子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第350号 自分らしく生きる力

こんにちは。パピーいしがみです。

幼稚園・小学校が始まって、1ヶ月、

そしてゴールデンウィークが終わった頃、多くの方がご心配になるのが、

『子供達が新しい環境に慣れない・・・』

という不安です。

私のところにもこの時期、同じような相談を頂くのですが、

多分、このメルマガをお読みのあなたも、

ご心配になっているのではないかな?と思います。

子供があまりにも登園・登校を嫌がる。

メソメソしながら登校している、親と一緒じゃないと登校できない。

そんな様子を見ると、不安で不安で・・・。

でもね。

子供達にとって、環境が変わるって事はとても大きな変化なんです。

特に幼稚園に行き始めた子にとって、

常にお母さんと一緒にいたのに、初めて離れ離れになる。

見たことのない部屋。見たことのないトイレ。

知らない大人や、知らない子がいっぱい。

もし私たちでも、不安になりますよね(^^)。

ちなみに、私の長男は、3歳から幼稚園に行きましたが、

夏になるまで、泣いていたのだそうです。

小学校だって同じですよ。

幼稚園と小学校とは全然違いますよね。

建物も大きいし、1年生から見たら、6年生はもう大人です。

それに、周りは知らない人だらけだし、男性の先生も多いし、

そりゃあ、不安になったり、心配になったりもしますって。

とは言っても、そんな環境にすぐに慣れちゃう子もいます。

そんな子と見ると、どうしても不安になってしまう。

そのお気持ちもよ~く分ります。

ですから、今日は、

昨年、そんなお悩みをお持ちだったお母さんが、

昨年の様子。そして、1年たった今。その変化を教えて頂きました。

ご紹介させて頂くのは、くんちゃんさん。

さて、くんちゃんさんの場合、どうだったのでしょうか?

ココから・・・・・・・・・・・・

早いもので長男は二年生、次男も一年生になり、

兄弟元気に学校に通っています

去年の四月、入学早々、学校に一人で行くことができず

私がしばらく付き合っていた長男です

(覚えていらっしゃいますか?・・・)

あれから一年が経ち、もう二年生。

ずいぶんとたくましくなりました

学校では、なんでも興味をもって取り組んでいるようで

今まで挑戦してもできなかった、さかあがり・こま回し

・上り棒・水泳(水に顔をつけることもできなかった)・・・

信じられないくらいに、ぐんぐんできるようになって

一年生の最後には、クラスを代表して、

『終了証を校長先生からいただく』という大役も受けました。

この一年、よくやっていることを褒めて

がんばったことを認めてきたつもりです。

学校では、元気でよくやっていると先生も褒めてくださいました。

ココまで・・・・・・・・・・・・

ね~。最初の数ヶ月で不安になったり、

過度な心配なんていらないんです(^^)。

ちゃんとその子を見てくださって、

頑張っているところや成長を、認めて、褒めてくだされば、

子供達はぐんぐん伸びてきます。

ちなみに、くんちゃんさん、一年前はこうだったんです。

ココから・・・・・・・・・・・・

我が家の一年生の長男。

初日から、教室まで一緒に登校している・・・・

泣いていつも、一人になっているんじゃないかしら。。。

泣き虫っていじめられたら。。。

なんて心配してみたり。

あ~疲れました。

自分の想像の世界にどっぷりつかり疲れていただけでした。

5月にあった家庭訪問の次の日。

昇降口のところに先生がいてくださったことも手伝って、

初めてひとりで、教室に入ることができました。

先生からの連絡帳には、とても嬉しそうに入ってきた、と。

おうちの人からも沢山褒めてあげてください、と。

私、学校には、親がついていってはいけない、

はずかしいと思っていました。

でも、担任の先生は、

「本人が納得して決めるまで、付き合ってあげてください。」

「離れたくないと、泣いて助けを求めるなんて、

かわいいじゃないですか。

あっという間に離れていってしまいますよ」

そして、

「お母さんが決めるんじゃないですよ。」

と言われ、はっとしました。

気づけば、私がなんでも、決めてきました。

子供の意思を尊重してなかったんです。

周りの様子ばかり気にして、

どちらかといえば、それにあわせていたことも。

なんとも、肝の落ち着かない母親でした。

子供はどんどん『自ら』成長していきます。

子供の自主性を尊重して、

認め、褒める事で、驚くような事がこれからも

起きてくると思います。

パピーさんにいただいた言葉です。

ほんとにそれが大事なんですね。

うまくいっているときは、大丈夫と思えるけど、

一見「だめだ~」の状況ですら、成長の過程をたどっているんだと

堂々と思っていられる母になっていきたいです。

ココまで・・・・・・・・・・・・

くんちゃんさんに、ご長男の1年後のご報告を頂いて、

メルマガへのご紹介をお願いした時、

こんなコメントも頂きましたので、

一緒に掲載させて頂きますね。

> 悩んでいるときはつらいけど、ずっと同じ状況はつづかない。

> どれも成長の過程だと思って前向きにいきたいです。

> 息子のこの一年は、

> 私たちにすごい成長をみせてくれた一年でした。

> いろんなことを経験し『できた!!』という達成感は

> 息子の自信となっていることでしょう。

> 子供を『認め、褒めて、包む』ことは

> 子供が“自分らしく生きる”『力』をつけてあげることなんだな、

> と思うようになりました。

> パピーさん。出会えてほんとによかったです。

> すばらしい智慧をいただきました。

くんちゃんさん、ありがとうございます。

子供達も、ご家庭も、上手く行っている様で何よりです。

メルマガ掲載のご許可も、ありがとうございました。

その気付きは必ず、あなたの子育てに役立つはずです。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る