子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第126号 笑うことが多くなりました

こんばんは。パピーいしがみです。

今日も頂いた「報告します」メールをご紹介します。

ひっかーさんは、大切な事に気がついて、

素直に、「幸せなお母さん」メソッドに従われたようです。

その変化は本当に素晴らしいと思います。

それではご紹介しますね。

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーいしがみ様

はじめまして。ひっかーです。

5歳と、もうすぐ3歳になる2人姉妹の‘幸せなお母さん’です。

第18号から、このメルマガを読ませていただいています。

このメルマガとパピーさんのホームページを読んで、

今では、着実に良い方向へ向かっていると実感しています。

このメルマガに出会う前までの私は、

理想の子育てと現実との間で、もがいていました。

優しくて、寛容なお母さんになりたいと思いつつ、

思うように動いてくれない娘たちに苛立って、

(思うように動かすこと、それ自体、間違いなのに…)

主人や娘たちに怒りをぶつけていました。

でも、パピーさんのいわれていることを

少しずつ実践していくうちに、

イライラの原因を作っていたのは、

娘たちではなく、私だったと気づきました。

私は、理想の母親像に近づきたいと思い描くばかりで、

現実に目を向けようとしていませんでした。

娘の気持ちなど考えず、「こうあるべき」親子像に

無理に当てはめようとしていました。

まさに、‘私の思うように動かそうと’していたのです。

人は、気持ちで動いているのですよね。

子供を褒めるとき、叱るとき、どんなときも、

私の気持ちを伝えるようにしてみました。

「~してくれたから、お母さん嬉しいよ。」とか

「~したら、お母さん嫌な気持ちになるよ。」とか…。

パピーさんも、すぐに効果が出ると仰っていましたが、

本当に、娘たちはすぐに素直になりました。

娘たちが喧嘩しているとき、かんしゃくを起こしたとき、

事あるごとに、どんな気持ちかな、どうして欲しいのかな、

と考えるようになりました。

そして、どうやったら乗り越えられるかなと…。

そうしているうちに、

娘たちに対してだけでなく、自分のイライラに対しても、

そして、周りの人たちに対しても、

同じように考えるようになりました。

自分の気持ちをくみとってもらえるだけで、

人は変われるんですね。

私も、娘たちも、変わりました。

着実に私のイライラは減ってきています。

それでも、時々イライラはやってきます。

娘たちも、かんしゃくを起こすこともありますが、

これは、乗り越えなければならない山なんだと思えます。

そして、私はそれを乗り越えられるように、

サポートしてあげればいいんだと…。

先日、娘に対して、ちょっとしたことで、つい、

「さっさとして!!」

と、少し強い口調で言ってしまいました。

怒っているつもりではなかったのですが、

娘はすぐに、

「お母さん、怒らないで!!」

と半泣き常態になりました。

以前の娘だったら、こんなちょっとしたことでは

ベソはかかなかった。反対に、ふてくされていたと思います。

それで、気づきました。

最近の私は、本当に怒ることがなくなったと…。

穏やかな気持ちでいることが多くなったとは感じていましたが、

娘たちも、ちゃんと感じていたのですね。

私も、娘たちも、そして主人も、笑うことが多くなりました。

(娘たちは、夢の中でも、声を上げて笑っています(^∀^;) ゞ)

今では、何もかもが、いとおしいと思えます。

「善循環」に突入していると実感できます。

私は、もうすでに‘幸せなお母さん’です。

まだまだ、足りない部分もたくさんあるし、

(というか、足りない所だらけ…(^ー^;) ゞ)

理想の母親像とは、ほど遠く、

くじけそうになることもあると思いますが、

パピーさんがいてくれるから、安心です。

何でも、乗り越えていけると確信しています。

本の出版も、楽しみにしています。

(友達のお母さんたちにもお勧めしましたよ!)

‘幸せなお母さん’の輪が、どんどん広がり、

そして、その子供たちが、この世の中を良い方向に

進めていってくれたら嬉しいですね。

それでは、お身体、ご自愛ください。

ひっかーより

ココまで・・・・・・・・・・・・

ひっかーさん。ありがとうございます。

いい文章がありましたね。

>  人は、気持ちで動いているのですよね。

>  子供を褒めるとき、叱るとき、どんなときも、

>  私の気持ちを伝えるようにしてみました。

>  「~してくれたから、お母さん嬉しいよ。」とか

>  「~したら、お母さん嫌な気持ちになるよ。」とか…。

>  パピーさんも、すぐに効果が出ると仰っていましたが、

>  本当に、娘たちはすぐに素直になりました。

私達って、自分にとっても興味があるのですね。

自分がとっても大事なんです。

その大切な自分を「好きです」とか「あなたの事を大事にしたい」

と言われると、とても嬉しくなるのですね。

そしてそう言ってくれる人を好きになるのです。

子供さんも同じなんですね。

子供は体は小さいけれど、私達と同じ心をもっています。

やっぱり自分の事に一番興味があるし、

自分の事がとっても大切。

そして「あなたの事を大切に思っている」人を大好きなんです。

これってものすごく簡単だと思いませんか?

お母さんが「あなたの事が大好きなのよ」

と伝えれば、子供も「お母さんの事が大好き」

になるんですね。

そしてよりお母さんに「もっと好きになって欲しい」

「もっと喜んで欲しい」と思い、それが行動に表れてくるのです。

今回、ひっかーさんが言われていましたね。

>  「~してくれたから、お母さん嬉しいよ。」とか

>  「~したら、お母さん嫌な気持ちになるよ。」とか…。

って。

この言葉で子供さんは、

「こうすればお母さんは嬉しいんだ。」

「こうするとお母さんは嫌なんだ。」

って理解するのですね。

そうすると、自分からお母さんに喜んでもらえる事。

嬉しがってくれる事を探し出してやりだすんです。

そしてこんな言葉もありました。

> 私も、娘たちも、そして主人も、笑うことが多くなりました。

> (娘たちは、夢の中でも、声を上げて笑っています(^∀^;) ゞ)

> 今では、何もかもが、いとおしいと思えます。

> 「善循環」に突入していると実感できます。

嬉しいじゃないですか?

もう、コツはつかめたようですね。

これからいろいろと楽しみですよ。

ご報告ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る