子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第474号 母の呪縛

こんばんは。パピーいしがみです。

夏休みですね~♪

「子供達が家にいて、いらいらしちゃう!?」

そんな声が聞こえてきそうです。

もしかして「命令・強制・指摘」などが増えていませんか?

今日は、そんな方にはちょっと振返る良い機会になるかもしれません。

もう、皆さんご存知のように、私は教師の家に生まれて、

厳しい躾を受けて育ちました。

そして、私は反発をして、非行の道に進んだのですが、

今日、ご紹介するシータローママさんは、私とは逆。

我慢して、従順に受け入れて、

でも、私とは又違う悩みに苦しんでいたのです。

今日は、そのご紹介をさせて頂こうと思っています。

まずは今から約1年前に頂いたメールからご紹介します。

ここから・・・

パピーさん、こんばんは。

この度は、勉強する機会を頂きまして、ありがとうございます。

講座を始めるにあたって、一度、

今の私の気持ちを聞いて頂きたいと思い、メール致しました。

お時間のある時にでも、お読みください。

私は、自分に全く自信がないのです。

今の主人と結婚するのも「本当に私でいいの?」と何度も何度も聞いて、

「それでも良い」と言ってくれた主人には感謝しましたが、

私が妻になって、母になって・・・子供を育てられるだろうか?

という大きな大きな不安がありました。

子供が生まれてから、その不安はさらに大きくなりました。

どうやって育てていいか分からないのです。

しつけは?遊びは?テレビはいいの?いけないの?

甘えさせてあげる?それって甘やかせ?

周りからいろんな情報が入ってきて、

その情報に押し流されてしまって、

何をやっても悪い方に転がるんじゃないか?

って常に不安なんです。

私は、父母ともに教師の家に生まれました。

母はとても厳しくて、つねに私は叱られて育ちました。

父はいつでも「お母さんの言うとおりにしなさい」でした。

母も「あなたは私の言うようにすればいいの!!」

というのが口癖でした。反発や口答えをすると容赦なく叩かれました。

3・4歳の頃、叩かれて膨れ上がっている何本ものミミズ腫れを見て、

「私が悪い子だからいけないんだ・・・」と思った、

その時の記憶を今でも持っています。

パピーさんは、親に反発をされたようですが、

私は自分を殺して我慢をし続けていたのです。

母は「しつけ」にうるさく、常に周りの目を気にする人でした。

私のすべてを管理し、勉強はもちろん、遊び、クラブ、

お稽古ごと、友達関係、高校、大学、就職、結婚・・・。

すべてに口を出し、私を自分の思い通りにしようとしたのです。

ですが、母に任せておけば自分で考える必要も無い。

私にはそんなずるいところもありました。

ですから、成績は悪くはなかったのですが、

パピーさんがおっしゃるように、成績では自信などは付かず、

常に、おどおど、びくびくして、人の目を気にしている自分がいました。

いえ今も同じく、周りに、母に、どのように思われているか気になり、

時々掛かってくる母からの電話や、言葉にも怯えています。

パピーさんのメルマガはもう1年近く読んでいますが、

子供達に自信を付ける前に、私が親として自信をつけたい。

と思って、申し込みさせて頂きました。

今、とても悩み続けていることがあるんです。

私は母のような親になりたくありません。

そして子供は私のようになって欲しくありません。

のびのびと育ててあげたいですし、パピーさんがおっしゃるように、

自分の意見を何でもはっきり言える子になって欲しいです。

そして、私も子供と一緒に楽しい毎日を過ごして、

笑いながら、喜びを感じながら成長していきたいのです。

ですが、私は甘やかせすぎなのでしょうか?

