子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第590号 周りの人の変化

こんばんは。パピーいしがみです。

今日のメルマガは「周りの人の変化」としました。

「周りの人」というのは、特定の人ではなく、

自分以外の沢山の人の事・・・という意味なのですが、

でも、多くの方は

特にご主人の「変化」を期待しておられる場合が多いと思います。

例えば、このメルマガをお読みの方の多くは、

「子育て」にフォーカスしてお読みくださっていると思いますが、

それをご主人にも知ってほしい、勉強してほしい、

と熱望されている方も少なくありません。

でも、私としてはあまりその要望を強く持って欲しくない、

と思っているんです。

いえ、もちろんお父さんとお母さんが

同じ方向を向いて子育てをする・・・。これは理想です。

ですが、もしお父さんに

「俺はこのやり方が正しいと思っている」

というお考えがあるとしたら、

お母さんの「こういう方向で統一したい」という要望は、

お父さんの考え方を否定してしまう事が有るからです。

人にはいろんな考え方があっていいんです。

お父さんとお母さんの「子育て」にそれぞれ

違う考え方があったとしても、それはそれでいいんですね。

お父さんとお母さんの考え方の違いが有っても、

子供がどちらかを選ぶ・・・様になるからなんです。

今日、メールをご紹介させて頂く緑縁さんも、

ご主人に「勉強してほしい」とお願いしたけれど、

「俺には俺のやり方が有る」と拒否されて、

どうしたらいいでしょうか?とお悩みだったのでした。

私はこのようにお返事したのです。

ココから・・・

緑縁さん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、拝見しました。

「俺には俺のやり方が有る」「いちいち指図するな」

「そんな勉強必要ない!」って言われちゃったんですね。

なるほどなるほど・・・(^^)

でもね。緑縁さん。

私はあえてご主人を直そうとする必要は無い、

と思いますよ(^^)

と言いますのは、お父さんとお母さんの考え方に違いが有っても、

「人にはいろんな考え方が有るんだな」って、

子供が感じればいいからです。

亭主関白で、何かと厳しく対応するお父さんがいて、

でも、折れそうな時、挫折しそうな時には、

きちんとフォローしてくれるお母さんがいる。

「お父さんはあんな風に言っているけど、

本当はあなたに頑張ってほしいんだよ。

だって、あなたはちゃんとできる子だから。

大丈夫だよ。もうちょっと頑張ってみよう。きっと出来るよ」

なんて言ってくれたとしたら、

お父さんに厳しく叱られてシュンとなっていても、

お母さんから元気をもらえたり、

勇気を持てるようになると思うのです。

今、厳しいお父さんはとっても少なくなりましたから、

そういう意味でも、ご主人の厳しさは貴重だと思いますし、

お父さんが「叱る」を専門に担当して下さるのなら、

「認める」「褒める」「包む」を緑縁さんが、

専門に担当すればいいんですね。

でも、そんな厳しいお父さんが、

もし、褒めてくれるようになったとしたら・・・

それはそれは、素晴らしい効果(子供さんの喜び)に

繋がるでしょうね(^^)

ですから、緑縁さんとしては

「今、現状を変えてもらうように頑張る」

のではなく、お父さんに

「将来的に“認める”“褒める”ができるようになって頂く」

ように努められたらいいと思うのです。

それは、どうやるか?と言うと、

まず今、ご主人に「勉強をしてほしい」と言わない事です。

と言いますのは、

どんなに緑縁さんが「このやり方がいい」と思っても、

いきなり「勉強をしてほしい」と言う事は、

「あなたのやり方は間違っていますよ。

勉強して、正しいやり方を学びなさい」

と言っているのと同じだからです。

もし、私達がそう言われたらどうですか?

