子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第373号  息子が「鴨ネギ」になる 2

こんばんは。パピーいしがみです。

先週は、 息子が「鴨ネギ」になる1 と題しまして、

自分から、興味をもったり、やる気になった子(鴨ネギ状態)が、

どんな変化を遂げるのか、というのを、

ドロシーさんからのメールを元に

ご紹介させて頂きました。

(お読みになっていない方はコチラ↓をご覧ください)

https://www.age18.jp/back372.html

早産で小さく生まれた息子さん。

年長さんなのに、年少さんぐらいしかない体格で、

運動は、決して得意ではないし・・・

なわとびも、その場跳びができなかったくらい。

自転車などを誘っても、「やらない」「できんもん」って,

まったくやる気がなかった。

その子がなんと、本当に短期間で、

あれも、これも・・・それから、次は・・・って、

嬉々として新しいチャレンジをし、

できなかったことがどんどん、出来るようになる。

そんなお話でした。

今日は、その続きをお伝えするのでしたね。

それでは、早速始めましょう!

(分かりやすいように、前回の分もちょっと、掲載しておきますね)

ココから・・・

翌日からも、

(息子)「今日は自分から赤色にチャレンジしたよ~」

(竹馬の高さによって色が違います。 低←ピンク・赤・青→高 )

・・・この子の口から“チャレンジ”が出たよ・・・

(息子)「明日は青色にしようかな~」

・・・うゎ~!!いよいよこの子がネギを背負ってきた~!♪・・・

(息子)「僕ってエライ~?天才? ねぇ~パピーさんに話してよ~」

時々、娘を褒める時に、

「パピーさんがね・・よく頑張ったね~って、言ってたよ」

と伝えているので、たぶん息子も、お母さんの先生である、

パピーさんに褒めてもらいたいのでしょうね(笑)

幼稚園の参観日の日に掲示されていた“竹馬できた表”には、

シールが4つ貼られていました。

4つシールをもらっている子供は3人。

そしてその中で、男の子は、息子一人だけだったんです。

正直こんなに早く、しかも男の子では一番上手だったなんて?

・・・信じられません。

息子の口からは毎日、前向きな発言ばかりで、

それもすごく楽しそうなんです。

そんな息子を見ていると、私まで嬉しいというか・・

笑が止まらないというか・・・

嬉しくて、先生に手紙を書きました。

先生からの返信には、こうありました。

『初めの頃は、保育士の顔を見ながら、

苦手なことがあると人の後に隠れ、

何とかやり過ごそうとしていました。

今では困ったことがあると「先生、わからんき教えて」

「○○したいけどできんき、一緒にして~」と

大きな声で話し、助けを求めてくれるようになりました。』

はじけてしまった息子は、自分のやりたいことに夢中になってしまい

周りの状況が見えず、よく注意されているんだとか・・・ (笑)

今は、半年前から中断していた補助輪外しにも挑戦していますし

あ!カケッコも速くなりたいそうで、3人でカケッコをしたり・・

夜は、トラクター(足を持ってあげて、手だけで進む)に夢中です。

「今日は○周、回るから~」とか、娘と競争して勝っては喜び・・

「筋肉ついたで~?」と、力こぶを見せてくれます。

おそらく生まれた時から、「細い~」「ちっちゃい~」と

みんなから言われ続けたので、

多少なり身体にコンプレックスがあったと思います。

(私も言ってました・・(>_<))

この頃の私は、頑張った後の褒め言葉の一つに

「あ!このへん筋肉がついてきたねぇ」

「お~!力がついてきたねぇ」とか

息子の筋肉やたくましさを褒めるんです。

それも継続してやる気になっている原因の一つかもしれませんね。

先週は、歩くのも辛いほどの筋肉痛で、

ふくらはぎにシップをして登園して(笑)

