子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第686号 目標・夢・達成

こんばんは。パピーいしがみです。

今日は11月25日ですね♪11月は今日が最後のメルマガで、

来週からは・・・もう12月です。

後、約1ヶ月でクリスマス。そして35日で新しい年になります。

毎年の事ですが、月日の経つのは本当に早いですね♪

あなたは今年の目標は、やり遂げることができそうですか?

私は、今年の1月に今年の目標をいくつか作ったのですが、

その中で2つ、やり遂げることができない事があって、

ちょっと悔やんでいます。

その2つ、と言うのは

「テキストの音声版」と「電子書籍」です。

電子書籍は“初めての子育てをする方”の為に、と、

通常の書籍と同じぐらいのボリュームで。

それも全ての方に無料でお渡しできるように交渉して、

了解も頂いていまして原案もできています。

なので7割ぐらいの進捗状況なのですが、

「テキストの音声版」は、録音の手間というより、

最終価格が思いのほか高いものになってしまうので、

それを何とか「手の届く価格」にしたいと思い試行錯誤。

その結果・・・今、暗礁に乗り上げています(TT)。

テキストの音声版は、強い要望を頂いていまして、

なかなかテキストを開く時間の無い方や、

継続が難しい・・・という方には必ず力になるだろう、

と確信しています。

でも、できるだけ安価にしたいという希望もあって、

そのすり合わせがなかなか難しいんですね。

ですが、何とかしてこれら2つとも、

現実の物にしたい!と思っています。

年末近くなると、こんな風に年始に立てた目標に対しての、

進捗状況やご報告を頂く事が多くなります。

それを読ませて頂くたびに

「頑張ってくださっているんだな~」と嬉しくなります。

今日はその中で、1通、

ニュルブルさんからのメールをご紹介したいと思います。

ニュルブルさんは、今から1年前、

お子さんと一緒にいる事がとっても辛くて

ノイローゼ気味になっていたそうです。

その理由の一つにはご自身のマイナス思考や、

自信の無さがあったようでした。

ここから・・・

パピーさん、こんばんは。ニュルブルです。

ちょっと早いのですが、

今年1年のご報告をしたいと思いましてメールしました。

本当はもう少し後の方がいいのかもしれませんが、

うれしい事なので、待ってられず・・・(笑)

お読みいただけましたら、嬉しいです。

私は、自分に自信がなくて、

子供が生まれてからと言うもの、

「こんな私が母親でいいのか?」という葛藤がかなり強くて、

でも、日に日に大きくなっていく子供を前ににおろおろ。

というのは、自分が子供にしてあげている事が、

本当にそれでいいのか、分からなかったからです。

自分に自信がないから、沢山の子育て本を読みました。

でも、読めば読むほどわからなくなるのです。

例えば「抱っこしすぎてはいけない」

と書いてある本があるかと思えば、

「しすぎ、と思うほど抱っこしてあげなさい」と

書いている本もあるし、

「甘やかせすぎるから我慢できない子になる」

と書いてある本があったかと思うと

「幼少期の“甘え”はとても大事」と書いてある本も有り、

テレビを見ても、先生によってばらばらの事を言っているし、

義父母や実父母もそれぞれ違う・・・。

子供のイヤイヤがひどくなってきて、

癇癪が治まらなくなって、頭を抱えて

「もう、どうしたらいいのか分からない・・・」

もう、ほぼノイローゼ気味でした。

「この子の首を絞めて、私も死にたい」と思い詰めた頃、

時々読んでいたブロガーさんが、

パピーさんのメルマガの一文を紹介してくださったのです。

そこからパピーさんのメルマガのバックナンバーを

必死になって読みました。涙をぼろぼろ流しながら・・・。

そして・・・意を決して勉強するようになったのが、

昨年の12月でした。

(そろそろ1年になりますが、私のペースで進んでいるので、

進捗状況はまだ半分です)

