子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第576号 良い人をやめてみる

こんばんは。パピーいしがみです。

今日のメルマガは「良い人をやめてみる」としました。

私達のイライラや、怒りって、自分の中にある予定が

誰かによって壊されたり、

妨害されたりする時に起きることがよくあります。

私達は無意識に予定を立てるのですが、

例えば「こうしなければならない」や

「こうすべき」も無意識に立てている予定です。

もし、ご自分の中で自分らしくない「こうしなければ」や

我慢したり無理やり押し付けている「こうすべき」があると、

その考えが自分を締め付けてしまい、

“最初からうまくいかない「無理な予定」”

を立ててしまう事がよくあります。

無理な事って、できる可能性はかなり低いです。

すると、どうしたって、上手くいきません。

上手くいかない=予定が壊れる。となれば、

イライラが募り、憤りを感じ、

怒りを持つようになり易くなるんですね。

その「無理な予定」を作ってしまう原因が・・・・

「良い人でいなければならない」

「良い嫁でいなければならない」

という意識である場合もあるんです。

今日は、それについてお話ししたいと思います。

ご紹介させて頂くのはSHIOさんです。

SHIOさんからは、このようなメールを頂いていました。

ココから・・・

初めてメールします。SHIOです。

簡単に自己紹介をさせて頂きますが、我が家は主人と義父母。

7歳の長男と5歳の次男の2世帯6人家族です。

昨年、長男の小学校を期に2世帯住宅での同居を始めました。

それまでは、小さなアパートながら、

何の問題も不安もなかったのですが、

主人の両親と一緒に住むようになってから、

子供の落ち着きがなくなり、明るさが減り、やる気をなくし、

爪を噛んだり、「どうせ・・・」とか

「もういい・・・」のような口癖が増えてきました。

パピーさんのメルマガを読んでいると、

私が怒り過ぎるから・・・という事は分かっているのですが、

義母の言葉。ご近所の眼が気になって、

どうしても細々した事を言いたくなってしまい、

怒ってしまう自分を抑えられないのです。

今のままでは、長男をダメにしてしまうと思って、

入会させていただいて、勉強を始めました。

私が変われば、きっと長男も変えられると思うのです。

ですが、私が自分を変えることができません。

パピーさん、お力を頂けないでしょうか?

ココまで・・・

そんなメールを頂いていました。

SHIOさんの場合、子供さんが変化した時期が明確でした。

だとしたら、ご同居を始めることでどのように環境が変わったのか、

教えてもらえますか?とメールしましたら、

こんなお返事を頂きました。

ココから・・・

パピーさん、メールありがとうございます。SHIOです。

こうやってパピーさんから直接、お返事を頂けること。

本当に有り難く思います。

長くなるかもしれませんが、お話しさせてください。

まず、主人の事ですが、主人は高校の教師をしています。

朝早くから夜も遅くまで仕事をしています。

義母も義父も学校の先生をされていて(すでに退職されています)

主人は長男で、下に妹さん(既婚)がいます。

義母は、とてもしつけに厳しく教育と母親の姿勢に対して、

「こうでなければならない」と強い考え方を持っています。

私は、会社員の父と専業主婦の母。

2人姉妹の長女です。

父は厳しい人でしたが母はいつも笑顔で、

母と私達姉妹は、親子というより友達のような関係で、

言いたい事も言い、でも一緒に笑ったり泣いたりができていました。

母も相談をすれば乗ってはくれますが、

義母と上手くいかない・・・という話をすると、

「あなたは嫁に行ったのよ」

「好かれる為には我慢しなさい」と言われます。

私自身は、どちらかと言うと明るく楽観的な性格でした。

主人と結婚し、アパートに住み長男が生まれました。

長男はとても元気でミルクもごくごく飲み、

夜もぐっすり眠ってくれて、多少の駄々コネはありましたが、

離乳食もおむつ外しも比較的楽でした。

義母も自分の意見をはっきり仰る人だとは感じていましたが、

同居する前の気持には嫌悪感など全くなく、

子供を進んで預かってくれたり、

いろいろな面で協力してくれていました。

そんな中、これからの事もあるから、

将来を見据えて家を立てないか?

