子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第532号 どうして仲良く遊べない?

こんばんは。パピーいしがみです。今日のメルマガは「どうして仲良く遊べない?」としました。

兄弟げんかが激しい、上の子が下の子を執拗にいじめる。ちょっかいを出すなど、二人以上のお子さんがいるお母さんなら、きっとお感じになった事があると思います。

今日は、そんな兄弟げんかと「どうして仲良く遊べないんだろう」を考えてみましょう。それでは早速、Judyさんから頂いたメールをご紹介しますね。

ココから・・・

パピーさん、こんにちは。びっくりです♪あの、わがままで、自分勝手で、やりたい放題で、言う事を全く聞かないきかん坊の長男が、素直なんです。

「え~!!どうしちゃったの?あんた!?」です。きっかけは、パピーさんから頂いたアドバイスです。

「お母さんが悪かった、ごめんね」と言ったら、それからです。ガラッと人が変わったようでほんとうにびっくりしています。

・・・注釈・・・

ちょっとココで、以前のお話をさせて頂いた方がいいと思いますので、ご説明させて頂きますね。

今日、ご紹介させて頂くJudyさんからは、以前から、お兄ちゃんの癇癪にほんとうに困っている、というご相談を頂いていました。

お兄ちゃんは3歳(もうすぐ4歳)弟くんは1歳。1歳の弟は、お兄ちゃんの遊びに興味しんしん。お兄ちゃんは、ブロックで町を作って電車で遊んだり、怪獣を置いて、ウルトラマンで対決したり・・・。そういう事が大好きです。

下の子も男の子ですから、同じように興味を持って、お兄ちゃんが遊んでいる所に自分も一緒になって遊ぼうとする。

でも、お兄ちゃんが作ったブロックを壊したり、電車を捕まえて投げたり・・・要はお兄ちゃんの邪魔をするんです。

すると、お兄ちゃんは怒るわけですね。最初のうちは「止めて~止めて~!」だったのが、ちょっとでも触ろうとすると「あ~!!ダメ!!」って、大声で怖い顔で威嚇して、弟が壊すと「なんだよ!!」って叩く。

それを見たJudyさんは叱りました。「どうして仲良く遊べないの!!」ですが、お兄ちゃんの暴力はやみません。

顔つきもだんだん険しくなってきて、癇癪もひどくなる。言葉の暴力も目立つ。「叩く」のもだんだんエスカレートしてきて、ちょっとでも触ろうとすると蹴る、殴る、押し倒す。

それが、遊んでいる時だけでなく、ご飯を食べている時や、ちょっとしたことでも攻撃するようになった、というのです。

叱っても、斜に構えてお母さんを睨みつけ、その表情に恐ろしさを感じるほどで、これでは、この先どうなるんだろう?と不安になって私にご相談されたのです。

そのお話をお聞きして、私はこのようにお返事しました。

ココから・・・

Judyさん、こんにちは。パピーいしがみです。メール、拝見しました。お兄ちゃん、かなり荒れているようですね♪

“長男の気持ちが分かりません”とありましたが、ちょっとお兄ちゃんがどんな風に感じているか、考えてみましょう。

まず、私達が好きな事をしている時を考えてみましょう。(もしJudyさんが料理を作ることがお好きなら、料理をしている事をお考え頂ければいいと思うのですが)おいしく作りたい、きれいに作りたい!と思って、

楽しく熱中して丁寧に調理をしている時に、横から手が出てきて、その料理にソースをドバドバ・・・と垂らされたらどうでしょうね?頭にくると思いませんか?

「なんて事するの?!」ってかなりの勢いで怒ると思うのです。それが一度ではなく、毎回そうやって邪魔されたらどうでしょう?

