子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第404号 私、わかりました。

こんばんは。パピーいしがみです。急に寒くなりましたね。日本海側ではかなりの積雪があったようです。

もうインフルエンザが、はやっている所もあるとか・・・。みなさん、お気をつけ下さいね(^^)

私は、メルマガでも、又テキストでも、夫婦についてお話をする事が多いですよね。

夫婦仲良くしてくださいね、って。

だからでしょうか?「離婚は絶対にダメ」って思われるイメージがあるようです。

もちろん、努力して修復できるのなら、それが一番だと思います。ところが、どうしても・・・って事だってありますよね。

又、すでに結果を出してしまった・・・という方もおられると思うのです。

今日、ご紹介するようママさんも、その一人。

でも、とても今、充実しているそうです。今日はそんなご報告をご紹介させて頂きます。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。ようママです。半年(以上)ぶりのメールです。

まずは、息子の事ですが、本当に見違えるようになりました。

パピーさんのテキスト通り、子供の原因は夫婦間の問題でした。きっと、安心できる日々などなかったのだと思います。

今日は、そのご報告をさせていただきたくてメールしました。

その節は、本当にお世話になりました。あれから半年、本当に忙しかった事もあって、ご連絡もできず、申し訳ありません。やっと落ち着いてきたので、こうしてご報告させて頂きます。

長らくご相談させて頂いていた、夫婦問題の件ですが、やはり、どうしても解決は難しい、ということから、別々の道を歩むことになりました。

パピーさんのお考えは常に「離婚はいけない」だと思っていましたが、“努力を重ねても無理だと分かった時、一緒にいることでマイナスしか生まれないと感じた時、

「自分ひとりもで、何があっても必ずこの子を守る!」と決意できれば、失敗は失敗として改めればいいんです・・・。”と頂いたこの言葉で、とても安心し、決断することができました。

確かに、簡単ではなかったです。体もきつかったし、時間もありませんでした。でも、今、毎日がとても充実しているんです。

結婚の失敗は、私にとって必要だったのだ、って今、思っています。

私は、夫を認めることをしていませんでした。自分の思い通りに夫を動かそうとしていましたし、指示や命令も多く、至らなかった事が多々あったと思います。

しかしながら、気づいた時、深く刻まれた溝は、もう修復できないほどでした。

ですが、そのことから、勉強を始めて、また、パピーさんとやり取りをさせて頂いて、自分の足りないものに気がつく事ができました。

フォローメールや頂いたメール、何度も何度も読み返しました。

辛い時、苦しい時、何度も何度も・・・。

「自分の弱さを見せてもいいんだからね」「私達は沢山の方に協力してもらってる。何でも自分でやろうとしないで、力を貸してもらったら・・?」「力を貸してもらったら「ありがとう」を必ず言うんだよ」

最初は、「何当たり前の事を言ってるの?」と反発する気持ちがあった私ですが、私、一人で子どもを育てるようになって、その言葉がひしひしと感じるようになりました。

息子はぜんそくを持っているのですが、ある時深夜に、ぜんそくがひどく、それはそれは、尋常じゃない時がありました。

ヒューヒューという切なそうな息、ぐったりした体。乾いた紫色の唇を見て、私は青くなりました。

それは、今までとは明らかに違っていました。救急外来の椅子に座りながら、私はこう思ったんです。

私は、この子から父親を奪い、そして命まで奪ってしまうかもしれない・・・。何でこうなってしまうんだろう?って。

その時に感じたのが、これってすべてを自分が作っているのかも・・・?という漠然とした疑問でした。

そして、携帯に入っていたフォローメールを読み返しました。

偶然目に入ったのが7章。そこは「子供がいなくなった時の事を考える」章でした。

すでに終わっているその章を読み返した時、愕然としたんです。

「あなたが生きていること。子どもが生きていること。これも当たり前なんです。当たり前からは感謝がありません。当たり前だから安心しています。

当たり前だから、普通だから「命が終わってしまったら」って考えないのです・・・。」

涙がボロボロあふれてきました。「当たり前なんです」は私の思いそのままでした。私は、いつも「当たり前」だと思っていたんです。

パピーさんが言われる、ありがたい=有るのが難しい、なんて、これっぽっちも思った事がありませんでした。

だからいつも、イライラし腹を立てていました。夫にも、子供にも、会社にも、保育園にも・・・。

自分は忙しい、自分はやっている、「なのになぜ、あなたはやろうとしてくれないの?」「なぜ、私の邪魔ばかりするの?」いつもそう思っていましたし、そういう態度でした。

これじゃあ、誰も協力なんかしたくないですよね・・・。その時思ったんです。

「あ・・・、パピーさんが言っていたことって、これだったんだ・・・。」って。

幸い、息子は、1日入院をしただけで元気になりました。それから私は、考え方を改めようと思いました。

パピーさんの言葉通り、自分の弱みも出そう、出来ない事は、無理をしないでお願いしよう。仕事をさせてもらえる会社にも「ありがとう」って思おう。同僚にも、部下にも、お願いをしよう・・・。

