子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第234号 笑顔が戻った!

こんばんは。パピーいしがみです。

前回のメルマガ、233号では、9歳の女の子がいるお母さんで、

今からでも、遅くないかな?というご不安と、

娘さんとお父さんの隔たりについてご心配されていたのでした。

そしてこの「認める」「褒める」「包む」を学び始めたお母さん。

ご主人にも勉強して欲しくて、フォローメールなどを

メールで転送していたのだけど、あまり興味がないみたい・・・。

という事だったのですね。

そして、それを聞いた私は、

最初に情報を与える(直接的手を下す)よりも、

「あれ?なんか面白そう?楽しそう?」って

『自分からやりたくなるよう』に持っていくといいですよ。

というお話を、“お腹の減った時の塩むすびの美味しさ”

にたとえて、お話したのでした。

そして、今日は、

『娘さんとお父さんの隔たりはどうなったのか?』

についてお話するのですね。

楽しみにして下さっていた皆さん、ありがとうございます。

それでは、ご紹介しますね。

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーさん、こんばんは。

メールありがとうございました。

パピーさんのホームページを発見したのは、

今から2週間ちょっと前でした。

ちょうど子育てで悩んでいたときで、藁をもすがる思いで、

ホームページの内容やメルマガのバックナンバーなどを読み、

講座を申し込んだのでした。

前回のメールでも悩みを書きましたが、

この2週間で私の考え方をかなり改め、

主人にも、私はこういう風に子供に接して行こうと思うから、

パパもちょっと気をつけてみてね、という話をして、心がけました。

すると今、娘も穏やかになって、

以前より家族が仲良くなった気がします。

実は前回のメールでは書かなかったのですが、

主人と私がものすごく仲が良すぎて

(のろけるつもりではないのですが…ごめんなさい)、

主人が家にいる時は、たいてい私にばかり話しかけて、

食事の時間も主人と私だけに会話がある、という

変な時間になっていました。

娘が話に割って入ろうとすると、

「人の話している途中に話しかけないで、さっさとご飯を食べなさい」

って、主人が娘を叱っていたのです。

私もつい主人の方に気を使ってしまって、

娘の話に耳を傾けなかったのがいけませんでした。

あるとき、娘から、

「お母さんは私よりお父さんの方が好きなんでしょ」

って言われて、ショックでした。

そして、最近は娘も主人を敬遠するようにもなっていたのです。

一人っ子で、他に遊ぶ兄弟もいないのに、

両親からも疎外感を感じていた娘がかわいそうでした。

私も気づいてあげるのが、遅かったのです。

主人と話をして、

パピーさんの子育てのエッセンスを説明して、

「私はこれから、こうやっていこうと思うし、

ご飯の時も子供の話を聞くようにするから・・・」

っていうことで決めました。

主人は、始めは私の言っていることも良くわからなかった?

のかもしれませんが、私が変わることによって、

主人も娘に対する態度が変わってきました。

もともと娘の世話も良くやってくれていたし、

家事も良く手伝ってくれる主人なので、

私の娘に接する態度が、まずいけなかったのかもしれません。

この2週間で、

娘の良いところを見つけては褒めるように心がけました。

そして、主人が家に帰ってから一緒に夕食を3人でとる時に、

主人に今日の娘のすごかったところ、良かったところを報告しながら、

また二人で褒めるってことを繰り返すようにしました。

この思考パターンが私だけでなく、

主人にも連鎖していったようです。

主人も娘の話を良く聞いて、話しかけるように変わりました。

娘も最初は照れくさがっていましたが、嬉しいらしく、

敬遠していた主人とも一緒にお風呂に入って、

色々しゃべるようになったのです。

母親の影響って家庭では重大なんだと実感しました。

私が後ろ向きだと、子供も主人までもが

ギクシャクするんですね。

先週金曜日に、日本舞踊のコンクールに出場した娘は、

始めてからまだ2年半なのに、

厳粛な雰囲気にもめげずにがんばっていました。

惜しくも結果は残念でしたが、

この数ヶ月ものすごく厳しい稽古にがんばっていました。

時には泣きながら、

「もうコンクールは出たくない」と言ったこともありました。

今回は先生から勧められて、挑んだコンクールだったので、

途中で投げ出したくなったことが何度もありました。

しかし、今回のコンクール出場という経験は、

本人をかなり奮い立たせたらしく、帰りの車の中では、

本人が自分から先生に、

「来年も出たいので、よろしくお願いします」

と頼んでいたのには、びっくりしました。

この経験が本人に自信をつけさせ、

次のチャレンジに向かわせたのだと思います。

親は日本舞踊について何の知識もないので、

何も手伝えないのですが、

心のサポートだけはしてやりたいと思います。

この一つの自信とこれからのチャレンジが、

他のこれからの人生の一つ一つに繋がって行ってくれるのでは?

