子育て・育児 の 悩みなら“幸せなお母さん”になる為の子育て

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

パピーいしがみ ブログ(BLOG)
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩み 解決できるかもしれません

ブログ

第225号 我が家は善循環?2

こんばんは、パピーいしがみです。

今日は、先週の続きをご紹介します。

先週のメルマガをお読みでない方は是非、お読みくださいね。

善循環」の意味も分かります。バックナンバーはコチラです。

→ https://www.age18.jp/back224.html

さて、お姉ちゃんが「不安」という壁を乗り越えて、

「満足感」「達成感」を感じた後、

様々な(うれしい)出来事が起きてきて、

前回は、小さな弟さんまで

「自分でせんといかん」とやりだした。

というお話でした。

今日は、お姉ちゃんのお話を教えていただきます。

ココから・・・・・・・・・・・・

次は娘が成長したお話です。

年明けから、保育園でこま回しの練習をしていました。

家でも早速、主人がこま回しを教えていましたが

(私は回せませんでした)

娘はやる気がでないのか、もうひとつコツをつかめませんでした。

(こまが回るのは1割の確立でした。)

次々と周りの友達が『こま回し名人』になっていく中、

こま回し名人になったか聞くと、まだとの事・・・

そこでまず、私のやる気に火がつき

この週末で確実に回せるようになって、

月曜日には『こま回し名人』になろう~!と目標を立てました。

主人にアドバイスをしてもらい、私も娘も土曜日には

8割の確立で、回せる様になったのです。

一度コツをつかむと、回る・・回る・・回る・・

勢いに乗った娘は、うまく回せると紙に○を書いていました。

そして今日中に、母と何回、回せるかの競争が始まったのです。

「○○ほど、お家で練習しているお友達はいないと思うよ」

と褒めると

「私は、負けず嫌いやき・・・」

と、言いながらこま回しに熱中していました。

(それなら、もっと早く本気になってよ・・・と思いましたが)

寝る前に、回数を集計すると母が3点リードしていました。

それが悔しかったのか、母の回数を上回るまで(51回)こまを回し、

気分よく寝つきました。(笑)

「こまが回せるようになったのも嬉しかったけど、

○○が頑張っている姿を見れたことがもっと嬉かったよ」

と伝えました。

根気よく目標に向かって、頑張っている娘の姿

親子で取り組んだ結果、母娘ともこま回しが出来る様になって

「あ~こうやって、親も一緒に成長していけばいいんだ」

と感じました。

そして、3人で盛り上がっている姿を見た息子が

「○○ちゃん(自分)もこま回す~」

と言い出しました。

ひもを巻くのはまだ難しいだろうと、主人が巻いて、持たせてあげ、

投げ方を教えて、息子が一人で投げました。

こまが回ったのです。(゜o゜)

「え!○○が回した?」

驚きと喜びで、拍手喝采をすると、息子も得意顔になり

何度もひもを巻いてもらい、こま回しを楽しんでいました。

(あの投げ方で、回るのが不思議やね・・・

と主人と隠れて笑いました。)

すると、今度は

「自分でせんといかん」

と独り言を言いながら、ひもを巻いているのです。

息子はこまに沿って巻いているつもりが、

こまの下軸にグルグルに巻けてしまって(笑)

「そんなんじゃ回らんで~」とお姉ちゃんに指摘されつつも

自分で巻いたこまを回していました。

(やっぱり、回らなかったけど・・・)

「一人でひもを巻いていたのには感動した!」

と主人が言っていました。

今は、こま回しよりもひもを巻くのに熱中していて

ずいぶん上手に巻ける様になったんですよ・・・

今度は、息子をクラスで1番に

『こま回し名人』にしようと考えています。

それから、保育園では入学にむけて

「忘れ物をしない。ハンカチ・ティッシュを携帯する」

ように習慣づけています。

スモックに入れていた時は忘れなかったのが(私が準備していた)

いつも忘れて行くようになりました。

私も娘に声かけを忘れていたのです。(汗)

