子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第331号 『安心』は与えるだけじゃない。

こんばんは。パピーいしがみです。

今日、メールを紹介してくださるのはTさん。

Tさんは、娘さんのトイレが自宅以外では出来ない事に

とても悩んでおられたのです。

幼稚園をはじめ、お友達の家でも、

自宅以外、外出先ではトイレができなかったので、

いつも我慢に我慢を重ねてしまっていたのですね。

それって、当然、体にもよくないです。

Tさんはそれがすごく気になっていて、

「無理に我慢することなく出来るようにしてあげたい、

いったい、どうしたらいいんだろう?」

ってお悩みだったのです。

今日は、そのご報告を頂いたのです。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

パピーさん、こんにちは。

うれしくてメールを書き出した次第です。

前回、私はパピーさんに

「娘(4歳)が外出先のトイレを使えない」ことを

ご相談させて頂いていました。

パピーさんからはこんなお返事を頂いていました。

> それからトイレについてですが、

> 外出先のトイレで用をたせない、

> というのは、珍しくありません。

> うちの子供達もそうでした。

> ただこれは、技術的な事ではなく、

> 精神的(怖い・不安)なことなので、

> まずは不安を拭い去ってあげる事ですよ。

って。

ありがとうございました。

すぐにはメールのお返しができなかったのですが、

パピーさんのお返事を見て、『はっ!』とさせられました。

「私だって、子供の頃、

外のトイレが怖かったじゃないか~!」って。

私が小さい時・・、幼稚園に入園してからも、

幼稚園の和式トイレがなんだか怖くて、

当時の私は、おしっこをがまんしていたのです。

いつもがまんして(でもなんだか間に合っていて)、

家に帰ってからトイレを済ませていました。

でも、1度だけがまんができず、

「トイレに行きたい」と先生に言うこともできなくて、

教室でおもらしをしたことがあります・・・。

そんなインパクトが大きい体験をしていたのに・・・、

私にとってはすごくショックな出来事。

覚えていることだったのに・・・、

今回、娘とトイレ練習しているこの期間、

すっかり頭からすっぽぬけていたことに気がついたのです。

“そうだ、トイレは怖かった。”

どうして?と言われても、だってそうなんだもん・・・。

(幼稚園のは、薄暗い感じだし、

和式は中に落っこちそうな気がするんだよー)

・・・その気持ちを思い出すことができました。

それで、娘に、

「お母さん(私)も、子供のころ、

外のトイレがなんだか怖かったんだよ~」

「幼稚園でも、おしっこをもらしたことがあるんだよ~」

と話しました。

「教室でおしっこをもらしたのが、

すごーく恥ずかしくて嫌だったので、

“○○(娘)をそんな気持ちにさせたくないな”

って、勝手に思い込んで、

『トイレに行ってしないとだめだよ!』と

強く言って(叱って)しまったんだ。ごめんね。」

と謝りました。

娘は笑って聞いてくれました。

そして、私は

「トイレは無理に行かなくてもいいじゃん」

「もれたら拭くなり掃除するなりすればいいんだから」

と思えるようになったのです。

それからしばらくして・・・、今週末のことです。

ファミレスでごはんを食べて、私がトイレに向かいました。

弟の(2歳)が追いかけてきました。

弟の方は、まだトイレトレーニングをしていませんが、

「お供(トイレの個室に一緒に入るだけ)して~♪」

と連れていくことにしたんです。

そこで主人が、

「○○(姉)も行っておいで」と

娘にも促したところ、「うん、行く♪」と娘。

「お供」はいつも付いてきてくれていましたので、

“いつも通り、私が用を済ますだけ~”

“気をつけるのは弟に非常用ボタンを押させないくらい~♪”

と軽い気持ちでいましたら、

お姉ちゃんが突然、「私もトイレする」と言うのです。

驚きました。

「え~、どうして??」

「今~??うそ~??」と正直びっくりでした。

ファミレスのトイレでしたが、

以前、“モーター音が怖い”と言っていましたので、

ウォシュレットの電源コンセントを引っこ抜き、

換気扇のスイッチをOFFにして、

「音ブイーンていわないよ。

消しちゃったから音は鳴らないよー。」

・・・と。

それで無事に済ますことができちゃったんです。

びっくりしました。そしてとってもうれしかったです。

その帰り道には、

なんと高速道路のサービスエリアの和式トイレでも

あっさりと、・・・できてしまいました!!