勉強を始めてすぐにパピーさんに

「私は親からも褒められた事がなくて、自分に自信がないんです」

と相談させてもらったのですが、その時に、

「じゃあ、子育てを通じて自分に自信をつけちゃいましょう♪」

と言われました。

その時、とてもびっくりして

「自信がないから、子育ては難しいと考えていたのに、

パピーさんは全然違う視点で見ておられるんだな~」と。

何か、今まで自分が巡り会って来た人とは違う、

「この人になら、私が変われるかも?」と、

何となくですが・・・そんな風に感じたのでした。

そこにパピーさんからのお返事にあった言葉は、

1、「他人」に左右されず自分の考え方を持つ事。

2、行動する時は(人の目を気にせず)自分の考えを主体にする事。

3、間違ってもいいから、まずやってみる事。

(行動を増やせば失敗もあるが、沢山の行動の中の、

ほんの少しの成功体験の積み重ねが自信を作るから)でした。

これは、今も、私の携帯の待ち受けに書いてあって、

私が以前のようなネガティブ思考になった時は、

この3カ条を読むようにしています。

パピーさんから頂いたこの3カ条は、

今までの私にとって無縁のものでした。

というより「そんな事をしてはいけない」ぐらいに

思っていた事でした。

私はいつも、人がどう見ているか、ばかりを気にしていました。

もともと引っ込み思案だった事もあると思いますが、

親からも褒められた経験がなかったし、

(親も「ご近所様に恥ずかしい」とか「女の子のくせに」とか、

「人が見ているよ」などの注意ばかりでした)

自分から行動を起こすことなどほとんどなく、

「普通でいい」「目だちたくない」「嫌われたくない」

ばかりでいつも日陰に居たと思います。

でも実は、そんな自分が好きではなかったのです。

本当は、友達とも笑いあいたい、楽しい時間を過ごしたい。

ドキドキ・ワクワクしてみたい。感動もしたい。

手を取り合って喜びあいたい。そんな夢がありました。

でも「私なんかにはムリだよな・・・」と、

いつもそんな夢を自分で打ち消していたのです。

ですが、パピーさんと一緒に目標を作った時、

(あの時はお手数をおかけして本当にすみません。

本当に、きめ細かなご対応をありがとうございました)

私一人では作れないような目標でしたので、

その目標を作っただけ、自分の未来像を思い描いただけで、

今までと違った自分になったような気になりました。

そして「自分の考え方を持っていいんだ」

「私は、私のなりたい未来に向かってもいいんだ」と

何か、今までの鎖がすべて取り除かれたように感じました。

そしてパピーさんは「自分の考え」がなかったら、

“自分だったらどうして欲しいか思い浮かべればいい”

「間違いが怖い」のならば

“それが正しいか間違いかやってみて知ればいい”

とおっしゃってくださり、

「は~、確かにそうだな~」と納得でした。

又「人の目が気になる」という相談には、

パピーさん自身もかつては揶揄された。

以前は、今のように子育てを真剣に考える男性が少なく、

上司や同僚などにも笑われた。

でも、それを続けた事で、

今や沢山のお母さんに子育てを教えるまでになられた事。

そして今、多くの男性が「イクメン」と呼ばれている事。

それらから分かる、その時々の

“その他大勢の人の考え方が正しいわけじゃない”という事実。

人に笑われることは恥ずかしいことではなく、

「自分の考えを持っているという“誇り”なんだ」

と言われていたことが、私にとってはすごく斬新で、

「そんな風になりたい!」と思わせてくれました。

あれから、約1年。

私は、随分と変わったと思います。

「私はこう思う」と言えるようになってきています。

もちろん、いまでも迷う事はありますが、そんな時は、

テキストを開く事で、ほとんどが解決できます。

又「もし、それでも話からなかったらパピーさんに聞けばいい」

という安心感もあり、最初から頭を抱えたり、

どうしたらいいのかうろうろ迷い、時間だけが過ぎて行く・・・

という事は、もうほとんどありません。

先ほど(そろそろ1年になりますが、

私のペースで進んでいるので、進捗状況はまだ半分です)

と申しましたが、以前の私だったら、

そんな事は書けなかったと思います。

そんな事を書いたら、どう思われるだろう?

軽蔑されやしないか?でもそんな事で嘘をつくなんて・・・?