そして

「この頃、ハンカチ・ティッシュを持って行くのを忘れているよね。

お母さんも言うのを忘れるから、

どうしたら忘れずに持って行けるか考えてみて?」と言うと

少し考え・・・

寝る前に翌日着ていく服を決め、

ハンカチ・ティッシュをポケットに入れていました。

(そうだ・・そうだ・・私もそうする。と内心思いながら見ている。)

そして、「起きたらすぐ着替えれるろう~」と

準備した服を枕元に置きました。

「え!!!」

母の想像以上の考えにビックリしたんです。

翌日から、着替えて居間に来るようになりました。

今まで起こしてもなかなか起きられず、

寝たまま居間に連れて来られ

『みみずの○○ちゃん(朝のあだ名)』

と言われて続けていた娘が嘘のように変わりました。

この2つの出来事が嬉しくて、担任の先生にお手紙で報告しました。

先生もこま回しの練習を頑張った事、

忘れ物防止策の考えが素晴らしいと娘を褒めて下さって、

なんと、クラス便りにも娘の頑張りが掲載されたんですよ!!

また2月から、『うっかりさん退散作戦』と称して

忘れ物をしなければ、毎日シールを貼って競争をしているようで、

今のところ、18人中3人がパーフェクトに向かって突進中です。

「私は絶対パーフェクトをねらう・・・」

と、娘はハリキッていますよ!

以前のメルマガで、パピーさんがおっしゃった言葉・・・

『「何とかしよう!」と思う子は、自分で考え、答えを出します。

そして、自分から出した答えは、自分を前向きにしてくれます。』

『「自分からやろう」とする時の子供の吸収力は

それはそれは素晴らしいものがあります。』

『失敗してもいいんですよ。親も子も失敗を重ねて成長します。

失敗は学ぶチャンスでもあるんです。

自分で考え・悩み・いろんなチャレンジをしてみましょう。』

娘だけでなく息子にも伝染して

『パピーさんが言ってた事、本当だよ~』

と、かなり興奮してます。

今、我家は善循環をしていますよね?  パピーさん・・

あ!

今、パピーさんが目を細め、

目頭を押さえている姿が目に浮かんでいます。

(メールが長すぎて、疲れたのか?・・・

私の興奮が伝わったのか?・・分かりませんが・・・(笑))

今回は相談メールではありませんので、

読んで頂けたら、それで結構です。

長~いメールを読んで下さって、有難うございました。

ドロシーより

ココまで・・・・・・・・・・・・

ドロシーさん、2週に渡ってメルマガに掲載させて頂き、

ありがとうございました。

私がこのメールを読んだのは夜で、

かなり感動してウルウルしていた時に、

最後にこの言葉。

> あ!

> 今、パピーさんが目を細め、

> 目頭を押さえている姿が目に浮かんでいます。

> (メールが長すぎて、疲れたのか?・・・

> 私の興奮が伝わったのか?・・分かりませんが・・・(笑))

もう、大笑いしました。

眠ろうとしていた娘が、何事か?と覗きに来たほどでした(笑)。

さあ、今回のお話、そして前回のお話。

共通する部分があるんですね。

気がつきましたか?