「すごいねー♪○○、やるねー☆できたねー!すごいよー!」

「お母さん、うれしくなっちゃったよー♪♪」

「お父さんにも教えてあげなくちゃ♪きっと喜ぶよー!」

そして、親子そろって興奮気味に、

お父さんに『うれしい報告』をすることができたんです。

お父さんにも褒められて、娘はニコニコでした♪

> 大丈夫。必ずできるようになる!

> そういう気持ちで、

> 同じ話でも何度も地道にしてあげる、

> 安心させてあげる。

> その継続が大事だと思いますよ。

というパピーさんの言葉。

はい!大丈夫でしたね♪

パピーさんの言うとおりでした。

安心させてあげることの大切さを、

「完全に習得できた!」とは言えないかもしれませんが、

かじりかけている気がします。

少しだけ、1歩進んだ気がします。

ありがとうございます♪

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

Tさん、メルマガ掲載のご許可、ありがとうございます。

> 安心させてあげることの大切さを、

> 「完全に習得できた!」とは言えないかもしれませんが、

> かじりかけている気がします。

> 少しだけ、1歩進んだ気がします。

いいじゃないですか~?!

完璧じゃないけど、なんとなく解ってきたみたい。

そう思ったら、すぐにご自分を褒めてあげてくださいね。。

とってもとっても良いですよ~。

それで、今回、

このご報告をメルマガをお読みの“あなたに”

「お知らせしたいな~」

と思ったのは、ココなんです。

★★ ココです!! ★★

>「私だって、子供の頃、

> 外のトイレが怖かったじゃないか~!」

> そして、私は「トイレは無理に行かなくてもいいじゃん」

> 「もれたら拭くなり掃除するなりすればいいんだから」

> と思えるようになりました。

★★ ココです!! ★★

子供達が出来ない事、

実は私達が小さい頃にも出来なかった、というケース、

これってとっても多いと思うんです。

でも、私達はそんな時の事なんか忘れて、

自分の子供には、「何とか早く出来るようにさせたい」

って躍起になっちゃうんですよね。

そうなると、子供のなかなか出来ない事が気になって、

「まだできない」「また失敗した・・・」

って、その度、イライラしちゃったり、

怒ってしまったり・・・、

又、子供は余計に萎縮しちゃってできない・・・。

そういう悪循環にはまっちゃうんです。

でも、

「私もそうだった。」

「だから、失敗したっていいんだよ。」

ってお母さんが思ってくださると、どうでしょう?

子供達はとっても気が楽になるんです(^^)。

そして親だって、地道にゆっくりでいいんだ!って

とっても楽になりませんか?

そう。

『出来なくてもいい。出来ればもっといい!!』

なんです。

不安の無い中で、偶然できた外でのトイレ。

それをお母さん、お父さんにも褒めてもらって、

サービスエリアのトイレでも出来ちゃった。

すごいよね。あれだけ悩んでいた事が

ほんの小さなきっかけで、

簡単に乗り越えちゃうんだから・・・。

安心・・・。実はものすごく大きな意味があるんです。

だから、「認める」「褒める」「包む」の『包む』で、

“安心できる環境を整える”を学んで頂いているんです。

そう。実は、『安心』って何よりも大切なんですね。

そしてその状態は、私達(親)の雰囲気から生まれてくるんです。

又、私達の『安心』は、

子供達だけに向けられるのではないんですね。

あなたが『安心』を外に出せるようになってくると、

子供さんに、そしてご主人に、又、ご自分に・・・。

さまざまな面にいい影響を与えるんです。

そう。ご自分がかもし出す『安心』は

あなたの周りに影響して、

そして“ご自分に”返ってくるんです。

『安心』・・・感じることができたあなたには、

きっと、さまざまな変化が訪れますよ(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る