子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第63号 夏休みの宿題

小学校へ行くと、夏休みがありますね。

そして宿題。

子供にとって夏休みは楽しいけれど、

一日顔をあわすお母さんはいろんなところが目に付いて、

毎日暑いこともあり、いらいらは募りがちです。

特に、なかなか勉強をしてくれない子供さんを見ると、

どうしても

「涼しいうちに済ませてしまえばいいのに!」

「毎日毎日だらだらして・・・!」

「もう・・・早くしなさい(怒)!」

となりがちですね。

夏休みに入ってもうそろそろ半ばになりました。

宿題の事。勉強の事。ちょっとこのごろそんなお便りが

多かったので、タイムリーだと思い、ご紹介します。

ココから・・・・・・・・・

パピーさん、はじめまして。

メールをする事をずっとずっと悩んでいました。

なかなか上手く思うように子供に接する事が出来ないこと、

そして私の心の中・頭の中で思っている事が

文章にまとめられなくて・・・

でもメルマガの第57章を読んで私も

思いきってメールする事にしました。

私は現在3年生(8つ)の男の子が1人います。

私がパピーさんの講座を受講するきっかけとなったのは

イジメへと発展するような事に子供が荷担し、

尚且つその事に

「自分は可愛そうだったから助けていた」

と嘘をついていたからでした。

私は我が子が言う事を信じていました。

だから、とても・・・とてもショックでした。

そして、今までメルマガは読んでいたものの

受講をしていなかったので即、受講を決断致しました。

担任の先生に『切れやすい性格』と子供の事を言われました。

原因は私だと思いました。

私は子供が小さい頃からちょっとした事でもすぐに怒っていました。

特に人前から二人だけになると本当に酷く怒っていました。

手も出してきました。

それこそ私が『切れていた』のだと思います。

それでも人には「ひとりっ子なのに上手に育ててるね」

って言われるくらい良い子に育っていました。

実際そんな訳がないのですが・・・

小学校に入り勉強面では

お世辞にも出来るとは言えない成績であるが為に

宿題以外にもたくさん勉強をさせてそれが分からないからまた怒る。

やってはいけない人格否定、

人との比較。

子供にとって本当に酷い事を言ってきました。

しかも般若のような顔で。

私にとって子供は何よりも大切な宝物なのに・・・

なのにすぐに怒鳴ってしまう。

受講をきっかけに 「変わろう!」と思いました。

パピーさんのように「素晴らしい子育てをしよう!」と思いました。

そして怒鳴らぬよう、すぐに怒らぬように接しました。

子供も私の変化に気付き少し変わったように思いました。

しかし、最近また

子供がすぐに怒ったり、グズグズ言うようなことが増え、

怒ることを『我慢していた』私は、

ストレスが溜まり爆発してしまうようになりました。

今日もいつまで経っても自分からやろうとしない

夏休みの宿題や勉強をやるように言うと怒り出し

二階の自分の部屋に行ってしまいました。

始まったばかりの夏休み。

昨日も同じ事があり、一体どうしたら良いのだろう、

こんな時は何て言えば良いのだろう?

毎日繰り返すのだろうか?

と考えてしまいます。

一年後には幸せなお母さんになっているはずなのに、

これではダメだと、でもどうしたら良いのか分からなくて・・・

今、この文章を読み返しても

自分の気持ちが上手く表現出来ていないし、

まとまってなくて、すごく分かりにくいだろうなって思います。

それでも2時間以上もかけて書いているのですが(^^;….

そんなメールを読んで頂いてありがとうございました。

ココまで・・・・・・・・・・・・・・

メールありがとうございます。

2時間かけてお書きになったのですね。

立派です。すばらしいです。

人は初めてのことに躊躇するように作られている

とメルマガ57号で紹介していますね。

なのにあなたは、自分の力で打破なさいましたね。

立派ですよ。

こういう文章を書くというのはとても大変です。

頭で言いたいことをまとめて、

そして順番を考えて、

相手にわかりやすく要点をまとめて、

できればユーモアも含めて・・・

なんて考えるとなかなか作ることはできません。

「あー!やめた!」となってしまいます。

きっと、私にお送りになるまでに

何度もそんな衝動に駆られたでしょう。

でもきちんとできていますよ。

何度も何度も推敲(読み直し)されたのだろうと感じます。

これを機会に簡単な文章で結構です。メールして下さい。

どんどん自分の考えがまとまるようになりますし、

頭の中の言いたいことも要点が絞れるようになります。

テキストの感想を書くのも同じ効果があるんですよ。

 