やっぱり腹が立ちますよね(^^)

「私だって、いろいろ考えてこういうやり方をしているんだよ」

と言いたくなります。

ね。だから、まずは要求をする事、これをやめましょう。

お父さんはお父さんの考え方があっていい、

そのように考えて、

お父さん流の「子育て」も認めてあげてください。

ちなみに、親の子供に与える影響力は、

母が85%、父が15%と言われています。

もちろんこれは平均なので、一慨には言えないのですが、

男性が子供に関わる時間というのは、一般的に見ても、

女性とは比較にならないほど低いんですね。

なので、ご主人をあえて直そうとするよりも、

お母さんさえ、子供の味方でいて下されば、

影響は少ないと言えるんです。

さて、その次です。

緑縁さんが、そんな風にお父さんのやり方について認められたら、

次に、緑縁さんがすることは「手本を見せる」事です。

この「見せる」相手はご主人です。

緑縁さんが「お手本」になるんですね♪

こうやってやると、こんなにいい子でしょ(^^)

というのをご主人に見せてあげるんですね。

そんな風に「手本を見せる」と、

それを見たご主人は

「あれ、俺のやり方はもしかして違っているかな?」

「他にもっといい方法があるのかな?」

と感じ始めます。

そうなった時がチャンスです。

ご主人の方から「教えてほしい」と言うかもしれませんし、

緑縁さんのお手本を見ながら、真似をしだすかもしれません(^^)。

緑縁さんも、まだまだこの講座を始めて3カ月ですよね。

だとすると「お手本」になれるのは、

もう少し時間が掛かるかも知れません。

でも、緑縁さんが上手に出来るようになって、

ご主人に「お手本」を見せられるようになった時、

ご主人に変化が現れるのでは?と思いますよ(^^)

是非、そんな気持ちで頑張ってくださいね♪

ココまで・・・

ご一読されると、緑縁さんのご家庭のご主人様が

「かなり厳しい方なんだろうな~」って、

お分かりになると思います。

緑縁さんの場合は、

ご主人に「子育ての勉強をしてほしい」とお願いしたところ、

「俺には俺のやり方が有る」「いちいち指図するな」

とその内容も見ずに反発されたらしいのですが、

私としてはその位で良かった・・・と思ったのです。

ひどい場合は、言えば言うほど逆上して、

「じゃあ、もう勝手にしろ」「後はお前が責任取れ」とか

「俺のやり方に口を出すな」とか、

自暴自棄になったり、子供に八つ当たりしたり、

責任放棄する場合もあるんです。

それってやっぱり困ります。

より良くしたい、というお気持ちからだったのに、

かえって逆効果・・・になったら私も残念です。

ですからご主人が興味を持ってもらえるように、

まずは、ご自分がやってみる事。

お手本になれるぐらいになってもらう事をお願いしたんですね。

このご相談があった後、約1年後、

緑縁さんから、こんなメールを頂く事ができました。

ココから・・・

パピーさん、緑縁です。ご無沙汰しています。

先日、とっても嬉しい事があったので、メールをさせて頂きました。

なんとなんと・・・主人からこの言葉をもらったのです。

「お前、この頃、すごく変わったな~。

イライラしてないし、子供も落ち着いたよな。

俺も、何て言ったっけ・・・幸せな親?の勉強しようかな?」

ですって・・・。

本当にパピーさんが言った通りになりました。

もう、うれしくってうれしくって・・・。

パピーさんからメールを頂いてハッと気がつきました。

私は自分が良いと思った事をいつも主人に押し付けて、

主人がそれを受け入れようとしないと、

「全くこの人は、いつもいつも反対ばかり言って・・・」

「なんでそんなに頑固なの?ちっとも協力しようとしない」

って文句ばっかり言っていました。

でも・・・私がやってきた事は、

主人の考え方を「否定」していた事だったんですね。

パピーさんが、

> 「あなたのやり方は間違っていますよ。

>  勉強して、正しいやり方を学びなさい」

> と言っているのと同じだからです。

> もし、私達がそう言われたらどうですか?

> やっぱり腹が立ちますよね(^^)

