子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第588号 一生懸命を楽しもう!

こんばんは。パピーいしがみです。

2011年、いよいよ始まりましたね♪

昨年はいかがでしたでしょう?良い年でしたか?

今年はさらに良い年にしたいですね(^^)

今日のメルマガは今年の第一号となりますね。

新年1発目という事で、新年にふさわしく

「一生懸命を楽しもう!」という内容でお送りしたいと思います。

でもこの「一生懸命を楽しもう!」は、私の言葉ではないんです。

今日お送りする内容は、遥さんから頂いたご報告です。

実は、遥さんとの出会いは、2007年の2月。

もうそろそろ丸4年になろうとしています。

その時に小学生だったお子さんは、今は中学2年生です。

月日の経つのは本当に早いな~、と思うのですが、

特に子どもたちの成長って、とても早くて、

今、幼稚園のお子さんもすぐに小学生になり、

小学生だったお子さんも、数年後には中学、高校・・・と、

毎年毎年、成長していくんですね。

(あなたのお子さんもすぐに・・・大きくなるんです♪)

今日はそんな成長し、変化した子どもたちの様子を、

遥さんからご報告を頂きましたので、

ご紹介したいと思います。

ココから・・・

パピーいしがみ様

こんにちは、ご無沙汰しております。遥です。

双子の兄弟達が小学生の頃は本当にお世話になりました。

その兄弟達も今は中学2年生です。

ここに来て、

“私は本当に幸せなお母さんだ!”と思い、

ぜひ、パピーさんに聞いて頂きたくて、

メールさせていただきました。

恐ろしく長くなってしまいましたので、いつでも、

パピーさんのお手すきの時に読んで頂けたら嬉しいです。

中学生になった子供たちは、特に大きな問題もなく、

先生方からは、

「自分をしっかりと持っていて、周りに流されずに生活出来ています」

と言って頂いたり、

職場体験では店長さんに、

「2人の一生懸命さに感動しました。こちらが勉強になりました」

と言っていただきました。

毎日、笑顔で学校に行き、

まだ今だに「お母さん大好き」って言ってくれます。

成績もトップクラスとは行きませんが、

毎日、コツコツ努力しています。

私は皆様のメールのように、

「打てば響く」ような劇的な変化はなかったのですが、

“ゆっくり、ゆっくりとレンガを積んでいたんだ!”

と実感しています。

パピーさんの講座を申し込みさせて頂いたのも、

すべて双子の兄弟のいじめ問題でした。

それが、

「俺ら今日A君と3人で、帰ってきてん!

あいつそんなイヤな奴ちゃうかったわ!」と・・・。

クラブ活動で一人、

はじかれているA君に声を掛けて、一緒に帰って来たと言うのです。

実は、中学校に入ってからも、

子供たちはやはり好き嫌いが激しくて・・・。

とくに、意思表示の苦手な子の事を嫌って嫌って・・・

なので、A君の事も最初に「嫌い」って言い出したのは、

多分、兄弟達だと思うのです。

家でもA君の悪口ばかり言ってました。

そんな風に思っているのは、兄弟達だけではなく、

クラブ全員がそう思っているみたいで、

A君はだんだん孤立していってしまいました。

クラブが終わって皆集まって話してても、

一人先に帰ってしまうようです。

私は小学校のいじめの件があったので、

「いじめるな」「いじめるな」の一点張りでした。

私自身も努力しないで、怠ける人はきらいなので、

子供達の気持ちも分かる!

でも、やっぱり「いじめ」はいけない!

でも、どうやって教えていいのか分からない状態でした。

そんな中、夏休みに家族旅行に行ったのですが、

そこで兄弟達がクラブの仲間全員で食べるお土産と、

クラブの同学年全員に1つづつお土産を買ったんです。

でもA君にだけ買わなかったんです。

2人は、

「クラブには買ったやん!このお土産は友達に買うねん!

たまたまAは友達でないから、買わないねん!」

と、言い張りました。

私はここで折れてしまったんです。

「自分のした事はかならず、自分に帰ってくるよ。

A君がどんなつらい気持ちになるか考えてみ」

と言うのが精一杯でした。

2人は、

「どうせAはクラブ終わったら、すぐに帰るし、

帰ってから、みんなに渡すから」

と言います。

私は「違う!違う!絶対にそうじゃない!」と思いながらも、

折れてしまったんです。

私は悩みました。たくさん考えました。

旅行に行く前日にクラブに入部して来た子がいたら、

その子には、友達じゃないけど、一緒のお土産を買うだろう。

私も職場で嫌いな人もいました。

やっぱりその人には、お土産を買わなかった事もあります。

私は2人に、

「旅行中にお母さんがブレたのが悪かった」

「あんたらに恥ずかしい事をさせてしまった」

と、まず謝りました。

そして、お母さんもお土産を買わなかった事もある話をしました。

2人は口を揃えて「それ、あかんな~」って言いました。

人の事は良く分かるのです。

「な~、あかんやろ~?けど、

お母さんのした事は、恥ずかしい事やけど、

いじめじゃないと思うねん。

おかあさんは、その人を傷つけないように、

イヤな気分にさせないように、気づかれないようにしたよ。

あんたらは、A君を傷つけらんように、努力したか?

