子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第542号 状況把握の重要性

こんばんは。パピーいしがみです。

先週のメルマガ、第540号 きちんと話す2 では、

「幼稚園に行きたくない!」という子への対応について、

お話しさせていただきましたね。

メロンマロンさんの場合は、

『幼稚園に問題がない』という事を調べてから、

子供に対してきちんと話をして、

それが解決に向かった・・・というお話でした。

ですが、その時に私は、

> 結果として同じような「幼稚園に行かない!」

> というお悩みだったとしても、

> 「同じようにやればいいんだ」とは考えないでくださいね。

とお話ししたかと思います。

> 私も今まで、お話を伺って「それは幼稚園を替えるべきです」

> とお返事したご相談はかなりあります。

> そして転園することで、ずっとくすぶっていた問題が、

> あっさり解決した、という事も実際にあるのです。

> どんな問題でもそうですが、絶対に状況判断は必要です。

> 必ず、親が幼稚園の担任の先生、園長先生に相談をして、

> 先生方の言葉に耳を傾けてくださいね。

> 先生方は、よ~く子供たちを見てくださっています。

> 信頼できる園を選び、子供の様子をじっくり教えてもらう。

> そんな状況判断の把握が問題の改善に結びついていきます。

と・・・。

そのお話をメルマガでしたところ、

実際に、転園をして本当に良かったです。

子供は見違えるように明るくなり、元気になりました。

という、嬉しいご連絡を頂きました。

今日は、ご参考として、そのお話を紹介したいと思っています。

そのご連絡を下さったのはびっけさん。

びっけさんはお子さんが3歳になる直前から働くことになって、

ある保育園にお子さんを預けました。

(ここでは、全ての保育園がそうだというわけではない、

という意味でA保育園とさせていただきます)