ところで、今日のお話ですね。

子供さんが切れやすいことにお母さんとしては

ご自分の責任と感じてしまっているのですね。

まず、あなたにお願いしたいのは、

「○○しなさい!」をやめる事です。

人は強制される事に対して猛烈に反発します。

「勉強しなさい!」とか

「部屋を片付けなさい!」とか

「ぐずぐず言ってるな!」って。

これが、本人が「分かっている」場合は余計に腹が立つのです。

「あー。そろそろやらなきゃな」

と思っていたところに、追い討ちを掛けられると、

「そんな事分かってるよ。今やろうと思っていたのに、

いちいちうるさいからやる気なくした!」

って思います。私も思います。

それを見て、親は又怒ります。

「やろうと思ってたんならどんどんやれっ!」

なんて・・・

そして言われた子供は又腹がたって

「うるせーなー!」って怒り心頭(これが切れる状態)

になって自暴自棄になったり、

ふてくされて自分の部屋にこもったり・・・

これはパターンですね。

そして、子供は自暴自棄になると

『みんなが腫れ物に触るように大事に扱ってくれる』

ので、それを学習するした子供は、

余計に直ぐに切れるようになりますね。

「切れるとみんな俺の言うことを聞く」

そう思い込むと親の言うことなど全く聞きません。

このパターン。あなただったらどうですか?

共感できる部分はありませんか?

子供の立場に自分を置いてみて、

「私がそう言われたらどうだろう?どんな気持ちがするだろう?」

とちょっと考えてみてください。

きっと、同じ言葉を吐き、同じ行動をとると思うのですね。

かといって、落胆することはありません。

子供さんはまだ8つでしたね。

小学校3年生。ですか?

修正はまだまだ可能ですし、

以前の明るく楽しい子供にすぐ直ってくれますよ。

でも、それにはお母さんの努力はとっても必要です。

それは、子供さんを認める事。いい部分を探すこと。

そしてそれを「真剣に口にする」事です。

今の子供さんのいい部分を探してあげてください。

がんばっている所を褒めてあげてください。

目を皿のようにして探してください。

冒頭で、私があなたを褒めましたね。

『立派ですよ。』と言いました。

これは決してお世辞でもなんでもなく、

私が感じたままを言ったまでで、

心から立派だと思ったから言いました。

このように私は必ずその方のいいところを探し、

まずそれを口にします。(お伝えします)

それはテレも恥じらいも無く、真剣にそう感じたので、

真剣にそれを伝えます。

どんなことにも必ず褒めるべき部分があります。

テストができなかったとしても、『字が丁寧に掛けてるね。』とか

『良くこんな漢字知ってたね。』とか

遊んでいるところを見ていても、『すごいジャンプ力だったね。』

とか『運動神経いいんだね。』

とか・・・。

いくらでもあるんです。

そして、勇気を持って、真剣に、それを口にするんです。

子供は照れてこういいます。

「そんなことないよ」って。

でも、そうは言っても必ずその気持ちの裏には喜びがあります。

その喜びは又感じたくなります。

お母さんが毎日努力をすることで、子供はどんどん喜びを感じ、

又もっと感じたいとお母さんが喜ぶことをするようになります。

そうなると、もう何も言わなくても勉強も自分でするし、

何もかも自分で考え、自分で判断し、自分でやり始めるのです。

ただ、こう反論されるかもしれません。

「そんなことしてたら、勉強できなくなっちゃう。おちこぼれちゃう」

って。

私は「勉強ができる事」と「子供が自信ややる気をもつ事」とを

はかりに掛けた場合、綿と岩ほどの違いがあると思います。

勉強が綿で、自信・やる気が岩です。

比べ物にならないほど勉強に重要性を感じません。

だって、自信とやる気さえあれば、勉強どころかスポーツも学校生活も

生活態度も全てできるようになるからです。

まだまだ3年生。いつでも取り返せますよ。

それより今は、子供のいいところを見つけることです。

どんどん見つけて子供の笑い顔を取り戻すのです。

いいですか。

お母さんへの夏休みの宿題です。

子供のいいところを50個。探してください。

大丈夫です。

あるはずです。

いくらでも・・・。

だって、大事なあなたの子供さんですもの。

 

追伸:私もこれを書くのに1時間掛かっていますね。

大変なんですよ。メール書くのって。

だからこそ、あなたの努力がわかります。

大丈夫。はじめてでこれだけのメールが書ける方です。

自分でハードルを越える力を持ってます。

がんばって。

パピーいしがみ

この後、この会員さんはすぐに行動に移されました。

そのレポートは次回のお楽しみに・・・。

たくさんのお母さんが学び始めています。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る