子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第575号 1年間の振り返り

こんばんは。パピーいしがみです。

いよいよ10月になりましたね。

半袖から、長袖へ衣替えです♪

運動会もあちこちで始まったようです。

でも、今年も残すところ、あと3カ月となりました。

これからの3カ月は早いですよ~(^^)

そろそろ、今年1年間、どうだっただろう?

って振り返っても良いかもしれません。

今日、ご紹介するメールはしずちゃんさんからのお便りです。

しずちゃんさんは、病院の先生をされています。

私の講座も、とても熱心に勉強をして下さる方で、

頂くメールからも「教えてほしい」という熱意と姿勢を

とても強く感じていました。

それは、子育てだけにとどまらず、

メールの書き方から、仕事の悩み。ご主人との事・・・。

と、多岐にわたっておりましたが、

1年を経過してのご報告として、こんなメールを下さいました。

ココから・・・

パピーさん、こんばんは。いつもお世話になっています。

先週、全ての章が終わりました。

1年間、ありがとうございました。

そこで、1年前の私と今の私。

どれだけ違っているだろう?とテキストに書いた感想やメモ。

パピーさんから頂いて大事に保管しておいたお返事など、

読みなおしてみました。

そしたら、途中から涙がボロボロとあふれてきて、

如何に沢山の事を教えて頂いたか・・・と、

感動して、これはお礼を書かずにはいられない。

とパソコンに向かっています。

思えば、パピーさんのメルマガを読むことから始まった、

私の「チャレンジ」は1つのカケでもありました。

と言いますのは、どんな子育ての本を読んでも、

どんなアドバイスを聞いても、

今まで、子供が変わるという事はなく、

私もずっとあきらめてきていたからです。

巷のアドバイスは、結果を見て、

「そういう時はこうしなさい」式のものがとても多いです。

子育て本にも同様にありますが、私自身としては

「みんな違う人間なのに、どうして、そう言えるんだろう?」

っていつも思っていました。

でも、パピーさんは、違っていました。

「みんな違う性格で生まれているし、

みんな違う環境で育っているんだから、

結果が同じだとしても、原因は違う事もある。

だから結果だけ見て「こうしてください」なんて事は言えません。

まずは、何度かメールでやり取りしましょう。

きっと何らかの原因が有るはずですから」

と頂いたお返事を見て、

「これこそが私が待っていた答えだ!」って

すごく嬉しくなったのを今でも覚えています。

それと・・・いつだったかメルマガに

「パピーマジック」という言葉が出ていましたが、

問題が分かっても、その問題を解決するには、

とても大変なのに

(私の周りにも「こうすればいいのは分かっている」

「でも、それが出来ないのよ!」と悩んでいる方が沢山います)

