子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第365号 ゆっくりゆっくり・・・の成果

こんばんは。パピーいしがみです。

お悩みは人それぞれですね。

そして誰でもその悩みを早く解決したいと望みます。

でも、私は、早急の解決を望むあまり、

無理をしたり、自分の感情に強制したり、

「○○しなくてはいけない」とプレッシャーをかけて欲しくない、

と思っています。

というのは、子供さんに何らかの問題行動があって、

もしそれが、お母さんに起因する問題だったとしても、

お母さんが、ご自分に無理をして改善した時には、

必ず反動があるからです。

そう、それはまるでダイエットのリバウンドのようなものです。

「こうしなきゃ、ああしなきゃ」で、

子供さんの問題行動が収まってきたとしても、

お母さんが過剰なプレッシャーを感じていたり、

ストレスを感じて行動していると、ある時爆発して、

元の木阿弥といいますか、今まで以上に悪化する。

という事があるからです。

だから、急いで結果を求めたり、

テクニックだけに走って欲しくない、というのは、

その為なんですね。

すぐに結果を出そうとすれば、

その結果が覆されるのも早いんです。

だから、一歩・一歩、ゆっくりゆっくり、とにかく続ける事。

それをお願いしています。

今日は、続ける事で成果を出された、

ま~ささんのお話をさせて頂きます。

ま~ささんは、とってもマイナス思考だったのだそうですよ。

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーさん、こんにちは。ま~さです。

いつもありがとうございます。

以前は、失礼なメールを差し上げてすみませんでした。

今日は、ご報告を兼ねてお礼のメールです。

あれから、半年、私と子供は見違えるほど変わりましたよ!

今日はそのご報告です。

自信がない、こんな私はだいっきらい。

私の元に生まれてきた子供がかわいそう!

子供が積極的でないのは、こんな私のせい。

私に全然、改善がないんですから、子供が変わるわけ無い・・・。

講座を始めたばかりの頃、

そうやってパピーさんにメールをしていた私でしたが、

ちょうど半分を過ぎた今、

はっきり違ってきている事を感じています。

やっぱり、私が原因だったんです。

あの頃、パピーさんは、

「すぐの変化を期待しないで下さいね。

ゆっくり一歩、一歩、歩くように進むのです。

すぐに改善するって事は、

すぐに悪くなる事でもあるんですよ。

だから、ゆっくり・じっくりでいいんです。

続ける事、それだけで、ものすごい力を感じるはずです。

続ける事ってそれだけで、すごい事なんですよ!」

と言って下さいましたが、

その時の私には、その意味が理解できませんでした。

私はやはり、すぐの見返りばかり求めていたんです。

やはりテクニックばかりを追い求めていたんですね。

「こんなにやっているのに、変化がないじゃない」

「わたしばっかり我慢して、努力して、

でも、いつまでたっても子供は私の言う事を聞きゃしない」

ずっとそう思っていました。

でも、自分がテクニックばかりを追っていた、

又、見返りを求めてばかりいたなんて、

その時は、全く気が付かなかったんです。

そんな事ですから、当然なんでしょうね。

子供は何をさせようとしても「イヤ・やらない」

それから「どうせできないもん」「だいっきらい!」

この3つが口癖でした。

それを聞くたび私は落胆していましたし、

「そんな事だから・・・」と、ぐちぐち小言を言っていました。

子供はふてくされ、にらむように私を見て・・・。

全く悪循環ですよね。

私は頑張っている。

なのにどうして、この子はいつまでも言う事を聞かないの?

旦那も、同居の母も、そんな私を理解してくれない。

私だけに子供を押し付けて、協力しようともしない。

そんな不満ばっかりでした。

ところが違ってきているんです。

間違いなく子供は変わってきています。

息子はとても笑顔が増えました。

幼稚園の先生からは、

「このごろ、とっても元気で明るいですよ!」と言われたり、

苦手だった、うんていや上り棒にも「見てて」と言って、

果敢にチャレンジしているそうです。

何しろ「イヤ・やらない」「どうせできないもん」

「だいっきらい」って言わなくなりました。

本当に半年前の、いじけむし、だだっこね、

わがまま、ふてくされ、やる気なし・・・、

毎日怒られていたあの頃が嘘のように、

今は、大粒の汗をかいて、走り回り、

目をキラキラさせています。びっくりです。

母親の影響ってこんなに大きいの?って驚いています。

でも、今は、どうして子供がそのようになってきたのか?