バレてもかまんわ!どうせ俺あいつ嫌いやもん。

あいつにや買ーたらんねん。

って、気持ちちょっとでもなかった?

ちょっとでもあったら、それはやっぱりいじめやと思うねん」

って、話しました。

人間だから、好き嫌いは必ずある。

けれど、それを相手に分からせるような態度をとったり、

嫌いだから、傷つけてやろう!攻撃してやろう!

と言う気持ちがイジメだと思いました。

「毎日、よく観てん。A君そんな悪い子ちゃうよ」

って、お願いしました。

それら2,3日して

「俺ら今日A君と3人で、帰ってきてん!

あいつそんなイヤな奴ちゃうかったわ」

って満面の笑みで帰ってきました。

一人では勇気をだせない事でも、2人だから出来る事もあります。

これが、この子達が双子で生まれて来た意味かも知れないと思いました。

この子達はこの子達なりに、私との話から、何かを感じてくれたんだ。

長年一人で悩んでいた事が、3人で解決できたんだ!

本当に、スーッと霧が晴れたように思いました。

それだけでも、十分に嬉しくて、

「こんな嬉しい事はない!」と思っていたのですが、

2人兄弟の弟の方が、先生から

「生徒会に立候補してみないか?」

と声をかけていただいたんです。

小学校の時はノリで当選した会長、副会長ですが、

中学になってからは、学級委員にも手を上げないくらいだったんです。

でも、声を掛けてくれたのが、嬉しかったみたいで、

兄が応援者で、弟が立候補したんです。

立候補のスローガンは「一生懸命を楽しもう」です。

演説の中に、

「ぼくは、一生懸命が格好悪い。

という環境をなくしていきたいと思っています。

一生懸命は恥ずかしい事ではありません。

ぼくは身体は小さいですが、

それを理由にしてあきらめたりする事が嫌いです。

なぜなら、それを言い訳にして、

習い事を中途半端で辞めた事があるからです。

その事がずっと心に残っています。

だから、中学生になってからは何事も最後まで、

一生懸命やろうと思いました。

すると『一生懸命の楽しさ』に気が付きました。

それが、ぼくのスローガンの“一生懸命を楽しもう!”です。」

って、ありました。

(ここ~!!ここに繋がるんだったんだ~!)って。

「ごめん、お母さん嬉しいわ。泣いてもかまんかな?」

って、泣きました。

私の一番の子育ての霧は、いじめと空手だったのです。

・・・注釈・・・

遥さんのお子さんは空手を「もういやだ」と中途でやめています。

息子さんが「中途半端で辞めた」「ずっと心に残ってる」

と演説の中で言ったのは、この空手の事だったようです。

・・・注釈終り・・・

すべて、今まで子供達が経験した事、

パピーさんの講座を習い、一生懸命話した事、

すぐには、響きませんでしたが、

こんなに反響して大きく帰ってきました。

すべての伏線がつながり、大きく回転したようです。

そして、本当に子供達は一生懸命に生きています。

“全校生徒の前で堂々と”一生懸命を楽しもう!

と言えるほど、一生懸命を楽しんでいます。

私は今、間違いなく、しあわせなお母さんですvv

パピーさん、本当にありがとうございました。

これからもいろいろあると思いますが、

その度に子供達と話し合い、

認め合って解決していきたいと思います。

長文になってしまって、申し訳ありませんでした。

うれしくて、うれしくてしかたなかったんです。

文末になりましたが、

お父様のご冥福と、お母様のご健康、

パピーさんご家族のご健康をお祈りしています。

ココまで・・・

遥さんから、こんな風にメールをもらって、

私も本当にうれしくて・・・

何度も読み直しては遥さんと同じように涙しました。

「イジメをする子」って、それがどんな原因にしろ、

自分に対する自信を失っていたり、

「どうせ、俺なんて」というような

自己否定感を持っていたりします。

自己否定感が強かったり、自尊心が低下していると、

「頑張ってもっと自分のレベルを上げよう」とするよりも、

人の足を引っ張って相手をおとしめようとしたり、

自分より弱い立場や、劣っていると感じる人や

動物をいじめたりして、満足を得ようとします。

4年前、遥さんからメールを頂いた時、

遥さんのお子さん達にはそんな部分を感じていました。

自己否定感が強い子、自尊心が低下している子は、

積極性や「頑張ろう」という気持ちよりも、

「どうせできない」「やったって無駄」

という傾向に向かってしまい、

頑張れば出来る事も、最初から諦めてしまう、

その癖、負けるのが嫌だから人の足を引っ張る・・・

そんな傾向があるんです。

でもこれって、ものすごく「もったいない」んですね。

本当は出来る力が有るのに、

やればできるチャンスを失ってしまう。

自分を高めるチャンスを失ってしまう。

喜びや楽しみを得るチャンスを失ってしまう。

そして結局いつまでも、うまく出来ない自分。

ダメな自分ばかりが目について、

そんな自分をどんどん嫌いになっていくんです。

結果、さらに自己否定感を強め、自尊心を削っていくんです。

そうやって、どんどん悪循環に向かうんですね。

遥さんの子供たちにも、チャレンジする気持ち。

出来ない事ができる面白さ、感動、喜び。

「一生懸命って楽しいぞ」「頑張るって面白い!」

「チャレンジ・挑戦ってワクワクする♪」

そんな気持ちを味わえるようになってほしい!!