「こうやって考えてみて下さい・・・」

と言われた新しい考え方を取り入れたらすぐに、

自分の気持ちや行動や表情が、ガラって変わった事。

それには本当に驚きました。まさにマジックのようでした。

パピーさんが「方法じゃないですよ。考え方ですよ」

と言われていたことが腑に落ちた瞬間。

それも何度か体験させて頂きました。

そんな風にして教えて頂いた目からうろこのお返事が、

この1年で全部で12通ありました。

どれもこれも、とても長いお返事で、

とても丁寧に書かれていて。

これだけのお返事をなさっていたら、

それは、時間がどれだけあっても足りないだろう・・・。

と感じます。

頂いたメールの中には、午前1時に送られたもの。

午前4時のもの。午前6時のもの。もありました。

今、読み返して発信時間を見て驚いていますが、

パピーさん、寝ておられますか?お体を心配してしまいます。

頂いたメールの中で、私が今でも、鮮明に残っている、

(とても衝撃だった)内容が3つあります。

1つは、イライラのメカニズムです。

私達は無意識の中で予定を作り、その予定が崩されると憤りを持つ。

それも自分より眼下だと思っている相手だとその怒りは、

エスカレートしてしまう。

それを教えて頂いた時、確かにパピーさんの仰る通り、

私はいつも自分の中で勝手に(それもかなり厳しい)計画を立てて、

その通りにならないと怒り、その怒りをぶつけてきました。

それは子供だけでなく、主人にも、そして仕事場でも・・・。

勝手に作って、思い通りにならないと怒りをぶつける。

あまりにも自己中心的ですよね・・・。

私はいつも人を上から見下ろしていたんです。

それが分かった時、本当に衝撃でした。

私自身は、そんな事、意識した事もなかったからです。

でも「無意識」でやっているんですね。

2つ目は、盥(たらい)の水の原理です。

盥(たらい)に入った水を自分の方に集めよう集めようとしても、

それは波となって、全て相手側に行ってしまう。

でも、相手側に与えよう与えようとすると、

今度は、その波が盥(たらい)の淵を伝わって自分に返ってくる。

これも・・・本当にその通りだな~と、

今まで自分が経験したことと照らし合わせ、

痛いほど納得しました。

それと3つ目は、メールの書き方でした。

私も仕事柄メールを良く使うのですが、

パピーさんが教えてくださった、

「横35文字、それを超えるようなら短い句読点で改行」

「伝えたいことは4~7行のブロックに分けて一行空ける」

「原則的に伝えたいことは一つに絞る」

「複数ある場合は、番号を付ける」

「件名には自分の名前を入れる」などは、仕事上本当に役立っています。

又、「出来るだけ相手が分かりやすい言葉を選ぶ」

「親しい相手には、話し言葉を多用する」は、

子供に送ったり、友達に送ったり・・・

この事で、人に与える印象は、かなり違ったようです。

考えてみれば、原稿用紙の書き方は学校で教わりましたが、

パソコンでの電子メールの書き方。

携帯電話でのメールの書き方って、

誰も教えてくれる人がいませんでしたので、

私にメールの書き方を教えてくれた方は、

後にも先にもパピーさんだけでした。

でも、頂いた中に

> 読んでいる人が「分かりやすい、理解しやすい」を前提に考えたら、

> こういう形になりました。

とあったのを見て、

「メールを送る、ただそれだけの事なのに、そこまで考えているんだ」

と、胸が熱くなりました。

でも、確かにパピーさんから頂いたメールは、

他の誰から来るメールよりも読みやすく、

又、何度も読みたくなります。

そこには「読み手が分かりやすい、読みやすい」まで

お考えになっているからなんですね。すごいです。

メールの書き方を教わって、

職場ですぐにそれを使うようにしましたら、

それ迄、とそれ以後、の意思の疎通が格段に違いましたし、

送ったメールに対しての返信の量も質も、全然変わりました。

メールの書き方って多くの方が我流でされていて、

“どうやって書いたら良いだろう?”と、実は悩んでいたりします。

「あなたのメールはとても読みやすいけど、

ポイントを教えてくれないか?」

と院長先生に言われた事もあったんですよ♪。

もちろん、この3つだけでなく、

・下の子が生まれた時の下の子の気持ちや、

・しっかり甘えられるからこそしっかり自立できる。

・秩序のお手本はサザエさん・・・などなど、

頂いたメールは全て目からうろこでしたし、

テキストでも沢山の事を教えて頂いて、

私の選択は間違っていなかった、と確信しています(^^)。

さて、子供の問題ですが、今はもうほとんど影をひそめました。

わがままや、理不尽な要求、妹を隠れていじめる事。

それらは私の甘えを許さない姿勢や、高飛車な態度。

冷え切った夫婦関係にも原因があったようです。

パピーさんの言われたように「安心できる場所」が無かったんですね。

今までできなかった“主人を大事にする事”

“子供の甘えを受け入れる事”

“「このぐらいわかるでしょ、できるでしょ」と考えない事”

などなどが、少しずつ出来るようになって、

子供達も私に甘えてくるようになりました。

「冷え切った夫婦関係」は、全く・・・とは言いませんが、

かなり改善しましたし、

家では、私も夫も笑う事が増えました。

先日は初めて、子供たちの運動会に夫婦そろって参加したんですよ♪

家族みんなでお弁当を食べたのは・・・初めてだったかもしれません。

子供達もとっても嬉しそうな良い顔をしていましたし、

きっともっと「温かい家庭」。

きっともっと「良い夫婦」になっていくと確信しています。

それに・・・この頃、旧友など、会う人会う人に言われるんです。

「しずちゃん、変わった!!」「丸くなった!!」って。

「そんなに私、とんがっていた?」って聞いたら

「とんがってたよ!気付いてなかったの?」ですって(笑)