> 「私だって、いろいろ考えてこういうやり方をしているんだよ」

> と言いたくなります。

と書いてくださって、本当にそうだ・・・。

と思いました。何か頭を殴られたようなショックでした。

でも、考えてみると私は全てにおいてそうだったんです。

私が良いと思う事は、主人に話しをする前に、

「こうして」「ああして」と言っていました。

これって主人の考え方を否定していたんですよね。

パピーさんも言われていましたが、

子育ては夫婦でするものなんだから、

「私はこう思うけど、あなたはどう思う?」

って聞くべきだったんですね。

やっていませんでした・・・。

それに・・・

> 緑縁さんも、まだまだこの講座を始めて3カ月ですよね。

> だとすると「お手本」になれるのは、

> もう少し時間が掛かるかも知れません。

とあった部分も。。。

穴があったら入りたいぐらい恥ずかしかったです。

自分もちゃんとできていないのに、

メルマガを読んでいた私は先生面していたんです。

・・・恥ずかしいです。

パピーさんのお言葉を真摯に受け止め、

初心に戻って「お手本」になれるように勉強し直しました。

すると・・・不思議です。

子供がとっても変わってきたのです。

今まで、なんでも「どうせできない」とか、

「だって○○だから・・・」のような、

全く覇気のない、積極性のない言葉が

私も主人もすごく気になっていました。

主人が叱るのはそんな萎縮している姿、

やらずに「出来ない」と言う姿。

ぐずぐずと出来ない理由を並べる・・・。

そんな時でした。

でも、叱れば叱るほど子供は萎縮するし、

私としては、叱るから萎縮するんだ、

主人のそういう性格に問題があるんだ、と思っていたのですが、

まずは私から・・・が必要だったんですね。

それが分かってからは、

息子が萎縮したり、できないという理由を言っても、

「あなたは出来る子だよ。だって・・・・」

のように今まで乗り越えてきた事を話してあげたり、

段階を細分化して小さな「出来る」を褒めてあげたりすることで、

子供は、少しずつ少しずつやる気が出てきました。

以前は、嫌がっていた幼稚園も今は、

元気に幼稚園に行くようになりましたし、

友達もたくさん増えて、明るくなりました。

それに何と言っても、自分の意思をしっかり言えるようになりました。

これは、大きな変化だと思います。

そして、先日などは初めて「ケンカ」をしてきました。

そんな時です。主人が息子を褒めたんです。

「○○、男らしくなったな~、かっこいいぞ!」って。

私はその言葉にびっくりして、振り返りました。

「この人が、子供を褒めるなんて・・・」

でも、それ以上に驚いたのは、子供の表情でした。

もう・・・何と言うのでしょう?

今まで見た事が無いような・・・

以前に比べたら、かなり笑顔が出るようになっていたのですが、

それを上回るように、表情がパァ~ッて明るくなって、

本当に心から“にっこり”したのです。

体の内部から嬉しさがあふれるようでした(^^)

パピーさん、言われていましたよね。

「このお父さんが褒めるようになったら、

素晴らしい効果があるでしょうね・・・」と。

本当に、パピーさんが仰る通りでした。

もう、私は興奮するやら、嬉しいやらで・・・。

子供が寝てから主人に言ったんです。

「子供を褒めてくれて、すごくうれしかった」って。

そうしたら、冒頭の言葉だったんです。

「お前、この頃、すごく変わったな~。

イライラしてないし、子供も落ち着いたよな。

俺も、何て言ったっけ・・・幸せな親?の勉強しようかな?」

って・・・。

すごくうれしくなりました。

私は・・・お手本になれたのでしょうか?

いえ、まだまだだと言う事はわかります。

でも、主人は、子供の変化、私の変化も見てくれていた、

それだけは分かりました。

すごくうれしかったです。

「人を変えようとしない」「お手本になればいい」

パピーさんからそうメールを頂いて、

私も一生懸命やってきたつもりです。

時には挫折があったり、一歩進んで二歩下がる事もありました。

でも・・・続けてきて良かったです。

これからも、頑張ります。

今、2回目の第5章になりました。

今年の目標もしっかり考えて、提出させてください。

これからもどうぞ、よろしくお願いします。

ココまで・・・。

緑縁さん、素敵なお話し、ありがとうございました。

> 私は・・・お手本になれたのでしょうか?

> いえ、まだまだだと言う事はわかります。

とありましたが、大丈夫。

お手本になれた、って事ですよ(^^)良かったですね。

それはこの1年間、緑縁さんが一生懸命努力された証です。

でも緑縁さんもお感じだと思いますが、

「知れば知るほど、その奥深さが解る」と思います。

私自身も、未だ勉強中の身でもありますから(^^)

これからも一緒に勉強していきましょう♪

メルマガへの掲載のご許可も、ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る