子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第428号 ■ 厳しい言葉(番外編)

こんばんは。パピーいしがみです。

以前、メルマガの421号・422号・423号と、3回に渡って、タイトル「厳しい言葉」として、あこさんのご相談に対して、私が送った厳しい言葉を。

そして、その後、とても努力されて、今、すごく良い方向に向かっているんです。というお話しをしましたね。

その「厳しい言葉」シリーズがとても反響があって、あこさんにお返事した言葉が、「まるで自分に言われているようです」「反省して、もう一度頑張ります!」というものから、

「私にも喝を入れてください!」というものまで・・・沢山のメールを頂きました。

あこさんが掲載の許可をしてくださった内容が、とても多くの方の力になったようです。もし、お読みで無い方はコチラをご覧下さい。

https://www.age18.jp/back421

https://www.age18.jp/back422

https://www.age18.jp/back423

3番目の子が生まれた事から始まった、6歳のお姉ちゃんのグズリ、癇癪、アトピー・・・。そして、その子へのイライラから、お母さんの、暴言、罵声、締め出し、強制、怒鳴り・・・。

「こんな子なんていなければいいのに」という思い。

でも、私が一番心配だったのが、10歳のお兄ちゃんが、部屋の隅でおびえている・・。とあった事。そして、言葉が極端に減った事。

友達とも離れて、一人でぽつんとしているようになった事・・・。

それを聞いて、長女さんより、お兄ちゃんが危ない!“もう、タイムリミットかもしれない、と感じたんです。”とお話ししたんでした。

でも、そのお兄ちゃんもとても元気になり、はっきりと自分の意思も言えるようになったし、

初めての委員会にも5年生ながら、書記に立候補して、意気込みをスピーチ、投票で6年生を差し置いて当選したり、

自然学校の班長に立候補したり、先生からも「補佐役をしてもらってて気が利くので助かってます。」と言われたり・・・。

嬉しいことが続いています。・・・とご報告を頂いたんです♪

ってところまでメルマガでご紹介しました。

実は、その後のお話も教えていただいて、それも是非、あなたにお伝えしたいな、と、今日は、その事についてご紹介したいと思います。

私は、あこさんに、子供達の自尊心を高める為、

“「おかあさん、大変だから助けて欲しい」って言って、お手伝いをしてもらって下さい。そして、手伝ってもらったら、「ありがとう、あなたがいてくれてうれしいな」と一言、言って下さいね。”ってお願いしてありました。

これは、家の事やお母さんを手伝い、褒めてもらう事で、子供達に「自分は家の役に立っている」=「存在価値があるんだ」と認識してもらう事が目的でした。

もちろん、それによって、お兄ちゃんも、お姉ちゃんもとてもお手伝いをしてくれるようになったのですが、

あるとき、あこさんは、お兄ちゃんから、「家事はお母さんの仕事なのに手伝わされるのはおかしい」と言われたのだそうです。

さて、あなたなら、なんと答えますか?

あこさんは、素晴らしい話をされたんです。

ココから・・・

こんばんは。あこです。3回分のメルマガ読ませて頂きました。

とても反響があるとのこと、嬉しいやら、恥ずかしいやら…。また、まだ1年も経っていないのに、とても懐かしく、身を削られるような思いがしました。

いづれのメルマガも、みんなでトランプをしているときにメールがきました。(携帯なのですぐわかります)

いづれも和気あいあいとした中で読んだので、メルマガでの出来事が嘘のようでした。

みんな食後のトランプのために、食事の後片付け、洗濯物の片付け、明日の用意に、歯磨きをします。

イヤイヤやらされてるのではないので、終わるのも早い!

兄ちゃんがある日、言いました。「家事はお母さんの仕事やのに手伝わされるのはおかしい」と。

私は、こんな風に説明しました。

「みんなが生活するために、お父さんとお母さんは外へ仕事に行っています。

兄ちゃんと姉ちゃんは学校へ行くのが仕事。下の子は保育所へ行くのが仕事。

そして人間が生活をする上で必要なのが衣食住です。

これはあなた達が将来、この家を出て行ってからもずっと必要なことです。

身につけるためもあるし、何より、今この家でご飯を食べるなら、食事の準備や後片付けを。

服を着るなら、洗濯物を。家で寝たいなら部屋の片付けを手伝うのが当たり前。」

お姉ちゃんもいたので分かり易く言いました。兄ちゃんは途中で先読みし、行動し始めました。

それ以降、手伝いに文句を言わなくなりました。というより、イヤイヤやっている感じがなくなりました。

以前相談した、兄ちゃんの反抗期も、パピーさんのおっしゃる通り、大人扱い(認めれば)すればなくなりました。

世間一般によく言う、「反抗期のなかった子は後から(18以降位)まとめてやってくる。いわゆるキレるようになる。」というのがウチにもくるのかな?!

