子育ての悩み、育児の悩みなら「幸せなお母さんになる為の子育て」

幸せなお母さんになるための子育て支援サイト

友だち追加
毎週1回更新 無料 メルマガ会員登録
その子育ての悩みは解決できるかもしれません

ブログ

第273号 お手紙を貰うと・・・?

こんばんは。パピーいしがみです。

いよいよ長い夏休みも終わり、

「明日から仕事だ~!」と言われる方も多いと思います。

ここ1日、2日は涼しくて、過ごしやすかったですが、

体調を崩された方もおられるのではないですか?

気をつけてくださいね!

さて、今日は、「おー!すごい発見!」って

私も驚いたお話です。

字を書き始めたお子さんをお持ちの方には、きっと

とっても喜んでいただけると思います。

時期的には、ちょっと前に頂いていたのですが、

私も「こんな方法があったのか~!」と嬉しくなってしまいました。

メルマガ掲載のご許可を頂きましたので、

ご紹介させて頂きますね。

ココから・・・・・・・・・・・・

パピーさん。み~あです。

私の住んでいる地域では なかなか 梅雨が明けず

娘は園のプールが出来る日を楽しみにしている

今日このごろです。

最近娘は ひらがな、カタカナに興味を持ち始め

自分の名前や家族の名前を書けるようになりつつ・・・

でも 「え」や「ん」が へびのように永遠にしっぽが長かったり

「ほ」と「は」の上を飛び出さないのがどちらか、混乱してしまったり

小さい 「ゃゅょ」 がまだちょっと分からなかったり。

と思えば 「わ」や「れ」「ね」はすぐに覚えてしまったり

「ノ」はこれだけで 「の」って読むの~ぉ?

ってとても興味津々です。

パピーさんのように、私たちの名字にも濁点があるので、

濁点の付く文字や「ぱぴぷぺぽ」はすんなりと読めたりと

毎日少しずつですが、文字のにふれる時間を取っています。

そして、このあいだ、私は教えてないのですが

「お手紙だよ!」と私の似顔絵と

「おかあさんありがとお」「すき」と、

ハートマークが、たっっっっっくさん書いてある

A4サイズの紙を娘からもらいました。

私は嬉しいのと同時に

「いつのまにこんなに書けるようになったの??」

と、ビックリしました。

喜びの反面、娘の今の状態に傷を付けないように

「ありがとお」の「お」は、

ホントは「う」なんだよ!と教えてあげたいけれど、

どのタイミングで、どのようにおしえてあげればいいのか・・・

と考えた結果、

『私からも娘に 手紙を書いてあげよう!』と思いました。

「○○ちゃん うまれてきてくれて ありがとう だいすき」

と書いてあげたら・・・

私の方が嬉しいやらびっくりするくらい 娘は喜んでくれて

その感動した時の顔の表情と言ったら、

今までに見たことがありません。

『私が手紙をもらったときと同じくらい 嬉しかったんだー!』

と気がついて・・・、書いてみてよかったです。

それに 次からの手紙にはちゃんと

「ありがとう」になったんです。

私は フルタイムで仕事をしており、

園のお迎えは私の母に行ってもらっています。

なので、これからは私の気持ちをはじめ、

何気ないことを手紙にして園から帰ってきたら、

娘に読んでもらうようにしようかな・・・

そうしたら、文字の読み書きがも自然とできたり

お迎えに行かれないことに対しての気持ちが、

少しでも伝わればな・・・と思います。

子育てが毎日楽しいですが、

このまま保育園児でいて欲しい・・・と思うときもあります。

ずっとこうやって一緒にいたいな・・・って。

自分勝手ですね(^^)。

ココまで・・・・・・・・・・・・

このメールを頂いて、私は「これはすごいぞ!」

って思ったんです。

というのは、

私達は、人から手紙を貰った時、とっても嬉しく思いますよね。

そして、封筒も、便箋も一緒に大事に取っておきませんか?

(今まで私宛に頂いたお手紙も全て大事に保管しています。

ありがとうございます)

又、それがお礼だったり、お褒めの言葉だったり、

もちろん、ラブレターだったりするとなおさらです。

何度も何度も読み返しますよね。

考えてみれば、何度も何度も読み直したくなる手紙って、

字を教えるためには、最高!のツールなんですよね。

実は、私、み~あさんからメールを頂いた時、

ものすごく、後悔したんですよ。

「あ~、もっと前に気がついていれば、

きっとその頃、もっともっと楽しかっただろうな~!」って。

だから、今、字に興味を持ってきた子供さんがいらっしゃる

お母さんには、是非、試してみていただきたいのですね。

それからね。こういう一文があったでしょ。

> 喜びの反面、娘の今の状態に傷を付けないように

> 「ありがとお」の「お」は、

> ホントは「う」なんだよ!と教えてあげたいけれど、

> どのタイミングで、どのようにおしえてあげればいいのか・・・

って。

これは、すばらしい!感動しちゃうよね。

子供が手紙を書いてくれて、お母さんが喜んでいる。

それを見て子供だって嬉しいはずなんです。

ここで、

「『ありがとお』の“お”は、ホントは“う”なんだよ!」

なんて言ったら、せっかく盛り上がっているワクワク感や

字に対する興味・楽しさが台無しになっちゃいますよね。

み~あさん、そこまで考えたんですね~!。

「う~ん、すごい!」

私も、「気配りが細やかだなぁ~」「優しいお母さんだな~!」

ってものすごく嬉しくなっちゃいました。

そして、お子さんは、お母さんからもらった手紙。

うれしくて、うれしくて、何度も何度も読んだんでしょうね。

次からの手紙は「ありがと“う”」になっていた、なんて。

もしかして、見比べて、気がついたのかもしれません。

そうだとしたら、こりゃ、すごいことですよ~!。

自分で「発見」したのですからね!!

この後、み~あさんとちょっとやり取りをしたのですが、

その時、このように言われていました。

> ホントにそうなんです。

> お言葉通り。

> 文通、じゃないけど、お手紙のやり取りをすると、

> 「自分から、喜びを持って、ワクワクしながら、楽しく・・」

> 字を覚えることができるようです。

> そして、先週末はとてもタイミング良く ホワイトボードを頂き、

> また紙とは違って楽しいようです。

> まだまだ飽きないでいてくれています。

って。

ホワイトボードかぁ・・・。

それも手紙と又違って良いですよね。

私の場合は、ホワイトボードではなかったですが、

古いふすまを貰ってきて、そこに模造紙を貼り付けて、

『ココの場所は、自由に絵を書いて良いからね~』

ってやったことを思い出しました。

子供達の目がキラキラして、

一心不乱に絵を描いていたのを思い出しました。

でも、今回の手紙のアイデア。

これは本当にすばらしい発想です。

是非、皆さんもお試しくださいね。

きっと楽しい事が起こるはずですよ!

ご興味のある方はこちらをお読みください。

★★★ 通信講座『幸せなお母さんになる為の子育て』★★★

詳しくはコチラ → クリック

メルマガ会員登録はこちら 無料

 

関連記事

ページ上部へ戻る