義父母の今までの家を壊して、建築費を折半で、

二世帯住宅を建てないか?というご提案を頂きました。

いつかは同居しなければならないだろう、と私も覚悟していましたし、

これからの事を考えると、出来るだけ出費は抑えたい。

土地を提供してくれ、建築費も半分。それで新築に住める。

義父母のご提案はとてもありがたく、お受けさせて頂きました。

ところが、義父母が今まで住んでいた場所では、

夫婦で学校の先生をされていた為でしょうか、

義母も義父も「○○先生」と呼ばれていて、

ご近所の方から一目も二目もおかれている状態でした。

私も“○○先生のところのお嫁さん”と言われ、

ご近所から特別な目で見られているように感ずる事もありました。

同居するようになって、すぐに義母の変化を感じました。

それは「ご近所に恥ずかしい」

という言葉を多用するようになった事です。

子供は男の子2人ですから、ケンカする事もありますし、

ドタバタする事もあります。癇癪を起す事もあります。

すると義母が・・・

「何やってるの、ご近所に恥ずかしいでしょ!」

と叱るのです。

一緒にいる私にも「静かにさせてちょうだい」

「ご近所様に笑われるわよ」と・・・。

初めの頃は「あ~あ、叱られちゃった」

「ご機嫌が悪いのかな?」ぐらいに思っていたのですが、

常に常に注意され、小言や指摘を言われる度に、

「ご近所に・・・」が出て来ます。

そしてその言葉を聞くとイライラするのです。

いつの間にか、私はその言葉を聞きたくないが為に、

常にピリピリして、子供が叱るような事をする前に

「○○しないでよ」「又、お母さんが怒られるでしょ」

「そういうことしないでって言ったでしょ!!」

のように、いつでも怒っているガミガミ母になってしまいました。

それどころか、私は一度怒ると怒りがおさまらず、

手を挙げることはありませんが、暴言・罵声を浴びせ続け、

子供を泣かせてしまうまで、怒りをぶつけてしまうのです。

当然、私の大声は義母に聞こえています。

義母は私に苦言を言います。「ご近所に恥ずかしい」

それと一緒に息子達にも小言を言うようです。

「お母さんに怒られないようにしなさい・・・」。

私は黙って怒りをこらえていますが、はらわたは煮えたぎり、

そして又私の怒りの矛先は子供たちに向かうのです。

ひどいですよね・・・。

それを続けていることで、長男に変化が出てきてしまいました。

あんなに明るく元気だった長男は、

いつも下を向くようになり、私と目を合わせません。

積極的な行動をする事がほとんど無くなりました。

学校では、お漏らしをしたり、授業中に眠っていたり、

(というご連絡を頂いています)

新しい事をする時も「どうせできない」とか

「やってもできない・・・」と言ったり、

突然泣きだしたり・・・という事が頻繁に起きるようになりました。

私だ・・・私が子供たちをダメにしている・・・。

そう思って前から気になっていたパピーさんの勉強を始めました。

ですが、どんなに自分を抑えようとしても抑えられないんです。

長男を褒めようと思っても褒めることができません。

このままでは、私がどんどん子供たちをダメにしてしまいそうです。

こんな私ですが、まず最初に何をやって、

次に何をやったらいいか・・・大体のアウトラインで結構ですので、

お教え頂けないかと思いまして、メールをさせて頂きました。

お時間がかかっても結構ですので、

お返事頂けましたら有り難く存じます。

お忙しい中、申し訳ありませんがよろしくお願いします。

ココまで・・・

とこのような内容でした。

私はこんな風にお返事しました。

ココから・・・

SHIOさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、拝見しましたよ~♪

SHIOさんのお気持ち、とっても良くわかります。

小さなことで毎日毎日お小言を言われていたら、

誰でも嫌になりますよね。

たぶん、私がSHIOさんでも、

同じようにイライラすると思います。

私が感じた事をちょっと書いて行きますね。

SHIOさんにとって、少しでも気持ちが楽になったら幸いです。

まず、第一にSHIOさんがイライラする、

と言われていた「ご近所に恥ずかしい」の件ですが、

たぶん、SHIOさんの中には

「そんな叱り方はおかしいんじゃないの?」

という気持ちが生まれたと思うのですが、いかがでしたか?

実は、私はとても感じたんです。

というのは「ご近所に恥ずかしいから○○するな」というのは、

叱る内容としては的を得ていませんよね。

いけない事なら「その行為はいけないよ」

と教えてあげればいいはずです。

それを「ご近所に恥ずかしい」と言うのは、

その行為を直しなさい、という意味ではなく、

「私の対面を保つために、静かにしていなさい」

というように聞こえてしまいます。

ですから、SHIOさんから頂いたメールにあった、

> 常に常に注意され、小言や指摘を言われる度に、

> 「ご近所に・・・」が出て来ます。

> そしてその言葉を聞くとイライラするのです。

の部分。とてもよくわかります。

私も「その叱り方はおかしい」と思いますし、

何度も何度も聞いていれば、イライラして来るはずです。

それに・・・

SHIOさんはかなり我慢をされていたようですね。

こんな文面もありました。

> 母も相談をすれば乗ってはくれますが、

> 義母と上手くいかない・・・という話をすると、

> 「あなたは嫁に行ったのよ」

> 「好かれる為には我慢しなさい」と言われます。

お母さんとしては、なんとか上手くやってほしい。

ご自分の娘(SHIOさん)が、

お嫁に行った先のお姑さんに可愛がってもらえるように・・・、

という願いからの言葉だったと思います。

でもね。

私は、我慢しなくていいと思っています。

言いたい事を我慢して“いいお嫁さん”になろうとせずに、

ご自分の言いたいことは口に出して、

「これが本当の私です」って見せちゃった方が、

SHIOさんも楽ですし、義母さんも分かりやすいと思います。

それに、もしそれでうまくいかなくなったとしても、

SHIOさんには、ご主人様や、子供達がいるじゃないですか?

