子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第295号 子供なりに考えて決める 

今日のメルマガのタイトルは、

「子供なりに考えて決める」です。

この頃、学び始めて1年、継続された方のお便りを

掲載させて頂いていますが、ゆずはるのすけのママさんも、

1年がんばってこられたお一人です。

ゆずはるのすけのママさんも、

1年前は息子さんの友だち関係にとっても苦しんでいたんです。

小さい頃から慣れていたほんの数人の友だちに嫌われたくなくて

自分の意思を言えない。嫌な事を嫌って言えない。

やりたい事をやりたい!って言えない。

そんな息子さんを見て、

お母さん、とってもとっても心配していたんです。

でも、今は・・・・?

さあ、それについては、ゆずはるのすけのママさんに

教えていただきましょう。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは!ゆずはるすけのママです。

ごぶさたしております。

いつも配信いただいているテキストとメルマガ、

毎回楽しみに読ませていただいています。

今日は改めてお礼をお伝えしたくて、

メールさせていただいきました。

 

ちょうど去年の今頃、

長男の友達関係のことで相談させていただきました。

もうわらにもすがるような思いでした・・・・

それから、この春先に長男が壁を乗り越え、

元気に過ごしているメールをさせていただきました。

本当に去年パピーさんと出会えて、

目からウロコのアドバイスをいただき、

私の子どもへの接し方を大きく見直す機会となり、

今も感謝の気持ちがやみません・・・!

 

はじめパピーさんにアドバイス頂いた時は、

必死で私の子どもへの接し方をかえる努力をしたのですが、

だんだんとそれが普通になり、

肩肘張らなくても、子どもの話を聞く、認める、包む・・・

ができるようになってきました。

(・・・といっても、まだまだもちろん

日々反省することもたくさんあるのですが・・・

以前に比べると・・・ということで~す)。

そうすると、長男はますますのびのびしはじめ、

そして、だんだんと、

『長男の生活のことは、

長男が決めるのが当たり前・・・』

というふうになってきました。

以前はこちらのレールにのせていたように思うのですが。

相談にはのるけれど、決めるのは長男。

何でも、そういう風になってきたら・・・、

子どもって、結構、いい加減にではなく、

ちゃんと、子どもなりに考えて決めるんですね~。

そして、そういう習慣がついてくると、

どんなことでも、

『6歳児なりにきちんと自分で考える』し、

『自分で決めたことは、きちんと実行しようとする』んだな、

とその姿に、感心しています。

 

おかげさまで、幼稚園生活も今は謳歌していて、

毎日のように「お預かり(延長保育)する!」

と言ってはりきっています。

子供が通っている幼稚園は、公立なので、

延長保育といっても、誰もかれもがする、

という雰囲気ではありません。

主にお母さんがパートや自営などで忙しかったり、

近所にまったく同じ年頃のお友達がいなかったりする子が、

申し込んでいるのですが、

うちの子は・・・

近所にもお友達はいるし、

隣が公園で、毎日暗くなるまで遊んでいるし、

頻繁に同じクラスのお友達を誘ってきて、

我が家で遊んでいるし・・・で、

ちょっと心苦しく思っています。

まわりのお母さん方は、延長保育しているのを、

「下にふたごちゃんがいて、お母さん大変だもんね~」と、

すっかりそういう意味にとられているようです。

きっと、先生方も、そういうふうにとっていはるんだろうな~・・・。

もちろん、ふたごがいて、大変なことも多いし、

昼寝させたり、ご飯食べさせたり・・・、

帰ってきても、遊び続けるお兄ちゃんに合わせるために、

夕食の用意や、掃除、洗濯・・・

2時のお迎えだと、毎日火の車・・・、

だから、4時のお迎えはもちろん助かるんだけど・・・。

でも、『長男が自分で決めている』んです。

でもついつい、2時のお迎えに大変だけど、

なんとかいける私が延長保育に入れているのは、

「後ろめたいな~・・・」と思うのです・・・。

そうなんです!・・・

ふと気づくと、周りを気にして行動しようとしてしまう、

私の短所がすぐに顔を出しそうになり・・・。

でも、配信頂いているパピーさんのメルマガを読みながら・・・

『まわりは、どうというよりも

今、長男にとって、何が一番大切なのか・・・?!』

を最優先に考えることの方が、もっと重要なんだ、

ということを教え、導いていただいています。

 

そんなんで・・・

「今はとにかくお友達と遊ぶのが楽しい!」という長男は、

延長保育で存分に遊び、帰ってからは、

近所のお友達と晩ご飯前まで遊び・・・

という日々を元気満々にはりきって送っています(^^)

 

 

ちょうど一年前・・・

パピーさんのご本とたまたま出会えたことを

ありがたく思っております。

パピーさんには、本当に感謝の気持ちがやみません・・・!

