子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第429号 沢山の子供達を救えるかもしれない

こんばんは。パピーいしがみです。今日は、ちょっと緊急にお知らせがあって、いつもと違いますが、お届けさせていただきます。

あなたは、「舌癒着症」という病気をご存知でしょうか?実は、まるえさんのお子さんが、この病気(先天的な疾患)で、私は約半年前に初めて、この病名を聞きました。そしてとても大きな興味を持ったのです。

この「舌癒着症」という病気は、まだまだ、知る人も少なく、又、検査のできる病院、治せる先生も少ないそうですが、専門家から言わせると、この舌癒着症のせいで、多動やコミュニケーション障害、等々と似たような症状が出て、それによって、発達障害と診断されてしまう場合が多い、のだそうです。

まるえさんが、たまたま長男さんの中耳炎で耳鼻科へ言った時、先生はこのように言われたそうです。(その先生は、偶然、舌癒着症の権威だったそうです)

ココから・・・

たまたま長男が中耳炎になり耳鼻科に行ったのでほんのついでに聞いたところ、「これは舌癒着だよ、弟がそうならお姉ちゃんもそうだよ。この子落ち着きないだろ?酸素が足りないんだよ」と。

舌癒着では、多動、コミニケーション障害、疳の虫、大人になると無呼吸症候群、などが特徴だそうです。(確かにお姉ちゃんは疳の虫で育てにくかった・・・・。)

舌癒着はあまり知られていないけど100人に4人、と言われるほどの疾患だそうです。しかし、検査と手術が出来る病院が少ないのも事実です。

体に酸素が行き渡らないので多動やコミニケーション障害、疲れ易い、などがおきてしまう事があるようですが、通常の耳鼻科や病院などでは発見されずらい疾患でもあります。

子供のせいでも、親の育て方でも、食事のせいでも無く、病気(疾患)。そして手術をすれば改善される、と言うのは変な話うれしかったです。(二人の子育て本当に大変だったんです。)

気付かずにいる人も沢山いらっしゃるそうです。その為に「多動児」「発達障害児」の枠に入れられてしまう子も沢山いるのだそうです。

ココまで・・・

これを聞いて、わたしはとても興味を持ちました。子供さんの落ち着きの無さや、癇癪、育てづらさ・・・。それが、もしかしたらこの病気のせいで、そして、手術で改善できるのだとしたら・・・、

きっと、たくさんの子供達の将来を救えて、たくさんのお母さんが、悩みを改善できるのでは?と思ったんですね。

そして、まるえさんに、「是非、術後の経過などを教えて欲しい!!」とお願いしてあったのです。そのまるえさん。年明けに、まずご自分が手術をされて、(まるえさんご自身にも、自覚症状があったのだそうです)

その後、2人の子供さんも手術をし、つい先日、その報告を下さったのでした。早速、その内容についてご紹介しますね。

ココから・・・

パピーいしがみ様ご無沙汰しております。まるえです。家族全員、舌癒着症の手術が終りました。長くなりますがご報告させてください。

1月中旬に私が部分麻酔で、子供達は1月下旬に全身麻酔で手術しました。

結果から言うと・・・我が家は手術して大正解でした。まず私は胸にいつもなにかつまっているような息苦しさとぐっすり眠れない、怒りっぽい、短気。

会議中には吸いこまれるように眠くなる(学生時代は授業中)などの舌癒着特有の自覚症状は有りました。手術直後に胸に穴が開いたように空気が入ってきました。(これは自覚有り)

手術後は子供達が「お母さんあんまり怒らなくなったよ♪」と・・・。そうかな?・・・(^^)怒らなくなった自覚はあんまり無いですが・・・、

でも、イライラはすっごく減ったし、会議中の眠気はまったく無くなりましたv(^^)v

「怒らなくなったお母さん」と同じ手術なので、子供達も極端に怖がる事もなくすんなり手術しました。

「酸素がいっぱい吸えるんだ~」と期待の声もあがったり・・。手術直後は長男(小学校1年)はあまり痛がらず、長女(小学校3年)は痛がり1日泣いていました。

術後の子供達の変化はというと・・。まず、下の子、長男ですが・・。幼児期の反抗期もなく聞き訳の良い子でした。(9月にがまんしすぎて学校で切れました・・)