お母さんは、

> 「あなたは嫁に行ったのよ」

> 「好かれる為には我慢しなさい」

と言われたかもしれませんが、

SHIOさんは、義父母さんの家と結婚したのではありません。

ご主人と一緒になる為にご結婚をなさったのですよね。

そして、ご主人とSHIOさんがいたから、

2人のお子さん達が生まれたのです。

だとしたら、一番重要なところは、

「ご主人の妻になった事」その次には、

「2人の子供たちの母になった事」そして最後に

「義父母さん家の嫁になった事」の順番なんです。

そう。優先すべき第一位は、ご主人です。

そしてその次、第二優先は子供達。

最後に、第三優先。

“お嫁さんという立場”になります。

だとしたら「いいお嫁さんでいよう」という考え方は

第一、第二優先が出来てからいいですよね♪

お嫁さんは第三位。まだ他にやるべきことがあるんですね。

それは、ご主人や子供たちと楽しく生活する事です。

ご主人や子供達が、元気で笑って、仕事に行ったり、

学校に行ったり、友達と遊んだりしてもらう事です。

優先順位第3位の事に気を使って、優先順位第1位、

第2位がないがしろになったら、おかしいですものね(^^)

これが、

> まず最初に何をやって、

> 次に何をやったらいいか・・・大体のアウトラインで結構ですので、

> お教え頂けないかと思いまして・・・

と頂いたご相談の「最初に何をやって」のお返事です。

まず最初に・・・「良いお嫁さんをやめてみる」です。

良いお嫁さんをやめたら、お母さんに意見を言ったっていいんです。

「私はこう思います」って言っていいんですよ♪

もし、義母さんとの考え方が違ったとしても、

ご主人と相談して

「私がこの子たちの親ですから私達のやり方で育てます」

と言っていいんです。

それに良いお嫁さんをやめてしまえば、

周りからどう思われようが関係ありません。

「これが本当の私です」って見せちゃいましょう。

きっとずっと楽なはずです。

くどいようですが、もう一度言いますね。

「いいお嫁さんでいよう」という考え方は捨てましょう。

お嫁さんは第三位。まだ他にやるべきことがあるんです。

それは、ご主人や子供たちと楽しく生活する事。

ご主人や子供達が、元気で笑って仕事に行ったり、学校に行ったり、

友達と遊んだりしてもらう事です。

さて、その次にやってほしい事ですが・・・、

というより私が心配するのは、ココなんです。

> あんなに元気だった長男は、

> いつも下を向くようになり、私と目を合わせません。

> 積極的な行動をする事がほとんど無くなりました。

> 学校では、お漏らしをしたり、授業中に眠っていたり、

> 新しい事をする時も「どうせできない」とか

> 「やってもできない・・・」と言ったり、

> 突然泣きだしたり・・・という事が頻繁に起きるようになりました。

もともとは明るく元気な子だった・・・

と有りましたので、お母さんの気持ちが新たになって、

以前のように接して下さると、きっと立ち直りは早いと思いますが、

積極性が無くなって、いつも下を見て、お母さんとも眼を合わさない。

学校ではお漏らしをする事もよくあったり、

突然泣きだす事もある・・・とすると、

情緒不安定の様子も感じられます。

今、SHIOさんがかなりきつく当たっておられるようですが、

もし、義母さんが、子供さんにいろいろ躾をしようとしていたり、

長男さんの姿を見つけては小言を言うようだったりしたら、

それも控えて頂かなければなりません。

もし、ご主人様が力になって下さるようなら、

今の状況やSHIOさんのお気持ちをお話しして、

ご主人様から、義母さんにお話ししてもらったりして、

今の状況を伝えるようにして頂きたいです。

義母さんも学校の先生をされていたのですから、

その辺り、ご理解して下さると思います。

でも、まずは、

「良いお嫁さんをやめてみる」

しばらくは、この考え方でやってみて下さい。

上手くいかなかったり、又、新たな問題が発生したら、

メール下さいますか?

一緒に考えていきましょう(^^)

ココまで・・・

「良いお嫁さんをやめてみる」

今回SHIOさんには、これをお願いしました。

SHIOさんはその後のメールで「すごく楽になりました」

とお返事を頂いて、その後のご主人の協力もあって、

事態は急速に良い方向に向かって行きます。

今回、そのご報告も掲載すると長くなりすぎてしまうので、

次回へ続くとして今回はここまで、とさせて頂きます。

「無理」はさまざまな弊害を引き連れてきます。

「こうすべき」「こうしなきゃ」などの無理や我慢は、

自分への強制です。

強制は・・・「否定」でしたよね♪

自分で自分を否定してしまえば、

どうしたってマイナスに向かいます。

でも、これが本当の私♪

「本当の私でいいじゃん」と思う事。

これは“自分を認めること”になります。

「肯定」する事がプラスに向かい、

「否定」する事がマイナスに向かう。

これは、大人や自分自身に対しても同じ事なんですね(^^)

あ、また長くなりそうです。

では、次回、楽しみにお待ちくださいね。

SHIOさん、貴重なご報告ありがとうございました。

来週、もう一度、ご紹介させてくださいね♪

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
577 ■ 良い人をやめてみる 2 ★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る