その邪魔する人が分かっていれば、恨みを持ったり、「今度やったらいいか?覚えてろ!」のように、怖い顔で威嚇したり、イタズラさせないように予防線をはりますよね。

そして何度もやるようなら仕返しもすると思うのです。

お兄ちゃんの気持ちも同じなんですね。

そしてね。下の子がまだいない時、お子さんが、お兄ちゃん一人で、1歳ぐらいの時ってどうされたでしょうね?たぶん、お母さんがお兄ちゃんの相手をしてあげたと思うのです。

お母さんは、その時、掃除や洗濯、買い物や料理の時間を削りながら、できるだけ、子供の遊びに付き合おうとされたはずです。

でも今、下の子が生まれました。今1歳の、この子に対してはどうでしょうね?もしかして、お兄ちゃんにお任せしていませんか?

お兄ちゃんが遊んでいるんだから「一緒に遊んで・・・」と思われていませんか?そう。私達は「どうせ遊んでいるんだから一緒に遊べばいいでしょう」って思っているんですね。

でも、お兄ちゃんとしては、「下の子の面倒を見ていれば、僕の遊びができない」という事になるんですね。

また「僕の遊びをしていれば、邪魔される」って事にもなるんです。お兄ちゃんとまだ1歳の弟では、遊びの種類が全く違うんですね。

お兄ちゃんは常に自分の楽しみを奪われる。とすると、どうしても「触るな!」って言いたいし、威嚇してでも、脅かしてでも邪魔されたくないんです。それでも邪魔をするのなら、攻撃するしかないんです。

でも、攻撃するとお母さんに怒られる。すると、もうどうしたらいいか分からなくなってしまうんですね。心の中では、邪魔をされたくない、でも叩くと怒られるから、我慢しなきゃ!って思う。でもついつい手が出てしまって泣かす。

そして又、怒られる・・・。もう堂々巡りで、お兄ちゃんとしてはどんどん不満を募らせていくんです。そこで、下の子を執拗にいじめたり、嫌がらせをしたり、激しく泣き叫んだり、駄々をこねたり、お母さんの困る事をわざとする。

そういう事になっているんじゃないかな?って感じました。

そこで、こういう事をしてみてほしいのです。

今までのように弟と、お兄ちゃんと一緒に遊ばせて構いません。でも、お兄ちゃんが弟くんにいたずらされたり邪魔されて怒った時に、「あ~、ごめんね。お母さんが悪かった」って言ってあげてほしいんです。

「本当は、お母さんがちゃんと見てなくちゃいけなかったのに、あなたに押し付けてごめんね。」という感じです。

もちろん、ごめんね、と言った後はしばらく弟くんをあやして、お兄ちゃんが遊べるようにしてあげてみてくださいね。そうしたら、お兄ちゃん、どんなリアクションをするでしょうか?是非、試してみてほしいと思います(^^)

ココまで・・・

というようなお返事を差し上げていたんですね。それでは、Judyさんからのメールの続きです。

ココから・・・

パピーさんからメールを頂いて、そのお返事は、ほんとうに驚くほど当たっていて、「1人で遊んでいるんだったら2人の方が楽しいでしょ」なんて勝手に思っていましたし、

二人で遊んでいれば・・・とその間に家事をしたりしていました。言われてみれば長男に弟のお守りを押しつけていて、弟が泣くと長男を怒っていました。

「なんで仲良く遊べないの?!」って。

パピーさんに言われて、目からうろこ。「これって確かに親の都合だよな~」って思いました。

早速、お兄ちゃんが下の子に邪魔されて怒った時に、言ってみました。「ごめんね。お母さんが悪かったっけね。□君(下の子)をお母さんが見てなかったからごめんね」

お兄ちゃんは「又、怒られる」と思っていたのでしょう。私がそう言うと、きょとんとしていました。

お兄ちゃんが遊ぶ時間に、私も下の子をあやしながら一緒にいると、お兄ちゃんがとてもうれしそうに遊びながら、「これはこうでね・・・」と説明をしだしました。

その顔はとても優しく、穏やかでいい顔でした。ほんとうに久しぶりでそんな顔つきを見たな~と感じました。

その日はお風呂に入るのも、ご飯を食べるのもぐずらず、「お風呂にはいるよ」「は~い」「ご飯を食べようね」・・・さっと席に着く・・・。

「じゃあ、もう眠ろうね・・」「歯磨きしよう」「あ、ぼく自分でできるよ~~~」毎日毎日、押さえつけても嫌がっていた歯磨きや着替え、お風呂や食事も、とてもスムーズに運びました。