など、うじうじ、ぐずぐずしていたと思います。

ですが、今はそれがありません。

迷うより行動ですものね♪

そして、行動した事に対してあれこれ言う人なんて、

ほとんどいない、という事も分かりました(^^)。

私が悩むほど、人は私の事を見ているわけではなかったのです。

そんなこんなで、私の

「うじうじ」「迷い」「疑心暗鬼」「人に左右される」は、

この1年でびっくりするほど、改善されました。

そして、これは本当に驚きなのですが、

私の「迷い」「人に左右される」が改善とリンクするように、

子供の問題が解決していきました。

1年前、息子はほとんど言葉を発せずにいました。

もちろん、おむつもはずせませんでした。

朝起きてから、ずっと不機嫌で、歯磨きもしない、

服も着替えない、ご飯も食べない。気分が悪いと目を合わせない。

抱っこをしても嫌がる、かといって一人にしておくと泣きわめく。

本当に手がかかりこんな事を言ってはいけないのですが、

「死んでくれたらこんなに楽なことは無い」

と考える自分がいて、自分の恐ろしさ、愚かさに

自己嫌悪を抱き、自分を責める毎日でした。

そんな、子供のイヤイヤの激しさも、癇癪も、

私がおろおろしなくなったら急に減ってきたのです。

「こういう場合はどうしたらいいの?」を

「私だったらどうしてほしい?」にして、

それを変えることなく続けていく事でおちつけるようになって、

気持ちを切り替えたり、笑ったりする事が増えてきました。

言葉もどんどん増えて、今は他の3歳児とほとんど変わりません。

食欲もだんだん出てきて体重もぐんと重くなりました。

今は(野菜は苦手ですが)もりもり食べてくれます。

オムツだってあっさり取れて、

今はオマルも卒業してトイレでウンチができます♪

パピーさんの勉強を始める前、検診を受けた時には、

未発達の部分が多かった息子ですが、

先日、3歳児検診をした時には

「大丈夫、全然問題ありません♪」

とお墨付きをもらいました(^^)

こうやって考えてみると、母親の気持ちって、

ものすごく子供に影響するんだと驚きます。

パピーさんが「方法ではない」と言われていた事。

身を持って体験して痛いほどわかります。

それと・・・嬉しいことは、それだけではありません。

私のあまりの「うじうじ」「迷い」「ネガティブ」さに、

主人も閉口していて「なんでそんな考え方すんの?」

と言われていたのですが、そんな主人から、

「この頃、すごく明るくなったね」と言って貰えたのです。

実は、子供が生まれてから主人の帰りが遅くなって、

会話も極端に減っていました。

ですが私が変わって、子供が落ち着いてきたら、

主人の帰りも早くなり会話も以前のように増えてきました。

今までの主人は、なつかない子供とイライラしている私に

家にいても落ち着けず帰りたくない気持ちが強かったそうです。

パピーさんに

「子育てを通じて自分に自信を付けちゃいましょう」

と言われた言葉、最初は信じることができませんでしたが、

今「実際に、こういう事もあるんだな・・・」と感じています。

それに子供の様子もかなり落ち着いてきて、

「これでいいんだ♪」という自信も生まれてきています。

もちろん、まだまだ1年目。

今はまだ私の成長途上としてこれからも勉強させて頂きながら、

困った時には相談させて頂きたいと思います。

だからパピーさんにはこれからも元気でいて頂かないと困ります。

まだしばらくは頼りにさせて頂きますが、

なにとぞよろしくお願いします(^^)

私の人生の変えてくださったパピーさん。

心から感謝しています。ありがとうございます。

寒くなってきましたが、お気をつけくださいね♪

これからも、どうぞよろしくお願いします。

ニュルブルより

ここまで・・・。

ニュルブルさん、貴重なご報告、ありがとうございました。

メールを頂いても、漂うオーラが以前とは、

全然違っているように感じます。

きっと毎日が充実しているんだろうな~と思います(^^)

ニュルブルさんの様子が落ち着いてきた事で、

子供さんにも変化があったとありましたが、

これって本当に良く有る事で、

子供はとても雰囲気に敏感なので、

自分の回りに安心できる雰囲気が漂い始め、

不安が取り除かれるようになると、

驚くほど自分の能力を高め始めるんですね。

ニュルブルさんも、

> 母親の気持ちって、

> ものすごく子供に影響するんだと驚きます。

> パピーさんが「方法ではない」と言われていた事。

> 身を持って体験して痛いほどわかります。

と書かれていましたが、お母さんの気持ちって、

本当に大切な事なんですね(^^)

来年は、いよいよ幼稚園ですね♪

幼稚園は(親も)楽しいですよ~(^^)

もっともっと子供は成長します。

親にも、ワクワク・ドキドキ・そして感動が訪れます。

きっとニュルブルさんの夢も現実になりますよ(^^)

是非、楽しみになさっていてくださいね♪

うれしいご報告、そして、メルマガ紹介のご許可も、

ありがとうございました。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

 

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
498 ■ どうしても迷ったとき ★★★★★
682 ■ 幼稚園の選び方 ★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る