子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第511号 我が家のスーパーマン

こんばんは。パピーいしがみです。

いよいよ今年も残すところ1か月となりました。日に日に寒さも感じるようになってきました。

とうとう家にも「インフルエンザ」がやってきましたが、(おかげさまで私は感染しなかったみたいです・・・)いかがお過ごしですか?

病院も毎日、とっても混んでいるようです。

さてさて、今日、ご紹介するこまちさんも、

息子さんが幼稚園でもらってきて、それがうつってしまったみたい・・・。でも、とっても嬉しい事があったそうです。

まだ3歳の長男さんですが、とっても頼もしく見えたそうですよ♪

ココから・・・

パピーさんへ

こんにちは。こまちです。

早いもので、もう11月末になり、寒くなってきましたが、風邪などひかれていませんか?

我が家では、いつも相談に乗っていただいている長男(3歳10ヶ月)も次男(1歳半)も、元気いっぱいです!!

先週、53章のフォローメールをいただき、1年間の講座が終了しました。感激です。(涙)本当にありがとうございました。

思えば、1年前、長男(当時2歳)のことで悩んでたなぁ、苦しんでたなぁと思い出します。

繊細で優しくて人の心に敏感で、でも、超頑固で、いったん決めたら絶対動かないし、自分の意見を持っているから、人の意見には絶対素直にうんって言わないし。「やだ」「だめ」「ちがう」ばかり。

素直じゃない長男に、正面からぶつかって、長男も私も、すごく疲れていました。

その上に、実家の母からは、「ちょっと甘やかしすぎたんじゃない?もっと厳しく育てたらどうかな?」と言われ、

だめなことはだめ、と、とても厳しく育ててきたつもりの私には、とてもショックでした。

「これ以上、どう厳しくするんだろう?」

厳しくすることで、自分も息子も疲れている、そんなことにとても違和感を覚えて、いろいろな子育ての本を読んだり、インターネットで調べたりして、そして最後にたどりついたのが、パピーさんでした。

パピーさんの言葉には、とても癒されました。疲れた心がどんどん元気になるのがわかりました。

子供に明るく自信を持って、そして素直な子になってほしいと願うなら、それは決して厳しさや強制では成り立たないんだ!ってことを勉強し、目からうろこでした。

私は、まずはありのままの長男を受け入れようと思いました。

真正面からぶつかって、ある意味、戦っていた長男を、まずは受け入れて、認めたんです。

そして「長男を良い子に育てよう」と肩ひじ張っていたものをやめて、「長男と良い関係になろう」と思いました。

誰かに認めてもらうためじゃなく、長男と良い関係でいつも笑って過ごしたいと心から願いました。

あれから1年、たまにはけんかして、元に戻ることもあるけれど、それでも、とても穏やかな関係になったと思います。

「良い関係が基礎にあれば、これからも大丈夫!」って思えるようになりました。

長男は、今でも、変わらず頑固だし、こだわりが強くて、自分の意見もはっきり持っているので、なかなか大変な部分もあります。(笑)

でも、パピーさんにおっしゃっていただいたように、こういう部分は、すばらしいところでもあるんですよね。

自分の意見をちゃんと持っているところを長所と認めて、どんどん伸ばせるよう、これからも見守っていきたいと思います。

長男が、1年前と違うのは、笑顔がとびっきり明るくて、認めてもらっているって知っているから、とても安心した顔をしていることです。

弟の面倒もよく見てくれるようになりました。

人見知りで、とても行けないんじゃないか?と心配していた幼稚園は、毎日楽しくて仕方ないようだし、クラスでも、みんなを笑わせたりしているようです!!

秋にあった運動会でも、生き生きとした笑顔でお遊戯を披露してくれたり、かけっこをしていました!!輝いた笑顔が本当にうれしかったです。

それに、長男が頼もしく思える出来事があったんです!聞いてください。

先月、長男は大流行中の新型インフルエンザにかかりました。

幼稚園でも流行っていて、もらってきちゃったんです。

2日間は、40度の高熱があってすごく苦しそうで、とても心配しましたが、重症化することなく、元気になりました。

ただ、その2日後に、今度は母の私が、発熱。あ~ぁ(泣)

自分の体が思うように動かない時の2人の育児は、ほんとうにキツかったです。

やっぱり、自分の健康あっての、育児だなぁと思い知りました。だけど、嬉しいこともあったんです!