今は、「ええ~?♪こんなに自己主張する子だった?」「今頃反抗期?」というくらい生き生きと反抗してきます。

言葉で言えるようになったのかな?今までは長女とケンカになっても、言葉が出ず泣いてしまっていましたが、今ではかなり、対等にケンカできるようになりました。

誰かに叱られると黙って「貝」になっていましたが言葉が随分出てくるようになりました。(いい訳も含みます)又、普通に9時すぎまで起きていられるようになりました。

今までは7時半くらいになると眠くなって機嫌が悪くなり・・・。出掛ける時もご飯を食べに行く時も時間に気を使っていました。いびき(鼻息?)も無くなりました。

ぐっすり眠れるようになったのかな?今は毎朝6時に起きます。素直で生意気で、ちょっぴり頑固になりました(^^)

長女(小学校3年)の変化ですが・・・。長女にも家庭の事情や引越しなどでたくさん我慢させてきました。我慢強い、弱音を吐かない、泣かない子に育ってしまいました。

長男とケンカして、くやしくても理不尽でも「キッ」と我慢してやっぱり「貝」になってしまっていましたが、声を出して、泣けるようになったんです。

この子が家で泣くのを本当に何年ぶりかで見ました。頭の回転が遅いようで、何度も同じ事を説明しなければならなかったんですが、それがなくなりました。理解力が早くなった、という事でしょうか???

細かな事に気が付いて良く手伝いをしてくれるようになりました。又、朝は、起きられなくて、ぐずぐずして、ほぼ毎朝、怒られていましたが、パッと起きるようになりました。これには本当にビックリです。(☆☆)

眠る時間が遅くても、朝、パッと起きれるようになったんです。やっぱりいびき(鼻息?)はなくなりました。今までは、ひどい頑固で、かなり手こずる事もありました。

着て行きたい洋服が洗ってなかったりするとひどくすねたり明日の持ち物の折りたたみ傘が乾いてなくて「乾かして明日入れる」が気にいらず1時間もだんまりをしたり・・・。そういう「こだわり」が無くなりました(^^)

喜怒哀楽の感情が素直に出てくるようになりました。でも子供達は、「お母さんが怒らなくなったから、私達も変わったんだ」と言っています。

私が怒らなくなったのは手術ももちろんですが、パピーさんの講座のおかげもあると思います。

私は、成長期・思春期の舌癒着症の自分が体験して来た症状を放っておいたらきっと、子供達も同じ体験をするだろう・・・。そう考えた時「手術する」以外には考えられませんでした。

自分がいつも息苦しかった。(心も体もです。)いつもイライラしたし、いつも眠かった。集中力なんてなかった。

舌癒着症でも普通に生活している方は沢山いますし、わかっても手術しない選択をする方も沢山います。

我が家の場合、母子家庭でどうしても満たされない物もあるし、自分の経験もあるし手術しましたが・・・。きっと、心が満たされていれば舌癒着症の症状は有る程度はカバーできるんだと思います。

手術も受ける本人が納得してやらないと、効果が半減するそうですし・・・。でもパピーさんの講座と手術とダブルでした我が家は講座3ヶ月、術後半月でものすごく変化したのは本当です。

もっと細々うれしい変化があるのですがこんなに長くなってしまったのでここまでにします。

長くなり、まとまりなくなりましたが、ご報告まで。時期柄 体にはお気をつけください。ご活躍お祈りいたしております。

ココまで・・・

まるえさん、本当に貴重なご報告、ありがとうございます。

次回は、その後、まるえさんから頂いた、さらに詳しい内容についてご紹介しますね。そして、もし、あなたの周りに、子供さんの、落ち着きの無さや、癇癪、育てづらさ、多動・・・などなどで悩んでおられるお母さんがいらしたら、

是非、教えてあげて欲しいと思います。その子と、そのお母さんを、救ってあげられるかもしれません。今日のこの内容は、パソコンでも携帯でも、すぐに見れるようにしておきますので、このメルマガを転送してくださっても結構ですし、URLを教えてあげても、又、印刷して見せて下さっても結構です。
 
 
  

※ ご興味がありましたら、ご覧ください。

★★★ 通信講座「幸せなお母さんになる為の子育て」★★★

関連記事

ページ上部へ戻る