子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第65号褒めようが無いときにはどうするの・・・?

   

 新しいご質問を頂きました。

 「どんな風に褒めればいいのか?」 

 「褒めようが無いときはどうするの?」

 というご質問です。

 それでは参りましょう。

ココから・・・・・・・・・・・・・・

 現在講座の第4章を読んでいます。

テストの点数が悪かった時、

パピーさんなら、

“「お父さんの最低点は・・・」と一緒に問題を解いたでしょう。”

と書いてありました。

この間頂いたメルマガでも、

“テストができなかったとしても、字が丁寧に掛けてるね。

  とか

 良くこんな漢字知ってたね。

  とか

 どんなことにも必ず褒めるべき部分があります。”

                    とアドバイス頂きました。

 実は昨年、子供のテストの点数が

 100点満点中8点、50点満点中5点と言う事がありました。

 その時は思わず絶句して何も言えませんでした。

 子供は何を書くにもゆっくり丁寧に書く事もしなければ

 間違った字も殆ど消さずに上から書いています。

 習っている漢字も殆ど使われていなくて

 ひらがなばかりです。

 そのテストでも同様でした。

 こんな時どのように言って褒めれば良いのでしょうか?

ココまで ・・・・・・・・・・・・・・

 なるほど、なるほど。

 豪快なお子さんですね。

 私は大好きですね。こういう子。

   ・・・というと叱られるかもしれません(笑)

 まず、私なら真剣な顔をして《これが重要です》

  「あんたは、えらい!」

 と言います。

 「よく正直にこの答案を持ってきたね。」

 「点数が悪ければ誰もが隠そうとする。

  でも、あなたはそれを隠さず、ありのままの姿を見せてくれた。

  それは誰もができることじゃない。」

 「立派だと思うよ」

 とまず大げさに、真剣に、まじめに、褒めます。

 そして、落ち着いたところで、

 「この答案を見て、○○はどう思った?」

 「悪い点だな~」と思った?

 「でもね。あなたはまだ90点以上も取ることができるのよ」

 「それはあなたの可能性なの」

 「そんなに可能性のある子は、クラスでもあなただけなのよ」

 と将来の姿をイメージさせて気持ちを高めさせます。

 それから

 「もし、今の点数がぐんぐん伸びていったらかっこいいと思わない?」

 「実はそれは、簡単なことなの・・・」

 とこんな感じで話をするでしょうね。

 どうですか?

 あなたがお子さんなら、ちょっとやる気が出ませんか?

 ちょうど夏休みの真っ最中と言う事で、

 この「勉強に関して」はかなり皆さんご興味があるご様子です。

 たくさんのメールを頂いて本当に嬉しく思います。

 頂いたメールを又ご紹介させて頂きたいと思いますが、

 皆さんが最も興味があるだろうと思います、

    『勉強嫌いの子が簡単に勉強ができるようになる方法』

 について次回、お話しますね。

 おたのしみに・・・!

 

 たくさんのお母さんが学び始めています。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

 

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

お悩み別一覧

最近の投稿

ページ上部へ戻る