子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第441号  あんな風になりたいな~

こんばんは。パピーいしがみです。

高速道路が1000円になって・・・

どこかに遊びに行かれましたか?

私の子供達は、もう親と一緒に・・・なんて事はないので、

もっと前にこういう制度が出来ていたら、

子供達と一緒にいろんな所に行けただろうな~

と、今、子育て真っ最中の皆さんが羨ましいです(笑)。

さて、今日、ご紹介するのは、

「なりたい自分になれちゃう」というお話です。

以前も、イメージトレーニングについてはお話しましたね。

ですが、その延長線上に、イメージの現実化があるんです。

これって本当に不思議なんですが、

夢を叶えている人の多くが、

“まだ、叶えていない時から、

将来の自分の姿をありありとイメージしていた・・・”

という共通する現実があるんです。

まずは、メールをご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。ふみです。

( 中 略 )

私は息子と空手を習っています。

三月に昇級審査があるのですが、

級によって覚えなきゃならない形があります。

私は後一ヶ月では形を覚える自信がなかったので、

私だけ次回に見送る予定でした。

しかし、テキストの「自発的に、興味をもって、楽しく」で、

パピーさんのボーリングの体験、

松岡修三さんのメンタルトレーニングの話を読んでみて、

私も空手の練習の前日、

寝る前に形をスムーズに出来ている自分を想像して寝たのです。

結果は、

何回練習しても同じ間違いをする場所が、

自分でもビックリするぐらいスムーズにでき、

「こういう事か!」と納得できたのです。

この事で自信がつき、三月の昇級審査には参加する事に決めました。

息子にも

「ママはなかなか出来なかった形ができるようになったんだよ。

○○(息子)も一緒にがんばろう」と話たら、

「ウン、ボクも頑張るぞ~」と嬉しそうに言っていました。

自分でも体験してしまって、

“自信ってこう言うことか”と喜びを感じたので、

これから息子にも伝えていきます。

パピーさんは素晴らしいです!!!

まだ講座を始めたばかりなので今までの、命令、強制、

イライラが出てきますが、その時は、テキストをあけて読んだり、

パピーさんからのメールを読んだり、メルマガを読んで、

幸せなお母さんになりたい。という目標に戻ってこれます。

長いメールになってしまいすいませんm(_ _)m

ココまで・・・

このメールを頂いた後、ほんのちょっとこんなお返事をしたのですね。

 

> 「イメージトレーニング」

> 実は、これって、何にでも使えるのですが、

> 例えば、三月の審査の前の何日か、

> すでに審査を終えて実力を十分に発揮し、

> 満足している自分をイメージするんです。

> すると、当日は「もうこれは終っているんだよね」

> みたいな感覚で、特に緊張もせず、

> 自分の持っている力を十分に発揮できたりします。

> いろいろ工夫しながら応用してみてくださいね。

そして、その後頂いたメールです。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは ふみです。

前回のメンタルトレーニングの話は、

パピーさんの返信メールで更になるほど!と思いました。

是非、審査会の前の何日かイメージして、

審査会を合格し親子共々、自信につなげたいと思います。

パピーさんがおっしゃっていたように、工夫して応用していきます。

・・・そして、審査会が終ってから・・・

パピーさん、こんばんは。ふみです。

嬉しい事があったので報告します。

以前、3月に息子(4歳)と私の

空手の昇級審査会があることをメールしたことがあります。

その審査会が今日ありました。

そして パピーさんのメールのお返事で、こんな文がありました。

> 例えば、三月の審査の前の何日か、

> すでに審査を終えて実力を十分に発揮し、

> 満足している自分をイメージするんです。

> すると、当日は「もうこれは終っているんだよね」

> みたいな感覚で、特に緊張もせず、

> 自分の持っている力を十分に発揮できたりします。

イメージトレーニングを実行しました。

息子にも、家での練習の時に間違わずにできると、大げさに褒め、

「間違っても良いんだよ!