って思っていました。

「一生懸命って楽しいぞ」「頑張るって面白い!」

という気持ちが生まれてくると、

イジメをしたり、人の悪口を言ったり、

いじけたりする態度などは格段に減ってくるんですね。

だって“そんな事するよりも自分を高めた方がいい”

って分かるんですから。

遥さんからは、時々

「子供たちに変化が起きています」

「どうせ俺なんて・・・

などの言葉を使わなくなってきています。」

とご報告を頂いていました。

私も「いい方向に向かっているみたいだな」

と安心はしていたのですが、まさか

「一生懸命は恥ずかしい事ではありません。

中学生になってからは何事も最後まで、

一生懸命やろうと思いました。

すると、一生懸命の楽しさに気が付きました。

それが、ぼくのスローガンの“一生懸命を楽しもう!”です。」

などと全校生徒の前で言えるようになるまでになるとは、

全く、予想もしていませんでした。(^^)

今でこそ、私は

「一生懸命やる楽しさを知ってほしい」

「自分の能力を高め、そこにある喜びを知ってほしい」

と思い、それを伝えたいと思っていますが、

実は私自身も中学時代はそうだったんです。

頑張るってかっこ悪い。一生懸命ってダサい。

私が昔、そんな風に思っていたように、小学校の高学年。

中学生、高校生の子どもたちもその傾向が強いようです。

又、子供たちの周りにそういう風潮が有るからこそ、

「自分だけが一生懸命やるって・・・恥ずかしい」

「自分が一生懸命やっているのを見られたら笑われないだろうか?」

って、本当は「熱中して取り組みたい」

「頑張りたい」と思っている子たちも、

「一生懸命が楽しい」なんて、言えない環境でもあるんですね。

だから、遥さんの息子さんが、皆の前で、

「一生懸命って楽しいよ」

「一生懸命やってみようよ」って声をかけた事。

私はすごく感動したんです。

「良く言ったぞ!!かっこいいぞ!!」って。

この話には後日談があって、生徒会に立候補した弟さん。

双子のお兄さんの応援演説の甲斐もあり、

見事、当選を果たしました。

これって・・・私は、

演説を聞いた他の生徒たちの心も動かしたのでは?

と思うのですね。(^^)

遥さんからはこんなメールも頂きました。

ココから・・・

ちなみに、双子の兄の応援演説は、

「僕は、時々サボりたい時があります。

でも、双子の弟が一生懸命にやるので、イヤイヤながらつられて、

やり始めます。

やっているうちに気分が乗ってきて、

つい一生懸命になってしまいます。

一生懸命やっていると、楽しくなってきます。

これが弟のスローガンの『一生懸命を楽しもう!』だな。

と思いました。

皆さん、一生懸命を楽しむOO中学にしませんか?」

です。

兄は兄で本当にいい子なんです。

パピーさんのお返事を頂いてから、

また昔の私のメールを観てみたのですが、

「えーー!本当?」「こんな状態だったの?」

「今では信じられない!!」って、思います。

今では2人とも自信満々です。

本当にゆっくり、ゆっくりだったのですね。

義母は「弟、会長さんなんて、兄、ちょっと心配やな。」

と言いますが、私は何の心配もしてません。

自分も会長になりたかったら、

兄も立候補していたでしょうから・・・

第5章の宿題に提出した・・・

『私は何があっても動じない自信を持った母になり、

子供達が安心して育ってゆく家庭をつくりたいと思います。』

これが、私の目標と決意でした。

 

その目標に少しは近づけたと思っています。

気がつけば、兄の事も、弟の事も

何も心配もしていない自分がいました。

 

それは、これから子供達に何があっても、

この子達はそれを乗り越えて成長してくれるだろう。

と信じているからです。

 

まさしくこれが、

『何があっても動じないという自信』だと思います。

 

今日は試合で、

朝の6時からお弁当持って学校に行きました。

「こんな寒いのに、試合やてイヤしよ~」

って、兄が言いながら用意していたので、

「でも、一生懸命にやってたら、楽しくなってくるんやろ~?」

って、ちゃかしたら、

「そやな~」って笑顔で出て行きました。

 

毎日、本当に満面の笑顔で手を振って2人共学校に行きます。

そして、満面の笑顔で「ただいま~」って帰ってきます。

 

わたしはいつも

「今日も無事に帰って来てくれて、ありがとう~」

って、玄関まで走って出迎えます。

「本当に幸せだな~」って、思います。

私はこの子達が大好きなんです。

これからも、日々幸せを実感しながら、

子供達が安心して成長し、

立派にこの家から卒業してくれるようにがんばります。

ココまで・・・

遥さん、素敵なご報告、ありがとうございました♪

子供達・・・本当にたくましく成長してくれていますね。

これからがさらに・・・楽しみです(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る