だとしたらどうしよう?!・・・そのときはまた、パピーさんに相談すればいっか。と自分で納得させています。

又、こんなこともありました。

主人だけが仕事の日の朝、急に思い立って子供たちに言いました。

「みんな今から◯◯行く?行くなら、下の子着替えさせて、オニギリ、水筒、タオル、レジャーシート、他~、の用意。しかも後15分でバスが来ます。」と。

子供達は「行く!」と言ってすに、兄ちゃんが、

「お母さんは、オニギリ作って。姉ちゃんは水筒とレジャーシート。俺は下の子着替えさせて他の用意するから!」

とても、素早い、的確な指示でした。バス停が近いとはいえ、私達は目的のバスに乗ることができたのです。

『みんなできるんやん!!』

とても頼もしかったです♪

ココまで・・・

どうでしょう?あこさんのこの言葉。

“人間が生活をする上で必要なのが衣食住です。これはあなた達が将来、この家を出て行ってからもずっと必要なことです。

身につけるためもあるし、何より、今この家でご飯を食べるなら食事の準備や後片付けを。服を着るなら、洗濯物を。家で寝たいなら部屋の片付けを手伝うのが当たり前。”

とても説得力がありますよね。

その上、感情的に押し付けていない事がすばらしいです。

この話を聞いて、お兄ちゃんは、

「そうか、お母さんの仕事だと思っていたけど、それは、自分がそう思っていただけで、本当は、自分達がやるべき事なんだ!」って、すぐに解ったんですね。とても賢いと思います。

その後の、遊園地かな?

「みんな今から◯◯行く?行くなら、下の子着替えさせて、オニギリ、水筒、タオル、レジャーシート、他~、の用意。しかも後15分でバスが来ます。」

その後の、お兄ちゃんの的確な指示が、又、見事でした。

「お母さんは、オニギリ作って。姉ちゃんは水筒とレジャーシート。俺は下の子着替えさせて他の用意するから!」

とってもとってもいい感じです♪

お兄ちゃんも、お姉ちゃんも、しっかり役割分担ができてます。家族の中での自分の居場所、チームの一員なんだ!って意識を、それぞれしっかり把握しているって感じです。

あ、そうそう。

あこさん、こんな心配をされていましたね。

“世間一般によく言う、「反抗期のなかった子は後から(18以降位)まとめてやってくる。いわゆるキレるようになる。」というのがウチにもくるのかな?!だとしたらどうしよう?!”

ですが、これは、多分、『反抗期の無かった子』ではなく、『親に押さえ付けられて、自分を出す事ができなかった子』だと思います。

でも、親が子供を一人の人間として尊重することで、良い感じになっているのなら、18歳以降にまとめてやってくる、という事はないと思います。

ウチも無かったですしね(^^)

又、あったらあったで、あとはもう自分でなんとでもなる年齢です。「責任を持ちながら、自由にやってみたら・・・?」でいいと思いますよ。

もちろん、私にご相談してくださっても結構ですし(^^)でも、多分・・・心配要りませんよ(^^)と返事をしておきました。

ご参考になさってくださいね。

あこさん、3回に渡ってのメルマガ、そして今回の番外編。ご掲載の許可をありがとうございます。これからも、是非、継続!なさってくださいね(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
157 ■ 「叩く」ってどうなんだろう? ★★★★★
421 ■ 厳しい言葉 ★★★
422 ■ 厳しい言葉2 ★★★★★
423 ■ 厳しい言葉3 ★★★★★
548 ■ 母性の欠落? ★★★★★
567 ■ 3つの衝撃 ★★★★★
573 ■ できるところから、できる範囲で ★★★★★
574 ■ 気付いてしまった♪ ★★★
611 ■ 愛情が無い? ★★★★★
615 ■ おもいやり ★★★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

関連記事

ページ上部へ戻る