それは、親が何かをやってあげたり、やらせたりするのではなく、

子供が「どうすればいいか」考える時間を与える、

又は、子供にやらせてみて、失敗の中から工夫をさせる。

という事なんですね。

前回の弟さんの場合もそうでした。

時間がかかること、大変だろうこと。

それを分かった上で、

>「一人でどこまでできるか見せて・・・」

とやらせてみた。

今回のお姉ちゃんの場合もそうです。

> 「この頃、ハンカチ・ティッシュを持って行くのを忘れているよね。

> お母さんも言うのを忘れるから、

> どうしたら忘れずに持って行けるか考えてみて?」

って。

私達は、子供達に良かれと思って、口や手を出しますよね。

それこそ、失敗をしないようにアドバイスしたり、

手伝ってあげたり・・・。

時間に遅れないように・・・。

効率的に覚えるように・・・。

理由はいろいろあるでしょう。

ところが、実際は、

手伝ったり、アドバイスすれば、その場は出来るのですが・・・

なかなか「自分から○○しよう」という考えは育たないのですね。

それどころか、口うるさく言えば言うほど、ぐずぐず言うし・・・、

言う事を聞かないと、教えてあげた自分達がイライラするし・・・。

そしてだんだんエスカレートして、

命令してでもやらせると、子供は不機嫌になり、物にあたり・・・、

それを見た私達、親も思わずカミナリ・・・(笑)。

今回、ドロシーさんは、

お姉ちゃんが忘れ物をするのを防ぐ為に、

「どうすればいいか?」は自分でも分かっていたのに、

それを言わず、子供に考えさせましたよね。

そしたら、

『お母さんの考えを越えた行動を子供さんがした』

とありました。

そこをもう一度、記載しますと・・・

> スモックに入れていた時は忘れなかったのが(私が準備していた)

> いつも忘れて行くようになりました。

> 私も娘に声かけを忘れていたのです。(汗)

> そして

> 「この頃、ハンカチ・ティッシュを持って行くのを忘れているよね。

> お母さんも言うのを忘れるから、

> どうしたら忘れずに持って行けるか考えてみて?」と言うと

> 少し考え・・・

> 寝る前に翌日着ていく服を決め、

> ハンカチ・ティッシュをポケットに入れていました。

> (そうだ・・そうだ・・私もそうする。

と内心思いながら見ている。)

> そして、「起きたらすぐ着替えれるろう~」と

> 準備した服を枕元に置きました。

> 「え!!!」

>  母の想像以上の考えにビックリ!!

ね~。

アドバイスをしたり、命令をすると、それ以上の行動はありません。

もちろん、

「どうしたら、もっと良いだろう?」なんて考えることは、

・・・ありえません。

親は、「出来て当然、早くしなさい」と思いますし、

子供もおとなしく従う事が、楽しいはずありませんよね。

でも、自分で考えた時には、

人が思いつかなかったアイデアが浮かぶこともありますし、

その考えを行動に移した時の、「自分でやった」という満足感、

又、それを褒めてもらったら、大きな充実感も感じるのですね。

もちろん、「考えてみる」習慣がつきますし、

考えることで、頭の回転も速くなります。

自分の考えがうまくいくと、困難を乗り越える自信がつきますし、

ちょっと高めのハードルにも果敢にチャレンジしたくなります。

どうですか?

すごい収穫でしょう?

大きなメリットがあるでしょう?

でも、多くの方がやらないんですよ。

なぜかと言うと、「時間が掛かる」と思っているから。

でも、実を言うとそれは、

(親が)「待っている時間が苦痛」だから、なんですね。

でも、だからこそ、

それを知っている(行動できる)親と、そうでない親。

それぞれに育てられた子供達に差が生じてしまう、

大きな、大きな違いが出てきてしまうって・・・、

ご理解いただけますよね(笑)。

最後に、ドロシーさんの言葉をお借りして・・・

> 以前のメルマガで、パピーさんがおっしゃった言葉・・・

> 『「何とかしよう!」と思う子は、自分で考え、答えを出します。

>  そして、自分から出した答えは、自分を前向きにしてくれます。』

> 『「自分からやろう」とする時の子供の吸収力は

>    それはそれは素晴らしいものがあります。』

> 『失敗してもいいんですよ。親も子も失敗を重ねて成長します。

>   失敗は学ぶチャンスでもあるんです。

>    自分で考え・悩み・いろんなチャレンジをしてみましょう。』

> 娘だけでなく息子にも伝染して

> 『パピーさんが言ってた事、本当だよ~』

> と、かなり興奮してます。

> 今、我家は善循環をしていますよね?  パピーさん・・

ええ。ほんとに!善循環が始まっていますね。

これからも楽しみです!!

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る