子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第68号 何だか幸せだな。

今月は夏休み特集?のような形で子供さんの宿題の進み具合や

生活態度でイライラしちゃう!

というメールを頂いて段々に勉強の苦手な子供への対処法をお教えし、

前回、メルマガ67号では、結果の報告などもさせて頂きました。

同じようにお悩みだった方はお試しになりましたか?

そして、どうでしたか?

よろしければ、又お教えください。

先日、こんな調子です。という経過のご報告をご紹介しましたが、

実は、もっと先にお話しなければならない事がありました。

それは、実際にやってみた直後の様子についてです。

順番が逆になりましたが、ご連絡頂いておりましたので、

ご紹介しますね。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

パピーさん、こんばんは。

 

度々すいません。

でもさっき良い事があったのでパピーさんに

聞いて頂きたいと思いました。

昨日アドバイス頂いた方法を使ってみました。

 

私が楷書の練習をする時に一緒に勉強をして欲しいと。

「それならやる!」

そう言ってくれました。

これから子供が見たいと思っているはずのテレビを

さりげなく消しても何も言わずに自主勉強ノートに

まずはカブトムシとクワガタの絵を描いていました。

 

足ってこんな風になってるんだ。

すごいね、

よく見てるね。

「ママは絵を書くのが苦手だからあなたとは観察の仕方が違うんだね。」

そして色鉛筆で色塗りする子に、

「金色にする為に、黄色とグレーかぁ。よく考えたね。」

などと言いながら

「絵を描くの好きだよね。ママは嫌いなんだ。」

って言うと子供は

「え~ 何で!?」

と聞いてきました。

「下手だから。」

「下手だから嫌い? 何で?」

「あなただって勉強とか分からなかったら嫌いだったりしない?」

「う~ん、でもママが勇気づけてくれるから!」

子供がそんな風に思っていてくれているとは思ってもみませんでした。

 

それから子供は漢字を書いて自主勉強が終わりました。

「テレビつけても良いよ。」

って言うと、

「いい、ママの気が散ったらいけないから。」

今までに無い言葉でした。

そして、

「僕もそれ書いて良い?」

と私が書いていた楷書を書き始めました。

前に申しましたが、字をゆっくり丁寧に書くことなんて

全くしない子です。

それが本当に丁寧に書いていました。

『何だか幸せだな。私はこの子に幸せにしてもらっているんだな。』

と痛感しました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

ご報告ありがとうございます。

なんだかとても穏やか~な雰囲気が漂っていますね。

こうやって子供さんとお話する事ってなかなか無いと思いませんか?

でも、一緒に何かをする。

それは勉強でもいいですし、スポーツでも結構です。

これは信頼関係を作るのに大変大きな力になります。

テキストにも書いてありますが、

『一緒にハードルを越える事』なんです。

今までは怒ったり叱ったり、命令していた立場の人が

いきなり、同じ目標に向かう仲間(同士)になり

ライバルになり、協力者になってくれる訳です。

最後の言葉は胸を打ちますね。

『何だか幸せだな。私はこの子に幸せにしてもらっているんだな。』

本当にその通り。

その気持ちを持ったあなたは、

必ず『幸せなお母さん』になれますよ。

たくさんのお母さんが学び始めています。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る