先生をビックリさせ、その日の夕方もまた練習・・・

今朝、体調が悪く病院へ行くと、疲れによる自家中毒だそうで・・・、

点滴をしている息子の横で、

医師に疲れの原因と思われるこの話をしました。

先生は大変興味を持ってくれて、

「今は無理に止めさせないほうがいいね。これは自信につながるから~」

とおっしゃり、息子の頑張りを褒めてくださいました。

“リボン結び”から始まった、息子のやる気の連鎖・・・

「この子は怒ったらつぶれる。

他の子とスタートライン(発達度)が違うのだから、

人より早くできる事よりも、今の気持ちを大事にしなくては・・・」

と思い、私には珍しく、強制せずにできています。

少しは進歩したかな?  (^_^)v

私は、講座の中で36章の子供が興味をもった事象を比喩し

『鴨がネギを背負ってくる』のフレーズが大好きなんです。

娘はよくネギを背負って帰ってきます。

息子にはそれがまったくなかった・・。

いえ・・息子は刻みネギを背負っていたのかもしれませんが、

私が気づいてあげられなかったのかもしれません。

今では、刻みネギが長~い長~いネギに生長して

「○○の背中に立派なネギが見えるよ~~」と、主人と大笑いしてます。

今は息子がやりたい事を応援する。

幸せなことに一緒にやってくれる娘もいますし、

お蔭で、娘にも「ありがとう」と言う機会が増えました。

これからも就学に向け、どんな小さい事でも成功体験を積んで

「僕はできるんだ」と、心に育んで欲しいと願っています。

ドロシーより

ココまで・・・

私は、頂いたメールを読んで、驚いたことがありました。

それは、病気を治すお医者さんが、

やる気の大事さ、自信の重要さを認識してくれて、

自家中毒を起こして点滴を受けている子供を診ている前で、

ドロシーさんのお話にとても興味を持って、

「今は無理に止めさせないほうがいいね。これは自信につながるから~」

と言って下さり、その上、息子さんの頑張りを褒めてくださった。

とあったからです。

自分の体の限界まで、自分から頑張れるって・・・、

もちろんそれを推奨するわけではありませんが、

「自分から」「やる気を持って・・・」という意識は、

そこまで、駆り立てるんですよね。

素晴らしいじゃないですか?

そして、それだけの頑張りがあれば、

さまざまな事が、簡単に出来るようになることでしょう。

ですから、私はこんな風にお返事したのです。

もちろん、息子さんへのお返事も含めました。

ココから・・・

ドロシーさん、こんにちは。パピーいしがみです。

楽しいメール、ありがとうございました。

息子さんの言葉、とっても嬉しいです。

でも、すごいですね。

息子さん、やる気になってきていますね!!

頼もしいかぎりです。

ひどい筋肉痛になったり、点滴を受けるほど頑張ったなんて、

その熱意、やる気はすばらしいです。

もう思いっきり、拍手を送りますよ~(^^)

「よくがんばってるぞ~!!すごいぞ~!!」って。

是非、この部分、読んであげてください。

「○○くん、こんにちは。パピーさんです。

このごろ、○○くんが、とっても頑張ってるって、

お母さんから聞きました。

縄跳びも、竹馬も、ずいぶん上手になったんだってね。

そして、うんていも、チャレンジするんだってね。

すごいじゃん!!

お母さんも、とってもとっても喜んでたよ!!

パピーさんも、そんなお話を聞けて、とっても嬉しいです。

○○くんは、どんな人がカッコイイナ~って思いますか?

パピーさんは、頑張る人、難しくても諦めない人、

新しい事にチャレンジできる人の事を、

カッコイイナ~、スゴイナ~!!って思います。

そう。○○君のような人です。

○○くん、すごくカッコイイですよ!!

これからも、難しい事でもチャレンジして、

どんどん、出来るようになってくださいね。

そして、又、お話聞かせてください。

○○くんの活躍を聞けて、とっても嬉しかったです。」

ドロシーさんへ、

今日のお返事は、まずは、息子さんに・・・ですが、

息子さんへの声の掛け方、

> 「あ!このへん筋肉がついてきたねぇ」

> 「お~!力がついてきたねぇ」とか

> 息子の筋肉やたくましさを褒めるんです。

これもとっても良いですよ!!

まさしく「鴨がねぎ背負って」の状態ですよね。

今のやる気、大切にしてあげてくださいね。

ココまで・・・

ドロシーさんの最後の言葉にありました。

> 娘はよくネギを背負って帰ってきます。

> 息子にはそれがまったくなかった・・。

> いえ・・息子は刻みネギを背負っていたのかもしれませんが、

> 私が気づいてあげられなかったのかもしれません。

> 今では、刻みネギが長~い長~いネギに生長して

> 「○○の背中に立派なネギが見えるよ~~」と、

> 主人と大笑いしてます。

娘さんに加えて、息子さんも・・・。

ドロシー家での、笑い声が、ココまで聞こえてきそうです(^^)

楽しいメール、そしてご掲載の許可、ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る