がはっきり分ります。

原因はやっぱり私だったんです。

でも、私は、パピーさんと交わした約束で変わったんです。

(パピーさんは“変わる”必要はない!と言われますが、

あえて“変わった”と言わせてください)

それは、パピーさんがアドバイスを下さって

作ることのできた5章の目標です。

(その節は、お力をお貸し下さってありがとうございました)

小難しい事をずらずら並べただけだった私の目標から、

一つを選んでくださった「偉そうな親にならない」と、

今まで続けられない自分が嫌いだったその理由から「続ける事」。

それだけに絞って、

目標を「今の私でいい。偉そうな親にはならない」

決意を「目標とフォローメールを毎日読む・続ける」

にして、たったそれだけを、毎日続けたんです。

私は、自分が大嫌いだった理由に、

ちょっとやってすぐに飽きて、何でも中途半端で止めてしまう。

結局今まで、何も、ものにならなかった、

なのに人をうらやみ、自分を卑下する・・・。

そんな自分がいやでした。最低だと思っていました。

なのに、又今回も、「どうせ私には出来ないんだ」と、

同じように途中で投げ出そうとしていました。

でも「続けるだけでもすごい事」と言って下さる

パピーさんに、「じゃあ、続けるだけでも」をやろう!

と決意したんです。

テキストはなかなか開けないのですが、

携帯電話に送ってもらっているフォローメールは

朝、歯磨きの後に、5分だけ、毎日時間を作りました。

そして、「今の私でいい。偉そうな親にはならない」

は、紙に書いて、冷蔵庫に張りました。

続けていくと、本当に私は、

「偉そうな親」だった事が分ったのです。

片方では、「こんな自分は最低」と言っておきながら、

片方では、「親だから偉いんだ」

「子供は親に従うもんだ」という態度だったのですから、

おかしいですよね。今思うと笑っちゃいます。

でも、それも、続けている今だから思えます。

自分では見えていないって事、本当に多いんですね。

1週間、2週間、1ヶ月、2ヶ月・・・

と毎日続いていく事で、続ける事が苦でなくなりました。

日課になっているのですから、

継続しているという実績は1日、1日、どんどん増えていきます。

それが100日(3ヶ月)を越えたぐらいから

「すごい!私、続けられている・・・」って、

本当にぞくぞくするほど嬉しくなりました。

(もちろん簡単な目標なんですが、私にとってはすごい事です)

今まで、自分の事で、嬉しいなんて思った事はありません。

ですから、その気持ちは、とても感動的だったのです。

セルフイメージでしたっけ?

自分に対する自分の意識が変わってきたら、

「偉そうな親」という言葉がすごくストレートに感じて、

『私がこんなでも、この子はちゃんと幼稚園に通っている。

嫌な事もあるようだけど、頑張ってるんだな~。』

そう思ったら、なんとなく、

「○ちゃん、頑張ってるんだね」って言葉が自然に、

口をついていました。

そんな言葉を言えた事に、自分がまずびっくりでした。

だって、タイミングも何もありません。

「変な時に変な事、言っちゃったかな?」

と思って息子の顔を見ました。

息子も、一瞬、驚いたような顔をしていましたが、

次の瞬間、にっこり笑って「うん!」って言ったのです。

とても良い笑顔でした。

テクニックじゃない、ってこういう事なんだ、って

目からうろこでした!!

