子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第96号 もうちょっとで自信が付く

こんばんは。パピーいしがみです。

さて、今日は前回に引き続き2回目になります。

今回はどうなったのでしょうか?

(前回の内容を読んでおられない方はコチラをご覧ください)

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

https://www.age18.jp/back95.html

ココから・・・・・・・・・・・・・・

パピーさん。こんにちは。

逆上がりの件ですが、

実は主人にもう一度頼んでみましたら

昨日子供に教えてくれたのです。

 

パピーさんがおっしゃる様に

主人が教えてくれないのなら

出来ないこの私が

「一人で出来ないから一緒にやろう」

とお願いするのが良いのだろうと分かっていたのですが、

ちょっと世間的に恥ずかしくて言えなかったのです。

 

ですから主人がその気になってくれて本当に良かったです。

が、今度は子供にやる気になってもらうのが大変でした。

 

近くの公園だと知った子達がいて

恥ずかしくて練習しないだろうと思ったので

ちょっと離れた公園を主人が何件か下見してくれたのですが

鉄棒って意外に無かったり、あっても高さが合わなかった様でした。

 

考えた末、ちょっと行った田舎の(私が住んでいる所も充分田舎ですが…)

小学校に行ってみようと子供を車に乗せて連れて行きました。

 

子供には逆上がりの練習をするとは言っていなかったので、

何でこんな所へ?と、とても不思議顔でしたが、

虫を見つけて取ったりタイヤの遊具を跳んだりして徐々に鉄棒へ導き、

まずは主人が前回りをして逆上がりをしました。

子供に、「やってごらん。」

と言うとその時は二回ほどチャレンジしました。

 

私が思った以上に出来ていなくて

これはヤバイと思いました。

 

子供も自分で全く出来ないと思うと、

すぐに諦め「オニごっこしよう!」

と言い始めました。

私は運動が苦手なのでオニごっこなど大っ嫌いなのですが、

ここはオニごっこでも何でもやらないとといけないと思い、

暫く親子3人でオニごっこをやりました。

(嫌々やったオニごっこ、結構楽しかったです。)

 

そしてもう一度鉄棒に誘い、練習を始めました。

 

小学校という場所が良かったみたいで、

そこには逆上がりをする為の補助の器具があって

それを使ったり、自分ひとりでやってみたりしていました。

(私も恥ずかしながら何度かチャレンジしてみました)

 

でも子供は何度かやるとすぐに

「出来ないからもう帰る」

を繰り返すのでその度に、

子供を励ましてまた練習してとやっていたのですが、

何度も「出来ないから帰る」と言う子供に

私がとうとう怒ってしまいました。

怒ってはいけないと分かっていながら

怒らずにはいられない自分がいました。

 

そして私は歩いてその場を離れて行くと子供が後ろから

ついて来ていたのですが、

主人が鉄棒の所でずっと待っていたので

「パパが待っているよ」

と言うと子供は主人の所に走って行きました。

 

そして練習を再開しました。

今度は手の皮が剥けるくらい頑張りました。

 

結果、出来ませんでしたが、

明日から毎日頑張ると言っていました。

 

主人が辛抱強く教えてくれた事に感謝しています。

 

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

そして私はこのようにお返事しました。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

こんにちは。パピーいしがみです。

とうとう逆上がりの練習。始まったんですね。

あれから1週間。

どんな状態ですか?

たのしみだなぁ。

できるとほんとうに感動ですよ。

是非、達成の喜びを味あわせてくださいね。

ご主人もよく教えてくださいましたね。

熱意が伝わったのですね。

ご主人にも感謝の気持ちを伝えてくださいね。

「すごいかっこよかったよ。」とか

「あこがれていた昔をおもいだした」とか

「この人と結婚してよかったー!って思った」とか

これ、重要です。

恥ずかしいと思います。

だからこそ、やるべきです。

いや、やらなくてはいけません。

ぜったい、お父さん喜びます。

そしてこの次も必ず協力してくれます。

(いろんな形で)

いやいややった?鬼ごっこ。

楽しそうじゃありませんか!

こういうノリがものすごく重要ですよね。

お母さんとお父さんと子供と一緒に遊ぶなんて

今までに無かった?のでは無いですか?

童心に返って楽しく遊んだ鬼ごっこ。

それが今、何か良い影響がありませんか?

きっと形に表れてきていると思うのですが・・・。

それから、手の皮がむけるほどがんばった鉄棒。

子供さんがこれほどやったのも初めて?では無いですか?

この姿勢、取り組み、何度も何度もチャレンジする姿。

これについては心から絶賛してあげてくださいね。

そして、子供だけじゃなくお母さんもがんばって

チャレンジしてくださいね。

(お母さんはできなくてもいいです。

真剣にやってるところを見せるだけで良いんです。)

その先には子供の『大きな自信』が待っています。

これが子供にとって過去の自分とさよならできる

ターニングポイントになるかもしれません。

「やったよ!僕にも出来たよ!

あきらめないでがんばってよかったよ!」

その気持ちは達成しないと得ることができません。

でも、苦労して得た気持ちは生涯忘れることは無く、

今後の人生の大きな励みになります。

そして「僕もできた!僕ってなかなか良いじゃない!」

これが大きな自信になります。

「もしかしたら、他にもできる事があるかもしれない!」

そう思うようになります。

今が、一番がんばる時。

応援しています!!

是非又結果を教えてください!

待ってます。

次回はどんな結末になるでしょうか?

ご期待ください!

 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る