子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第455号 ステキなひととき

こんばんは。パピーいしがみです。前回のメルマガでは、アップルミントさんのお宅の、兄弟ゲンカのことでお話しました。

でも、この兄弟ゲンカは、憎しみあっての喧嘩ではなく、本来はとても仲の良い2人なので、問題はないですよ。とお話したのでしたね。

そして、前回のご紹介させて頂いたメールの最後にあった、“昨日の夜、お兄ちゃんとの素敵なひと時がありました。”のその“ステキなひと時”がとっても可愛らしくて、今日はそれをご紹介させて頂くことになっていたのでした。

それでは、早速ご紹介いただきますね。アップルミントさんからのご報告です。

ココから・・・

こんにちは。前回メールにした・・・“パピーさんより返信を頂く前にあった出来事です。昨日の夜、お兄ちゃんとの素敵なひと時がありました。また休み明けに報告しますね”・・・を報告しますね。(お兄ちゃん:4歳 弟:2歳です。)

次男坊は甘え上手です。寝るときは私のひざに寄りかかり独占します。お兄ちゃんは、私の膝に来たい気持ちもあるのでしょうが、よく遊んで決まった時間に 眠くなることが多く、なかなか寝付けない下の子が、いつも私のお膝に来ていました。

その夜は、お兄ちゃんが初めて・・・『おれが膝に行きたい』と言ってくれました。

下の子に「お兄ちゃんが今まで頑張っていたんだと思うよ」とお兄ちゃんが我慢していたこと・気持ち・・・などを話すと、『(お兄ちゃんと代わっても)いいよ』と言ってくれました。

今まで私も、お兄ちゃんはさみしいんじゃないかな??と思いつつ、なかなか下の子に、お兄ちゃんに代わることを提案出来ないまま、寝るときの習慣みたいになっていました。

なので、お兄ちゃんに「ひざに行きたい!」と言ってくれて嬉しかったことや「寝るとき、母さんの膝は、いつも〇〇くんでさみしかったね!」「今まで良く頑張ってたね!」と伝えました。

すると、私の膝に来ていたお兄ちゃんが『〇〇くん(下の子)に代わってもいいよ』と言ってくれ・・・優しい言葉を聞き・・・私の目には、おもわず涙が溢れました。

それから、弟に代わり、今度はお兄ちゃんに代わり・・・と何度か交代しながら寝ました。

その間に、お兄ちゃんが久々に『母さん大好き』と言ってくれたので( ^^) 、『母さんもお兄ちゃん大好き・・・』と。

今度はお兄ちゃんが、手を広げて『もっともっと大好き・・・』私も、手を広げて『もっともっと大好き・・・』今度は、手で輪を作って、お互いに『これくらい大好き』と競り合い(笑)・・ ・

最後は(私の手の方が長いので)、『母さんの方が、○が大きい~。母さんの方がお兄ちゃんのこと、もっと好き!』と二人で笑いました。

それを見ていた下の子も、『あったん(自分のことです。)も、ママ好き!』と言ってくれました( ^^) 。なんだかとっても幸せでした。ひさびさのそんなひとときでした。

パピーさんに相談して、お返事をいただく前に・・・なんだか重い荷物を二人でさげるみたいな感じで気が楽になったようです。 ありがとうございます。

もちろん、お返事をいただいてからは、もっと心強くなりました♪

お兄ちゃんの押しの強さも、リーダーシップの勉強中(プラスのこと)と思うと、私の気持ちが違います。楽になりました♪

困ったなぁ~と思っていた中に、プラスのこと(お兄ちゃんはリーダーシップ&下の子は強くなる)を教えていただいて、 光の当る方向によって、見え方・見方が違うことを、実感しました。

パピーさんは、やっぱりすごいですね♪プラスを見つけ上手ですね!これからも勉強を続けて、私も、そんなプラスを見つけ上手の母さんになりたいです♪

またまた長くなってしましました。最後まで読んでいただきありがとうございます。
では、ご報告まで☆P.S.その夜から、兄弟で私のお膝の交代が始まってます。

ココまで・・・

頂いたメールにこんな文面がありましたね。“その夜は、お兄ちゃんが初めて・・・『おれが膝に行きたい』と言ってくれました。下の子に、お兄ちゃんが今まで頑張っていたんだと思うよと・・・お兄ちゃんが我慢していたこと・気持ち・・・などを話すと、『(お兄ちゃんと代わっても)いいよ』と言ってくれました。

なので、お兄ちゃんに「ひざに行きたい!」と言ってくれて嬉しかったことや「寝るとき、母さんの膝は、いつも〇〇くんでさみしかったね!」「今まで良く頑張ってたね!」と伝えました。

すると、私の膝に来ていたお兄ちゃんが『〇〇くん(下の子)に代わってもいいよ』と言ってくれ・・・優しい言葉を聞き・・・私の目には、おもわず涙が溢れました。

それから、弟に代わり、今度はお兄ちゃんに代わり・・・と何度か交代しながら寝ました。”

いつも我慢していたお兄ちゃんの気持ちを肯定してあげることで、お兄ちゃんはとても満たされたと思います。その後の、お母さんと『好きの大きさ比べ』は、とても微笑ましいです。

こんな場面では、つい『お兄ちゃんだからおかしいよ』とか『お兄ちゃんなんだから我慢しなさい・・・』と言ってしまいがちですが、お兄ちゃんの気持ちを認め、受け入れて下さったこと。

いえいえ、それどころか「そう言ってくれて嬉しかった」とまで言ってもらい、我慢していた事、がんばっていた事を褒めてもらうことで、お兄ちゃんは、心から安心して、優しい気持ちになれたんだな~、って思います。

とても上手に「認める」「褒める」「包む」をされていますね。そして、ほんとうに“ステキなひと時”でした。

とってもとっても、いい感じです♪アップルミントさん、2週にわたってのメルマガへのご紹介、ありがとうございました。
 
 
 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る