子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第154号 褒められるって…やっぱり嬉しい!

こんばんは。パピーいしがみです。

突然ですが、私は「褒められる事」って大好きです。いい大人なのに・・・恥ずかしいですかね(笑)?

でも、私自身は、全然平気!誰がどう思うおうが、なんと言われようが、意に関せず。

だって、誰でもあんまり口にしないけれど「みんなそうなんだ」と思っているからなんです。

ただ、私にとっての最高の褒め言葉は、個人的な「いい所・優れている所」ではなくて、

皆さんから頂く「良い報告のメール」だったり、「ありがとう」の言葉だったり、「嬉しいです」のお礼だったり・・・。

その言葉達にものすごく励まされますし、元気になりますし、思わず笑顔になっちゃいます。

今日も、そんなご報告を1つ、ご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。

お久しぶりです。Etsukoです。

遅れましたが“『くじけない子』に育てる本”ありがとうございました。

まだ読み終わってはおりませんが、少しずつ読んでいます。

最近私の友人が、この講座を始めました。なかなかダウンロードできなかったMさんです。

私と彼女は同年代の子どもを持っているため、とても話が合い、いつも仕事でいろんなこと(子どものことばかりですが)話しています。

彼女はとても聞き上手なので、私ばかりぺらぺら喋っている感じですが・・・・

私がいつもパピーさんのことを話していたので、とても興味を持ちこの講座をはじめることとなりました。

仲間が出来てとてもうれしいです。

彼女もとてもパピーさんのことを尊敬し、信頼しているので、講座のことを教えてあげてよかったと思ってます。

また、同じような考え(方針)を持つ人が近くにいるととても励みになります。

頭で分かっていても、なかなか行動に移せないこともたくさんありますが、二人で励ましあいながら“子育てを楽しんでいけたらいいなぁ~”と思っています。

私達にこのような機会を作ってくれてありがとうございます。

ところで少し長くなってしまいましたが、うれしい報告があります。

最初のメールでパピーさんに相談したことなのですが・・・“娘がなかなか挨拶できない・・・・”って。

最近夕方、家の近くを散歩しています。

こちらは車社会なので、歩いていてもなかなか人と出会うことが無いのですが、庭にいる人などに、目があったら私の方から声をかけていました。

そうしたら、この間私の横にいた娘が手を上げて、『ハ~イ!』と言っているんです。

私、すっごくビックリしたんだけど、めちゃくちゃ褒めてあげました。きっと彼女は

散歩=楽しい=ウキウキ・・・心がリラックスしていたのかな?

「ハ~イ」と言っている表情もとても自然で、いい顔してました。やっとひとつの壁を乗り越えたのかな?と思ってます。

私がパピーさんに相談したときは、きっと私もあせっていたので、私がいい見本を示していなかったために、娘は挨拶が出来なかったのかな?と反省してます。

娘に負けないように私も頑張らなくちゃ。とても小さなことですが、私にとってはとても大切な大きな出来事でした。

そしてとても『幸せな』瞬間でした。

これから、もっとたくさん『幸せな』報告をしたいので、パピーさん覚悟しておいてください。

世界中から、『幸せ便り』 が来ますよ。これからもよろしくお願いします。

Etsuko(*^.^*)

ココまで・・・

そして私はこのようなお返事をしたのでした。

ココから・・・

こんにちは。パピーいしがみです。

素晴らしい報告をありがとうございます。

まずは、子供さんの件、これは、決して小さな事ではありません。ものすごく大きな一歩ですね。

日本だったら赤飯を炊きたいぐらいです。(って、古い表現ですか?(笑))

