子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第559号  友達と下ネタ 1

こんばんは。パピーいしがみです。

今日のタイトルは『友達と下ネタ』としました。

お読みになって???とお感じになったかもしれませんが、

さとこさんからのご相談で、

1、友達との付き合い方について、

2、下ネタを言う事について、

と2つについてご相談を頂いたので、

今日はそ二つの内容をご紹介しようと思っています。

ただ、二ついっぺんですと、かなり長編になりますので、

今回は“友達との付き合い方”について、

そして次回は“下ネタを言う事”についてお話しさせて頂きます。

どちらもきっとご興味のある内容だと思います。

まずは、さとこさんからのご相談をご紹介しますね。

(さとこさんの娘さんは小学1年生です)

ココから・・・

パピーさん、こんにちは!

さとこです。

いつも、メルマガをありがとうございます。

毎回、考えさせられる内容で、良い勉強になっています。

さて、今日は相談がありメールいたしました。

1、娘の、友達との付き合い方について

2、娘がよく下ネタを言うことについて

の2点です。

1、娘の、友達との付き合い方について

娘は、友達と一緒に遊んでいても、自分が思い通りにならないと

機嫌が悪くなり、すねて一人で遊んだり、友達が

「○○ちゃん、一緒に遊ぼう!」

と娘に声をかけてきても、無視してしまうところがあります。

幸いなことに、娘の友達は、今のところ、

娘のペースに合わせてくれたり、

娘に歩み寄ってくれたりしてくれるので、

また一緒に機嫌よく遊び始めるのですが、

このままで良いのかというと、疑問です。

講座を始めて、以前は大人しい印象だった娘は、

とても積極的になったと思います。

その結果、率先して物事をやりたがったり、

遊びなどを提案するようになったのですが、

どうやら、人に合わせるのは、苦手なようです。

だから、思い通りにならないとすねる・・・。

(最終的には、一人で遊んでいてもつまらないから、

一緒に遊ぶようになりますが、素直に謝ることができません・・・)

正直に言いますが、私も小さいころ、

すねて周りを困らせたことがあるので、

あまり、娘のことは言えません。

ただ、見守ることも大事だと思う一方で、

このままで良いのかと思うのです。

だから、つい、娘がすねるたびに、

「自分が思い通りにならないもあるよね。

でも、それで、○○ちゃんは良いのかな?」

とか

「いつも、そうやって(すねて)ばかりると、

お友達は一緒に遊びたいと思うのかな?」

と、つい口を出してしまいます。

娘は今、人付き合いを学んでいる最中だと思います。

だから、友達を失うことがあったとしても、

それは本人の自業自得だと考えて見守るべきなのか、

それとも、口出ししながら、

それとなく友達と遊ぶように促すべきなのか?

正直、迷っています。

(迷いながら、口出ししてしまうのですが・・・)

それから、

「○○ちゃん“また”機嫌が悪くなっちゃったの?」

という他の子のお母さんからの言葉も、正直言って辛いです。

育て方が“悪い”と言われているような感じがするのです。

また、機嫌が悪くなった娘の相手をするのも、

かなりのストレスになります。

そして、

「こんなことなら、一緒に遊ばせる機会をなくした方が良いのでは?」

と思ってしまうのです。

私は、人付き合いが下手ですし、苦手です。

一人でいても、苦になりません。

でも、人付き合いを最低限しかしてこなかったので、

苦手ですし、相手の反応がすごく気になります。

また、人付き合いが消極的だったので、うまく付き合えず、

避けるように距離を置いてしまい、

そのまま疎遠になってしまった友人もいます。

意地を張ってしまって、謝ることができず、

失ってしまった友人もいます。今まで沢山悔んできました。

だからつい、娘には、そんな思いをさせたくなくて、

私の失敗談を話したり、口出ししたりしてしまうのですが、

それでも、同じことが繰り返されています。

相手の気持ちや行動ばかりを尊重して、

言いたいことが言えないのも困りますが、

思い通りにならないたびにすねてしまうのは、問題だと思うのです。

今は、問題が起こる度に、冷静に言い聞かせているのですが、

あまり効果がみえないので、悩んでいます。

もっと協調性のある子になってくれるには、

私は何をするのが良いのでしょうか?

