました。

すると、先程まで乗っていた子が来て、「いや!いや!」と娘を引きずりおろして自分が乗ってしまいました。

その子のお母さんが説得しても「いや、いや!」の一点張り。

話はそれますが、私は今まで自分は放任主義だと思っていました。

まず娘がやりたいことを尊重するようにしてきたし、あまり口やかましく言わないようにしていました。

でもパピーさんの講座を受けて、家では口うるさくないけど、実は外ではほかの子と仲良く遊んでほしいという思いから

「順番順番しようね」とか「○○ちゃんにもそれで遊びたいって言ってるよ。貸してあげたら?」といちいち言っていたなぁと・・・

私は、ここは見守る、包むなのかなぁ?と思い、何も意見しませんでした。

ただ「お友達貸してくれないね。悲しいね。」とだけ。

帰り道、娘に「今日は、車のおもちゃ乗れなかったね。悲しかったね。でも 、○○はお友達を押したりしないでじっと我慢していたね。本当にえらかったね。また今度、乗れるといいね。」と話しました。

そして、3回目運良く車をゲットすることができました。(まぁ、私はけっこう狙っていたのですが ^^;)娘は本当に嬉しそうでした。

ところが、他のお友達が娘に「貸して!貸して!」と言ってきました。

念願のおもちゃだったし、まだ乗って一周もしていなかった娘は黙って“絶対譲らない”態度をしていました。

お友達は泣き叫んでいました。でも、私は何も言いませんでした。

しばらく娘は乗っていましたが、あまり面白くなさそうでした。

「遊んでいいんだよ」と声を掛けました。(これは言わなくてよかったのかも...)

娘は黙っていました。

そして、お友達のところまで自分で行って「どうぞ」と言いました。

私は本当に感動しました。

自分で考えて自分で行動しました。お友達を思いやって。

それからの娘ははつらつと遊んでいました。何となく自信がみなぎっている感じがしました。

本当にこんな事ができたのも、二回目の事があってこそ。そして「自分で考えられた結果なんだなぁ」と痛感しました。

もちろん、帰り道、めいっぱい褒めました!!!少し、見守る・包むが出来たような気がしました。

ただ「教え忘れたなぁ」と思ったことがあります。それは、自分の意見もちゃんと言っていいんだということ。

我慢できるのはとてもえらいのですが、このままでは家族には言いたいことが言えて、外の人には何にも言えなくなってしまうのではないか・・・?と。

この場合、後から「お友達も遊びたいけど、○○ももう少し遊びたかったよね?それだったら、もうちょっと遊んでから貸してあげるって言ってもよかったと思うよ」とでも、言った方がよかったのかなぁと思っています。

まだまだ未熟者の新米ママです。私も少しずつ経験を積んでいきたいと思います。どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。

にこにこマミーより

ココまで・・・

そして私はこのようにお返事しました。

ココから・・・

にこにこマミーさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、ありがとうございます。

拝見していて「この子は自分で考えたんだろうな?偉いな~」と思ったと同時に、私は、にこにこマミーさん、あなたに拍手を送りたいですよ。

それはココ。

“お友達は泣き叫んでいました。でも、私は何も言いませんでした”です。

こういう時間、考えているんですよね。自分は遊びたい、譲りたくない。でも、違う誰かが、乗りたくて喚いている。

それを見ていて、純粋に楽しめない。自分がある程度楽しんだら、変わってあげようかな?・・・なんてね。

親が「譲ってあげなさい」なんて言えば、「どうして、なぜ?」と思うけど、自分での判断だと、納得できるんですよね。

こういう時の「黙って見守る」これが難しいんですよね。(他の親の目もあるしね)

でも、にこにこマミーさんは、ちゃんと見届けたわけでしょ。うーん、立派!偉いですよ!そして、その後もすばらしい!

“それからの娘ははつらつと遊んでいました。何となく自信がみなぎっている感じがしました。

もちろん、帰り道めいっぱい褒めました!!!少し、見守る・包むが出来たような気がしました”

本当にそうですね。すばらしい経験でしたね。

それからちょっとご心配のこの件

“ただ、教え忘れたなぁと思ったことがあります。それは「自分の意見もちゃんと言っていいんだ」ということ。

我慢できるのはとてもえらいのですが、このままでは家族には言いたいことが言えて、外の人には何にも言えなくなってしまうのではないか・・・?と。”

ですが・・・、心配は不要です。いっぺんに2つ教えてはいけません。

今回は、人に譲る「よろこび」を教える事ができました。だから、それだけを褒めてあげればいいんです。

次の機会に「嫌な事は嫌」を教えて、できたら、ほめてあげる・・。それでいいですよ。

1つ1つでいいんです。ゆっくりゆっくりでいいんですよ。

ココまで・・・

そして、その後ですが、ご自宅に帰っても、こんな変化があったようです。

“その後、改めて娘は相手の気持ちを考える事を学んだなぁと感じるようになりました。

以前は、妹がおもちゃで遊んでいると、よく取って自分で遊んでいたのですが、最近それをしなくなったのです。

お返事にもいただいていた通り、自分で納得したことはちゃんと身になっていくんですね”

って。

私達が良かれと思って手を出している事って、子供の気持ちを無視して「○○させている」って事。とっても多いんですね。

何度も言っていますが「強制」からは「納得」はないんです。

特におもちゃの貸し借りなんて、納得しないのに無理やりやらされて、そりゃー腹も立ちます!

大人だったら「そんなの理不尽じゃないか?!」って抗議しますよ。

だから子供自身が「自分で納得」できる為に時間を空けるんですね。そして「納得」して行動した時にはそれが経験になるんです。

そこで間髪を入れず、お母さんに褒めてもらえると、「ああ、私のやったことって良いことなんだな」って分かります。

私もちょっとびっくりしましたが、2歳半の子でも、ちゃんと考えるし、行動できるって事。子供って、こんな小さい時期から考えることができるんですね(^^)

にこにこマミーさん、すばらしいご報告、ありがとうございました。

ゆっくり、一歩一歩、学んでみたいと思われる方はコチラをどうぞ。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る