子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第320号 すぐ怒る我が子・・・。

こんばんは。パピーいしがみです。

お子さんがすぐに切れる、怒る、いつもイライラしている。そういうお悩みをお持ちの方もおられると思います。

だからと言って腫れ物に触るようにしたり、子供の機嫌を取るような事はしてほしくないと思うのですが、家の中に一人でも、不機嫌な人がいると、他の人にも影響を与えますよね。

今回、ご紹介させて頂くのは、ナッキーさん。

ナッキーさんの娘さんは、機嫌がころころ変わりほんの小さな事でもイラつき、当たり、不満をぶちまけていたんです。頂いた時のメールはこんな感じでした。

ココから・・・

今正直いって行き詰っています。たぶんわが子を心から「認める」ことができていないからだろう、と思います。

わが子は女の子で2年生です。4月生まれなので、あと3ヶ月ほどで9歳になるので、もしかすると9歳から10歳の変わり目に来ているのかな?とも思います。

もともと怒りやすい子どもだったのですが、2年生になって担任も変わり(かなり厳しく怖い女の先生)、いろんな面でストレスがたまっているのかな?とも思います。

とにかくすぐプリプリ腹を立てるのです。朝は必ずと言っていいほど機嫌が悪く、機嫌よく「行ってきます!!」と行った事は、ほとんどありません。

学校に行きたくないとはいいませんが・・・。今朝も、「私、ピンクいやだー」と、いやいやジャンバーを着ていきました。

髪を2つに結んでいくのですが、「今朝も右と左で量が違う」と文句を言っておりました。昨日の朝も、2階から「ママー」と呼ぶので、すぐ「なにー」と聞いたのですが、
「もういい!」と怒った声が聞こえてきました。

怒ったまま2階から降りてきて、おばあちゃんにも挨拶せずにトイレに入りました。挨拶だけは・・・、と心がけているので、「おばあちゃんに挨拶したの?」というと、怒ったような声で挨拶をしました。

万事こういう感じです。とても頑張りやで自分で目標をもってやれる子どもなのです。いいところはいっぱいあるのですが、一人っ子で“わがまま”に育ててしまったのかもしれません。

どこまでが“わがまま”なのか、どの点を叱ればいいのか、もっとまるごと認めてあげることが足りないのか、・・・行き詰っています。

ココまで・・・

そんなご相談にわたしはこのようにお返事しました。

ココから・・・

ナッキーさん、おはようございます。パピーいしがみです。子供さんが、『怒りやすい』という事でしたね。

でも、私はあまり気にしなくていいと思うのです。学校、友だち、先生・・・。交友関係が広がってくると、自分の思い通りにならない事も増えてきます。

すると、当然、面白くない事もあるでしょう。イライラしたり、腹が立つこともあると思います。「心の中に不満があると思う」とありましたが、誰でも不満は持っていますよね。

だからと言って、娘さんの行動に過敏になって、親がスタンスを変えたり、腫れ物に触るようにしてはならないと思うのです。

『違う事は違う』毅然な態度を持って言うべき事は言った方がいいと思います。

しつけではなく、親としての信念ですよね。ただ、娘さんの話を聞いてあげていますか?良いところを探し、伝える努力はされていますか?

結果だけでなく、頑張っている姿勢や努力など見てあげていますか?

時には、2人だけで外食をしてみたり、遊びに行ったり、一緒に眠ったり・・・。そういう時間が必要かもしれませんよ。そんなお返事をした数週間後、こんなメールを頂いたのです。

ココから・・・

パピーさんおはようございます。いつもお世話になっております。ナッキーです。先日はお返事を大変ありがとうございました。

今日は、とってもうれしいことがあったのでお知らせします。パピーさんのお返事をいただき、今まで“結果”しか褒めてきてなかったなーと感じました。

マラソン大会だって自己ベストが出せた時も、8番以内に入った“結果”を「やったねー」「よく頑張ったね」と言っていただけのような気がします。

経過や過程を認め・褒めるというのは、難しいけれど、自分なりに褒め方を変えてみようと思い、やってみました。

実は、うちの娘はなぜか挨拶が苦手で、先日のメールにも書きましたが、いつも怒ってばかりで、朝も気持ちのいい挨拶はしたことがありませんでした。

それが、最近大きな声で、祖母にも挨拶しているのを聴いて心から喜びを表しながら、「挨拶が上手になったねー。気持ちいいねー」と言うと、娘は

「最近、挨拶が好きになったんよ。この前私が(知り合いに)挨拶したら、(その人)にこにこしてうれしそうに返してくれたけん、挨拶って気持ちいいんやなーっち思った。今まで、なんで挨拶するんかよく分からんかった」と言うのです。