と思います。

「認める」「褒める」「包む」って、

ほんとに大事なことなんですね。

自分だって、周りの人から

「認めて」「褒めて」「包ん」でもらってない、

と感じつづけていたら、情緒不安定になるだろうと思います。

そのための家族なんだなって。

子供にだけでなく、主人にも、実家の両親にも、

こういう気持ちで優しく接してみようと思います。

それをわかりやすい言葉で教えてくれた、パピーさんに感謝、感謝です。

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。

ゆかちん より

ココまで・・・・・・・・・・・・

そして私はこのようにお返事しました。

ココから・・・・・・・・・・・・

おはようございます。パピーいしがみです。

メール、ありがとうございます。

すごく興味深いお返事だったので、又メールしちゃいました。

> 主人と私がものすごく仲が良すぎて

> (のろけるつもりではないのですが…ごめんなさい)、

> 主人が家にいる時は、たいてい私にばかり話しかけて、

> 食事の時間も主人と私だけに会話があるという、

> 変な時間になっていました。

> 娘が話に割って入ろうとすると、

> 人の話している途中に話しかけないで、

> さっさとご飯を食べなさいって、主人が子供を叱っていたのです。

> 私もつい主人の方に気を使ってしまって

> 娘の話に耳を傾けなかったのが、いけませんでした。

> あるとき、娘から、

> 「お母さんは私よりお父さんの方が好きなんでしょ」

> って言われて、ショックでした。

> そして、最近は娘も主人を敬遠するようにもなっていたのです。

うわーすごいすごい。

本当にお父さんとおかあさんの仲がいいんですね。

「お父さんのお母さんのお話の中に入ってこないで」

なんていう言葉がすごいですね(笑)。

確かに、行き過ぎだったかもしれませんが、

決して「悪い」方の失敗ではないので、

微笑ましく読ませて頂きました。

でも、それに気がついたゆかちんさん。

又、娘さんの言葉に「ハッ」としたのが偉かったですね。

「あ、こりゃいけない」

とすぐにご主人に相談して、

ご主人もすぐに考え直してくださったんですね。

> この2週間で、

> 娘の良いところを見つけては褒めるように心がけました。

> そして、主人が家に帰ってから一緒に夕食を3人でとる時に、

> 主人に今日の娘のすごかったところ、

> 良かったところを報告しながら、

> また二人で褒めるってことを繰り返すようにしました。

> この思考パターンが私だけでなく、

> 主人にも連鎖していったようです。

> 主人も娘の話を良く聞いて、話しかけるように変わりました。

> 娘も最初は照れくさがっていましたが、嬉しいらしく、

> 敬遠していた主人とも一緒にお風呂に入って、

> 色々しゃべるようになったのです。

> 母親の影響って家庭では重大なんだと実感しました。

そうですか~?(笑)

うれしいな~。

という事で、今日はお願いです。

今回の一連のメール、

メルマガで紹介したいのですが、如何でしょうか?

とっても微笑ましいので、きっといろんな人に「そうか~?」

って気づきをあげられると思います。

よろしかったらお返事メール頂けますか?

まってま~す。

ココまで・・・・・・・・・・・・

ゆかちんさん、

メルマガへの紹介のご許可、ありがとうございます。

さて、ココからはこのメルマガをお読みのあなたに・・・。

「褒める」方法として、テキストでは、いくつか紹介しています。

直接褒める。人を介して褒める。手紙で褒める。などなど。

それぞれ説明をさせて頂いていますが、

今回の褒め方も、とってもいいです。

私達は、『褒められる言葉』は何度も聞きたいんですね。

でも、自分から、「もういちど褒めて!」とはなかなか言えません。

でも、おかあさんが、ご飯を食べながら、子供の前で、

子供の素晴らしいところを、褒めながらご主人に報告する。

(もちろん子供にも、その言葉が耳に入る)

そうすれば、子供は

何度も何度も“賞賛”を耳にする事ができますね。

ご主人はそれを聞いて、

にっこりして、「ほ~!そりゃすごいな!」と言う。

お母さんも、その感嘆の声を聞いて、

「本当にそうね。頑張ったね」と言う。

さあ、子供は何度褒められたでしょうか?

2回?  3回?

一緒に数えてみましょうね。

1回目、お母さんが子供の前で褒めた。

2回目、お母さんが子供がいる前で、

子供の素晴らしさをお父さんに報告した。

(ココで子供が聞いているのがミソです!(笑))

3回目、お父さんが、それを聞いて、喜び、驚いた。

4回目、報告したお母さんも、お父さんの顔を見て、又、喜ぶ。

なんと全部で4回です!

それも同じような褒め方ではなく、全部違うでしょ!

それが子供としては、毎回新しい感覚で聞く事が出来るわけです。

同じ題材で4回も褒められちゃうっていいじゃないですか!?

(驚く・喜ぶ・なども、立派な「褒める」なんですよ!)

これをしてもらえば、子供さんにとって

『疎外感』なんかは吹き飛んじゃうでしょうね(笑)。

そして、今では、お風呂も一緒に入っちゃうんですか?

ちょっと前のお悩みはどこに行ったんでしょう?(笑)

ゆかちんさん、楽しいご報告、ありがとうございました。

又、面白い事、楽しい事があったら教えてくださいね。

ご興味のある方はこちらをお読みください。

 

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る