子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
重要 フリマサイト トラブルの件
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第1286号 未来の子供達に必要な学びとは?

パピーいしがみです。

梅雨前の6月の時期。日中はもちろん暑いですが、朝晩は涼しくて過ごしやすいですよね~。おかげで毎日気持ちの良い朝を過ごしています。

まずは先週のご報告をします。
先週のYouTubeですが3本配信しました。

【自信】はPDCAが鍵だった!自信を持つとすごい子になります!
https://youtu.be/NtUAFY_Xt30

学校で問題が起きた時、子供は守ってもらえない!
https://youtu.be/Ar1scEMkbeg

子育てが『辛い』を『楽しい』に
https://youtu.be/innblJlAUnU

の3本です。「【自信】はPDCAが鍵だった!」は、最初のタイトルを「自信を持つとすごい子になります!」にしていたのですが、いろいろ試したくてタイトルを替えたり、サムネイルを替えたりしていますが、

この1本は、私も今まで言っていないことまで言っているので「ちょっとしゃべりすぎ」の観があって、一般の人には分からないかもしれないけど、このメルマガを読んでいたり、勉強している方にとっては、

「なぜ私が失敗を沢山して、小さな成功を積み重ねる」と言うのか
「なぜ、認める・褒める・包む」をお願いするのか、その根本部分まで話しています。

やはり分かる方がご覧になると「そうだったの?」という反応が多いので、もしご覧になっていない方は、見ないと損すると思います(笑)

そんな中でPDCAの話をしていますが、知らない方もおられると思うので、ここでも説明しますね。

このPDCAって、Plan・Do・Check・Actionの頭文字を並べたもので、日本語で言えば(計画)・(実行)・(測定・評価)・(対策・改善)の「問題解決」の超有名で非常に効果のある手法なんですね。

この実践例でとても有名なのがトヨタ生産方式の「カイゼン」ですが、トヨタのカイゼンはもう世界共通言語でどこに行っても「KAIZEN」で伝わります。

ところがこのPDCAは、子供たちが成長して社会に出るまで誰も教えてくれません。そして社会に出て右も左も分からない状態で、先輩に「お前、何も知らないんだな。この本読んどけ!」ぐらいの入門書として教えられるのがこの「PDCA」なんですね。

ですから新入社員セミナーや、若いビジネスマンには一番最初にこれが教えられます。

で、私が皆さんにお伝えする「なぜ私が失敗を沢山して、小さな成功を積み重ねる」と言うのか?も結局は、子供の頃からPDCAの回し方を覚える事を目的としていますし、

でもPDCAって子供だけにやらせてもできない(モチベーションが続かない)のでそこで親に「認める・褒める・包む」を知ってもらって、継続して行動できるようにしてもらっているのです。

それも「知らない内に」です。

まだ会員さんのお子さんで社会人になって実績を積んだ方は少なく、ご報告を頂く機会はあまりないですが(多分、社会人になって5年目ぐらいにから結果が出だすと思います)、30年以上それをやってきた私の子供たちが、そろそろ社会人10年目ぐらいですが、(1人は会社員・一人は起業し・一人は現在休職中)は、予想通り頭角を現しています。

少なくとも私よりも稼いでいますし資産があります(笑)

だからきっと、ずっとこの講座を学び子供達に実践してきた会員さんのお子さんは、今後、実社会に出てからぐんぐん力を発揮すると思います。(なぜならもう、知らず知らずに社会で必要な問題解決の手法が身に付いているからです)

何人もの会員さんから『私も学校の先生に「どうやってお子さんを育てているんですか?育て方を教えて欲しい」と言われました!(嬉しいです!)』とご報告を頂いているのですが、

実はそれってすごく自然で、他の子が学んでいないPDCA(問題解決方法)を子供の頃から取り入れているので、自分の中にそれが育っていれば、勉強だって、運動だって、人付き合いだって上手になりますからね。

と・・・そんな内容をもっと詳しく話しているので、是非、見ておいてほしいのです。
https://youtu.be/NtUAFY_Xt30

ですが、今日、お話しするのはその事ではなくて、この激しい時代の変化の中で「子供達には新しい学びが必要ではないか?」というご相談?ご質問?を頂いたことに起因しています。

「新しい学び」というと、例えばこれからAIが発達して、問題の傾向が変わるだろう・・・とか、ネットが当たり前になるからプログラミングを学んでおいた方が良い・・・とか、ただ公式をあてはめる、暗記するだけではだめ・・・と言われると「なるほどそうかもな~?」と思いますよね。

この話を聞いて、私は「あ~。塾経営って大変なんだな~」と思いました。

私の言う「大変」と言うのは「利益が出なくなってきた」という事です。はっきり言っちゃうと「儲からなくなってきたんだな」と思ったのですね。

というのは、これから確実に塾を必要とする(学生さん、子供たち)の人数が減ります。(もうこれは出生率から『絶対に減る』事が分かっています)とすると、どんなことをしたって確実に子供をターゲットにしている塾の収入は減るのです。

先ほども言いましたが、全ての企業は「売り上げを上げる事」「利益を得る事」を目的にしていますから、「生徒が減ると分かっている」今の塾が生き延びていくためには、今よりさらに一人一人から高い金額を引っ張るしかないのです。

とすると新しい商品を作って、「こうしないと危ないですよ」「子供は授業に付いていけなくなりますよ」と不安を煽って、親から代金を徴収するのが一番手っ取り早いわけです。

現実問題、今、毎月塾のお金はいくらかかっているでしょうか?