私は小さい頃から「優秀だ」と言われることが快感でした。

ずっとその快感を追っていたと思います。

でもそれは自分から追い求めていたのではなく、

称賛をもらえなくなる事に怯えていたのです。

不安や恐怖が私のモチベーションでした。

今は心だけでなく体も「丸くなった?」かもしれませんが、

不安や恐怖はありません。

毎日が落ち着いていて、微笑みがあって、

何よりも心地よい「安心」を感じています。

パピーさん。1年間、本当にお世話になりました。

これからも勉強、続けていきますので、

くじけた時、凹んだ時、是非お力になってくださいね。

それから・・・お体もいたわってくださいね。

これからも私のような悩めるお母さんを救って頂く為にも・・・。

感謝の気持ちを込めて

—しずちゃんより—

ココまで・・・

しずちゃんさん、ご丁寧なメール、ありがとうございます。

メルマガへの掲載のご許可もありがとうございました。

私がお送りしたお返事も、お役にたてたようで良かったです♪

頂いたメールにもありましたが、

「メールの書き方」は、お知らせしたらすぐに改善されて、

その後からのメールはとても読みやすく、分かりやすく、

「あ~、ずいぶん沢山お書きになった(練習された)んだろうな~」

って感じました。

手書きと違ってメールは全て活字なので、

どうしても冷たい印象を与えがちです。

効率的に伝えようとして文章を縮めたり、

結論だけが書かれていたり、難しい文章だったり、

改行が無く、びっしりと書かれていたりすると、

読んで欲しいからこそメールをしているのに、

相手に「読みたくない」という意識を働かせてしまうんですね。

読み手が「読みたくない、でも読まなければならない」

という思いで読むのと「なるほど、分かる分かる」って

読むのとでは伝わる内容って全然違いますもんね♪

それと・・・もう一つ。

私がこれは大事だな、

メルマガで伝えたいな、と思ったことがあります。

それは、これなんです。

> 私は小さい頃から「優秀だ」と言われることが快感でした。

> ずっとその快感を追っていたと思います。

> でもそれは自分から追い求めていたのではなく、

> 称賛をもらえなくなる事に怯えていたのです。

> 不安や恐怖が私のモチベーションでした。

> 今は心だけでなく体も「丸くなった?」かもしれませんが、

> 不安や恐怖はありません。

> 毎日が落ち着いていて、微笑みがあって、

> 何よりも心地よい「安心」を感じています。

しずちゃんさんは、お父さんもお医者さんだったそうです。

小さいころから「医者になれ」と言われ育ち、

厳しい家庭で、ずっと勉強をがんばってこられたようです。

でも、頑張っていてもそれは、

> 自分から追い求めていたのではなく、

> 称賛をもらえなくなる事に怯えていたのです。

> 不安や恐怖が私のモチベーションでした。

とありました。

猛烈な勉強をして、有名な学校に入り、数々の試験があり、

沢山の受験者の中で戦い、勝ち残り、目指していた仕事を手に入れた。

好きな人が出来て結婚もした、子供も出来た。

でも、不安や恐怖や憤りはずっと消えなかった・・・のだそうです。

本来、不安や恐怖などに追われると、

自分の能力を高める、という事はとても難しいです。

しずちゃんさんも、かなりの葛藤があったのでしょう。

これまでのメールにも、

さまざまな悩みや苦しみが沢山あったと伺っていました。

でも今のしずちゃんさん・・・。

> 今は・・・、不安や恐怖はありません。

> 毎日が落ち着いていて、微笑みがあって、

> 何よりも心地よい「安心」を感じています。

> きっともっと「温かい家庭」。

> きっともっと「良い夫婦」になっていくと確信しています。

とありました。「心地よい安心」

そう言って頂けると、ホッとします。

又、ずっと感じていた不安や恐怖から解放された事。

「良かった~」と胸をなでおろしました。

そして、息子さんのずっと直らなかった問題。

“隠れて妹さんをいじめる”という事も減ってきたとありました。

これも、本当に良かったです。

私も「きっともっと、温かい家庭・良い夫婦」

になって下さるだろうと思います。

これからもゆっくりでいいです。続けてくださいね。

メール、ありがとうございました(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る