子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第486号 「喜び」を伝えよう♪

こんばんは。パピーいしがみです。

以前のメルマガで「学校の先生も学んでくださっているんです」

とお話をしましたよね♪

今日のお話は、その学校の先生である秋桜さんからのお便りです。

秋桜さんは、教育現場で「認める」「褒める」「包む」を使って、

大きな変化を感じているそうですよ。

ですが、そうなる前に秋桜さんは、

ご自分の子育てで辛酸をなめていらっしゃるのです。

今日は、その辺りもじっくりお聞きする事ができました。

非常に参考になりますよ♪

それではご紹介させて頂きますね(^^)

ココから・・・

パピーさん、こんばんは。秋桜です。

今日は、ご報告とともに、お礼を・・・と思ってメールしました。

パピーさんの講座を学んでいる中には、幼稚園の先生、

学校の先生も沢山おられるようですが、

実は私も、小学校の教諭をしています。

そして、私自身の子育ても決して「正解」ではなく、

一人娘は他県で一人暮らしをしていますが

その理由は「親から離れたいから」という希望からでした。

職業柄、私は沢山の書物を読み、いろんな先生の講演も聴き、

大学で専攻した児童心理学は特に好きな教科でしたし、

子供も大好きで(今、この言葉を使うのは気が引けますが)

子育てにも自信がありました。

いえ・・・

正確には、子供が私の思い通りに動いていた、

“小学校低学年までは・・・”ですが・・・。

周りの「さすが○○さんの娘さんは違いますね」

の言葉に、優越感を感じていました。

又、私には「あれだけ勉強したんだもの、その位はあたりまえ」

という気持ちも少なからずありました。

今、考えると、子育てを経験をしていない私が、

ほんの少しかじっただけで分かった気になっていて、

本当に傲慢だったと反省しています。

順調に子育てが出来ていた、と思っていたのですが、

パピーさんのおっしゃる通り、子供が小学校に上がり、

9歳、10歳ぐらいから、急に変わってきて、

問題行動が増えてきました。

ですが、私は「成長期にある反抗」だとして、

自分を振り返る事もしませんでした。

最初は、私の言う事に逆らう程度でした。

それが次第に「うるせーんだよ」などのような攻撃的な言葉になり、

目つきが変わり、服装が乱れ、塾や習い事もさぼったり、

仲の良い友達も変わりました。

子供の「私はアンタの奴隷じゃない!」

その言葉を皮切りに、娘との距離はどんどん離れていきました。

私がどんな状態だったか、パピーさんなら、

すぐにお気付きになると思います。

顔を見れば指示・命令・強制・・・否定の嵐でした。

中学に入ったら、交わす言葉もほとんどなく、

娘がどこで何をやっているのか、何も見えなくなりました。

これについては、パピーさんのテキストにもありましたね。

「子供が何も話さなくなった時、

親が子供がどこで何をやっているか分からない時が

最も怖い・・・」と・・・。

そうなる前に気が付いて、私自身を振り返り、

自分自身の態度を改めればよかったのですが、

私は、自分の態度が原因だとは全く気づかなかったのです。

娘は私を避け続けました。

ですが、主人とは最低限の話はするのです。

不登校にもなりましたが、

「私が仕事をやめて家にいるようにしようか?」

と主人と話をするようになると、

何もなかったように娘は学校に行きだしました。

どうやら、私と家にいるくらいなら、

「学校に行った方がまし・・・。」

そのぐらい、娘は私を嫌っていたようです。愕然としました。

私は甘えてもらえないほど、嫌われてしまったのか・・・。

ショックでした。

大事に育ててきたつもりだった一人娘です。

かわいくないわけがありません。

ですが、娘は私からどんどん離れていく。

そんな時に、もしかして・・・と思い出だしたのが、

ずいぶん前に、生徒さんの親御さんに聞いた、

パピーさんのお名前だったのです。

その生徒さん(A君とします)は、何しろいつも明るいのです。

勉強も運動も、決して抜群というわけではなかったのですが、

積極的で、前向きで、友達に好かれる。

その子がいるとパッとそこだけ明るくなる。

そんな雰囲気を持った子でした。

A君は徐々に勉強も、運動も出来るようになり、

学年末では、みんなからの推薦で、

学級委員もし、立派に大役も果たしました。

とても急成長したA君。

他の保護者の方々にお知らせできるような、

何か参考になる話があるかもしれない?と、

A君のお母さんに、軽い気持ちで聞いた時に、

「私が変わったのはこの方のおかげです」と、

パピーさんの事を教えて頂いたのです。

どうやら、A君のお母さんも、以前はかなり子供を叱り、

萎縮させてしまっていて、そこで自分が原因ではないか?