間違わなく出来たらもっといいじゃない!」

と話しながら楽しく今日を向かえました。

昇級できたかは、10日後ぐらいに分かります。

しかし、終わってみて2人とも大満足の結果でした。

帰りの車の中で、

「○○はすごく格好良くて、頑張ってできたね」と私。

「ママも蹴りが高くてすごーくかっこよかったよ」と息子。

・・・と2人で褒めあいっこして帰ってきました。

息子も私も「自信」を手に入れた日でした。

講座を始める前の私だったら、

自分自身にもプレッシャーをかけて

「出来なきゃダメ、出来て当たり前」という考えで、

楽しくやろう!と始めたはずの空手が、

昇級審査会のたびに嫌いになっていきそうでした。

息子にも、

「間違っちゃダメ、やるからにはちゃんとやりなさい。」と

スパルタで無理強いしてやっていた事でしょう。

でも講座を始めて、メンタルトレーニングを知りました。

ちょうど審査会の申し込みをどうしようか迷っていた時に、

練習の前の日に試してみたら、驚くほど出来て自信がついたのです。

そして、パピーさんからもアドバイスを頂いて、

1ヶ月の練習の期間は、私も息子も楽しく過ごせたのです。

息子も私の想像以上に上達して、楽しさもにじみ出るぐらい。

自分から「平安初段(形の名前)や~ろお!ママに見せてあげよ~」

と、遊び感覚で練習していました。

私も一緒になって「次はママのもみてね」と2人でできました。

「メンタルトレーニング」

「出来なくても良い、出来ればもっと良い」

「自発的に、興味を持って、楽しく」なんですね。

今日は空手の結果も嬉しく、

又、講座を始めた事もとても嬉しく、

パピーさんにご報告したくてメールしました。

本当にありがとうございます。

ココまで・・・

ふみさん、メルマガ紹介のご許可、ありがとうございました。

スポーツでよく活用されているイメージトレーニングというのは、

“実際に自分がそのスポーツをしているかのようにイメージする。

本当は体も動かしていないし、頭でしか考えていないのに、

あたかも実際に運動したかのように練習になる”

という、その『イメージ』が体に及ぼす変化を

トレーニング(練習)に利用したものです。

ですが、これには、面白い使い方があって、

既にそうなってしまった自分がいる、とイメージする事で、

そうイメージした事が実際に起きやすくなるんですね。

それは、「こうなりたい、ああなりたい」とか

「こうなりますように、ああなりますように・・・」ではなく、

“もうそうなってしまった自分がそこにいる”

と、ありありとそれをイメージするのです。

例えば、ふみさんの空手審査など緊張しやすい場面には、

審査員を前に、最高に上手に出来た姿と、

自分の審査は既に終って「うまく行ったね」と仲間と談笑している姿。

そういう自分を客観的にイメージするんですね。

体育館の臭いとか、木の床をはだしで歩いている冷たさとか、

ピンと張り詰めた空気とか、他の参加者の真剣な顔つきとか・・・。

なるべくリアルに想像してみるんです。

できれば、その想像を何度も何度もやってみます。

本当の試験や審査はたった一回ですが、

自分の頭の中では何度も繰り返しできるんです。

すると、自分の脳の中では何度も繰り返しているので、

実際の大会でも、何度もやっているその繰り返しと認識して、

それほど緊張することなく、

イメージしたとおりに終わる事ができるんです。

これは、本当にいろんな形で応用できるのですが、

私はこんな風にも使ったんです。

子供達が小さい頃、

ある高校の正門の前で「貴方達はこの高校へ来るんだよ」と言ったり、

その学校の生徒を見ると、

「あの制服を着るんだね。やっぱり賢そうだよね」と言ってみたり・・。

又、私が住む市内にレンガ造りの綺麗な大学があるのですが、

娘が小学生の頃、その前を車で通るたびに

「あなたの来る大学はココだよ~」

「綺麗な校舎だね~。学生さんもおしゃれだね~」

のように言っていたのです。

そうしたら、3人の子供達は全員、その高校へ行き、

「あなたの来る大学は・・・」と話した長女は、

今、まさしくその大学に行っているのです。

(授業料が安くて助かっています・笑)

あ、くれぐれも間違わないで欲しいのですが、

イメージするのは「本人」です。

子供が「こうなった姿」を親がイメージしてもダメですよ(^^)

子供自信が「こうなりたい」というイメージを、

持たせてあげてほしいんですね。

ということは・・・強制や命令ではそんなイメージ湧きますか?

そうなんです。ふみさんも言っていましたね。

そこで絶対に大切なのが、

「自発的に、興味を持って、楽しく」なんですね。(^^)

是非、子供達にいいイメージ、

「あんな風になりたいな~」を持たせてあげてくださいね♪

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る