ココまで・・・

先ほど、今週は、友達の付き合い方について、

そして次回は、下ネタについて、お話ししたいと言いましたように、

今回はご質問を二分してお送りしています。

そこで、まず「友達の付き合い方」の部分について、

お話ししますね。

私は、こんな風にお返事したのです。

ココから・・・

さとこさん、こんにちは。パピーいしがみです。

 

メール、拝見しました。

 

> 娘は、友達と一緒に遊んでいても、自分が思い通りにならないと

> 機嫌が悪くなり、すねて一人で遊んだり、友達が

> 「○○ちゃん、一緒に遊ぼう!」

> と娘に声をかけてきても、無視してしまうところがあります。

 

とありましたね。

 

これについて、私は、親がそれを止めさせよう、とするのではなく、

早めに「痛い思いをさせる」事が大事だと思っています。

 

> (最終的には、一人で遊んでいてもつまらないから、

>  一緒に遊ぶようになりますが、素直に謝ることができません)

 

とあったように、すねることで周りから嫌がられて、一人になる。

でもそれが嫌だから自分の気持ちをなだめて一緒に遊んでもらう・・・。

 

それができる、という事は、

“もう自分で(気持ちを)コントロールする事を覚え始めている”

という事だと思います。

 

今、謝れなくても、これからこういう事が起きると

「じゃあ、○○ちゃん、ちゃんと謝ってよ」

のように言う子が出てくると思いますよ♪

自分で体験して、覚えていかせるのが一番だと私は思います。

 

又、

> 「○○ちゃん“また”機嫌が悪くなっちゃったの?」

> という他の子のお母さんからの言葉も、正直言って辛いです。

> 育て方が“悪い”と言われているような感じがするのです。

 

とあった、そのお気持ちもよくわかりますが、

人は失敗してそれを自分の糧にしていきます。

そして子供さんは、まだまだ生まれてから数年。

人としての勉強をしている段階です。

 

なので「育て方」の評価されるのは成人になってからで、

今、評価する人がいたとしたら、それは全く持ってナンセンスです。

「失敗をさせない」のではなく「失敗から学ばせる」

“これが私の「子育て」です”って、

胸を張って頂いて良いと思いますよ♪

 

> だからつい、娘には、そんな思いをさせたくなくて、

> 私の失敗談を話したり、口出ししたりしてしまうのですが、

> それでも、同じことが繰り返されています。

 

ともありましたが、教訓は、

その人が「知りたい」「教えて」と思わない限り、

「説教」と同じなんですね。子供にとっては雑音にしかなりません。

 

アドバイスをされるのならば、子供が落ち込んで相談してきた時に、

お話をされたら良いと思いますよ(^^)

ココまで・・・

私がこのようにお返事したのは、まずは、

「子供の世界で学ぶことは、親が介入せずに子供に任せればいい」

という事を伝えたかったのです。

子供にはもともと

「自分で考えて行動する」という資質が備わっています。

親が子供をコントロールしたり、余計な指図をするよりも、

自分で考えて行動させてあげることで、

問題を自分で解決しようとします。

もちろん、自分だけで解決できない場合もありますので、

それは手を貸してあげればいいですが、

子供が「どうしたらいいかな?」と聞いてこなければ、

親が先に手や口を出してしまうと、

子供のせっかくの資質が活かされません。

だからあえて口出しをする必要はないんですね。

それと・・・

小言を言っても子供は(自分から聞きたいと思わなければ)

耳を傾けません。

耳を傾けない相手にいくら小言を言ったって、

文句言ったって、直るわけが有りません。

それどころか、子供からすれば

「うるさいな~、又言ってる」と胡散臭く感じたり、

「どうせ私が悪いんでしょ、はいはい」

のように、投げやりになってしまう事もあります。

親は良かれと思って、小言を言っても、

結果は何もプラスにならずマイナスを増やすだけなんです。

マイナスを増やすだけなら、小言は必要ないんですね(^^)

上記のお返事をしてから約1か月後、

さとこさんから、こんなお返事を頂きました。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは!