塾としては「こんなにかかります」なんて本当の事は言わないので、調べにくいのではありますが、実際の例として、中学生で大手の学習塾では月に5万円。普通の塾で3万円。それ以外にも冬季・夏季講習に数十万単位で払う・・・なんてことはざらに聞いています。

高校生で塾代が8万。定期とお小遣いと携帯で全部合わせたら月10万というケースもあります。

すごい金額ですが、それでも親は「子供の為に」って夫婦で働いて、電気代を節約して、食費やお小遣いも削って頑張るわけです。

今の状態でこれだけ掛かっているのに、でも「時代が変化しているのだから、あれも、これも、プラスで必要・・・としたら、いったいいくらかかるのでしょうね?

まあ、相当学力が低くて「もう少し成績を上げないと行ける学校が無い」というのなら塾に行くしかありませんが、

もし「高度な教育を受けさせたい」「だから新しい学びも必要」だ(と言われている人が多いのですが)としたら、何の為なのでしょうね?

・・・一旦、問題提起をしておきますが、後で帰ってきます・・・

ちょっと話を替えますが、今、私はYouTubeを勉強しながら、新しいマーケティングについても勉強しています。今は、とても便利になって、こういう勉強会やセミナーなどがズーム(オンライン)でできて、こちらの学びが追い付かないほどの授業があるんですね。(もちろん私はその内容に比較して支払う授業料はメチャメチャ安いと感じています)

やはり今は「使えるものを使わない」でいると、効率が悪いので、チャットGPTも、YouTubeも、ツイッターも、新しい機能を使えれば使えるほど有利ですし、一流のマーケッターはそれらを使いこなして、機械ができるものは機械に働かせ、時間を短縮して、費用を抑えながら、効率よく働き、最先端を走っているのです。

私は、その使い方や今の一流ビジネスマンの考え方も一緒に学んでいます。(私の先生は、多分日本一のマーケッターだと思います。当然私よりも若い)

でもそのビジネスの最先端でも、目的は20年前・30年前・100年前と同じで「企業の利益を上げる」なのですね。もちろんそこには「効率」の為に最新のテクノロジーを使いますが、基本概念は何も変わっていないのです。

私が学んでいる中、受講生は本当にさまざまです。これから起業をしようとしている方、すでに新しい事業を立ち上げた方、もう社員も数百人いて、売り上げも何十億とあるけど、まだ学ぼうとしている経営者。

すごく勉強になりますが、その中でも私は断トツの高齢者だと思います(笑)

考えてみればそろそろ年金をもらう時期の人が、最先端のマーケティングを学ぶ必要なんかないのですが、私は「必要で勉強するのではなく」「面白い」「知りたい」から勉強するんですね。

でもこうやって勉強していると、それこそ今、ビジネス最前線にいる、息子や娘たちに「お父さん、良く勉強しているね」と言ってもらえるんです(笑)。

今でも子供達と同じレベルで熱い話ができるんですね。(教えてもらう事も多いですが)

で、社会に出れば、今の子供たち(小・中・高校生)が勉強している事はほとんど使えない、というより、社会に出たら社会に出たで、又、一から勉強しなければならない事がたくさんあるのですが、

最終的には、じゃあ親は『何の為に子供にそれ以上の勉強させるのですか?』と言うところに行きつくのです。

ビジネスの基本は「利益を上げる事」ですが、何がお金に変わるのか?というと「人の困り事を解消する」為の商品をお金と交換する。これがすべての仕事の元なんです。(だから問題解決の手法の取得に価値があるのです)

例えば、どんなにいい製品を作っても、画期的な発明をしても、それだけじゃあ売れません。何が必要か?と言ったら、そのいい製品や、画期的な発明を、誰がどんな風に使ったら「あなたのお困り事、悩み事が解消する」のか?という告知をして、多くの人に知らしめなければならないのです。

チラシにして日本全国の人に撒くのは、今の時代新聞を読まない人もいますから、あまり効果的ではないですよね。テレビCMにしたって、15秒のCMを打つために月間何億円も使えません。

「じゃあ今、どういうやり方をしたら、必要な人に、その情報を届ける事ができるか?それも費用対効果が高い方法は何か?」をどの企業も探しています。

それが「マーケティング」であり、どの会社もそこのノウハウを知りたくて躍起になっているのです。

でもそれは新しい媒体(SNSなど)がどんどん生まれている今、過去のやり方では通用せず、だからこそ優秀な人たちは常に勉強して新しい方法を模索しているのですね。

と・・・ここまで話したところで、子供達の「新しい学び」の件に戻ります。

・・・・・・・

では塾の「あなたのお困り事、悩み事は解消しますよ」は「誰の」「どんなお困り事の解消の為か?」と言ったら、「親の」「不安や心配の解消」なんです。「子供の学力向上」ではないんですよ。あくまでターゲットは親なんです。

