子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第1003号 子供の性について

こんばんは。パピーいしがみです。

今日のメルマガは今まであまり扱ったことのなかった「性」についてご紹介させて頂きたいと思います。

中学生・高校生ぐらいになると、それこそ性については男女とも興味が出てきて当たり前。

ですが興味があるだけで「遊び」のように捉えて欲しくはないし、昨今はニュースなどでは小学生でも性犯罪に巻き込まれたりすることも多くなってきました。

そんな「性」について、私たち親はどんな風に子供に接し、教えていったらよいか?とても大事な問題だな・・・と感じて、今日のメルマガとさせて頂きました。

ご相談のメールを紹介させて頂くのはココアさん。

ココアさんの娘さんは7歳になったところですが、幼馴染の男の子が引っ越しをしてしまう、という事で「お泊りをしたい」と2人から要望があったそうです。

夜は子供部屋で一緒に寝たそうなのですが・・・

こんなご相談でした。

ココから・・・

(前略)

なかなか寝ないで声がしていたので何回か声を掛けに行ったりしましたが、遅くまでお喋りできるのもお泊まりの醍醐味だし疲れたら寝るだろうと思い、最後はそのままにして自分も寝に行きました。

友達も帰った後日、娘がボソボソっと話し出したのですが、ナント、夜中ベットの中で二人ともパンツを脱いで見せ合いっこした・・・と可笑しそうに話してくれました。

娘は今月7歳になったばかりで、まだ性的なことより体の違いに興味を持った&いまだにトイレジョークなど大好きなので、無邪気な好奇心からの行動だろうと思います。

しかし、このまま好奇心を放置して置くと、いたずらに性に目覚める可能性もなきにあらずかな、とも思ったのです。

体を大切にする、と言うことがまだ理解できてないうちから性に目覚めるのは避けたいと思いました。

娘はまだ性に関しては体の形の違いなど漠然としたことしか知らないと思います。

ただ、娘は好奇心が強い方なので(しかも隠された?ものに関して特に)、偶然に色々発見する可能性は高いと思います。

うちでは、子供はどこから産まれるのか聞かれたら簡単に説明したり、性については特別タブーな扱いはしていないのですが、他人の身体に触ったり、自分の体を他人に触らせない、と言うことだけは話しています。

今回のことを夫に話し、そろそろ異性との線引きをする、異性の友達と一緒にお風呂に入ったりベットで寝ることはこれからはしない方針にすることしました。

娘には「男友達とパンツを下ろした(寝ないでいたずらしてた)から、もう一緒に寝るのはできないよ」とだけ話しています。

異性だけ駄目という部分はまだはっきりと説明していない状態です(元々お泊まりはあまりしないので、彼女も深く理由を聞いてきていません)。

まだ7歳、でももう7歳と言ったところでしょうか。まだ友達同士で裸で走り回っていても違和感がなさそうですが、最近は性犯罪も低年齢化している気がするので早くから異性との線引きを決めました。

しかしまだ性犯罪などを説明したくない(性に関して恐怖や罪悪感を最初に持って欲しくない)こともあり、この先どうやって納得できる説明をするかまだ考え中です。

この歳で性に関することはどこまで干渉すべきかも悩みどころです。まだ今は可愛い悩みだと思いますが。

パピーさんのご意見聞かせていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

ココまで・・・

このご相談をお聞きして、私はこんな風にお返事しました。

ココから・・・

ココアさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール拝見しました。 とても驚かれたことと思います。

私の意見を・・・という事だったのですが、私はココアさんの判断(異性のお泊りを許可する)に間違いはなかったかな?と思いました。

と言うのは、私は子供がどんなに希望しても誰かを我が家に泊める・・・という事はしません。

それはやはり、人様の子を預かって、もし何かあった場合に責任が取れないからです。

確かに仲の良い子が引っ越しをする・・・となると最後に一緒に思い出を・・・と思うかもしれませんが、もしそうだとしたらパーティーなどでもいいと思いますし、泊まらなくても思い出を作る、という事はできると思うのですね。

それとやはり異性の男女を夜、二人っきりにしておくことは、たとえ年齢が低くともすべきでなかったと思うのです。

男の子が女の子の体に関心を持ち、女の子も男の子の体に関心を持つ・・・というのは、とても自然な事だと思うし、

だからこそ幼少期の無邪気な遊びとして「お医者さんごっこ」もあるわけですし、いずれは知っていく事であったとしても、それまではやはりそういう機会を作ってはいけないと思うのですね。