さとこです。

( 中 略 )

さて、1ヶ月ほど前に相談させていただいた件のご報告です。

友人関係、下ネタともに、解決しました。

アドバイス、本当にありがとうございました。

詳しいことは下記に書きます。

お時間があるときにお読みください。

1、友人関係のこと。

まず、口を出さないために、友人関係については、

あえてこちらから質問するのをやめました。

聞くと口出ししたくなるから、

話をしてきたときにだけ聞くようにしたのです。

それからしばらくして、ふざけたり、

「ふてくされて1人で・・・」など

という行動がいつの間にかなくなりました。

友達とは楽しくやっているようです。

それと同時に、リーダーシップが出てきたようです。

先日、市の体操教室に通い始めたのですが、一年生の女子8人で

マットを片付けようとした際、一方に人が偏って運べなかったんです。

娘はその時、全員をバランスよく配置しようと声をかけていました。

そして、周りをまとめようとしたり、率先して何かをしたり・・・

という行動が良く見られるようになってきたんです。

学校の係決めでも、配り係の隊長(代表者)に立候補して

やることになったそうで、やる気満々です♪

私が何もしなくても、子供はちゃんと成長しているのですね(^^)

※ 上記以外のこと。

運動嫌いで、ちょっと前まで、

スポーツ関係の習いごとを拒否し続けていたのに、

市で募集した「体操教室(全20回)」と「水泳教室(全8回)」

に喜んで行くようになり、活発になっています。

体操教室では、あまりの体の硬さに、

親としては苦笑いしてしまいます(笑)

水泳教室では、背が小さく、プールの中では、

普通に立つと顔がギリギリ見える程度で、

まるでおぼれているかのよう(^^;)

でも、どちらの教室も、娘は本当に楽しそうに参加しています。

おまけに、娘は「自分は練習すれば、できるようになる」と思って、

家でも練習できることに関しては積極的に練習しています。

とはいえ、教室に通っている間にできるようになることは

少ないかもしれないです。

だからこそ「楽しい気持ち」だけは大事にしてあげたいと思います。

低学年のうちは、「ワクワク」する気持ちをいっぱい育てて、

「やりたい」「知りたい」気持ちがいっぱいの子になれたら、

きっと高学年になっても、

「やる気のあふれる子」でいるでしょうからね♪

ちなみに。

最近、私は、勉強に関しては

「先取り学習をさせない」ことにしました。

(進研ゼミでの勉強の範囲内は可です。

なぜなら、ほとんど学校の授業と同じペースだから)

そして、「できなくてもいい」という気持ちで、

勉強に付き合っていたら、

急に自ら勉強をやるようになりました。

(怒ることがほとんどなく、

褒めることが多くなったからだと思います)

しかも、あっという間に終わらせるんです!

興味があるという「漢字」に関しても、

「先生が教えてくれるまではやらなくていいんだよ」

と言って教えずにいたら、こっそり覚え始めました(笑)

漢字の書き取りをしなくても、覚え始めたんです!

・・・やる気というのは、すごい力があるのですね(^^)

ココまで・・・

どうでしょう?娘さんの変化、面白いですよね。

特に何をしたわけでもなく、

「どうしても小言を言いたくなるので、質問するのをやめた」

「娘さんから聞いてくる時だけ聞くようにした」

これだけでした♪

でも、それで良いんですね(^^)

又、お母さんの小言が減ることによって、

沢山の副産物もあったようです。

ただ、このメールには書かれていませんが、

さとこさんは、とっても「認める」「褒める」が上手です。

それについては、次回の「下ネタ」の時にご紹介しますが、

きちんと「認める」「褒める」をされている方は、

あえて子供をコントロールしようとしたり、

“小言を言わなくても”子供は自分で考えて行動し始めるんです。

それに、この考え方はとても良いですよ♪

> だからこそ「楽しい気持ち」だけは大事にしてあげたいと思います。

> 低学年のうちは「ワクワク」する気持ちをいっぱい育てて、

> 「やりたい」「知りたい」気持ちがいっぱいの子になれたら、

> きっと高学年になっても、

> 「やる気のあふれる子」でいるでしょうからね♪

はい、私もそう思います。必要な時には、必要な事だけで結構。

必要な事だけを、十分与えてあげてればいいと思います。

低学年の今はお母さんの笑顔に沢山包まれながら、

「面白い」「楽しい」「やってみたい!」「ワクワク!!」

これを感じていてくれたら十分だと思います♪

そして・・・

> やる気というのは、すごい力があるのですね(^^)

はい~♪ そうなんです!!(^^)

この「やる気」を持たせることができると、

様々な事にチャレンジし、問題を解決し、

自分の能力をどんどん高めるんです。

これからも楽しみですね♪

それでは、次回は“下ネタを言う事”についてお話しさせて頂きます。

お楽しみにお待ちください(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る