今まで、形だけの挨拶を家でも園でも教えてきてたのかな、挨拶の気持ちよさを教えてこなかったんだな、と反省しました。うれしかったことはまだまだあります。

昨夜、私が夕飯の食器の洗い片付けをしてると、近寄ってきて、「ママ、なんか手伝ってあげようか」と言うのです。

もう終わりかけていたので、「ありがと、その気持ちだけでママはうれしいよ。もう済むからいいよ」

と言うと、「Aちゃんも時には手伝わんとー」と言って、お釜に残っていたご飯をラップに取って、冷凍庫に入れらるようにしてくれました。

その気持ちと行為がうれしくてうれしくて、「ありがと」といいながら、涙が出てしまいました。

また、昨日のPTAの授業の道徳の時間に、自分のいいところを書く、という課題があり、娘は「7個書いたよ。」と言ってました。

7個も見つけられてすごいな、と思ったのですが、「よし、私もA子のいいところを書いてみよう」と思い、紙に箇条書きしてみました。なんと12個も書けました。(^^)

娘には、「ママも書いてみたよ」と寝る前に見せました。「ママ、ありがと。こんなにいっぱい見つけてくれて」と言ってくれました。

A子自身の友達関係や、私自身の人間関係などいろいろ悩みはありますが、昨日のA子のやさしい言葉にその疲れも吹き飛んでしまいました。わが子に感謝です。

これからも。いいことばかりが続かないと思いますが、勉強を続けながら頑張っていきたいと思います。長いメールを読んでいただき、ありがとうございました。

ココまで・・・

いつもぷりぷりして、怒りっぽかった娘さん。ずいぶんと穏やかになってきたと思いませんか?

又、ナッキーさんが嬉しくて涙を流すほどなのですから、娘さんが自発的にしてくれた、お手伝い・気遣いは、もしかしたら、初めてのことだったのかもしれません。

怒りっぽい・・・。でも私は、喜怒哀楽ってあっていいと思うんです。いえ、無くてはいけません。

気分が悪い時には「気分が悪い!」って、表に出せなくてはならないと思いますし、表現する事が自然な事ですよね。

ただ、問題はその比率です。

喜びや笑顔よりも、怒ったりふさいでいる事が多いとしたら、それは周りにいやな雰囲気を撒き散らすだけでなく、本人にとっても、ものすごくマイナスですよね。もちろん、それを見ている私達もイライラしてきます。

そんな子供を見ていると「いい加減にしなさい」と叱ったり、「そうやっていつも不機嫌な顔をしていると気分が悪い!」などと言ってしまう事が多いですよね・・・。

もうお分かりになったと思いますが、気分が悪くてフクレている時に、その行為に対して直接、批判したり否定すれば、余計に気分は悪くなり、反発する気持ちも芽生えます。「どうせ私の気持ちなんて分からないくせに・・・」なんてね・・。

だったら、「怒りっぽい」のを直接、力ずくで、直そうとするのではなく、「安心できる状態」を作ってあげているかな?ってもう一度見直して欲しいな、と思ったのですね。

こんな言葉がありましたね。“「よし、私もA子のいいところを書いてみよう」と思い、紙に箇条書きしてみました。なんと12個も書けました。(^^)娘には、「ママも書いてみたよ」と寝る前に見せました。「ママ、ありがと。こんなにいっぱい見つけてくれて」と言ってくれました。”

“「ママ、ありがと。こんなにいっぱい見つけてくれて」”この言葉が、この子の本当に素直な気持ちだと思います。

安心できる状態の時こそ、私達は素直な気持ちになる事ができるんですよね。ナッキーさん、メルマガへの紹介のご許可、ありがとうございました。これからも、「認める」「褒める」「包む」を続けてくださいね。
 
 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る