子供は、自分の思い通りにならないと癇癪を起こしたり、

わがままを言ったり、大の字に寝転がって泣き喚いたりします。

私は、それを見てイライラして、

母のようになりたくない、と思いながらも、

結局は人の見ている前ではいいお母さんのふりをして、

子供と二人になると、執拗になじったり、叩いたり・・。

人の目を気にして、常にびくびくしている私。

「母のようになりたくない」と思いながら母と同じ事をしている私。

そんな葛藤がとても苦しいのです。

この頃は、子供といるのさえ苦痛なんです。

そばに寄られるだけで嫌悪感を感じるのです。

講座をスタートさせるに当たり、

今まで悩んで悩んで、苦しかったこと、

一度、聞いていただきたいと思ってメール差し上げました。

これから、勉強して、幸せなお母さんになりたいです。

よろしくお願いします。

シータローママ

ここまで・・・

このメールを拝見して、私はこのようにお返事しました。

ここから・・・

シータローママさん、こんにちは。パピーいしがみです。

メール、拝見しました。

ずっとずっとお母さんに管理され続け・・・

きっとシータローママさんは「私の人生なのに・・・」とか、

「どうしていわれた通りしなきゃならないの?」

という葛藤がずっと付きまとったと思います。

でも、抵抗も反発もできなかった。

お辛かったと思います。

ただ、シータローママさん、正直にこう書かれていましたね。

> ですが、母に任せておけば自分で考える必要も無い。

> 私にはそんなずるいところもありました。

シータローママさんにとって、お母さんは、

ナビゲーションだったんですね。

ナビゲーションって分かりますよね。

今の車にはほとんど付いています。

“カー・ナビゲーション・システム”とても便利な機能です。

ですが、ナビゲーションって、便利なのですが、

ナビゲーションを使って到達した目的地。

もう一度、その場所に行こうとした時に、

ナビゲーションがないと到達できないって事があるんです。

これは、なぜか?と言いますと、

どうやったらその目的地に着くの?という疑問に、

ナビゲーションは即座に答えてくれて、間違ったら修正してくれて、

こちらが何も考えず、ただ従うだけで疑問が解決されてしまうので、

同じ疑問が起きた時にも、自分自身で解決する事ができない、

って事なんですね。

ところが、地図を見たり、人に聞いたりして、

悩んだり考えたりしながら到達した目的地は、

2回目からはとてもスムーズに行くことができるんです。

シータローママさんは、ご自分の考えで行動することが少なかった。

それが、今の自信のなさにつながっているかもしれません。

ですが、子育てってまさに千差万別。

環境だって違います。子供の性格だって違います。

誰かがうまく行った方法がそのまま当てはまる、

って事はとても少ないですし、一人一人違って当たり前。

うまくいかなくて当たり前なんです。

ですから、みんなみんな自信が無いんですね。

でも、シータローママさんは、すばらしい磁石をお持ちです。

それは、これです。

> 私は母のような親になりたくありません。

> そして子供は私のようになって欲しくありません。

> のびのびと育ててあげたいですし、パピーさんがおっしゃるように、

> 自分の意見を何でもはっきり言える子になって欲しいです。

> そして、私も子供と一緒に楽しい毎日を過ごして、

> 笑いながら、喜びを感じながら成長していきたいのです。

ちゃんと自分の考え方をお持ちじゃないですか?(^^)

「私はこういう風になりたい」というイメージがありますよね。

これさえあれば、迷いながらでも、

その方向に向かうことが出来るんです。

もちろん、道だと思って行った所が通行止めだったり、

工事中だったり、時には迷う事もあるかもしれません。

通行止めや工事中だったら、引き返せばいいんです。

迷ったら、もう一度磁石を見直してみればいいんです。

最初は簡単ではないかもしれません。

それは不安になるかもしれません。

でも「あ、こっちの方向でいいんだな」って感じると、

次第に自分の磁石が、そして向かっている方向が、

間違いないんだ!って分かってきます。

それが「自信」です。

いいですか?

失敗していいんですよ。迷っていいんです。

これから、勉強をしていくにあたり、

私は、シータローママさんが、自分で地図を作って、

自分の磁石で目的地に向かえるようにしたいと考えています。

だから、沢山悩んで、沢山考えて欲しいんです。

悩み、考えたこと。工夫、アイデア。

又、行動することで起きる失敗や成功。

それらはすべてご自分の血となり肉となります。

もちろん、悩んだ結果、分からなかったらメールください。

一緒に考えて行きましょう。

もう、お母さんの呪縛にとらわれることなく、

自分で自分の人生を決められるんです。

自分のなりたいようになれるんですよ(^^)

ここまで・・・

私はこのようなお返事をした後も、

何度も何度もやり取りをしました。

シータローママさんも何度も挫折をして、迷い、

なかなか改善の兆しがなかったのです。

ですが、それは私も予想をしたことでした。

それは、シータローママさんのお母さんの存在です。

シータローママさんの大きな悩みは、

やはりお母さんが自分の考えを押し付け、強制し、

シータローママさんが自分で考えること、アイデアを出すこと、

自分の判断で行動することを“させなかった”事にあるんですね。

この壁は本当に大きくのしかかり、

何度も何度もはじき返されるだろうと予想していました。

長いことかかって培った呪縛からは簡単には抜け出せないんです。

ですが、ゆっくりゆっくりではありますが、変化は確実に訪れ、

ここに来て、大きな転機がやってきました。

シータローママさんからこのようなメールがありました。

ここから・・・

いつもいつもアドバイスをありがとうございます。

同じようなことを何度もお聞きし、その都度、

丁寧にお返事を頂いているのに、

なかなか私が変わることができなくて申し訳なくなります。

でも、今日は、ちょっと嬉しい報告なんです。

私、母からの呪縛から解放されそうです。

実は、昨日、こんな事がありました。

( 中 略 )

例えば母は、一貫して私に「甘い」とか、

「叱らないから」という言い方をしていました。

今までの私だったら、肩を落としながら

その言葉を聞いていたと思います。

ですが、ここで自分の気持ちを言わなくちゃ!と

勇気を振り絞ってこう言いました。

「おかあさん、お母さんは、

厳しいのが一番だと思っているかもしれないけど、

そうされ続けていた、私の気持ちって考えたことがある?