というのは、2つあります。

1つは、勿論、形に表れた子供さんの「自分から挨拶をしようとした、その勇気」

もう1つは、Etsukoさんの「挨拶するのは恥ずかしい事じゃないんだよ」と感じさせる様、『目があったら私の方から声を掛けていた』という地道な努力です。

異国の地で、そして私達日本人にとって苦手な「陽気な民族性」にちょっと引いていたEtsukoさんにとって

かなりの決意、かなりの努力、かなりの勇気が必要だったことと思います。そしてそれを継続していたこと。

これは決して小さな事ではありません。これから始まる善循環の為の大きな一歩になりますよ。

本当におめでとうございます。その後のフォローも良かったみたいですね。

「めちゃめちゃ褒めた」のですね。子供さんもいい顔をしてた。との事。嬉しいですね。こういう報告は。

それから、・・・そうですか?Мさんは、お知り合いだったんですね。

ご近所や友達が同じ思い。同じ方向を向いていると、理想的ですよね。

何でもそうですが、一人では難しい事も、二人になると出来たりします。より、新密度が増しますしね。

最後にこんな言葉がありましたね。

“これから、もっとたくさん『幸せな』報告をしたいので、パピーさん覚悟しておいてください。世界中から、『幸せ便り』 が来ますよ”

うれしいです。そのうち『幸せ便り』で埋もれちゃうかもしれないですね(笑)。

ココまで・・・

Etsukoさん。メルマガ掲載のご許可、ありがとうございました。

あなたもお読みになって、ご理解されたかと思いますが、Etsukoさんは、アメリカに住んでおられるのですね。

会員さんはアメリカだけでなく、カナダ・ハワイ・ニュージーランド・オーストリア・ロシア・・・。

私も、把握できないくらい・・・(笑)世界中にいらっしゃいます。

それぞれ違う文化、違う風習、違う環境、違う条件・・・。

でも、それぞれの方にお送りするお返事・考え方は、すべて同じです。

それなのに、やはり、こうやって大きな成果があったり、変化があったり、喜びが芽生えたり、うれしかったり・・・。

という事は、やはりすべての根本はみんな同じだと思うのですね。

Etsukoさんにメルマガ掲載のご許可をお願いした後、このようなメールを頂きました。

ココから・・・

先日、Mさんと『パピーさんって、いつも前向きでどんなことに対してもまず褒めてくれるし、何だか元気が出てくるよね。』などと話していました。

いろんな育児書はあるけど、全部ただ読むだけ。

パピーさんの講座のように、褒めていただいたり、返事をいただいたりするだけで、励みになります。

大人になっても、やっぱり褒めてくれると嬉しいですね。

ココまで・・・

私も褒められることが大好きです。だから、褒める事を探します。

そしてそれを恥ずかしげもなく口にします。

ところが「褒められたい」なんて大人は言えないですよね。

特に、男性がこのような言葉を発すると、「女々しい」とか「子供っぽい」とか思われがちですし、

そう思われることを「恥ずかしい」「プライドが許さない」と感じるかもしれません。

でも私は平気。

どう思われても「自分」は「自分」。嫌われても平気だし、周りがどう思おうと全然気にしない。

一番小さなチーム(家族)にさえ認めてもらえれば、他の誰が認めてくれなくても良いんです。

でもね。

あなたが、一番小さなチーム(家族)の良いところ、褒めるところを探すでしょ。

そして、それを口にするとしますよね。みんな、悪い気はしないんですよ。

「何言ってんの?!」なんて言いながら嬉しいんですよ、ホントは。

そして、だんだん褒める事、褒められる事に抵抗がなくなってくるんです。

そうなると、小さなチームの中では「褒めることが当たり前」になってくるんです。

当然、あなたも自然と褒められるようになります。そうなった時はどうでしょうか?

きっと、今以上の元気が出て、今以上に嬉しくて、今以上にやさしくなりますよね。

そしてそうなった時、家族の顔はどうなっているでしょうか?

きっと、笑顔にあふれ、明るい声で、楽しく、何でも話せる。そんな環境が出来上がっているはずですよね。

そうなった時、困った問題が起こるでしょうか?

・・・問題が起こる前に解決しちゃっているでしょうね(笑)

これって、誰でもできるんです。そう。日本でも、海外でも、そして、男性でも、女性でも、それから、子供でも大人でも、おじいちゃん、おばあちゃんでも。

必要なのは、たった一歩、前に歩き出す事だけなのかもしれません。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る