保育園の担任の先生にも園長先生にも、預かっていただいているんだから・・・って。

そして数ヵ月・・・びっくりです。世界が変わってきました。

今まで、命令しなければやらなかった部下が、自ら「何かできることはありませんか?」と言って来たり、自分から提案をするようになったり、

保育園の先生もとても協力してくれたり・・・。(これが「認める」ってことなんだ、というのは後でわかりました。)

そして何より、友達と喧嘩したり、保育園を脱走したり、女の子を泣かしたり、おもちゃを取り合ってけがをさせたり、すぐにふてくされたり、投げ出したり、暴れたり・・・

“問題児”のレッテルを張られていた息子が、とても穏やかになったのです。

保育園の先生から、「○○くん、このごろすごく良い子なんです。とっても落ち着いてきて、笑顔が増えて、友達にも、“僕が手伝ってあげようか?”なんて言ってくれるんです。女の子にも人気があるんですよ!何かあったんですか?」と言われるほどです。

そこで思い出したんです。

「自分の弱みも出そう」とした時、息子にも、こう言ったんです。

「お母さん、頑張っていたつもりだったけど、そうじゃなかったみたい。パパにも悪口ばっかり言って、嫌われちゃって、○○(息子)にも、いやな事ばっかり言っていたね。

ごめんね。そんなお母さんじゃあ、嫌われてもしょうがないよね。

でも、これからは、○○と二人きりなんだ。だから、お母さんがまた、いやな事を言ったら、教えてね。○○には、嫌われたくないから・・・。」

息子は、真剣に話を聞き、こう言いました。

「ぼく、お母さん嫌いじゃないよ、好きだよ。」「笑ってるお母さんが大好き・・・。」

私、わかりました。自分が自分が!って虚勢を張ったり、人を従わせようとすれば、みんな「どうぞ、ご勝手に・・・」と離れていくんですね。

でも「協力してね、お願いね」「ありがとう、助かるわ」と素直に助けてもらう事で、また喜ぶことで、力になってくれる人がたくさんいるんですね。

そして、助けてもらい、喜ぶことは、その人を「認める」ことになるんですね。

今、息子にこんな風に言っているんです。

「うちでは、男の人はあなただけ。お母さんが困ったら助けてね。」って。

あの、問題だらけだった息子は、急に頼もしくなって、何でも自分でやりだしました。その上、荷物を持ってくれようとしたり、お手伝いをしてくれたり・・・。

もちろん、その度「ありがとう、助かるわ」って言ってます。毎日保育園で苦情を言われていた半年前がうそのようです。

今、事あるごとに息子はこう言うんです。「僕がお母さんを守ってあげるよ」って。

そして、チャレンジする事、頑張るって事も、面白いって思い始めているようです。

パピーさん、私は、大切なものを無くしたと思います。ですが、その代償として得たものも、またとても大きかったと感じています。

だけどもし、私がパピーさんと知り合っていなかったら、無くすものばかりで得るものはなかったでしょう。

私は、今、とても幸せです。あの時には考えもしなかった「幸せなお母さん」になれました。パピーさんとの出会いに感謝しています。

寒くなりました。お風邪などひかれませんように・・・。

ココまで・・・

ようママさん、メルマガ掲載のご許可、ありがとうございます。

ようママさんの言葉にこうありましたね。

“自分が自分が!って虚勢を張ったり、人を従わせようとすれば、みんな「どうぞ、ご勝手に・・・」と離れていくんですね。

でも「協力してね、お願いね」「ありがとう、助かるわ」と素直に助けてもらう事で、また喜ぶことで、力になってくれる人がたくさんいるんですね。

そして、助けてもらい、喜ぶことは、その人を「認める」ことになるんですね。”

素晴らしい事にお気づきになりましたね。

「助けてもらう」とか「頼る」って、弱さを感じるかもしれません。ですが、“頼られる”って、あなたに「強さを感じています」っていう表れなんですね。これって、立派な「認める」なんです。

“私は、大切なものを無くしたと思います。ですが、その代償として得たものも、またとても大きかったと感じています。”

それをお聞きすることができて、本当に良かったです。つらい過去も、経験も、生かすことができたんですね。

さあ、これからは、家族2人で楽しく過ごす番ですよ。辛かった分、苦しかった分、たくさんたくさん、楽しさを満喫して下さいね。

ご報告、ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る