最初はどの子もお母さんと離れるのが辛くて嫌がります。

娘さんも次第に友達もできて楽しみ始めたのですが、

ある日を境に「A保育園に行きたくない」と言いだしたんですね。

A保育園の先生にその理由を聞いても、

「特にA保育園では思い当たらない」という返事だったようです。

同時期に子供は夜眠れなくなり、朝も起きれなくなります。

びっけさんは、それについても相談されますが、

親身になって話しを聞いてくれません。

子供に「明日はA保育園よ」と言うと『いかな~い』と泣き、

ある朝は『先生に会いたくなーい!!!』と園の外で大泣きをし、

転げ回って嫌がり泣き喚き、本当に大変だったそうです。

「これはおかしい・・・」

びっけさんは、毎日のように園で遅くまで話しをし、

いろいろ聞いていくと、

しだいにご担任の先生の子供に対する姿勢が見えてきます。

どうやら肝心な事は教えてくださっていなかったようです。

「このままではいけない、この子はこんなに無理してる・・・」

それが分かったびっけさんは、転園を決意しました。

転園をしてからの様子です。

ココから・・・

パピーさん、ご無沙汰しております。

前回前々回の、幼稚園に行きたくない・・・ってお話を読み、

娘のA保育園を嫌がって幼稚園にかえた時代の話がよみがえり・・・

思わずメールしたくなってしまいました。

そして、現在の娘の様子をお伝えしたくメールさせて戴きます。

あの後、A保育園を辞め、別の幼稚園に通わせました。

幼稚園にはすべてをお話させて頂き、幼稚園でもご配慮くださって、

年少前の2月から満3才から入れる園の為、

年少クラスに入れて貰いつつ、

おばあちゃんの事務長先生が個別に面倒を見てくれました。

A保育園での出来事が

トラウマにまでなっていたかは定かではありませんが、

怪我を怖がり、お友達とぶつかるだけで、先生に

『何かなっていない?』『血でて無い?』と、

心配して泣いて騒いでしまっていたそうです。

手を汚し手を洗うことを異常なまでに嫌い、

大好きだったはずがクレヨンでのお絵描きも出来ず、

砂場でも遊べなかった日々が続いたそうです。

私はフルタイムで土日休み。主人は平日休み。

私は土日にまとめて家事をしつつ休みつつ娘と遊ぶ・・・の日々。

職場も自転車で通える会社務めで、

昼休みもお客さまが居たらまともに休む時間が無い状況でした。

その為、ゆっくり娘に向き合う時間はとれませんでした。

だから園にもかなり頼りきらざるを得ない状況でした。

なので、子供の様子などは園に聞くしかなかったのですが、

A保育園は、娘を預けたときに居た、

朝番の保育士さんは帰りにはおられません。

その為、朝預けた時の子供の状態が心配で、

帰りがけに「その後、子供の様子はどうでした?」と聞いても、

「朝、私はいなかったし、朝番の保育士さんはいないから分からない」

という返事をされる事が多く、常に不安がありました。

ところが、幼稚園では朝から晩まで先生は園にいらっしゃいますので、

いつも明確なお返事を頂けて本当に安心できました。

そして、娘の家での様子というと・・・

それは人が変わったというか、日に日に明るくなり、

どんどん元に戻っていき元気になりました。

現在春休み中。

4月からは年長さんになります。

幼稚園には本当~に心から感謝しています。

あの頃の事を思い出すと涙が溢れ、感謝の涙がとまらなくなります。

A保育園には、辞めた年度末の3月31日に菓子折りを持って、

気持ちの整理のため私だけで挨拶に行きました。

園長先生に今どうしているか聞かれた為、

「娘はどうしていると思いますか?」と尋ねると・・・

「お母さんが仕事を辞めてゆっくり一緒にいるのでは」

とお返事されたので、笑顔で、

「いえ!私はそのまま仕事を続けてますし、

娘は幼稚園に元気に通ってます!」と伝えました。

園長先生は驚いておられましたが・・・(^^)