 

本当にありがとうございます・・・!!!

 

長文になり申し訳ありません・・・。

近況も含めて、今の現状はパピーさんのおかげです~!

というお礼をお伝えしたかったので、

メールをさせていただきました。

 

季節の変わり目ですが、

どうぞお体大切になさってくださいませ・・・。

今後もお世話になります。

どうぞよろしくお願いいたします・・・・!!!

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

ゆずはるのすけのママさん、メルマガへの掲載のご許可、

ありがとうございます。

お兄ちゃん、完璧に

『自分の意思』を表現できるようになったみたいですね。

もう、おどおどしていたような前の姿は皆無ですね。

こんな言葉もありました。

> そうすると、長男はますますのびのびしはじめ、

> そして、だんだんと、

> 『長男の生活のことは、

>  長男が決めるのが当たり前・・・』

> というふうになってきました。

> 以前はこちらのレールにのせていたように思うのですが。

> 相談にはのるけれど、決めるのは長男。

> 何でも、そういう風になってきたら・・・、

> 子どもって、結構、いい加減にではなく、

> ちゃんと、子どもなりに考えて決めるんですね~。

> そして、そういう習慣がついてくると、

> どんなことでも、

> 『6歳児なりにきちんと自分で考える』し、

> 『自分で決めたことは、きちんと実行しようとする』んだな、

> とその姿に、感心しています。

って。

本当にうれしいです。

こんなに小さいのに、ちゃんと『志』を身に着けていますね。

立派です。カッコイイです!!

もちろん、1年間、頑張ってこられた、

ゆずはるのすけのママさんもよく努力されましたね。

今回のメールにもありましたが・・・、

> 必死で私の子どもへの接し方を変える努力をしたのですが、

> だんだんとそれが普通になり、

> 肩肘張らなくても、子どもの話を聞く、認める、包む・・・

> ができるようになってきました。

を拝見して、ゆずはるのすけのママさんは、

子供が『自分でやろうとする』事が

いかに親にとって『楽』なのか、

お分かりになったんだなぁ~、と感じました。

『楽(らく)』と言うと語弊があるかもしれませんが、

親が「こうしなさい」「ああしなさい」

「これしちゃだめ」「あれしちゃだめ」

と口をすっぱくして言い続ける【コントロールする】よりも、

自分でやろうとする事を(“失敗をしてもいいから”と)

見ている事の方が、ずっとその子の能力を高め、

子供自身が楽しく、そして失敗からも学べるし、

自ら工夫する・・・。

その上、親は無理やりやらせずに済むし、

イライラする事も減るし、

怒る為のエネルギーを使う事もないし、

結果・・・『楽』なんですね。

楽だから、疲れないから、常に冷静な判断ができ、

常に子供が「元気になれる言葉がけ」ができ、

子供は包まれ(安心できる環境に整える)続ける、

という訳なんです。

子供は自分の能力を高め、親は楽ができるのに・・・、

『どうしてみんなコントロールしようとするの?』

って思っちゃいます(^^)。

でもね。大事なのはココなんです。

子供達だって感情があります。

私達が持っているのと同じように心があるんです。

だから、凹む事もありますし、挫折する事もあります。

でも、そこで必要なのはアドバイスではありません。

もちろん、「こうしたら・・・」「ああしたら・・・」

というテクニックなどでは絶対にないのです。

(そんな事をされると余計に凹むんです)

「話を聞いてあげる」「共感してあげる」

聞いてくれる人がいてくれる。分かってくれる人がいる。

『僕には、自分を肯定してくれる人がいる』

ただそれだけで、元気になれるんです。

そして自分から『そこから這い上がろう!』

『立ち上がろう』とするんです。

凹んだ時、挫折した時、必要なのは、

『元気になれる存在のお母さんがそこにいてくれること』

それだけで、十分なのですね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る