「え~、何これ?あんたどうしちゃったの?」です。本当にびっくりでした。もちろん、私もここぞとばかり、「さすがお兄ちゃん。すごいね~!!」「□君(弟)、お兄ちゃんを見てごらん、こうやって歯を磨くんだね~♪上手だね~」なんて褒めまくりです。

次の日には、お兄ちゃんに「お母さん、ご飯を作るから□君、見てくれる?」とお願いしたら「いいよ~」と。

これも機嫌よく了解してくれて。二人で仲良くビデオを見たりしていました。

もちろん、以前パピーさんに教えて頂いた「お兄ちゃんをお兄ちゃんとして褒める」を実践し、「お兄ちゃん、□君と遊んでくれてありがとね~」「仲良く遊んでくれるとお母さん助かるな~」という言葉も忘れずに・・・です。

それから約1週間。今日まで、ほぼぐずりはありません。それを見たパパも驚いて、「こいつ本当に○○か?」なんて言っています。

今までのいきさつを話したら、パパも「パピーさん、すげえ」って驚いていましたよ♪

そして、この頃は兄弟でいっしょに遊ぶ時に、「□君、ウルトラマン貸してほしい?」なんて聞いて貸してあげたり「ブロックはこうやって作るんだよ」と言って教えています。

これがあの険しい顔をして弟を突き倒していた長男か?と思うと、本当に驚きです。でもこの姿は、弟が生まれたばかりの時の長男の姿でした。

長男は、本当はとても優しい子なんです。私は「長男の気持ちが分からない」と、勝手に怒鳴って、辛い思いをさせていたんだな~、と反省です。

でも、せっかく今いい雰囲気になってきたので、この雰囲気がキープできるように頑張ります。

きっと又、山あり谷ありだと思いますが、その時には又、力になってくださいね。パピーさん♪お礼と一緒に、近況をご報告させていただきました。本当に、ありがとうございました。

ココまで・・・

Judyさん、ご報告、ありがとうございました。私もメールを拝見して、「え~、こんなに効果があったの~?」って驚きでした。

やっぱりお兄ちゃん、かなり不満が鬱積していたんでしょうね。

それをお母さんが分かってくれた。それで、きっとその不満が解消されたんですね。

それと、Judyさんご自身が、「私がお兄ちゃんに子守りを押しつけていたんだ」って、分かってくださったこと。

「私の代わりに、お兄ちゃんに子守りをしてもらっているんだ」って、考えるようにして下さったこと。これが大きかったと思います。

なんにしても、お兄ちゃんの、険しい顔つきが優しくなった、というのが嬉しいです。
でも、その後の、
“この頃は兄弟でいっしょに遊ぶ時に、「□君、ウルトラマン貸してほしい?」なんて聞いて貸してあげたり「ブロックはこうやって作るんだよ」と言って教えているんです。これがあの険しい顔をして弟に嫌がらせをしていた○○か?と思うと、本当に驚きです。”

これは、Judyさんのナイスプレーの賜だと思いますよ♪
“「お母さん、ご飯を作るから□君、見てくれる?」「お兄ちゃん、□君と遊んでくれてありがとね~」「仲良く遊んでくれるとお母さん助かるな~」という言葉も忘れずに・・・です。”

このあたりのフォロー、とっても上手です。又、経過を教えてくださいね(^^)メルマガ掲載のご許可、ありがとうございました。
 
 

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

号数 内容 オススメ度
105 ■ 乳幼児の『認める』 ★★★
117 ■ 子供のかんしゃくにマイッテます。 ★★★
118 ■ 親に対する態度 ★★★★★
158 ■ 『ココロ』を感じる、理解する ★★★
409 ■ 上の子にイライラさせられる ★★★★★
515 ■ 叩く・蹴る・・・ ★★★★★
608 ■ プレッシャー ★★★★★
611 ■ 愛情が無い? ★★★★★
781 ■ 僕も甘えていいの? ★★★★★

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

関連記事

ページ上部へ戻る