お母さんに命令されて、それにずっと従ってきたけど、

私は、お母さんの奴隷のように感じていたのよ。

いつもびくびくしておどおどして、いつも怯えていたわ。

私は、○○だけは、私のようになって欲しくないの。

○○は、自分の気持ちをストレートに出せる子になって欲しいの。

楽しいときには笑えて、悔しいときには泣いて、

嫌な時にはイヤって言える、そんな子になって欲しいのよ。

だから、私自身勉強もしているし、自分を変える努力をしてる。

もう、私はお母さんの思い通りにはなりたくない!!」

ちょっと興奮していたので何を口走ったか、

正確には覚えていないし、後の方は涙声になってしまいましたが、

今まで、こんな言葉、口にした事はありませんでした。

母も絶句していました。

私も「言いすぎたかな?」とは思いましたが、

自分の気持ちをちゃんとストレートに出せた自分に驚きました。

それからです。母の態度が変わりました。

「こうしなさい」「ああしなさい」「だからだめなの」

のような言い方がなくなったのです。

パピーさんのテキストにもありましたが、

わたしはやっと一目置かれたのかな?と感じたのです。

今まで、母の呪縛から解放されずに、

ずっとパピーさんに愚痴ばかり聞いてもらっていたのですが、

これからは、違ってくるような気がします。

私・・・できそうな気がします。

大きなストレスが取れたような気がするんです。

又、報告させてくださいね。

次はきっと喜びの報告ができそうです。

ここまで・・・・

そして、約1ヵ月後、ご報告が届きました。

ここから・・・・

パピーさん、お久しぶりです。シータローママです。

母の態度はあれから、本当に変わって、

私を否定したり、命令したりすることがなくなりました。

私は、もっと早く自分の意思を伝えるべきだったんですね。

パピーさんにもそう言われていたのに、

何時までも踏ん切りがつかなかった。

母の態度は自分のせいでもあったんだな~、って今感じています。

でも、母にはっきり自分の言葉を伝えてから、

私は憑き物が取れたように元気になりました。

パピーさんが「呪縛」と言われたその意味が分かります。

ほんとうに「呪縛」でした。

1年前からパピーさんとやり取りさせて頂いたメールの数々。

読み直してみたら、なんと暗い内容か?

パピーさんも、私からのメールを読むのはイヤだったろうな~、

って思います。テキストも第1章から読み返してみました。

テキストに書いた感想を読むと、その当時の私の考え方が、

リアルに思い出せます。

やり取りしたメール、テキストに書き込んだ感想。

それを見て、思ったんです。

パピーさん。私、確実に変わってきています。

以前は、「自信が無いからできない」と言っていました。

今では「やってみれば何とかなる」って思っています。

これって、間違いなく『自信』ですよね(^o^)♪

当初、私は何をしてよいか分からない、と思っていました。

でも、何をしたらいいか?って、今、テキストを読み返すと、

事細かに全部書いてあるんですね。

そして私はそれを一つ一つやっていたのでした。

一目を置かれること。細分化のこと。覚悟のこと。信念。

失敗の重要性、子供にとっての親の存在・・・。

沢山の事がそこにありました。

1年終わって、やっと見えてきたことが沢山ありました。

そして、今、私はとても幸せを感じています。

昨日、主人に言われたんです。

「なんか、このごろ、強くなったよね~♪」って。

この様に言われました。

「以前は、素直というか従順で、

何かを言われればすぐに「はい」と言っていたのに、

今は、自分の中で一度、考えて、それでYESはYES。

時々、NOも言うようになったよね」

「もちろん、俺だって

自分の考えを否定されてカチンとすることがあっても、

ちょっと時間がたつと、それもそうだな?って思ったりして、

このごろ、会話が楽しいんだよ・・・。」

「それに、すごく顔が明るくなったみたい。

笑い声が増えたし、家の中が明るいよ。

俺も、前は早く帰りたいなんて思ったことが無かったけど、

今は、早く帰りたいな~って思うんだ」

「○○もこのごろ、とても明るくなったし、会話も増えたよね。」

パピーさん。これってすごくないですか?

私のイメージ・・・

『私も子供と一緒に楽しい毎日を過ごして、

笑いながら、喜びを感じながら成長していきたいのです。』

に近くないですか?(^o^)

( 中 略 )

今、「これから善循環が起きちゃうかも?」

ってワクワクしています。

一年間の報告として、メールさせて頂きます。

そして、これからも、よろしくお願いします!!

ここまで・・・

シータローママさん、貴重なお話をありがとうございます。

メルマガ掲載のご許可も、ありがとうございました。

最後の、

> 今、「これから善循環が起きちゃうかも?」

> ってワクワクしています。

って言うところが、今までと違うな~♪って感じましたよ。

さあ~、いよいよここからですね。

是非、楽しいこと、嬉しいこと。喜びのご報告があったら、

メールくださいね♪

待ってま~す(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る