そして娘は今、お友達にやさしい、人の気持ちを第一に考える、

まさに“女の子の中の女の子”的な雰囲気を持って、

すくすく元気に育っています。

そんな優しい中にも、揺るがない強さを持っている様な

たくましさをも感じています。

あの体験は、決して3才の娘に良いモノでは無かったとは思いますが、

あの一件あっての今の娘が有るのだろうな、

良い経験だったのかもなと、

今後の人生の糧となる事は間違いないと感じています。

本人にどう影響していくのかは、まだまだ分かりませんが

少なくとも親の私たちには衝撃的で

今後の子育ての日々の自信や糧となった出来事でした。

ただ、今回の私と娘の場合もそうだったのですが、

お母さんの力だけでは、なかなか解決出来ない問題というか、

周りの方のお力添えがあってこそ・・・

良い方向に向かえたと思うんです。

私はホントに沢山の方々に相談させて頂きました。

そんな中で「元気になりました!」とお礼とご報告をさせて頂いた、

市の相談所の方がおっしゃっていたのですが

『良識ある大人の方々がまわりに沢山居たから良かったですよね』

って。これは本当にそう思いました。

市の職員の方、私の職場の方、実家の両親、A保育園の数人の先生、

幼稚園の先生、友人・・・。

そして夜中に娘の気持ちが気になって・・・

忙しい中、虐待の電話相談の方にも事情を話し、

子どもの気持ちや影響についてを聞かせて頂きました。

話がそれますが・・・、

この時に電話に出て下さった相談員方の、

(仕事をしている事によって)過去、子供さんを

旦那さまのご実家に預けられていた時の話をして下さいました。

『とにかく子どもは分かっていて、親の為に我慢をする・・・』

って貴重なお話をして下さいました。

じ~んと胸に響き「このままにしてはいけない!」

「何かしなければ」と思わせて下さいました。

今の幼稚園の事務長先生にも、

『子どもが出したサインには何らか、大人は動かなければ・・・』

とお話して頂いた事も忘れていません。

そんな沢山の皆さん(大人の方々‥)に助けられて娘は、

勿論私も救われたんです。

そして、今回のパピーさんのお話しにもあった様に

『 先生に教えてもらう♪』だなって、

パピーさんに便乗して言わせていただいちゃいますが、

ホントにその通りだって思います。

何より、子どもの為!なんです。

先生や園を責めても、子どもには何も良い影響、

結果は生まれなかったと今、経験した後だから尚更感じます。

味方!?になってもらいながら巻込んで

子どもをみて貰い助けてもらわねば、

預けている以上、無責任に先生ばかりを責められません・・・。

偉そうに便乗しちゃって申し訳ありません。

この件で、私はパピーさん初め、

沢山の方にお世話になり助けて貰い救われました。

つくづく人の優しさの有難さを学びましたし、

『あ~、人はひとりで生きていない。生かされてるな~』って、

実感させてくれました。

私、恥ずかしながら『生かされてる』って

生まれて初めて感じたのがこの時だったのです(*^_^*)

大きくなって分かる頃、

娘にこの時の話をゆっくりしてやりたいって思ってます。

(今現在は、A保育園の事は覚えていないと言います)

先日、幼稚園を卒園した年長さん達は、

娘にとって最初の年少でお世話になったクラスメイトさんです。

花道を作って送る時・・・寂しくて涙が溢れてしまったそうです。

人の優しさを感じて生きてくれてるのかなって、

嬉しく思えました(涙)。

幼稚園でも色々な事はありますが、

頑張って乗り越えて楽しんでいます。

(今年、娘も年長さんになりますが)

年長さんも楽しく頑張って貰いたいです。

何かあったらまたご報告します。

そしてパピーさんのお力をまたお貸しください。

頼りにしています♪

ココまで・・・

びっけさん、貴重なお話をありがとうございます。

怪我を怖がり、お友達とぶつかるだけで、先生に

『何かなっていない?』『血でて無い?』と、

心配して泣いて騒いでしまっていた娘さん。

手を汚し手を洗うことを異常なまでに嫌い、

大好きだったはずがクレヨンでのお絵描きも出来ず、

砂場でも遊べなかった日々が続いていた娘さん。

それが今・・・

> 娘は今、お友達にやさしい、人の気持ちを第一に考える、

> まさに“女の子の中の女の子”的な雰囲気を持って、

> すくすく元気に育っています。

> そんな優しい中にも、揺るがない強さを持っている様な

> たくましさをも感じています。

とありました。娘さん、本当に良かったですね(^^)

びっけさんの体験された、こういうお話をお聞きすると、

私が口をすっぱくして、

「結果だけを見て、対応をしてはならない」

という意味がよくお分かりになると思います。

「幼稚園に行きたくない!」という

全く同じ子供の言葉、様子なのに、

片やメロンマロンさんは、きちんと話をし、

片やびっけさんは、幼稚園を変える決断をした。

これは、結果として、子供が同じ状態になるにも、

そのプロセスは全く違い、

もちろん、その原因も全く違っている、という顕著な例です。

もし、びっけさんのお子さんに、

メロンマロンさんがされた対応をしたとしたら・・・

それを考えると怖くなります。

ですが、これは全ての問題に当てはまることなのですね。

なので「こういう問題が起きた」=「じゃあこうしなさい」

という巷によくある、安易な対策が非常に危険である、

という事の警告であるようにも感じます。

でも、だからと言って不安になる事はありません。

常に、子供の様子を見て、状況を把握しておくこと。

同時期に起きている事、変化なども含めて、

できるだけ子供の近くにいる人から教えてもらい、

(それこそ、幼稚園の先生は、良く見ておいでですので、

常に教えてもらえる間柄でいてほしいと思います)

ご自分でもしっかり見て、ご判断をなさることです。

メロンマロンさんもびっけさんも、共通することは、

「しっかり状況把握をなさった」って事だと思います。

そして、その状況把握がしっかりできていれば、

問題解決の糸口も見えてきやすいんですね。

今回のお話はちょっと難しかったかと思います。

ですが、これだけは是非、心に刻みつけてください。

『とにかく子どもは分かっていて、親の為に我慢をする・・・』

『子どもが出したサインには何らか、大人は動かなければ・・・』

経験された方だからこそ言える、貴重な言葉です。

私達は是非、参考にしたいですよね♪

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る