多分、それからだと思います。

幼稚園の事を楽しそうに話をしてくれたり、

今日は、先生とこんな話をした・・・とか。

「僕は頑張ってるよ!お母さん!オーラ(笑)」を

積極的に出すようになってきたんです。

もう本当に半年前とは全然違います。

それを見て、この子は、本当はこんなに明るい子だったんだ、

でも、私がそれに蓋をしていたんだな。って思いました。

あ、でも反省はしませんよ。

今気が付けたこと、自分を褒めちゃいます。

(私も別人の様にプラス思考でしょ?(笑))

でも、本当に今、気がつけてよかったです。

それから、パピーさん、私、やっと今、

「褒める」をやり始めたところです。

本当にゆっくりゆっくりですが、

自発的にやりだしたのが良いのか、

スポンジが水を吸うかのようです。

テキストを読んで、知識を吸収するのが面白いし、

それを試してみて、子供の反応を見るのがとても楽しいです。

毎日、幸せなお母さんを噛み締めています。

そうしたら、誰も協力してくれない、と思っていた事も、

私の被害妄想だったと感じてきました。

この半年は、私にとっては人生の転機のようです。

主人も、そして母も、私の知らないところや

見えないところで、随分と力になってくれていたのです。

そう思える私になれたこと、これが本当にうれしいです。

後、半分で講座が終わってしまうのは残念ですが、

お母さん初心者の今、子供の小さいこの時期に、

パピーさんと出会う事が出来て本当によかったです。

感謝しています。ありがとうございました。

これからも継続!頑張ります。

これから暑くなりますね。お体にはお気をつけくださいね。

そして沢山のお母さんたちを幸せに導いてください。

ココまで・・・・・・・・・・・・

ま~ささん、メルマガ掲載のご許可、ありがとうございます。

第5章の目標は、このメルマガでも時々出てきますが、

勉強をし始めて5週目に、ご自分で作った、

「この1年、何を目標として行動するか?」

について、私と約束をして頂く、という宿題があります。

メールにありましたように、ま~ささんには、

沢山の目標がありました。

ですが、目標を作る上で一番いけないのは、

目標を忘れてしまう、って事なんです。

どんなに良い目標だったとしても、

忘れてしまっては作った意味がありません。

沢山作ってしまうと、意識し続ける事ができないんですね。

それに目標と言うのは達成する為だけのものではなく、

常に方向性を明確にしておく、という意味もあるんです。

だから、シンプルで常に頭に入れて置けるものが良いんです。

続ける事が苦手だと言われていたま~ささんには、

『なるべくできそうな事で、

続ける事ができるようなものがいいですよ。』

とお願いしたのです。

そして最終的に決めたのが、

目標「今の私でいい。偉そうな親にはならない」

決意「目標とフォローメールを毎日読む・続ける」

だったのです。

そしてこんな文面がありましたね。

> 私、やっと今、「褒める」をやり始めたところです。

って。

半年間、ま~ささんは、「褒める」をせず、

「認める」だけをされたのです。

「今の私でいいんだ」と「立派な親にならなくていい」

毎日、毎日繰り返す事で、今のご自分を認め、

これからの自分の有り方をしっかり把握されたようです。

自分の中の芯ができたのでしょうね。

こんな言葉に変わっていました。

> テキストを読んで、知識を吸収するのが面白いし、

> それを試してみて、子供の反応を見るのがとても楽しいです。

> 毎日、幸せなお母さんを噛み締めています。

> そうしたら、誰も協力してくれない、と思っていた事も、

> 私の被害妄想だったと感じてきました。

> この半年は、私にとっては人生の転機のようです。

> 主人も、そして母も、私の知らないところや

> 見えないところで、随分と力になってくれていたのです。

> そう思える私になれたこと、これが本当にうれしいです。

> 後、半分で講座が終わってしまうのは残念ですが、

> お母さん初心者の今、子供の小さいこの時期に、

> パピーさんと出会う事が出来て本当によかったです。

> 感謝しています。ありがとうございました。

どうやらま~ささんは、「ゆっくりゆっくり」で、

長年のご自分の悩み・苦しみをも克服してしまったようです。

わたしもお力になれて嬉しく思います(^^)。

これからも是非、ゆっくりゆっくり、

継続なさってくださいね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る