子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第41号 嬉しかった母の日の出来事 

先般、3人のお母さんになる事を決意された『匿名さん』を覚えて

いらっしゃいますか?

匿名さんへの応援のメールや、「私もがんばります」と勇気をもらった

方もいらしたようでした。

匿名さんもとっても喜んでおられましたよ。

ありがとうございました。

その匿名さんから、先日、「こんな嬉しい事があったんですよ」と

わざわざメールを頂きました。

私自身とっても嬉しくなって、是非メルマガをお読みの皆さんに

ご紹介させてください。とお願いしたら、快くご了承いただきました。

今日は、その「嬉しかった母の日の出来事」を紹介します。

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーさん

こんにちは。

8章の感想、&この間の母の日に嬉しい出来事があったので、

メールさせて下さい。

8章では、子供が、その年齢に応じて、このように変化してくる、

という事が書かれています。

私の子供達(15歳、13歳、10歳、1歳)を見ていると、

まさに、この通り!!

普段、なんとなく感じている事が、わかり易い文章になっているので、

とても勉強になります。

あらためて、母親の役割はこうなのだ、

と自分に言い聞かせる事が出来ます。

さて、この間の「母の日」に、とても嬉しい事がありました。

3人の子供達が、それぞれ、私にプレゼントをくれたのです。

15歳の長男は、なんと、素敵な花束を買ってきてくれました。

花束ですよ!!(1本や2本ではなく、ちゃんとしたものです。)

15歳の男の子が、一人で花屋に行って、

「母の日用の花束を下さい。」なんて言いますか?!

改めて、彼らにとって、「お母さん」というのが、

どんなに重要な存在なのかを、思い知らされました。

プレゼントをあげるお母さんがいる、

という事が嬉しいんだな、と思い、同時に、

その思いを受け止めてあげられる自分でいようと思いました。

これからも通信講座、楽しみにしています。

ココまで・・・・・・・・・・・・

メールを頂いて、私は泣いちゃいましたよ。

「な~にー!? ちゃんと楽しくやってるじゃん!」って。

匿名さんは「プレゼントをあげるお母さんがいるって事が嬉しいんだな」

と言われていますが、何をおっしゃいますか。

突然、自分達3人のお母さんになってくれて、仕事をし、家事をやり、

一所懸命尽くしてくれている姿に感謝されたんですよ!

と言いましたら、

「いいえ。彼ら彼女らは本当にいい子なんです」と返されました。

その言葉を聞いて、思わず涙したのです。

「あ~。だいじょうぶ。」

「この人(匿名さん)はちゃんとできる」

大きな安心を感じて、思わず、ウルウルっときました。

「私のおかげ」と思っていると、見返りを期待します。

「あなたのおかげ」と思っていると感謝が返ってきます。

見返りを期待すると、見返りがなかったり、あっても思ったより

少なかったりすると不満の気持ちが芽生えます。

「これだけやってやってるのに」って。

でも、感謝をすると、人はそれに対して必ず何かを返そうとします。

こんなにしてもらっちゃって申し訳ないなぁ。という感覚です。

それは子育てでも同じです。

「育ててやってる」「まったく勉強しないんだから」「いつまで遊んでんの!」

って思ったり、言ったりしていれば、 子供だって

「こんちくしょう」「いつかみてろよ」「うるせーなー」

と思うでしょう。

反対に、

「この子がいるから希望が持てる」「明るい笑顔に癒される」

「元気な笑い声が嬉しいなぁ」

と思ったり、言ったりしていれば、

「もっとお母さんを喜ばせたい」「もっと褒められることをしよう」

と思うのです。

実際、あなたが子供だったらどちらの子供でいたいですか?

どちらが楽しそうですか?

どちらが安心できますか?

どちらが幸せそうですか?

これは机上の空論ではありません。

なぜなら、みんな感情があるからです。

私も、あなたも、あなたの子供もみんな同じ人間なんです。

あなたがやってほしくない事は子供もやってほしくないし、

あなたがしてほしい事は子供もしてほしいんですね。

そこが理解されると、世界が変わります。

 

たくさんのお母さんが学び始めています。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る