と考えるようになった、と言われていました。

「今は毎日が楽しい」「笑いが絶えない」

と言うお母さんの笑顔は、とても輝いて見えました。

せっかくA君のお母さんから教えて頂いた

パピーさんのサイトを見たのに、その時にはその価値に気付かず、

「又、時間があった時に読んでみよう」

そう思って閉じ、それからは一度も読み返す事がありませんでした。

ですが、実際に自分が子育てに悩み、

その立場に立って、パピーさんのホームページを見た時、

沢山のヒント、沢山の答えがあった事に気づいたのでした。

私は、子供を優秀に育てたいがために、大事な事を忘れていた。

私の子育てには「喜び」がなかったんです。

子供が小学校に上がってからは「出来て当たり前」でした。

学校で良い点をもらっても「有頂天になっていたらいけない」

書道で学校代表で選ばれても「そうなの?」という返事。

絵画コンクールで特選になっても「それより宿題は?」

などと言っていのです。

良い点をもらう為には、沢山の努力をしたでしょう。

書道で学校代表に選ばれるまでには、沢山練習もしたはずです。

絵画コンクールで賞をもらったら、一緒に喜びたかったはずです。

でも、私はいつも「そんな事より・・・」だったのでした。

なぜ、一緒に喜ぶ事ができなかったのか・・・。

これでは、子供は私に期待しなくなりますね。

どんなに頑張っても報われないのなら、

頑張る事もしなくなるでしょう。

無気力・無関心で、やる気のない子になっても、

何も不思議ではありません。

猛烈に反省した私はパピーさんの勉強を始めました。

それは、娘への懺悔と、これから私が教える子供達、

お母さん方へ、私と同じ失敗をしないように、

との気持ちからでした。

勉強をしながら、私の生徒であるクラスの子供達に、

「認める」「褒める」「包む」を意識的にするようにしました。

テキストで学ぶ事を次々と試してみました。

すると、やはり違うのです。

授業に向かう姿勢が違います。物事に取り組む積極性が違います。

出来ない子、苦手な子に教えてあげる、一緒にやってあげる、

そんな子も増えてきました。

それから、もっと嬉しい事がありました。

子供達が私の事を「好き」と言ってくれる様になったのです。

中には「将来の夢は○○先生のような先生になる事です」

などと言う子も現れました。

娘にさじを投げられ、嫌われ、徹底的に避けられていた私がです。

よそ様の子供に「好き」と言われるこの「喜び」。

これを、自分の子供で体験したかった。

娘から一度で良い。「好き」と言って欲しかった。

今、思うと本当に、あの頃の私を後悔します。

そして、よりいっそう、本当に大事な事を教えてあげなければ!

という気持ちが高まるとともに、

子供さんのことで悩んでいるクラスの子供達のお母さんと、

お話をする機会を増やしました。

お母さんが知らない、学校での子供さんの活躍。

「学校ではこんな事をしてくれているんですよ」と、

パピーさんの「褒め日記」のヒントから、

一人一人のいい所を全員分、ノートに書き、溜めておき、

それを面談の時などにお話しするんです。

中には泣き出すほど、感激してくださるお母さんもいて、

「みんなみんな認めて欲しいんだな。」

「みんなみんな褒めて欲しいんだ!」って再確認しています。

長くなりましたが、パピーさん。

とても大事な事、気づかせてくださって、ありがとうございます。

私は確かに自分の子育ては失敗しました。

でも、この教訓はきっと生かせると思います。

これからも勉強を続けさせて頂きます。

いつか、娘との確執が解ける事を夢見て・・・・。

長文をお読みいただきましてありがとうございました。

ココまで・・・

秋桜さん、貴重なお話、ありがとうございました。

> 娘から一度で良い。「好き」と言って欲しかった。

> 今、思うと本当に、あの頃の私を後悔します。

のくだりを読むと、グッと胸が痛くなりますが、

でも、そのおかげで、紫桜さんの生徒さんに変化が起き、

又、生徒さんのお母さん達にも、

お母さんが知らない子供達の良さを、

伝えて上げて下さる事ができている。

紫桜さんは辛かったと思いますが、

それがあったからこそ、何人ものお母さんに希望を与え、

何人もの子供達に、力を与えているのかもしれません。

それに、娘さんにも必ず、考え方が変わり、

お母さんに近づく時があります。

その時が、今の状態を改善するチャンスですよ。

私は、今のお気持ちでいらっしゃれば、

きっとその日はやってくると思いますよ(^^)

でも、ステキですね。

> そして、よりいっそう、本当に大事な事を教えてあげなければ!

> という気持ちが高まるとともに、

> 子供さんのことで悩んでいるクラスの子供達のお母さんと、

> お話をする機会を増やしました。

> お母さんが知らない、学校での子供さんの活躍。

> 「学校ではこんな事をしてくれているんですよ」と、

> パピーさんの「褒め日記」のヒントから、

> 一人一人のいい所を全員分、ノートに書き、溜めておき、

> それを面談の時などにお話しするんです。

> 中には泣き出すほど、感激してくださるお母さんもいて・・・

とありました。

子供のよさをしっかり見てくださる先生に恵まれた。

その先生に、自分さえも気が付かない子供のよさを教えてもらった。

これは、とても嬉しいと思いますよ。

そして、お母さんが家に帰って・・・

「母さんね、今日、あなたのことで、先生に褒められたよ~♪

あなたは、学校でこんな事をしたんだってね。

先生、褒めてたよ~♪お母さんも嬉しかったよ・・」

なんて言ってくれたら、子供も嬉しいですよね(^^)

まさにこれは、「喜び」が伝わっている状態です。

そう。「喜び」ってそこで終わらないんですね。

誰かに与えれば、必ずそれは、

間接的に又は直接的に、その人の周りに何かの形で伝わるんです。

それは、雰囲気かもしれません。笑顔かもしれません。

もちろん、言葉かもしれません。

「喜び」を伝えましょう。

その発信地になりましょう。

それは必ずめぐりめぐって、あなたに帰ってきますよ♪。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る