子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第351号 忘れがちな【大事】なこと

こんばんは。パピーいしがみです。

ここのところずっと、メルマガでは、応用編というか、

どちらかというと細かいお話をしてきましたね。

でも、とっても大事なことをないがしろにしてはいけないので、

時々、振り返ってほしいな~、と思って、

今日はその『忘れがちな【大事】なこと』

についてお話しようと思います。

さてとっても大事なこと、って何でしょう?

そう、聞いて、あなたは何とお答えになりますか?

「認める」「褒める」「包む」ですか?

う~ん、それも大事なんですが、

もっと大事なことです。

すごく大事なことなんですが、ついつい忘れがちになってしまって、

おざなりになってしまいがちな事ってあるんですね。

実は、どうして私がこんな事を、この時点でお話ししようと思ったのか?

と言いますと、この頃(会員さん以外の方から)手法的なご質問が

とても多いからなんです。

(お返事ができないので、心苦しいのですが・・・)

『子供がこういう状態で困っています。

どうしたら直るのでしょうか・・・?』

私が書いているメルマガに、根本の重要性を書かず、

手法的な事を書いているからかもしれないな・・・?

「テクニックはダメですよ。思いですよ・・・」とお伝えしたいのに、

一番、追って欲しくない方向を追っている人が多いのかもしれない。

そう思ったからなのです。

忘れがちな【大事】なこと。

それは、『あなたの子育ての指針』なんです。

ここがしっかりしていないと、問題はいつになってもなくなりません。

『子供がこういう状態で困っています。

どうしたら直るのでしょうか・・・?』

こういう方の場合、1つのお悩みを解決しても、すぐに、

次はこういう悩み・・・、その次はこういう悩み・・・、その次は・・・

と、エンドレスに続くのですね。

私は、お母さんである、あなたに、

「大丈夫、私はなんとかやっていけそうだ。」

という気持ちを持って欲しい、と思っています。

そして、自分で問題を解決できるようになってほしい。

と願っているのです。

それは、なぜか、と言いますと、

いろんな問題をご自分で解決できるようになると、

不安や心配が極端に減ってくるからです。

不安や心配が減ってくると、お母さんご自身が安定して、

子育てを前向きに捕らえられるようになります。

そうなると、「こうしたらいいですよ」というヒントが

ご自分の子育てに応用できたり、試してみたり出来るようになるんです。

お母さんご自身が、不安や心配のない状態でやってみることで、

子供達は面白いように反応してくれます。

それを見て「あ、こういう事なんだな」って分かってくるんですね。

そして、さまざまな経験を積んでいく事で自信になっていきます。

それが、どんどん相乗効果となって・・・、

悪循環ではなく、よい方の循環・・・『善循環』をし始めるのです。

こうなってくると、ほんとうに楽しくなります。

私は、その楽しさ・面白さ・喜びを知って欲しいのですね。

でも、実は、

これこそ私が自分の子供達をどのように育てたいか?

という私の【子育てに対する指針】でした。

私の子育てに対する指針とは、

「自分で考え、自分で判断し、自分で行動し、

自分で乗り越え、 自分で喜びを得る」

そういう大人に育てることでした。

喜びは、苦しみを越えた所にあります。

だったら、その苦しみや悩みから逃げるのではなく、

その苦しみ・悩みに挑戦して、自分から乗り越えて欲しい。

諦めず、考えて、やってみて、自分のできる最大限の努力をして、

失敗にも負けず、何度もトライして、そして、乗り越えて欲しい。

乗り越え、喜びを感じ、そして自分に自信を付け、

又、新たなチャレンジをして、失敗しても何度も努力して・・・

どんどん自発的にチャレンジして、さまざまな経験を身に付け、

自分なりの『善循環』を起こしてくれたら、

この子の人生、絶対楽しいぞ!

それが私が、自分の子供を育てる指針だったのです。

その指針があったからこそ、

子供の存在価値を認め、頑張る姿勢を褒め、

出来なかった事が出来るようになった時、一緒に喜び、共感し、

自分で考え、判断できるように、時間を与え、見守り、待ち、

落胆したり、傷付いた時には、復活出来るように包み・勇気付ける。

その指針を元にした手法「認める、褒める、包む」が生まれたのです。

そして、その指針があったからこそ、

その考えがぶれる事がなかったのですね。

私は、『これが私の子供を育てる指針だった』と言いましたが、

最終的に全ての親は、同じ気持ちではないか?と思うのです。

きっと親であれば、どなたでも、

いつまでたっても親があれこれ口を出さないとできないようでは困る。

自分から自発的に行動して欲しい。と思っていらっしゃるでしょう。

そして、できれば、楽しい人生を過ごして欲しい。

と思っていらっしゃることと思うのです。

ですから、多分、あなたも、私と同じ気持ちなのでは?

と思うのですね。

そう。冒頭にありましたように、

『子供がこういう状態で困っています。

どうしたら直るのでしょうか・・・?』のように

今の問題を解決すれば、それでいい・・のでは決してないのです。

『自分の子育ての指針は何だろう?』

時間があったら是非、考えて見てくださいね。

その気付きは必ず、あなたの子育てに役立つはずです。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る