発熱後、私が病院に行くことになったんですが、そのとき、長男も一緒について来ました。

インフルエンザの検査をするのは、鼻の中に綿棒を突っ込んで、ぐりぐりしてすっごい痛いのですが、

長男は、1週間前に経験済み(笑)なので、私の横にぴたっと寄り添って、

「お母さん、大丈夫だよ。すぐ終わるよ。僕がそばにいてあげるから」って言って、私の肩をとんとんと優しくたたいて、励ましてくれているではありませんか!!

これには、病院の先生(女医さんです)もびっくりして、「うわー、○○ちゃん、優しいなーー!!感動!」と言って、

「見て見てー、この光景、写真撮りたい!!」と、看護婦さんまで呼んで感動してくれたんです。

私は、痛いやら、長男が頼もしいやらで、なんだか涙が出てしまいました。(笑)すごく頼もしく成長してくれているんだなぁと感動でした。

パピーさんがおっしゃる、ちっちゃいスーパーマンでした!

これからも、まだまだいろんなことがあると思います。でも、パピーさんに教えていただいた基本(子育ての礎)があれば、絶対に大丈夫!!って思えるようになりました。

壁にぶつかっても、ぶつかっても、乗り越えられる!って思えます。

こう思えるのは、本当にすごいことです。パピーさんには、本当に感謝しています。

その上に、この1年だけではなくて、まだまだこれからも続けて勉強させていただけるなんて、ありがたいことです。

これからも、またメールさせてくださいね。

1年を振り返っていたら、長くなってしまいました。これからも、どうぞよろしくお願いします。

PS。長男の写真(七夕と運動会)、次男の写真を送ります。どうか見てやってください。

ココまで・・・

こまちさん、ステキなご報告をありがとうございました。

“私の横にぴたっと寄り添って、「お母さん、大丈夫だよ。すぐ終わるよ。僕がそばにいてあげるから」って言って、私の肩をとんとんと優しくたたいて、励ましてくれているではありませんか!!

これには、病院の先生(女医さんです)もびっくりして、「うわー、○○ちゃん、優しいなーー!!感動!」と言って、「見て見てー、この光景、写真撮りたい!!」と、看護婦さんまで呼んで感動してくれたんです。”

ホントですね~♪病院の先生が感動して、写真を撮ってる姿!なんか想像しちゃって思わず笑顔になっちゃいます(^^)

もう一つ、こまちさんからのご報告で、こんな風にありましたね。

“真正面からぶつかって、ある意味、戦っていた長男を、まずは受け入れて、認めたんです。そして「長男を良い子に育てよう」と肩ひじ張っていたものをやめて、「長男と良い関係になろう」と思いました。”

これって本当にそうなんですね。

多くの方はやっぱり「良い子に育てたい!」

「積極的な子に!」「常識が分かる子に」「迷惑をかけない子に」又、できれば「優秀な子に!」って思われます。

だから、知らず知らずの内に“子供と戦って”戦いに勝ち“子供を従わせよう”としてしまうんです。

そうなると、どうしても「従わされる」側の子供には“反発”が生じます。又は、負けた子供は“敗北”を感じるんですね。

反発を感じれば、反抗したり、拒否したり、文句を言うでしょう。敗北を感じれば、イヤイヤ服従し、自己否定をしてしまいます。

戦った後に残るものってマイナスばっかりなんですね。だから戦う事なんかないんです。従わせる事なんかないんです。

一緒のチームなんですから、良い関係を作れば、それだけで、「もっともっと良い関係を続けたい」と子供もしだすんですね。

そうなった時、「これをする事はお母さん好きじゃないよね」「こうした方がうれしいよね」って、お母さんが喜ぶ方、うれしい方を選ぶようになってくれるんです。

その時は「自分から」「自分の意思で」やり始めるんです。

こまちさんがこのメールに添付してくださったお子さんの写真。本当に良い顔をしていました。

「あ~、安心できているな~」って感じる笑顔でした。

“「良い関係が基礎にあれば、これからも大丈夫!」”

はい、私もそう思います。

きっとこれからも山があり、谷があるでしょう。でも、大丈夫。一緒に乗り越えて行けると思いますよ。

それも、軽く飛び越すように・・・。だって、子供達は、我が家のスーパーマン♪ですから(^^)

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る