お分かりになるでしょうか?要は、塾が「あれも必要・これも必要」と新しい学びを子供に受けさせようとするのは、『子どもを媒体として親の不安を解消する為』なのです。現段階でも、その為に毎月10万近く、年間で150万以上も支払わせようとしているのです。

もちろん「悪徳業者」ではありません。親の不安を解消しようとしているのですからまっとうな商売だし、実際にそれが成績や偏差値という形に現れ、親の不安は減っていくのですから、正しい商売ですし、

それを求めていてお金がある人でしたら、100万円でも200万円でも使って下さってかまわないのです。

が、私は「学生の時だけにしか使えない知識・成人になってからの方が長いのに成人になったら全く使わない知識の為に、今、年間150万以上、子供が大学に行くまで10年近く、合計1500万以上を塾に使う、それも有限な時間を犠牲にし、その時に学ぶチャンスを捨ててしまう事に「その意味ありますか?」と思うのですね。

もちろん「今のままでは行ける学校が無い」のだとしたら、それは何とかしたいですが、塾の言葉に煽られている人が結構いて、それに気づかないって・・・なんかもったいないな~って思うのですね。

それからすると私の講座などは3万円で、支払いは一回だけで一人の人と長く付き合うので、塾経営をされている方からすると「バカじゃね」と思われているわけです(笑)。

でも私はお金儲けが目的じゃないし、目的はそこじゃないので全然気にしませんが、でもそこ「金額が高い方が価値がある」と感じてしまう私たちのバイアスも利用されているんですね。

結論として「じゃあ、子供達には何が必要なの?」って思いますよね。

はい。私はその年齢でしか学べない事がある。と思っていますから、運動をしたり、友達と遊んだり、又、クラブ活動で汗を流したり、時々さぼったり・・・それらは全て重要だと思っていますが、「頭脳」の面で言えば、「これ!」と言うものがあります。

それは「知的好奇心」です。「知的好奇心」があれば、いつだって「もっと知りたい」と思う事が学びになります。だって高校時代勉強もせず成績もほぼビリだった私が、63歳になっても学びが面白い!と思っているんですから。

そして「知りたい」「学びたい」と考える人にはすごく良い時代になってきて、超一流の人がYouTubeで貴重な話をしてくれていたり、サブスクで本が読み放題だったり、普通ならとても会えない人と繋がれたりします。

でも「知的好奇心」が無くて、自分から動こうとしなければ、誰も何もしてくれない時代とも言えるのですね。もう口を開けて与えられるものを待っている時代ははるか昔に終わっているんです。

私は個人的に「ものすごくいい時代になった!」と思っているし、多分、死ぬまでいろいろ勉強するだろう(それが楽しいので)と思いますが、知的好奇心が無い人、勉強に嫌悪感を感じている人(子供の頃、勉強させられた人)は、きっと学生生活が終ったら、勉強なんてしないのでしょうね。

すると・・・人の格差はどんどん開くのです。

片や経済的にも精神的にも健康的にもなるものの・・・片や常に体調も悪く、精神的にも不安定で、経済的にもめぐまれない・・・そういう二分化が必ず起きると思っています。

だって学生時代より、その後の「仕事をして収入を得る期間」の方が長いのですから。

で、親はどちらに重きを置くか?なのですね。結局親の子供のどこにウエイトを置くかで、子供の生涯年収や健康、時間、環境・・・すべて変わりますからね♪

お~。今日はかなりシビアな話ししちゃった。難しかったらごめんなさい(笑)

新しく「思春期の悩み」のページができました。
https://www.age18.jp/adolescent.html

上級編が大きくバージョンアップしました。
通信講座『“幸せなお母さん”になる為の子育て(上級編)』
https://www.age18.jp/kosodate-jokyu.html

「上級編」も含め新商品はこちらです。
https://www.age18.jp/ichiran.html

通信講座「幸せなお母さんになる為の子育て」

よろしかったらSNSもご覧ください♪

【Instagram】
https://www.instagram.com/papy_ishigami/

【Facebook】
https://www.facebook.com/papy.age18

【Twitter】
https://twitter.com/papy_ishigami

【LINE公式アカウント】
https://lin.ee/CnDdGcd

【YouTubeチャンネル】
「パピーいしがみ」チャンネル

パピーいしがみ 人材育成の現場から、育児・子育てこそが、本人の一生のベースになると痛感し、吸収したノウハウやアイデアを自分の3人の子育てに応用。子供達が喜びと自信を持って成長していく中で、親としての充実感と予想をはるかに上回る結果に驚愕する。2003年あまりの少年犯罪の多さ、幼児虐待の事件に心を痛め、その子育て育児方法をインターネットで公開。熱烈なサイトのファンからの要望で、テキストを作成し通信講座として紹介。著書も好評で現在は会員さんから毎日届く悩みや相談に応えている。

関連記事

子供への贈り物
ページ上部へ戻る