又、今回は無かったようですが、子供の知識として「お父さんとお母さんが夜にこんなことをしていた」と知っていて、それを真似してやってみよう・・・なんて事も有りえます。

もちろん今は、そういう動画をネットで見る事も非常に簡単になって、それを子供が見て強い興味を持つこともありうるのです。

実はこういう相談は、少なからずあって、実は親が思っている以上に子供が知っている場合がけっこうあるのですね。

今回は「無邪気に遊んだ」で済みましたが、もしお互いに知識があって、それをやってみよう・・・となったり、

今までに感じたことのない快感を知ったりしたら、それこそ性への興味はさらに高まり、遊びの延長で低年齢で妊娠・・・なんてことになりかねないとも思うのです。

今回の事で、ご両親としては「異性との線引きをする、異性の友達と一緒にお風呂に入ったり、ベットで寝ることはこれからはしない方針にすることしました」と書かれていましたが、私はそれが良いと思いますし、

線引きをする・・・だけでなく、いろんな可能性がある事も頭に入れておいてほしいのですね。

ココアさんが言われていた性犯罪も心配ですが、私がもっと心配するのは「遊びの延長」で性行為に及んでしまう事です。

なので現段階では「異性との線引きをする」「異性の友達とはお風呂に入ったり、一緒にベッドで寝ることはしない」だけを決めておいて、

子供の成長に合わせ(生理が始まったり、胸が大きくなってきたら)子供のできる仕組みや、こどもを産み、育てることがどれだけ大変な事なのかも話してあげる必要があるかもしれません。

日本の場合は、3年生ぐらいで学校で性の授業があるようですが、ユネスコのガイダンスでは性教育は「5歳から」となっているようです。

世界的に見て、日本は遅れている・・・とは言われていますが、それでも性の問題では女性が圧倒的に負担がかかる事でもあるので、男の子との接し方を教える事や、女性が自分を守る事も含めて、「性」を教えていく事は必要な事だと思います。

ココまで・・・

このようなお返事をして、ココアさんからもメールを頂きました。

ココから・・・

パピーさん、早速のお返事ありがとうございます。

パピーさんの率直な意見、ドキリとしました。

お泊まり自体は、周りで普通によく聞くのであまり抵抗を感じていませんでした。私の判断が甘くなってしまったと反省です。

しかもお泊まりに来た友達は、オムツを付けていた頃から知っており兄弟のような仲だったので、これも油断の要因になってしまったかなと思います。

“今までに感じたことのない快感を知ったりしたら、それこそ性への興味はさらに高まり・・・”

正に、私も今回のことで一番懸念しました。自分の体を大切にするということが頭で理解できる前に、本能だけで行動するようになってしまうのは避けたいです。

今回の予想していなかった出来事で、自分の目が覚めた気分です。

“実は親が思っている以上に子供が知っている場合がけっこうあるのですね” これも肝に命じておこうと思います。

今回は自分にとって予想外の出来事でしたが、今起きてくれてよかったと思います。

お陰で手遅れになる前に色々考える事が出来ました。パピーさんの率直な意見も身が引き締まる思いでありがたいです。

ココまで・・・

子供の性に対してどう接するか?これはなかなか正解を見つけられない問題だと思います。

ココアさんも、私にメールを下さる前に、何人かの方にお聞きになったようですが、6歳・7歳ならまだカワイイモノ・・・というご意見が多かったみたいです。

確かに、兄弟がいれば一緒にお風呂に入る事もありますし、そんなに神経質にならなくても・・・というお考えの方が多いかもしれません。

でも「ではいつになったら性について教えるのか?」と聞いたら、多分、明確に答えられる親はとても少ないと思いますし、多くの親が性を教える機会を持たずに子供は大きくなっていくのでは?と思うのですね。

又、「今がその時だ!」といきなり性教育をする・・・という事も難しく、子供も「突然どうしたの?」と思うでしょうし、親もどんな話をしていいかよくわかりません。

ですから、私は幼少の頃から(特に女の子は)自分の体を他人に見せない、触らせないという話をするとともに、そういう機会を作らない、という事が大事だと思うのです。(それが抑止力にもなりますから)

子供達にとって、必ず訪れる「性」への興味。親もしっかり考えて接してあげてほしいし、今回のご相談がその一助になれたら・・・と思います。

ココアさん、貴重なご報告と、メルマガ掲載へのご許可、ありがとうございました。

※ご興味がありましたら、ご覧ください。

★★★ 通信講座「幸せなお母さんになる為の子育て」★★★

関連記事

ページ上部へ戻る