子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第67号 やる気になった瞬間

前回のメルマガで、勉強嫌いの子供さんが勉強を好きになるために、

「あなたのため」でなく「私のため」に「時間を作って」

と言ってみてください。と言いましたね。

 

要は、子供に

『お母さんだって勉強しているよ』という所を見せ、

『あなただけに強制するのではないんだよ』

『本当は学ぶということは楽しいことなんだよ』

と(雰囲気で)教えてあげる事が重要です。という事なんです。

 

これについて、もう半月ほど前にお教えしたお母さんがどのような

結果が出たのかについて今日はご紹介するのでした。

 

前回のメルマガでは「漢字検定」を私はお勧めしたのですが、

この方はペン字を習っておられてもともと子供が眠った後で

ペン字の練習を毎日2時間ほどされていたのだそうです。

 

お続けになっていることなら

「是非、それを子供さんの前で見せて一緒に勉強してみてください。」

とアドバイスしたのでした。

子供さんは、勉強に対して強い反発を抱いていて、

なかなかお母さんの言う事を聞かない。

そして挙句の果てはそれが原因で親子喧嘩になるほど・・・

だったそうです。

 

それが、なんと・・・

 

こんなお便りを頂きました。

 

ココから・・・・・・・・・・・・・・

 

子供に、

「チャレンジ(進研ゼミ)も習い事も

やりたくないと思えばやめてもいいよ」

と言いました。

テキストに書いてある様に、自発的でなく嫌々やるのであるなら

効率も悪く、知識は殆ど得られないでしょうし、

益々嫌いになってしまうと思ったのです。

しかし子供は、

「今は何もやめたいと思わない」と言いました。

子供は子供なりに頑張ってやってみようという気持ちが

涌いてきているのでしょうか。

 

親子での勉強も、頑張ってます。

夏休みという時期も良かったように思います。

 

子供は集中力があまりなく、

勉強をしていても1、2問するとすぐに休憩したり

勉強以外の違う事をしようとします。

その為、その日分がまる一日掛かったりします。

時間が掛かると余計に勉強が嫌になったりするんだろうと思い、

どうしたら早く勉強を終わらせる事が出来るだろうか?

私が休憩せずに(ペン字を)やる事で

子供も頑張ってやろうとするのではないか?

と思ってやっていましたが子供の集中力は全然続きませんでした。

 

そんな様子をずっと見ていて、ふと、

「ママがココまで書くまでに(ペン字)、ここまで出来るかな?」

と言ってみました。

 

すると負けず嫌いの彼は、     「よーし!」

と言ってやり始めたのです。

 

そしてまんまと勝った子供は、   「次は?」   「次は?」

と言い、その日はいつの間にか勉強を終えてしまいました。

 

さっさと終わらせてよほど気分が良かったのか、

「早く終わらせたら気持ち良い!」

などと言っていました。

 

夜、主人が帰ってからも

「今日はもう勉強終わってるよ」

と得意げでした。

 

翌日、私は子供がその日やる勉強を紙に書き出し

(一言日記・夏休みのドリル・チャレンジなど)、

「済んだら○を付けていってね。

でもやりたくなかったらやらなくていいからね。」

 

「ママも今日はこれとこれをやるから

どっちが早く終わるか勝負してみない?」

と言うと、

「今日も勝ってやる!」

「よーい、スタート!」

と言って見る見るうちに○が付いていきました。

 

それからは毎日、

「ママ、紙にやる事書いて」

と言ってくるようになりました。

 

それまでは朝からテレビばかり見て、

いつまでもやろうとしない子の横で

掃除など用事をしている私はイライラしていましたが

今は、私が一緒に出来る様に待っているのだと思うと

全くイライラしなくなりました。

 

実際、

「さぁ、やるよ」

と言うとすぐにやり始めます。

 

競争などやれば字が汚くなったり、

いい加減な事をするのではないかと少し不安でしたが、

(元々ゆっくり丁寧に書く事がなかったからか^-^;…)

心配する事はありませんでした。

 

我が子には合った方法だったかなと思っているのですが・・・

 

と、こんな日々を過ごしています。

 

 

 

上手くいく事ばかりでなく、やはり子供がすぐに怒ったり

私がイライラしたりする事もありますが、

でも、少しずつ少しずつ

『幸せなお母さん』へと近づいていっているような気がします。

 

 

 

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

 

素晴らしいご報告。ありがとうございます。

 

 

 

いかがですか?  ちょっと感動的ですよね。

 

私はこのメールを頂いたときに、

『このお母さんは偉いな!』と思いました。

それは、アドバイスをアドバイスとだけで受け取ったのではなく、

自分なりの工夫を加えて、オリジナルに加工されたからです。

 

どういう対処をしたらこの子は反応するだろう?

その答えを一番知っているのは、私ではなく・・・

そう。一番近くにいるあなた。

・・・おかあさんなのですね。

 

負けず嫌いの子だから・・・

(この「負けず嫌い」という性格は本当に素晴らしいです)

・・・『よーし!勝負だ!』

 

本当にいいアイデアです。

 

それから、『できたら○をつけていく。』

これもいいアイデアですね。

だんだんに課題が減っていく事。これは快感です。

もちろん。お母さんが褒めてくれる。

これで「やる気」にも拍車がかかるってもんです。

 

この勝負を何度もしているうちに、

間違いなく学力はついてくるでしょうね。

 

そして、お母さんにとっても気がかりだった子供の態度や

姿勢が変化してくることで「不満」が解消され、

「心の平安」を取り戻しているのがよく分かります。

 

ここなんです。

 

お母さんが心の平安を取り戻すと、対応がまったく変わります。

お母さんが笑顔になってくれると、子供も楽しくなります。

お母さんが褒めてくれると、子供は本来持っている素直な気持ちを

あらわにします。

 

あかあさん。

もっと笑って。  もっと褒めて。

そして今を・・・もっと楽しんで・・・。

たくさんのお母さんが学び始めています。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る